TOPICS

ご要望、ご用命、お仕事、連絡、なにかありましたら以下アドレスにお願いします。
hujii.nikuzousui☆gmail.com(☆を@に変更してください)

イベント参加情報
コミックマーケット94
8月10日金曜日(1日目)東 Oブロック 08b 肉雑炊
新刊詳細は後日に。内容はTYPE-MOON本です。

お仕事情報

Dies irae ~Song to the Witch~(発売中)


Amazonリンク

妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録(発売中)

とある情弱の記録 表紙
Amazonリンク

エンターブレインより発売中のヒットマン1ヒットマン2ヒットマン3ヒットマン4ヒットマン5掲載の奇天烈!!アメコミキャラ名鑑を担当させていただきました。

more

日々雑談~2422~

 劇場版やプラウダ戦記を見るに、ひょっとしたらカチューシャは寡兵の時の方がいい仕事をしてないだろうか。カチューシャにはプラウダという大兵力を運用できるだけの将器や強引に引っ張れる胆力はあるものの、同時に自分を大きく見せたがるナポレオン・コンプレックスや敵を甘く見る増長癖もあるからなあ。自分の方が弱い立場だと認めた瞬間、強さへの過信に根付く悪癖はほとんどすっ飛んでいくわけで。

 断言できるのは、おそらくカチューシャの優秀さはプラウダ戦記で今後書かれていくこと。そして、劇場版ガルパンでノンナたちが盾となってカチューシャを逃したことは、戦力の温存以上の価値があったということでしょう。ガルパンの隊長勢はタイプは違えども軒並み優秀なので、スピンオフという形でその凄さを世に知らしめるっていうのはいいよね。

日々雑談~2421~

 配信直前生放送スペシャルを今日やるって聞いてたから覚悟してたけど、生放送の放映終了後、ほぼ直で開始かい!
 というわけで、FGOが新章開始。夏コミ作業にも入っている現状、プレイを後回しにするのもアリ……とはいかないんスよねえ。だって、FGO本やる以上、ネタが被ったら困るから、ざっとチェックはしておかないと。もう、基本骨子はズラせない段階だけどね!

 まあ、今回の夏コミ新刊に関しては既に第2部と若干被っているので。ネタとして考えてたの、1.5部どころか、キャメロットぐらいの時期だったからね。もしかしたら、もうちょっと前かもしれない。昔のネタに、いろいろ時節に併せたキーワードやキャラクターを加味しての今回ですかね。なお今回の本の時間軸としては、1.5部を想定しています。

 もう少ししたら、夏コミ新刊のタイトルや表紙や登場キャラも出せると思います。さて、お仕事お仕事、あと作業。

お知らせ

 作業に集中していたら、こんな時間に……。なんてこった。
 申し訳ありませんが、本日の更新はお休みさせていただきます。

日々雑談~2420~

 昨日は更新できず申し訳ありませんでした。いろいろと、佳境だった結果、上手く手が回らず……。
 そろそろ、夏コミ新刊も形になってきそうです。つーかまあ、残り時間的に、そろそろ形にしないとマズいのですが。いつものことだ、なんとかしよう!

 

 そういえばAmazonプライムデーだったなあ、俺、プライム会員だから対象なんだよなあ……ということで、せっかくなのでガンズゴア&カノーリを購入。ガンズゴアは前から気になっていた作品なので上手いこと見つかったけど、プライムデーは商品が多すぎて中々ピン!とくるもんが見つからんねえ。ここんとこ、フロアで区分けされてて、ざっと商品を見れる実店舗は強いよな。まあ、Amazonの全部の商品を棚に乗せるって、それはもう店舗でなく巨大倉庫だけど……。

 ガンズゴア&カノーリは、優れた2D描写に重火器の乱射にゴア表現とかのメタルスラッグに近いものがありますが、メタルスラッグほど主人公側が超火力ではないので、考えなしに適当に敵をあしらいながら進むと、数の暴力で負けます。武器の使い分け要素にこちらも利用できる地形と、派手さの中に細やかな慎重さも同居している感じですかね。この慎重さは、戦場を突き進むゲームよりも、バイオハザードやサイレンやサイレントヒルみたいなホラーアクションに近いかと。

 今、いろいろと立て込んでるので、こういう手頃なゲームがちょうどいい。溜まったストレス諸々を、上手く発散できるゲームですわ。

日々雑談~2419~

 流石に色々と落ち着いてきたものの、特にネタが無くて困る……アレはまだ表に出せないし、ソレは準備中の段階だし、コレはまだ形になってないし……まあ、こういう時は本能のままに、アメコミ関係の話だ!

 

 そういえば、デッドプール2の日本での興行収入が17億を超えたそうで。ブラックパンサーが14億なので、デッドプールは日本での豹退治に成功した模様。いやまあ、MCUには日本でも36億を稼いだアベンジャーズ インフィニティ・ウォーというバケモノがいるのですが。そして、そんなインフィニティ・ウォーでも、かつてのサム・ライミ版スパイダーマン3部作に(日本だと)追いついてないというね……3部作の中で最下位なスパイダーマン2でも、67億だからなあ。

 なお、スパイダーマン2は日本国内で公開された歴代興収における94位。100位のおくりびとが64億弱なので、65億を超えればおそらく100位圏内ですね。実際、100位以内に入っているアメコミヒーローものって、スパイダーマンの三部作くらいなんだよな。あと所属的にはディズニーアニメ寄りなものの、91億という成績でスパイダーマンすら超えているベイマックス。今、アメコミ系映画は世界的に勢いが良いと言えども、日本市場にてベイマックスの域に到達する作品が今後出るんだろうか?

 つーか、ここ数年の日本市場で意外に強かった映画ってスパイダーマン:ホームカミング(25億)とドクター・ストレンジ(18億)だったんだよな。スパイダーマンは旧作には劣ると言えども単独名義では群を抜いているし、ドクター・ストレンジもワンダーウーマンやソーやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーやブラックパンサー以上の成績。デッドプール2もちと追いつけないかも。日本市場は独特というか、世界基準だけを見てどうにかなると思ってたら、そのまんま大やけどする国だねい。