TOPICS

ご要望、ご用命、お仕事、連絡、なにかありましたら以下アドレスまで。
hujii.nikuzousui☆gmail.com(☆を@に変更してください)

電撃ゲーム文庫より刊行のゲームCHAOS;CHILDの公式ノベライズとなる、
『妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録』の本文を“藤井三打”名義で担当させていただきました。現状の詳細は、こちらに纏めてあります。

とある情弱の記録 表紙
Amazonリンク

エンターブレインより発売中のヒットマン1ヒットマン2に寄稿しております。
詳しくはこちらへ。

HITMAN(勝手に)応援企画
犬溶接マン編 ヒットマン&デッドプール編 キャラクター事典編

映画デッドプールに関しての感想やレビューや記事は、こちらに一覧を纏めております。

more

日々雑談~2218~

 今週のアルティメット・スパイダーマンで、第二回異次元のスパイダーマン編終了。スパイダー・グウェン(グウェン・ステイシー)は、ある意味一番アルスパで扱いが難しいキャラよね……彼女の個性やキャラクター付けに使われている部分が殆どアルスパには無いもんなあ。

 ウ・ウ・ウルフのマーク、あ・あ・アイツはー……銀河旋風でもなんでもない、ウルフ・スパイダー。一応ベルトのバックルはウルフのマークなものの、キャラクターとしてのモチーフは、おそらく英名Wolf spiderなコモリグモ。責任を放棄したと聞くと大いなる無責任を伴うデッドプールに近いように見えますが、責任を知りつつ放棄した男と徹頭徹尾の無責任野郎は意外と遠いと思うのですよ。
 ただまあ、覚えている責任に関しては、デッドプールわりと律儀よね。基本、覚えないけど。

 

>マルタ姐さんは水着云々よりタラスク関連の話に全部持って行かれた感じが。あそこの日記は本当にフリーダムだなあと。

 イイハナシダナー。おそらく読んだ人の誰もが、マルタ姐さんを欲しくなるサブストーリー。鉄拳と仁義が、怪物の心を動かす! ……聖女?

 そしてゲーム的にもマルタ姐さんは、ルーラーの防御性能と本人の攻撃性能が合わさって、かなりハイレベルな耐久型アタッカー。同じルーラーのジャンヌ・ダルクは対サーヴァントと防御性能に特化した耐久型なので、相手を殴り倒すマルタさんは普段使いに便利よね。元祖耐久型アタッカーの天草四郎はその……そもそも期間限定で、今手に入らんですし(目をそらして それにしても……聖女?(二回目

日々雑談~2217~

>コミケお疲れ様でした! イベント後の充実感はなにものにも代えがたいところがありますよね。

ねぎらい、ありがとうございます。そうですね、例えその後に何が待っていようとも、イベント当日の夜はよく寝れますね。肉体の疲れと心の満足感、これほど睡眠の助けになるものはないですよ。

>先日のコミケでいただいた変態仮面対スパイダーマン読み終わりました! とても面白かったです。アメコミ知識も変態仮面知識も浅いのですが、アルスパは毎週見ています。そのせいか読んでいるあいだスパイダーマンの声が川田さんで脳内再生されて、読み終わったあともアルスパのエンディング曲が脳内で流れて来るほどスッと入ってきて、アニメ化を妄想してしまいました。

アニメ化はその、色々マズいと思います。本の方、楽しんでいただけたようで何よりです。リアルタイムでアニメをやっているということで、スパイダーマンのノリや口調はアルスパ寄りにさせていただきました。会場でも好評、「息が止まるほど笑った」との感想などもいただけたので、第二弾もありかもしれないですね。……アリ、なの、か?

