Home > Archives: July 2013

アーカイブ: 2013/07

日々雑談〜1438〜

 ついに、邦訳HITMAN発売まで約一ヶ月か……そろそろ俺も、自分なりに出来る事をやっていくタイミングかな。ローマは一日にして成らず、宣伝も一日にして成らず。


 現在、ガンダムブレイカーとドラゴンズクラウンの両輪状態です。管理者がブレイカーにハマり始めたから、ちょっとタイミングがずれて、結果的に合致。時間がそんなにあるわけではないので、散発的になってしまっていますが。
 両方共、やりこみ系に属するゲームですが、性質は大きく違いますね。ブレイカーが高難易度を切り抜けつつ希少パーツを集めていく感じで、ドラゴンズクラウンは平坦な難易度でキャラクターと己を鍛えていく感じ。中毒性も、収集欲に向上心と、微妙に性質が違います。
 ブレイカーはガーベラストレートをブンブン振り回すサムライもとい、スサノオベースの機体で暴れるブシドースタイル。ドラゴンズクラウンは、ドワーフでガシガシ近寄って敵を投げて叩きのめす、パワーファイト。やはりどうも、豪快に分類されるプレイがどうにも俺は好きな様子。力こそパワー!

日々雑談〜1437〜

 斎藤千和さん、御入籍おめでとうございます
 メインストリームにいる声優さんなので、名前を聞いて思いつくキャラは千差万別でしょう。当サイト的には、FateEXTRAのキャスター(キャス狐)やまどか☆マギカの暁美ほむら、最近の流れなら最新劇場版009の003もでしょうか。狙ったわけではないですが、斎藤さんが声を当てているキャラメインで、二次創作も結構やってますねー。

デッドプールチームアップ! まどか☆マギカ編
前編 後編

アメコミカタツキEX

\Welcome!/


 ……ご入籍、本当におめでとうございます(若干目を逸らしつつ

日々雑談〜1436〜

 足を捻挫してしまい、必要以上に外に出ないようしていましたが、いい加減我慢できなくなった+回復傾向にさしかかったので外出、本を買い込みプラモなんて物も買って来ました。あまりプラモは買わない身でも、全品30%オフの美味しさは見逃せなかった! 俺は1000円→700円程度だったけど、万単位のプラモの場合、とんでもない値引きになるなあ。


 超人たちの出現により、世界は変わった。マーベルユニバースにおける、超人の誕生と、彼らの在り方を描いた作品。それがマーベルズ。90年代にマーヴルズとして出版された作品の再出版ですね。当時のブームを知らない世代の憧憬が、容易に購入可能に。乾いたジャンルの血管に、新たな血流を流す行為は、孤高の死を迎えたくないのであれば必要なことです。
 ヒーローがいる世界における一般人視点の物語としては、こちらも邦訳で読めるDCユニバース:レガシーズがあります。両作品、概要は同じでも、色はかなり違います。おそらく理由は、主人公の立場、マーベルズは群衆の中から真実を見ようとする新聞記者、レガシーズはヒーローと同じく人を救うため現場に立つ警察官。乱暴な言い方をしてしまえば、ウルトラマンの足元にいる市民と、科学特捜隊の隊員。この両者の立場の違いが、考え方や情報に差異をもたらし、ユニバースの違い以上の差異を生み出しています。
 両方共、やりたいこと、書きたいことを貫いた、名作であることは揺らぎませんがね。

日々雑談〜1435〜

 今日はWEB拍手返信です。アトランダムに答えていきます。



>もっしゃもっしゃ喰われたのはシザースですよね?ガイはファイナルベントが2発立て続けに直撃て爆散したはず

 ガイはTVSPでもっしゃもっしゃとされています。不意の死としては、ライダーの残酷さの例で苦しんで死んだシザースよりあっさりしていたので、例にあげてみました。虚淵作品屈指の不意打ち死亡キャラであるマミさんのイメージで、あっさりと。



>そういえば管理人さんは「スモールビル」とかアメコミ洋ドラには興味無いのですか?今「ザ・ケープ」見てるんですが、良いです!非超人、完全大人向け、おもちゃ化して商品展開出来そうなツールも無し、硬派過ぎる!リアル過ぎる!しかし硬過ぎたせいか1クール打ち切りだとか・・・アメリカですらこれでは日本ではこういうの不可能でしょうかね。

