Home > 小説 > TYPE-MOON > ホロウだよ!? 雑月集

ホロウだよ!? 雑月集

さんにんぐみ
キャスター「神父に成金に走狗のトリオ。まさに三馬鹿ね」
ランサー「うるせえ女首領」
ギルガメッシュ「ド○ンジョが良く言うわ」
言峰「教職である夫が頭脳派で、小次郎が怪力担当か。小次郎よりバーサーカーの方がお似合いではないかな? 」
キャスター「なんでド○ンボーに例えるのよ!! 」


久々で小ネタ尽くしの雑月集。ネタバレ必至の閲覧注意。

ドロドロの泥仕合確定
言峰「間桐桜とライダーのコンビ対遠坂凛とアーチャーのコンビの花札。つまりは薄幸の二人の女性対至極不運な男とギャンブルの天敵とも言えるうっかり癖のついた女の試合。宝具等という要素がなければ、確実に私好みの試合になっていただろうな」


グッドエンドに水を差す
士郎「遠坂にも見せたかったよ、あの間桐家の満開の桜。桜がつきっきりで世話しただけあって綺麗だったぞ」
凛「士郎、とっても怖い話をしてあげるわ」
士郎「?」
凛「綺麗な桜の下には死体が埋まっている」
士郎「……」
凛「ところでホロウ本編で出番のなかった臓硯と真アサシンはどこに行ったのかしらね?」
士郎「あわわ……」


起きる→食べる→寝る
ライダー「いい加減に勤労意欲を持ったらどうですか? そこで煎餅かじっている誇り高きニート」
セイバー「!? 」
凛「なんか矛盾しているけど正しい呼び名ね、それ」


己の技能で儲けてみる
士郎「うお! 大当たりの宝くじ! 初めて見た! 」
凛「さすが幸運装備のセイバー……」
セイバー「手慰みに買ってみた宝くじが当たりとはついている。ところで士郎、当選金額はライダーのバイト代の何か月分くらいですか?」
ライダー「……」


上を行く運気
ギルガメッシュ「ははは! 甘いぞ、セイバー!! 本物の金運とは宝くじで前後賞も引き当てるものだ! だが安心しろ、次回は我が仲良く手をつないでラブラブカップルのごとく一緒にくじをひいてやろう。そうすればお互いの運が相互効果を引き起こしてさらなる幸運を」
セイバー「二度と運だよりで儲けようとしません」
ライダー「そのとおりです。汗水流して稼ぐからこそ金銭には価値があるのです」
ギルガメッシュ「あれぇ!? 」


ランサーズヘヴン
セイバー「約束された勝利の剣――!! 」
ちゅどーーーん
ランサー「だぁぁぁぁぁ!! 聖剣使ってガチンコ漁やるんじゃねえ!! 」


ランサーズヘヴン
ライダー「自己封印・暗黒神殿……ああ、石になってしまっては魚が沈んでしまいますね」
ランサー「それ以前の問題だ!! 」


ランサーズヘヴン
???「ランサーの怒りは最もだ。釣りというものは竿と針と糸があれば十分。質素こそがその本質、華美な装飾は単なる無粋よ」
キャスター「アサシン! なにボーっとしてるのよ、門の掃除は終わったの!? 」
アサシン「まあ、いくら講釈をたれようとも海どころか門から動けないがな、私は」


ランサーズヘブン6.5
キャスター「釣りに行きたいの? だったら主を一時的にランサーの釣り道具にでも移してあげるわ」

アサシン「と、言うわけで無事に釣りにこれたわけだ」
ランサー「竹ざおに普通の釣り針か。花鳥風月を気取るだけあってわかってるじゃねえか」

ランサー「ん。ちょっと針が飛びすぎたかなって……あれ、小次郎何処行った? ってお前なんで海にダイブしてるんだ?」
アサシン「は、はめられた……ッ。あの女狐め、よりによって私の主をランサーの釣り針にしておくとは……これでは針に引きずられて海に落下は当然ガボガボ……」
ランサー「おー長い刀背負って重ね着してるから良く沈むわ」


ランサーズヘヴン
真アサシン「妄想心音……見えた、真鯛の心の臓。まっていてくだされ魔術師殿、今日の夕餉は鯛の味噌汁ですぞー」
ランサー「お前がツッコめよ、坊主」
士郎「あんなツッコミどころが多い物体に何をツッコめと」


ランサーズヘヴンファイナル
イリヤ「ガチンコでGO! やっちゃえバーサーカー!! 」
バーサーカー「■■■■――!! 」
ランサー「おおうい! 堤防にヒビいってるぞって崩れてるー!? 」


ランサーズヘヴンエピローグ
ランサー「さらば、わが楽園……」
目の前には崩れ去った元堤防の姿

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://risotto.sakura.ne.jp/sb.cgi/81
Listed below are links to weblogs that reference
ホロウだよ!? 雑月集 from 肉雑炊
トラックバックはありません。

Home > 小説 > TYPE-MOON > ホロウだよ!? 雑月集

Search
Feeds

Page Top