はじめてのデッドプール……改めデスストローク

前回の基礎編

ふじい(以下F)「いかんいかん」

サイレン(以下S)「どうした? ウッカリってツラして」

F「いやね、前回大事なことを忘れてたんだよ。デッドプールを語る前に、この人を語らねばって人を。なので急遽、この場を用意したわけで」

S「発祥であるX-MENとの話を差し置いてか。きっとよっぽど、大事な人なんだろうな」

F「ああ。DCコミックのデスストロークのことを忘れてた」

S「……おいおい、流石に俺でも知ってるぞ。アメリカの二大出版社はマーベルとDC! 時たまクロスはするけどさ、他所の出版社のキャラがそんなに重要かね?」

F「見れば分かる。と言うわけで、こちらデスストロークとなります」

最強の傭兵デスストローク!

S「アウトォォォォォ!」

more

はじめてのデッドプール~日本版~

ふじい(以下F)「アメコミ強化キャンペーンってことでね。今日もまた、アメコミについて語ってみようじゃないかと」

サイレン(以下S)「前回はDCコミックスのバットマンについての話だったから、今日はマーベルコミックス?」

F「そうだな。DCを取り上げたからには、対抗馬のマーベルからも取り上げねばなるまい。マーベルとDCは、日本で言うならば小学館と講談社みたいな関係だからな。時たまクロスする辺りも似ている。そういうことで、今日はマーベルから一人のヒーローをピックアップ。いま全米で人気急上昇中のデッドプール(Deadpool)を紹介だ!」

S「デッドプール? マブカプ3に出るとか言う?」

F「知らないのも無理はない。一応初出はX-MEN派生誌なものの、登場時期の関係で、日本でも放映していたX-MENのアニメには未登場。一応、ウルヴァリン: X-MEN ZEROには重要キャラとして登場したものの、映画のX-MENは色々別物過ぎる。ジャガーノートとサイロックの扱いは流石にねえだろ。閑話休題。言い換えるならば、今現在のデッドプールは、日米間で最も温度差があるヒーローと呼べる。スピンオフムービー「DEADPOOL」も制作決定してるしね。というワケで、こちらがデッドプールとなります」

デッドプール

S「あらやだ。カッコいい」

F「元々凄腕の傭兵だけあって、銃器や刀剣、爆弾に重火器と、使える武器は多岐に渡る。コレにプラスして、死ねないとまで言われる再生能力と装置を使っての瞬間移動が主な能力かな」

S「うーむ。日本のラノベでも使えそうなキャラ設定だなあ」

デッドプール表紙

F「まあこんな感じで身も軽いですし」

S「待って! 俺、それによく似た絵をみたことがあるよ!」

とても良く似た表紙

F「それはそれとして、実はデッドプールにはもう一つ強力な能力がある。少なくとも、この能力を持つキャラクターの類似は殆どないだろ。特に、シリアスな世界観の作品には」

S「流された! んで、その能力って?」

F「それは第四の壁の破壊という能力だ。この能力を持っていると、こういうセリフが吐ける」

デッドプール「おい、ちょっと、黙ってろ! お前のフキダシが邪魔で、向こうが見えねえ!」

S「フキダシ見えちゃってるの!?」

F「第四の壁とは、演劇における演者と観客の境目にある壁のこと。その壁を破壊出来るデッドプールは、コミックの登場人物が知ってはいけないことを知ることが出来る。設定もルールもお構いなしとなる、この能力の発祥の源は狂気! デッドプールと言うキャラは完全に精神が錯乱している。時にはサイコパス、時にはコミックリリーフ! 上辺に騙された諸君を引き連れ、デッドプールワールドに出発だー! ヒャッホー!」

S「今までで一番、ムチャクチャな放談になりそうだぜ……」

more

お題~アメコミ編 ノーマンズランド~

ふじい(以下F)「久々の放談ということで、今日のテーマは……」

サイレン(以下S)「二号ライダーについて? 2号~アクセルまでのサブライダーを詳細に解説とかどうだろ」

F「やってもいいけど、お前相手にその話するとギャレンで始まりギャレンで終わる気がする。なので今日は別の話。最近このホームページでプッシュの激しいアメコミの解説だ。ようやくお前も、バットマンイヤーワン&イヤーツーを自費で買うぐらいの興味を持ってくれたからな。お兄さん嬉しいよ」

S「買ったのはいいんだけどさ、なんでアメコミはこんなに高いのさ。のきなみ3000円代って」

F「どうしてもなー。そもそも向こうの漫画って高いのよね。日本の漫画を輸出しても、2倍くらいの値段になるし。俺が一緒に買った、ダークナイト・リターンズなんかもはや芸術書のレベル。面白いんだけどね、やはり高い。まずここが、アメコミが日本で受けない最大の理由よね。間口が狭い」

S「どうにかなんないのか? 正直もったいない話だぜ」

F「機巧童子ウルティモかHEROMANを見れ。以上。両者ともジャンプスクエアに地上波アニメと見やすい環境かつ、原作はスパイダーマンやXーMENの原作者ことスタン・リーだ。特にHEROMANは今期アニメの中でも随一の評価だ。ジャンプスクエアもテニスの王子様だけじゃないんだぜ?」

S「革命じゃー!」

F「……うん、まあ。あんなインパクトのあるシーンが載ってた日には、それしか記憶に残らんわな。テニス怖ぇえ」

S「んで。どうすんの? はっきり言って広大な世界よ、アメコミ」

F「アメコミの歴史や形態を語るのもいいが、そういうのは既にもっと詳しいサイトが有る。だから俺らはあくまで間口として簡単な話を。キャラクターや世界観やキーワードをピックアップして語ってみようかと思う。幸い、知名度が低くて魅力的なネタはゴロゴロ転がっているから」

S「なるほど、悪くはないと思うが結局何から……?」

F「バットマンと言えばゴッサムシティ。ゴッサムシティと言えばアメリカの都市。しかし一時期、ゴッサムシティはアメリカ合衆国から放棄された歴史を持っているのは知られていない。ある時、大地震により隔離されたゴッサムにアメリカ政府が下した結論は、ゴッサムを統治区域外とし封鎖するというものだった。無法地帯と化したゴッサムを舞台に繰り広げられた長期シリーズ、Batman: No man’s Land(バットマン:ノーマンズランド)の紹介から始めようか!」

S「悩む正義、力を手にする悪、必死に生き抜こうとする一般市民。様々な思惑がいり混じったゴッサムは戦国時代に突入。中々魅力的な世界観だよな」

F「支配領域や同盟という言葉が飛び交うと思ったら、生きようとするだけの単なる一市民を描いた話まで。話の多岐さといい世界観といい、日本人受けしそうなのに邦訳されていないのが悲しい。だからこそ、こうやって紹介させてもらうぞ」

more