Home > 小説 > クロスオーバー > 東方大魔境 血戦 幻想郷〜4〜

東方大魔境 血戦 幻想郷〜4〜

 ゲタに案内されたのは、人里と森の境目にある倉庫であった。
「洋館、お屋敷二回に神社と来て、今度はこのボロい倉庫ねえ。どうもたいしたヤツがいそうにないわ」
「巫女殿静かに。敵に見つかってしまうぞい」
 目玉の親父と霊夢は屋根に陣取り天窓からこっそり工場の中を覗いている。ゲタは大人しくなったので、とりあえず霊夢が持っている。現在工場はゆっくりと稼働中であった。
「ねえねえマネージャー」
 ノルマをこなしヒマそうなチルノがネズミ男に声をかける。
「あんだい」
「アタイ、もっと外の妖怪とやりあいたいんだけど。そうすれば外の世界でも、アタイのさいきょーさが有名になるじゃない。この間のきたろーってゆうのも弱かったし」
「我慢しろい。アイツを倒したら、子泣きや砂かけが押しかけてくるのがお約束。待てばそのうち来るさ」
 鬼太郎がやられて仲間が押しかけてくるのは王道であった。
「くぅ、まさか鬼太郎がやられているとは」
 天窓に張り付いている親父が嘆く。
「やられたって、あの工場に居るのはチルノとリグルとミスティアとルーミアと雑魚軍団と、それにネズミ男ってやつだけなんだけど。ネズミ男って強いの? ウチのネズミとは、随分タイプが違うみたいだけど」
「んにゃ。妖怪未満人間未満のダメなヤツじゃが」
「あのバカルテットも所詮前座のボスなんだけど……。いや、けっこう強いって聞いてたのに、アレに負ける鬼太郎さんって」
 ハードならともかく、イージーで彼女らに負けるシューターは余程シューティングが苦手だ。それはさておき。
「あせっちゃダメだよ、チルノ」
「そうそう、それにまだ大事な奴を忘れているわ」
「……そうだよ」
 リグル、ミスティア、ルーミアの三人もヒマなのか話に参加してくるが、どうもルーミアの様子がおかしい。
「ちょっと、大丈夫なのルーミア? なんかアンタ元気ないわよ」
 いつもは食物連鎖の下に居るミスティアも、ルーミアを心配する。
「うん、だいじょうぶだよ、みすちー。なんならその翼をひとくちで」
「ああ、それだけ元気があれば大丈夫ね! てーか元気でも何でもヒトの翼を食おうとするな! 絶対に食おうとしないでよ!」
「えーと、ネタフリなのか?」
「違うー!」
「アレは置いていて、なんだよリグル。もしかして、幻想郷にも正義の妖怪がいるのかよ」
 やいのやいの始めた二人を放っておいて、ネズミ男が正義への煙たさを隠さず。リグルに尋ねる。
「妖怪じゃないけど、幻想郷にもトラブルの解決屋がいてね。霊夢って巫女だよ」
「巫女? まさかヒ一族じゃねえだろうな」
 ヒ一族とは、妖怪の天敵と呼ばれる一族の事だ。一時外の妖怪は彼らに絶滅寸前まで追い込まれた。
「たぶん違うと思うけど、なんかトラブルがあると首を突っ込んできて、よけいに騒動を大きくするんだ。私たちなんか騒動と関係ないのに、巫女の通り道にいたってだけで、ボコボコにされたし」
「カーッ、そりゃまたロクでもねえのがいるなあ。それじゃ正義の味方どころか通り魔ヨ」
 ピシリと、天窓のガラスにヒビが入った。
「待て巫女どの、落ち着くんじゃ!」
「ふふふ、リグルきゅんもずいぶん言うようになったわねぇ……」
 ビシビシと妖気をこえる殺気が空気を震わしている。どうやれば人間がこんな気を出せるのか。
「まーつまりレイムは、空気が読めないバカなのさ」
 チルノが霊夢をバカにした途端、工場の屋根が爆風と共にはじけとんだ。
「な、ななななななぁ!?」