 

 ちと取り込んでいる最中なのですが、Fate/Grand Orderの水着ガチャの第二弾が始まってるよね!ということで、ここ最近これイケるんじゃね?と思っているゲン担ぎを使って、引いてみることに。

撲殺聖女マルタさん

 OK! ある意味今回、一番欲しかったんだよ、マルタさん! モーションいいよね、モーション。殴るだけでなく、首相撲で膝蹴りぶち込むところとか。
 最近ハマっているゲン担ぎは、自分的にめっちゃ的中率がいいので是非紹介したいところなのですが、このゲン担ぎを管理者に教えて、管理者やってみたら大惨事だったのよねえ……効能には個人差があります。昔話の良い爺と悪い爺。何にせよもうちょっと自分を実験台にして確かめてからということで。当たるも八卦、当たらぬも八卦よ。

お知らせ

 色々熱中していて気づけば、もうこんな時間に……申し訳ありませんが、本日の更新はお休みさせていただきます。
 冬コミのネットでの申し込みも、締め切りまで残り20時間。不備が無いように、確認しておかんと怖いな。

日々雑談~2216~

 自分の中でX-MEN:アポカリプスの評価はかなり高いんだけど、やはりこれは久々の「超強い一人のボスにヒーローが力を合わせて立ち向かう」構図がストライクだったんだろうなあと。近い存在ならば、BvSのドゥームズデイもそうなのでしょうが、アレは強いもののあくまで怪物。首魁とするには、ちと力任せすぎる。まああと、タイトルから序盤に最後までボスを張り続けるアポカリプスと比べ、唐突ですしね。ボスというより最後の切り札、“手段”の一つといいますか。

 「超強い一人のボス」相手のチームバトルは、何気に映画のアベンジャーズも手を付けてない領域です。ロキは本人というよりチタウリの軍隊が敵だったし、ウルトロンも最終的には個であり群の数で押してくるタイプになりましたしね。おそらく、サノスは「超強い一人のボス」として立ちふさがるのでしょうが……まだちと先の話だろうなあ。X-MENがいち早く、「超強い一人のボス」に立ち向かえたのは、やっぱ大きいですよ。
 しかしデーターで見ると、X-MEN:アポカリプスは世界での支持は高いものの、アメリカ国内では伸び悩んでおりまして。率直に言ってしまうと、今年のヒーロー映画やX-MENシリーズの中でも下位。アメリカ人、もったいない事すんなあ……。

 クオリティは高く徐々に成長を続けていて、海外での認知度も高い反面、妙な閉塞感がシリーズ全体を覆っている現状。アメリカにおける映画X-MENシリーズは、日本におけるウルトラマンシリーズとなんか被るねえ。ホント、勿体無い。

日々雑談~2215~

 最近は朝起きてオリンピックの結果を見るという流れに慣れてきていたけど、流石に吉田沙保里敗退の報せは朝からびっくらこいきました。絶対王者の称号は、絶対的な強さへの信頼があってこその称号です。

 そしてその決勝戦を一日遅れで拝見。これは不運な判定負けでもなく、かといって完全な実力負けでもない。強いていうならば、研究されつくされた上での完封負け。吉田の一挙一動に上手く対応していく、勝者であり金メダリストとなったヘレン・マルーリス。吉田沙保里を研究し、編み出した策を実行出来るだけのフィジカルやテクニックを身に付ける。ヘレン選手の実力も努力も、並大抵のものではなかったでしょう。

 勝てば勝つほど、その選手は多くの人間の目標と標的になり、やがて数多の眼と思考により、武器を取られ丸裸にされてしまう。独自のテクニックや絶対的なフィニッシュホールドも、やがて明らかにされ奪われる定めです。最も、これらを露わにすることで、そのスポーツ自体が全体的に底上げされるということでもあるのですが。対処対策が練られるまで、初期総合格闘技でわからん殺しを続けてきたグレイシー柔術はその典型例です。

 そんな中、16年以上勝利を重ね、数多の人の目に晒されながら不敗を守り続けてきた吉田沙保里の強さは、一度の負けで消えぬ輝きがあります。そして彼女と切磋琢磨してきた結果、日本女子レスリングの強さは群を抜いた存在となりました。次の世界大会、そして東京オリンピックで女子レスリングはどうなるのか。楽しみで仕方ありません。吉田沙保里選手の今後も、静かに声援を送りつつ見守りたいと思います。