TOPICS

ご要望、ご用命、お仕事、連絡、なにかありましたら以下アドレスにお願いします。
hujii.nikuzousui☆gmail.com(☆を@に変更してください)

お仕事情報

Dies irae ~Song to the Witch~(発売中)


Amazonリンク

妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録(発売中)

とある情弱の記録 表紙
Amazonリンク

エンターブレインより発売中のヒットマン1ヒットマン2ヒットマン3ヒットマン4ヒットマン5掲載の奇天烈!!アメコミキャラ名鑑を担当させていただきました。

more

日々雑談~2246~

 1日外出録ハンチョウでさじを投げられたり、Twitterで「行ったけど何もない」的なつぶやきが流れてしまっている、愛知県名古屋市。昔自分も行ったことがあるので、当時のことを思い出そうとするものの……まず思い出すのが、一緒に行った管理者が自分で早めに起床時間を設定したのに寝坊、しかもアラームを無視どころか携帯の電源も切ってしまっていて、結果シングルルームに籠城状態でどうすんだこれになった思い出。はっはっは、律儀に早起きして浮いた時間で、G級ナルガクルガのソロ狩猟に成功したことも覚えてるぞ! 起こそうとしばらく頑張ったけどダメだったんで、PSPの電源つけた時はもうどうにでもな~れだったわ!

 昔、サイトに名古屋旅行のレポを書いた記憶もあるんだけど、いかんせん今は亡き前サイトの話でねえ。もう流石に何書いたかは覚えてないけど、上記の管理者シングルルーム籠城事件は書いた記憶があるぞ! どうしょうもない!

 どうしょうもない人間の、どうしょうもない思い出はさておいて、名古屋がどうだったかと言うと……大阪や東京ほど、電車網や観光地が固まっておらず、仙台や広島に比べ車でのフォローもしにくい。なんというか、都会と地方都市のちょうど中間ポジになった結果、旅行する上で全体的な不便に直結しているというか……。なんというか、出たとこ勝負やアクシデントによるリカバリーが難しかったなあと。事前の準備や計画性が、旅行の充実度にモロに影響するというか。

 その分、ちゃんと準備しておけば、クリティカルヒットが狙える素養はある街ですね。味噌カツもカレーうどんもひつまぶしも、今でも覚えているくらいに美味かったし。なんつーか、イメージ的に近いのは札幌? 若干バラケ気味なとこやメシが美味い所も似通っているけど、札幌も名古屋も旅行行くなら近隣の小樽や知多半島込みで考えておいた方がいいのよね。都市による、チームプレイ。

 やっぱここも含めて、計画してナンボという旅行の基本に立ち返れる街だよな、名古屋。

お知らせ

 申し訳ありませんが、本日の更新は所用によりお休みさせていただきます。

 冬コミに向けて、色々準備中です。とりあえず、だいぶ形にはなってきたので、あとは取捨選択。出すキャラが決まったら、あとは出番の取捨選択。カードゲームで言うなら、ひとまずデッキは組み終わったので、あとは実際どう手札を切って、どうコンボを作るのかという段階。いくら状況に適した美味しいキャラでも、あんま手札としてむやみに切っちゃうと、読んでいて飽きてくるので。

 しかし、今回はまずオチを考えてそこから肉付けしているのに、途中で別のオチが思いついてしまった結果、オチをどっちにするかで思い悩んでいるのだから難しい。いわば、始まりがブレている状況。書くことに慣れてきたと思っていても、未知の体験はまだまだ有る。創作とは、無限の修練……。

日々雑談~2245~

 土曜朝のフューチャー・アベンジャーズとウルトラマンジード。両方共、とんでもない再生能力を持つ敵を相手にしてヒーローが苦戦する物語だった。もっともデッドプールは再生能力持ちであるものの、それ全く披露すること無く、ただそのキャラクター性でアベンジャーズを疲れさせたのですが。今回ヴィラン寄りなので、脱力効果がハンパねえな……オチがとんでもないことになっているので、まだ未見の方はぜひ上記ツイートのリンクから見逃し配信に飛んでくださいませ。まだまだ、今日ここで表立っては言及できねえよ! 
 しかしオチのアイツ、今回の登場がマーベル系アニメ初登場じゃないかな。ミズ・マーベル回の、インベンター以来?

 鳥の顔した発明家の話題から、鳥っぽい宇宙怪獣の話題にシフト。ギエロン星獣というと、初出のウルトラセブン「超兵器R1号」が物語性の高い作品であった結果、悲劇の象徴やメタファーのような物語の材料として語られることが多かったのですが、今回は『再生怪獣 ギエロン星獣』としてのスペックをフルに発揮した、一怪獣としての登場となりました。

 今日の「午前10時の怪鳥」も、危機が日常になることによる危険察知能力の鈍化や、延々と戦い続けるマラソンの構図のような考察できるポイントも多かったのですが、それは一先ず置いておくとして。こうして普通の怪獣として作品に登場できたことは、結果的に良かったと思います。ギエロン星獣は前述したように、語りがいのあるエピソードの付属物としての扱いが近年のメインになっていたので。こうして純粋な強敵として登場したことで、ギエロン星獣という存在に再び血が通ったのではないでしょうか。

 メッセージ性やそのキャラクターのアイデンティティは大事なものの、それだけで語って、それしかないキャラにしてしまうのは勿体無い話。広く様々な視点で気安く語れる環境こそ、キャラクターの良いあり方だと思っております。

日々雑談~2444~

 昨日は更新できずすみませんでした。急に眠気に襲われ、気がついたら早朝。朝早起きしたぶんで作業は賄えたとはいえ、こういう形での早寝早起きは嫌だなあ。というか、ここ最近、限界を迎えると毎回こうなっている気がするぜ。

 ついこの間貼ったツイートなものの、もう明日なので、再度ペタリと。いやーしかし、X-MENの影も形もないまま、デッドプール二回目かよ。いったい、あっちの映像関係の契約ってどうなってるんだ!? DCコミックスのドラマと映画が剥離した状況も、ようわからんけど。ジャスティスリーグのフラッシュの最大のライバルはドラマのフラッシュってのが、笑えるような笑えんような。代替わり以上に、どうしても比べられる環境になっちゃってるしねー。

 まあ、作り手が不自由しない環境こそ、一番権利関係がスッキリしている状況なのでしょう。そしておそらく、それはファンのニーズとも一致しているわけで。でも、マーベル・シネマティック・ユニバースにX-MENやファンタスティック・フォーが加入したら、おそらく情報量がオーバフロー起こすよな……そもそもコミックスでも、アベンジャーズとX-MENを並べた結果、人数と情報量が多すぎてバランスが取れていないエピソードも結構あるし。版権の壁により生じる、適度な距離感の存在。ううむ、難しいなあ。

 

日々雑談~2443~

 ボブの絵画教室だコレー!?
 そして、映画デッドプールが前作同様イケイケなことにホロリと。いやさ、思いもよらぬヒット! スタッフの入れ替え! ついにソーまで殴り込んできたボンクラヒーローワールドの追い上げ! と、むしろ第一作の時の状況とは別ベクトルでキツくなってんじゃコレと思っていたものの、絵画教室のノリとデッドプール2本編の予告映像を見る限り、大丈夫そうだなって。

 デッドプールに抱く、安心と信頼! うむ、抱いちゃダメなパターンだけど、抱くしかねえな!