 逃げ惑うネズミ男の視線に入ってきたのは、まさに鬼。屋根の残骸の上にゆっくりと降り立つ霊夢が彼にはそうとしか見えなかった。
「よりによってにバカにされちゃあ、さすがに黙っていられないわよねぇ?」
 瓦礫を蹴り飛ばし、ゆっくりと霊夢が降りてくる。バカルテットとネズミ男にできる事は怯える事のみだった。
「なんなんだよコイツは、ヒ一族よりヒデえ……」
「オイ、ネズミ男! おぬし鬼太郎をどうした!」
 霊夢の巫女服にある脇の切れ目から、目玉の親父が這い出て来た。
「ああん? 親父も来てんのかよ。ああ、そうだよ、鬼太郎はな、ここにいる四人の先生方に氷漬けにされて川に流されたよ。そうだよな、ルーミアよ」
「う、うん」
 ネズミ男の問いかけに、未だに様子のおかしままのルーミアはなんとか首を縦に振る。
 そんなおかしいルーミアを見逃さないモノが居た。
 鬼太郎のゲタが、突如勢いを取り戻しルーミアめがけ襲い掛かる、不意打ちの一撃は、ルーミアの腹に直撃した。痛みのせいか、ルーミアが腹を抑えうずくまる。
「ちょ、ルーミア!? 霊夢、あんた相変わらず極悪非道の巫女ね!」
「ちょっと待った、今のは私じゃないわ。ゲタが勝手に」
「このばかー! ゲタがかってに動くわけないだろ、このバーカ!」
 どさくさまぎれにエラくチルノが調子に乗っている。
 うずくまったままのルーミアは本当に苦しそうだ。うずくまったまま、痙攣している。
「ちょ、これ本気でやばいよ!」
「ルーミア、大丈夫!? 何処が痛い!?」
「お腹が、お腹がいたいよぉ……」
 すぅっと、ルーミアの口から白色の気体が漏れてきた。気体は途切れることなく続き、やがて集まり人型を象っていく。
 少女の痛みは、下駄の外傷ではなく、腹の内部にあった。
「ちょ、ルーミア。あんたなに食ったのよ!?」
 それは所謂、食あたり。
「まさか! オメエひょっとして、氷の鬼太郎を食ったな!?」
 白色の気体に色がつく。それは、黄色と黒の縞模様。続いて肌色に青色と、気体はどんどん人らしくなっていく。最後にゲタが、久しい主の下へ嬉々として戻った。
「助かったよ、その子の食い意地がはっていて。カキ氷機に身体をかけられたときは死ぬかと思ったけど」
 ゲゲゲの鬼太郎は易く復活を遂げた。
 様々な特殊能力が鬼太郎にはあるが、まず恐ろしいのは、この殺しても死なない生命力だ。
「鬼太郎―!」
 親父はすばしっこく鬼太郎の身体を駆け上がり、頭の上のいつもの定位置へと着いた
「あっ、父さん。あれ? そこの巫女さんは?」
「うむこの方は博麗霊夢と言ってな、カクカクシカジカ」
 親父から霊夢や現状に関してのだいたいの説明を受けた鬼太郎は、まず霊夢に一礼した。
「ありがとうございます。父さんをここに連れてきてもらって」
「どういたしまして」
「ついでにもう一つお願いがあるんですが」
「いいわよ。もう何か分かっているから、譲るわよ」
 まあ、たぶん前評判からいってやりすぎる事はないだろう。わざわざ彼にスペルカードルールを教えるのも面倒だなと、霊夢は判断した。スポーツライクにスペルカードで争ってもらうのが一番だとしても、飛べないんじゃしょうがない。
 あっさりと霊夢は退き、代わりに鬼太郎が五人の妖怪の前に立ちはだかる。いや直ぐに四人の妖怪になった。ネズミ男は既に逃げ出している。逃げ足だけで言うなら、幻想郷のネズミより上かもしれない。
「さて四人とも、もう一回僕と勝負してもらおうか」
 鬼太郎は、高らかにそう宣言した。
「ふっ、さっきあそこまでギタンギタンにやられていて、いいどきょーだ。リグル、みすちー、また痛めつけてやろうよ」
