TOPICS

ご要望、ご用命、お仕事、連絡、なにかありましたら以下アドレスにお願いします。
hujii.nikuzousui☆gmail.com(☆を@に変更してください)

お仕事情報

Dies irae ~Song to the Witch~(6月26日発売)


Amazonリンク

妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録(発売中)

とある情弱の記録 表紙
Amazonリンク

エンターブレインより発売中のヒットマン1ヒットマン2ヒットマン3ヒットマン4ヒットマン5掲載の奇天烈!!アメコミキャラ名鑑を担当させていただきました。

more

日々雑談~2353~

 実は昨日より、大洗に泊まりで行ってました。超突発弾丸ツアーなわりに、前回行った時に出来なかったこと&知らなかったことがだいたいこなせたので、結構満足。ガルパン最終章はまだ先&海開き前で夏休み前と、土日ながらも好条件はそろってましたね。武部沙織誕生会(22日)とカブってたら、ヤバかったけど。

 

 今現在体力の限界なので、細かな話は明日に回すとして。本日6月26日はDies irae ~Song to the Witch~の発売日とあいなります。

 CHAOS;CHILD とある情弱の記録以来のノベライズ、Dies iraeという極上の舞台にて、なんとか自分の出来る限りのものを詰め込んでみました。Dies irae本編より数十年前の話であり、その重要キャラである魔女ルサルカ・シュヴェーゲリンを主人公とした物語。予兆はあるものの本編での結末を決定づける要素は抑えめなので、この本からDies iraeの世界へと入門しても問題ないかと思います。是非とも、お手にとっていただければ……!

 なお、電子書籍での配信は、日付が変わった先ほどより開始しています。電子書籍の利点、それは早さ!

日々雑談~2352~

デッドプール「ふーむ……十三騎士団に入った方がいいか、敵対した方が美味しいか。それにしたって、キャップやローガンは戦時中のコイツらと面識ありそうだよな」

 Dies irae ~Song to the Witch~もいよいよ発売間近ということで、見本誌が届きました。Gユウスケさんのカバーも素晴らしいですが、コミカライズを手がけている港川さんの挿絵も同様に素晴らしいです。なんという、ルサルカまみれ……ルサルカーニバル……。帯もゲーム原作&シナリオ担当の正田さんに頂戴しました。何故ルサルカは人気があるのか。えーと、その……アレだよ、ほら、アレ! わかりますよね!(全力で煙に巻く姿勢

 表紙に居るのは、ルサルカとベアトリスですが……聖槍十三騎士団は、二人だけじゃあないんだぜ?

ののさん~その3~

※注:このSSは公式的なものでは一切ない、私的なカオチャネタです。

雛絵「ふーん、“わたしがなんで怒っているかわかる?”ねぇ……もし相手が正解を言い当てても答えをすり替えることができる質問をして、どうなるんでしょうね? 本当か嘘か問う段階にも達してないです。これは問いかけというより、相手を追い詰めるだけの台詞で…………宮代先輩? ちょっといいですか~?」

伊藤「待て。有村。悪いことは言わんから、止めとけ。でないと、レベルの差を知ることになるぜ?」

 

乃々「ねえ、拓留? わたしがなんで怒っているかわかる?」

拓留「あ……う……」

 

伊藤「見ろ、副部長を前にしての、あの宮代の腰の引け方。逃げようとしても、アレはもう無理ってヤツだ。知ってるか? 副部長からは逃げられないんだよ」

雛絵「なるほど。アレがプロの追い詰め方ですかー。ところで、副部長、宮代先輩も見つつ、こっちも見てますよ」

伊藤「やべっ……知ってるか? 副部長からは逃げられないんだぜ……?」

雛絵「ホント、知りたくなかったんですけど。何、わたしまで巻き込んでくれちゃってるんですか」

 

神成「一日の内、怒っていたり不機嫌な時の方が多い人だと、“私がなんで怒っているか”よりも“私がなんで怒っていないと思う?”と聞かれた方が怖いな」

久野里「ほう……なら聞こう。私がなんで怒っていないと思う?」

日々雑談~2351~

 今日は、スパイダーマンの告知が入りフューチャーアベンジャーズの新PVも公開されると、実にアメコミ告知ラッシュな日でした。藤岡弘、は関係ない? ……未確認な藤岡弘、を確認したら、それはUFOでなくなってしまう。というわけで、きっとそれは気のせいです。確認できる、ワケがねえ。

 放送局となるDlifeを確認したところ、両者ともに一ヶ月後の7月22日(土)スタートで、8時からフューチャー・アベンジャーズ、8時半からスパイダーマンと続けて放映する形になる模様。今までの夕方放映の流れとは、ズラしてきた感じですね。

 いやしかし、上述のツイートで紹介したフューチャー・アベンジャーズのPVも、こちらのPVも、動画再生回数が(現在)100や200なんだけど、そこんとこマズくないだろうか。映像もいい、ディスク・ウォーズのメンバー再集結のCVは胸が熱くなる。こう、良さげな物が多くの人の目に入ってないってのは歯がゆいぜ。もう少し、大々的もしくは丁寧に宣伝しないとマズいんじゃないだろうか。土曜朝のアニメは地上波含め激戦区だし、そこに殴り込むにはこれから約一ヶ月、十分以上の下ごしらえが必要なんじゃないかな。俺もできるかぎり応援していきたいけど、いかんせん個人の力には限界があるしのう……。

 まあ、それはそれとして、この新生した2作品がどうなるか楽しみです。スパイダーマンが原作回帰ってことは、あのウィットとどうしょもなさにまみれた、ピーター・パーカーとジェイ・ジョナ・ジェイムソンのトークがまた復活するってことでいいんですかね!?
 

日々雑談~2350~

 というわけで、デッドプール:バック・イン・ブラック発売中です。何気にこれ、ヴェノムやシンビオートがハバを効かせていた80年代後半の状況やノリを頑張って再現している一冊でもあります。多くの人が漠然とスパイダーマンを思い出した時、もっとも当てはまる時期のひとつなんじゃあないか。

 

 毎年今頃は夏コミ作業についているので、落選した今年はなんだか虚無感が。別口でやることはあるし、そろそろDies irae ~Song to the Witch~も発売なので、気が途切れたわけではないものの、毎年あるものが無いというのは、やっぱねえ。

 もし今年、夏コミに受かっていたらどうなっていたのかを考えてみる。自分のところは、TYPE-MOONサークルなので、新刊は十中八九TYPE-MOON本。FGOで申込んではいるものの、TYPE-MOONの他作品に浮気する可能性はアリ。思えば、申込みがパンクしているFGOで申し込んだから、落ちたんだろうか……ともかく、TYPE-MOON本からズレることはないはず。

 実のところ、いつもやってるアメコミ×TYPE-MOONなアメコミカタツキの新しいネタあったのよねえ……ただ、ちょっと悩んでました。その、登場キャラ的に機が微妙にズレているなーと。もっとも、夏コミに受かっていたらなんとかして仕上げていたとは思いますが。いろいろな意味で相性がいい、ローガン要素を投入して隙間埋めてたと思います。ローガンは、介護経験があるかどうかで評価が左右するという、稀有なヒーロー映画だったのう……いやいや、あの突拍子のなさや思考の繋がらなさが、老人特有のものなんだってば!

 そんな感じで色々考えてはいたものの落ちた時点で機会は無し。秋のコミック1、いっそ地方で……これで冬コミ落ちると、サークル活動一年休止!という事態になるので、ちょっと考えてみます。機会を用意できたら、やってみせますよ! デッドプールチームアップのガルパン編を!(唐突に出てくる新案