Home > Archives: November 2013

アーカイブ: 2013/11

日々雑談〜1532〜

 11月はトレマーズ! 11月はトレマーズ!
 テレ東名物、午後のロードショーで行なわれていた狂気の企画。地中に潜む肉食獣グラボイズと人間の戦いを描いた映画トレマーズ。そのシリーズ四作品を毎週木曜日に放送、まさに11月はトレマーズ!
 四作品をざっくり説明すると、こんな感じです。

1:巨大生物グラボイズが登場。田舎町パーフェクションの住人は怪物に立ち向かう。

2:グラボイズがメキシコに出現。前作主人公や強烈なサブキャラであった武器マニアの親父が狩猟に向かう。グラボイズ、繁殖力と機動力に優れたシュリーカーに変態。

3:気がついたら、武器マニアの親父が主人公に。飛行能力を持つ新種、アスブラスター登場。

4:時代は1より昔の西部時代に。武器マニアの親父の先祖が、いかにしてグラボイズに立ち向かったのか。親父サーガのビギニング。

 最終的に親父VSグラボイズのシリーズになるとは、1を作った当初誰も予想していなかったと思います。なお、ドラマ版のトレマーズもあり、そっちでも親父大活躍です。もはや、一大サーガやね……。
 録画して1から4まで見たのですが、とりわけ良かったのは現行最終作にて時系列的に最初の話である4です。過去に戻し、グラボイズへの経験や情報をリセットし、更に武装も貧弱化させることで1の頃の怖いグラボイズを再生。ついでに1〜3までの惰性的な流れもカット。それでいながら、前作を観てきた人間ならニヤリと出来るネタもちゃんと用意。後付の前日譚としての完成度の高さを保ちつつ、脅威に立ち向かう弱い人間の物語としても十分面白い見事な秀作だったかと。3の出来が危険水域だった上に、4は地上波初登場ということで警戒していたのですが、これら全て杞憂でした。こういうのがあるから、午後のロードショーは止められない。

日々雑談〜1531〜

>買い支えは大事なんですが、支える方の足下見てる奴らはそろそろ愛が無償無限じゃない事に気付かないと焼け野原でポツンですよ・・・

 確かに、アコギすぎるのも良くないですよね。絞りすぎて焼け野原というのは、急成長後の崩壊としてよくある話。後はちょっと違うパターンとして、いきなり増えた金の取り分や組織が大きくなったことにより政争でもめて立ちいかなくなるパターンが。近年このパターンで崩壊したのは……総合格闘技か……あそこまでバブルがぶっ壊れるのを目の当たりにしてしまうと、反面教師にせざるを得ない……(嗚咽


 日中時間が出来たので、冬コミの原稿を進めた後、巷で噂のアメコミ喫茶ACBDに足を運び、その流れで寄った中野ブロードウェイで発見したDC/Marvel CROSSOVER Classicsを購入して、とんぼ返りの後、とある勉強会に参加。色々飛び回ってせわしなかったものの、充実した一日でした。
 アメコミ喫茶に関しては、実に善い施設だったので、後日改めて紹介します。快適すぎて、生活圏内だったら逆に紹介をためらってしまうレベル。日参しかねないわ。

日々雑談〜1530〜

「少し、アメコミカタツキ4の内容を変えた」
「ふうん」
「具体的に言うと、ラスボスが◯◯◯◯◯から、◯○◯◯◯◯に変わった」
「待て。ラスボス変更って少しじゃねえ!」
 さて。作業に暗雲が立ち込めてきたわけですが、やると決めた以上しょうがないよね……(頭を抱えつつ


ふじい‏@nikuzousui
ジャンルに興味を持つ人が増えれば金もよく回るようになるし、金になるなら企業も積極的に参加できる。そうすれば、今は手に入りにくい物も、将来的には安く早く気軽に買えるようになる。先行投資というわけではないですが、ジャンルに出迎えるための土壌の開拓は将来的にお得です。

ふじい‏@nikuzousui
まあ、金が回らなきゃジャンルも回りませんしね。金を自然な形で増やすには、人を増やさんと。少数のままジャンルを栄えさせたい!となると、少数が大金を出さざるを得ないのですが、それは現実的にキツいですしね。大勢で買い支えるのが一番です。