「そうだね、一度勝ったんだから、二度はあるよね」
「ルーミアはちょっと休んでなさい。まだお腹痛いでしょ」
「ごめんみすちー……」
 とりあえずルーミアが下がって、残りの三人が鬼太郎に立ちはだかる。
 幻想郷の妖怪VS外の妖怪の血戦が、再び始まろうとしていた。




「コンテニューは一度きり、二度は出来ないのさ!」
 口火を切ったのはまたもチルノであった。氷のバルカンが鬼太郎を襲うが、鬼太郎はチャンチャンコで防ぐ。先ほどと、同じ展開に思えた。
「幻想郷じゃ同じ手は通じないわよ」
「わかってるさ!」
 先程までは防ぐしか出来なかった鬼太郎のチャンチャンコ。しかし、今度は防ぐに留まらず、冷気を反射した。反射した先に居たのは、
「うわぁ!」
 再び不意打ちキックを狙おうとしていたリグルが、反射したチルノの弾幕に被弾する。
「ごめん、りぐるんー!?」
 動揺するチルノのアゴをリモコンゲタが蹴り上げた。ゲタはそのまま勢いを殺さずミスティアを狙う。しかし、弾幕世界に生きる彼女達にとって、ゲタは油断せねば安牌の速度だ。現にミスティアは二足のゲタを簡単に回避する。
「こんどはこちらの番よォッ!?」
 歌おうとしたミスティアの後頭部に戻ってきたゲタがぶち当たった。カーンという甲高い音を残し、ゲタは鬼太郎の元へと帰った。
「イタタタ。なんなのコイツ、急に強くなった」
「な、なんの、さいきょーのアタイにいどむにはまだたりないわ」
「さ、寒い……虫は冷気に弱いのに」
 さっきとはケタ違いの動きと能力に、三人が思わず及び腰になる。
 鬼太郎の強さは、チャンチャンコとゲタが揃ってこそ発揮される。ゲタのない鬼太郎を倒しても、さほどたいしたことはない。全てが揃った鬼太郎を完全に葬る事は、今だ外の妖怪の誰もなしえていないことであった。
「どうした。もう降参かい?」
「なんのまだまだ、いくよみんな! あいつをたかり殺してやれ!」
 リグルの合図と共に四方八方から毒虫が襲来する。鬼太郎はチャンチャンコを振り回して虫を落とそうとするが、それぐらいでは間に合わない量の虫達がかしこから湧いて出て来た。
「くそ、どうします父さん」
「安心せい。虫が働いておるのを見たときから予想していたことじゃ。今、援軍が来る」
 親父はそういうが、援軍らしき物は影も形も無かった。霊夢はあくまで傍観者として居る。やがて虫の群れが鬼太郎の下半身を飲み込んだ。あと少しもすれば、鬼太郎は完全に虫の群れに覆われてしまうだろう。
「来たぞ!」
 カーという泣き声が幾重にも重なり、轟音となり襲来する。
 援軍の正体とは、化けガラスに率いられた無数のカラスの群れであった。展開を予想した目玉の親父が、辺りの仲間を連れて来いと化けガラスに命令しておいたのだ。
「それー! くらうのじゃ!」
 カラスの群れが次々と虫をついばみ喰らっていく。残っている虫たちも怯え、どんどんと物陰へと戻っていく。
「わー! みんなー!」
 リグルが慌てふためいているうちに、虫は姿を消してしまった。同時に、鬼太郎の姿まで消えている。
「あれ?」
 辺りを見回すが、鬼太郎らしき姿は無い。
「ここだよ」
 すうっと鬼太郎が姿を現す。隠れていた位置は、リグルの近くにある壁の壁面、己の姿を保護色で隠す、カメレオンの術だ。
 リグルが鬼太郎に気付いたときは、もはや間に合わなかった。
 鬼太郎のゲタスピンキックが不意打ち気味にリグルに当たる。リグルはキックに弾かれ転がり、壁にぶつかった。
「ふ、ふいうちキックは卑怯だよぅ……」
 オマエが言うなと言われるセリフを残し、リグルは気絶した。
「わーリグル! みんな、散って散ってー!」
 夜雀の妖怪であるミスティアが鳥仲間であるカラスを説得し、散会させる。
「こうなったら、私が再び鳥目にして」
「行けッチャンチャンコ!」
「あげむぐー!」
 ミスティアの顔に投げつけられたチャンチャンコは、顔をぎゅうぎゅうと締め上げる。歌どころか、ミスティアが視界ごと殺されてしまった。自分は視界を失う経験に慣れていないのか、ミスティアはふらふらと見えぬまま怪しげに飛ぶ。
「とあー」
「キャー!」
 ミスティアを鬼太郎が豪快な巴投げでぶん投げた。投げ飛ばされたミスティアはリグルに積み重なり、これまた気絶してしまった。
「これで二人、残りは!?」
「鬼太郎、上じゃ!」
 親父の声の前に、鬼太郎は妖気を察知し跳んでいた。鬼太郎が居たところを、2本の極太のビームが凪ぐ。
「月符ムーンライトレイだー。みすちーにりぐる、ありがとー。おなか治ったよ」
 復帰したルーミアは遥か上空から鬼太郎を狙い済ましていた。工場の天井が壊れて空が見えているせいで、もはや毛バリの射程範囲を超えた辺りに居る。自動誘導のチャンチャンコやリモコンゲタなら届くが、この距離では平気で避けられてしまうだろう。
 ルーミアのそれぞれの腕から放たれる二重のビームが、左右から鬼太郎を狙う。本来ならばルーミアの真正面に立てば容易に回避できる技なのだが、いかんせん飛べぬ鬼太郎ではそれもままならず、無様に逃げ回るしかなかった。
 ルーミアは妖怪としての本質で勝てぬと知り、弾幕少女としての手段で勝とうとしている。頭が悪いと揶揄される彼女であったが、この選択肢は非常に賢い物であった。
「さっきはよくもやってくれたね。ならばこっちもアイシクルフォールだわさ!」
 チルノまでルーミアに倣い弾幕を放ち始めた。氷符アイシクルフォールとはチルノが得意するスペルカードなのだが、いかんせんこの弾幕も一定条件化では真正面が死角となっており、勇気を持ちチルノの前に居れば容易く回避できる。
 しかし、ムーンライトレイとアイシクルフォールが合体する事で、お互いの正面に弱いという弱点を打ち消しあっている。幻想郷のスペルカード戦は一対一が原則、本来ならばこのような使い方はありえないのだが、今やっているのは半ば喧嘩同然の物でありスペルカードルールに乗っ取ってはいない。今ここだけで許された、合体技であった。
 既に弾の量は、地に這う妖怪に回避できるレベルでは無い。それでも鬼太郎はよく避けていたが、巨大な氷の弾と一本のレーザーに挟まれ、レーザーの光に飲まれてしまった。


 よっこらせと、傍観を決め込んでいた霊夢が立ち上がる。
「どうやら、負けたようね」
 改めて弾幕勝負へと切り替えようとする霊夢。鬼太郎は消し飛んだが、氷漬けにされても生きているような妖怪だ。あれぐらいでは死なないだろう。
「おーい、二人ともー今度は私が相手するわ」
 霊夢が空飛ぶルーミアとチルノに声をかけるが、二人は上空のあらぬ方を注視し、ピクリとも反応しなかった。
「一体何を見ているのよ?」
 霊夢も飛び上がり、二人が注視している辺りが見える位置まで行く。そしてようやく、二人が何に気を取られているかを理解した。
「なにあれ?」
「うーむ、アタイの紫色の脳細胞も知らないっていってるよ」
 灰色ならともかく、紫色なら腐っているんじゃないだろうか。
 ともかく、二人にとっては知らぬモノであるのだろうが、霊夢にはそれに見覚えがあった。
「父さん、これは?」
「おお、またもなつかしや。大丈夫じゃ鬼太郎、コイツはワシらの味方じゃ」
 鬼太郎が空を飛んでいた。自力ではない、鬼太郎が乗っている空飛ぶ亀のおかげだ。