 上記の物は、ツイッター上での自分の発言なのですが……我ながら、10年前の自分だったら、反発していそうな発言だなとw いやー若いとねー、あけすけな金の話を嫌う、変な潔癖さがあったりするからねー。つまり……年食ったんだろうな……。
 一人でCD1000枚のようなハードさのせいで、買って支えることが無茶無理無謀に見えることもありますが、そもそも買い支えというのは基本。買って支えず、金銭を払わずしてどうやってやっていくのか。1000枚! 100冊!まで気合を入れずとも、ちょっと財布の紐をゆるめてみるくらいでもいいんですよ。もしくは、複数人で支える流れに。一人が10万出しても、百人が1000円出しても、結果は変わらないわけで。金銭の流れが活発化するのは、結構なイコールで繁栄に直結します。
 とりあえず、ビバ買い支え。映画DVDをレンタルでなく買ってみたり、それとなく安価で手にしやすいおすすめ商品を広めてみたり。公式ならず1ファンでも、無理せず出来る事は沢山あらあな。

劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 感想

 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語の感想です。五人の魔法少女にスポットをあて、さっくりと感想をば。ネタバレ防止の為、此処から先は隠しておきます。もしよろしければ、別口に書いたこちらの記事もどうぞ。

暁美ほむらは超人と成り得るのか

続きを読む>>

日々雑談〜1529〜

 あぶねえ。意識飛んでた……。今週キン肉マンの更新がなければ、危なかった。アビスマンは、研鑽を怠らないパワーファイターという、漫画では珍しいタイプのキャラですね。現実世界においても強くて当たり前なタイプ。才能と努力の両立は難しいのです。
 そして毎回言いたいことなのですが、たいようのマキバオーも負けず劣らず面白いです。懐かしの、モンゴル修行編!
 ここまで書いて意識がまた飛びそうなので、今日はギブアップということで一つ。明日早起きして、その時色々と推し進めよう。

日々雑談〜1528〜

「劇場版まどか☆マギカのマミさんをアメコミで例えた場合……レックス・ルーサーとバットマンがクリプトナイト持ってかごめかごめしているスーパーマン?」

「いつ死ぬか分からねえ!」

「自分で言っていてなんだけど、壮絶に嫌な絵面だな……」

 管理者も劇場版まどか☆マギカを観てきました記念。最初の予定だと無理だったものの、映画館が満員でこの回観れねえ!と管理者がなった結果、自分の用事が片付き、二度目の鑑賞と相成りました。無理した結果、色々キツキツでヒーヒー言っているのですが、ネタ出しにも繋がり、何より楽しかったのでよかったなと。分かっているからこそ、注目できたキャラやセリフもありますしね。彼女、あの瞬間から結末まで、一切ブレてねえ……。
 そして何より、公開から結構経っているのに満員御礼ってスゲエなおい。

日々雑談〜1527〜

 ここ数日、WEB拍手がサーバーの不具合で使えなかったようですね。WEB拍手本体のトラブルで使えなくなるって、始めてかもしれない。


 先日、ニュース番組で、ガールズアンドパンツァーの舞台となった大洗のニュースが。アニメ効果で観光客が増えただけでなく、元々集客力のあった地元のイベントの相乗効果や地元商店街の真面目なタイアップ商品のおかげでリピーターも多いとか。アニメで惹きつけるのは、初来訪が限度。そこから先は、地元の力で惹きつけるしかない。互いに栄えていく様は、やはり見ていて気持ちいいし憧れる。
 このブームから先の居心地の良さは、町おこしだけでなくどのジャンルにも通ずるものですね。映画やアニメやTVのブームで人がガッ!と来ても、受け入れられる土壌がなければ、ブーム終了と同時に人が去るわけで。また去った時のショックや惨状が、残っている人間にトラウマとして残るんだ……。色々、あったなあ(遠い目で
 最も、ブームの再来はあり得るものなので、トラウマに怯えている場合でも無かったり。チャンスを活かしてのし上がれば、ジャンルの規模が大きくなって、出回るお金も増える。お金が増えれば、企業も集まり人も更に集まる。実に素敵で、現実的な話です。