「玄爺……」
 霊夢が久しく呼ばなかった亀の名を口にする。博麗の巫女に仕える、神力持ちの空飛ぶ亀こと玄爺。昔は、博麗の巫女も彼に乗って空を飛んでいた。だが、自ら空を飛ぶ霊夢では、彼の果たせる役目もなく。現在は神社近くの池に棲んでの、隠遁状態だ。
 そんな彼が、この場に駆けつけた理由。おそらくそれは、似たような立場である、魅魔の仕業だろう。驚きのゲスト、少なくとも霊夢は驚いた。
「亀って美味しいのか?」
 こりぬルーミアが、再び弾幕を展開し襲い掛かる。だが玄爺は全ての弾幕をかする寸前の動きで回避する。急な動きであったが、亀に乗る鬼太郎は振り落とされる事なく張り付いている。布の一反木綿に比べれば、甲羅はだいぶ安定しており、乗りやすい。
「両腕で二本のビーム。なら、こっちは十の指だ!」
 鬼太郎の右手が開かれ、指先がルーミアに向けられる。ポンポンと景気良い音がして、鬼太郎の五本の指が弾となり飛んでいく。抜けた指は直ぐに新しいのが生えてきた。
 これぞ鬼太郎の指鉄砲、誘導能力はないが貫通性と弾速に関しては髪の毛バリやリモコンゲタを遥かに上回る。
「うわぁー」
 ルーミアは五つの速射をなんとか回避する。だが、鬼太郎の手は当然二つある。左手の指鉄砲が続けざまに放たれ、回避したばかりで体勢が不安定なルーミアを狙う。
「や、やられたあぁぁぁぁ……」
 被弾したルーミアは墜落し、いまだ気絶しているリグルとミスティアの上に墜落した。これで、ルーミアも気絶し動けなくなった。
「ちくしょー! アタイさいきょーなのにみんなを守れなかったよ、天国のレティ、アタイに力を!」
 再び勢いで亡くなったことにされたレティに祈り、チルノは弾を撃ちながらの特攻を仕掛ける。チルノのアタックを玄爺は大きく旋回し避けるが、鬼太郎が動きについていけなかったのか、振り落とされてしまった。
「チャンス!」
 落下中で動けぬ鬼太郎をチルノが狙う。
 しかし、このチャンスは誰にとってのチャンスであったのか。
「体内電気!」
 鬼太郎の全身から放たれた電撃がチルノめがけ収束する。
「あびあびあびあびあびー!?」
 攻撃をしかけようとしていたせいでチルノは電撃を避けられず、おもしろいように感電する。氷は電気を通しやすい、きっと氷精のチルノもよく通電する筈だ。
 自由落下する鬼太郎と、墜落するチルノ。チルノが前の三人の上に積み重なり、鬼太郎は足元に飛んできた玄爺の甲羅に着地した。
 先程鬼太郎は振り落とされたのではない。体内電気では玄爺も感電してしまう為、わざと落ちたフリをしたのだ。証拠に目玉の親父も感電せぬように、玄爺の頭の方へ乗り移っていた。
「う〜ん」
「♪〜〜むりよ歌えない〜むきゅぅ」
「わはーもう動けないやぁー……」
「あびあびあびあびー」
 リグル、ミスティア、ルーミア。チルノの順で積み重なった、森の愉快な仲間達。全員、口は動いても、身体は動かない。半分気絶した状態だ。
 こうして、因縁の第二戦は鬼太郎の勝利となった。

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://risotto.sakura.ne.jp/sb.cgi/2269
Listed below are links to weblogs that reference
東方大魔境 血戦 幻想郷〜4〜 from 肉雑炊
トラックバックはありません。

Home > 小説 > クロスオーバー > 東方大魔境 血戦 幻想郷〜4〜

Search
Feeds

Page Top