暁美ほむらは超人と成り得るのか

ふじい(以下F)「新編まどか☆マギカ、すげえ面白かった! もうなんつうか、スゴイねアレ! 今年度一番の、語りたい映画にして全てぶちまけたい映画!」

サイレン(以下S)「マミさんが超強いって聞いたけど、それはどれくらいだ? ドカベンで例えてみてくれるか」

F「真正面から勝負したら打たれるに決まってる山田太郎レベル」

S「やだ! 超強い!」

F「とりあえず、叛逆の物語を見てあっ!と気付いて、そして叛逆の物語で完成したことが一つあってだな。暁美ほむらとパニッシャー、容赦なき人間を並べた際の違いと同一性をね。果たしてほむらは、ホムッシャーとなるのかどうか。とりあえず、気付いたことはTV版でも分かる話だったので、前半部は隠さず載せてみるぞ」


 暁美ほむらとパニッシャーの大きな違い。それは発端にあります。まどかを救いたいという“願い”。妻子を殺されたことへの“精算”。願いには先があり、希望は永遠につきまとう。精算は終わった後であり、希望がついてくることは決して無い。この二人の始まりの違いにより、後に生まれる違い。
 ほむらは現れたまどかを、強引に救い秩序を壊した。
 パニッシャーは復活した妻子を、己の手で殺し秩序を保った。
 叶えられる希望を持つ少女と、何も残らなかった男。始まりから別れた両者の道は、全く互いの姿が見えぬ程に離れています。


F「そして此処から先は叛逆の物語の物語に関わる話! ネタバレ注意だ! ああ。お前もまだ、映画観に行ってないんだし、此処から先は見るなよ?」

S「ここの管理者なのに視聴制限!?」

続きを読む>>

日々雑談〜1526〜

 棟方師匠! SR化、おめでとうございます!
 全力でダメなのに、「手遅れだけど本望だから!」で乗り切る、おっぱいハンターの師匠がSR化。こんな核弾頭をアイドルにスカウトしたプロデューサーは責められるべきだとお思いでしょうが、師匠を野に放つほうがマキシマム危険なので、逆に師匠を手元に置き、責任を自ら引き受けたプロデューサーは男前だと褒められるべきなのです。
 まあ、まだ獲物にダイブしている絵柄でよかったですよね。正直な所、更衣室で猛っている所か電車で痴漢を働いている師匠の姿がSR化されると思っていたので。思ったより、平穏な絵柄でよかったよかった。
 棟方師匠の職業? キュートなアイドルに決まってるじゃないですかー。やだなあ、もう。


 今日はこれから、レイトショーで劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語を観てきます。12時頃まで上映しているので、おそらく帰って来たら、そのまま寝ると思います。このタイミングで観に行かないと、自分のスケジュールと上映期間が合わなくなるので、少し無理やりに。事前情報を殆ど入れていないので、楽しみです。そんな中、漏れ聞こえてきたマミさん大活躍の噂。アラサーまで魔法少女やってたり変態仮面になったり変な赤タイツにコスチューム窃盗された人の大活躍って、なんなんだろう……(うっとり
(注:色々マミさんに関する情報がブレインシェイクされています)

日々雑談〜1525〜

 ……色々ドタバタしていたせいで、先週出たDeadpool最新刊を見逃していました。始めての不覚!


 ティガレックス希少種をソロで何とか倒せたので、ひとまずモンハン4からは距離をおいてもいいかもしれない。区切り作っとかないと、来年になっても離れられなくなるからな、コレ。
 単体としての厄介さでは、今作最高候補のティガレックス希少種。コツとしては、両爪の破壊を優先することでしょうか。硬めかつ、後々柔らかくなる為、後回しにしたくなる箇所なのですが、両爪を破壊することでティガレックス希少種は転倒を誘えるようになります。逆に爪を壊さないままだと、通常種や亜種のように転ぶタイミングが無いわけです。ですから、動きが緩慢な序盤の内に集中砲火しての両爪破壊を推奨します。その後はまあ、後ろ足を攻撃しつつ、頭を狙っていけばどうにかなるかと。パワーは随一なので、無理せず退くことも大事ですね。楽観が、死に直結します。
 しかしガンナーだと、ゴジラの破壊力に生身で立ち向かう感じになるので、一戦ごとの疲労感がハンパないな。連戦とか乱獲はキツい、正直。

1/3 >>

Home > Archives: November 2013

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top