 洋ドラには興味が有るのですが、いかんせん専門チャンネルに入っていないので、洋モノアニメとともにリアルタイムでついていけないんですよね。グリーンアロー実写化の「アロー」も見たいのですが……。近所のレンタルショップも品揃え悪いし、いい加減専門チャンネルに手を出す時が来たのかしら。



>ノーマルでしかプレイしてませんが、個人的にサイはかなり優秀な近接武器だと思いますよ。通常技、特殊技共に優秀なモーション多いですし、攻撃回数の多さと速度で、結果大ダメージ与えられますし、硬直も短いので回避もしやすいですから。それと弱→強でダウンさせやすいのもいいですね。あと、一番格好良く戦いやすい武器でもあると思います。ただステルスキルには向きませんね、オーバーキルして時間かかるので。

 ゲーム版Deadpoolにおける武器の一つ、サイの旨味が上手く纏まった拍手……! あのゲーム、ステルスはおまけですけど、やっぱすんなり決めたいところですしね。使った瞬間、周りに100%見つかる銃火器よりはマシですけど。しかしなんで、サイレンサーも何もない銃に、ちゃんとステルスキル専用の動きがあるんだ。誘い? 誘われてる?



>002の試作型加速装置はアニメ版のオリジナル設定で原作にはついてませんぜ旦那

 原作の002にも、加速装置はあります。誕生編では、“空を飛び、マッハ5のスピードで走る“との紹介だけでなく、009と共に実際に奥歯の加速装置を作動するシーンもあります。徐々に風化していって、消えましたけどね。能力。



>呉でしたか?佐世保でしたか?私は1月前に始めたので横須賀です

 艦これは、呉鎮守府サーバーですね。陸奥が秘書なため、しょっちゅう焦げ臭いだの火に気をつけろだの……グレイト・ウィルソン提督としては、港をふっ飛ばしての爆発エンドしかないじゃない!w



>自分も専門店で「ハンバーガー」という料理を食して脳内革命を体験した日本人です。量もがっつり有ってびっくり。考えてみれば向こうでは寿司みたいな国民的伝統食なんですよねえ。より提供し易くしたのがファーストフード店というだけで。

 都心の有名店は、基本外れませんね。安いという常識に真っ向から立ち向かってるだけあって。安い寿司も、高いハンバーガーも、アリですよ。牛丼だって高いのありますし、焼肉だって安いホルモンが有る。食をイメージの値段で判断して、認識を狭めるのは惜しいことだなと。

東方大魔境 血戦 幻想郷〜6〜

 金霊が爆発した後、一枚の十円玉がころんと地面に転がった。
「うっう、こりゃあたまらん、山にでも逃げ込むか」
 この十円玉サイズこそが本来の金霊の大きさであった。妖力で身体を膨張していたものの、霊夢と鬼太郎との戦いで全て妖力を使い果たし、こうして元のサイズに戻ってしまったのだ。
 ふわふわ浮いて逃げようとする金霊の前を白魚のような指が通せんぼした。
「山は山で危険だから、オススメできないわよ?」
 大きな傘が、ふわりと揺れる。彼女の雰囲気もまた軽く。幻想郷の賢者であり、鬼太郎を幻想郷に引き込んだ張本人である、八雲紫がついに姿を表した。紫は金霊の返事を待たずに、一枚の十円玉を金霊の前に置く。
「なんなんだいったい。ぬ? コレは」
 十円玉の身体を持つ金霊と、ただの十円玉、まるで合わせ鏡のようになるはずであったが、そうはならなかった。
 金霊に比べて、この十円玉は少しシャープだ。デザインの意匠も微妙に異なっており、よく見れば全く別物であるという事が分かる。
「コレは、いま現在外の世界で流通している十円玉よ」
「なんだと? そんなバカな。なら、このワシの体と違うのはどうしてだ?」
「それは、貴方が幻想郷の金霊だからですわ。幻想郷は、幻想となったモノが行き着く場所。不要な物が行き着く場所。ここに来たという事は即ち」
 金霊にとって、紫の言葉は死刑宣告に聞こえた。
 気付いてしまったのだ、硬貨は時代と共に移ろい、変わっていく事に。幻想郷に自分が居て、外の世界の硬貨と形が違う。それは即ち。
「ワシに、もう金としての価値はないと言う事か……」
 今頃目玉の親父と鬼太郎も気がついているはずだ。弾幕に使われた硬貨や紙幣が、全て古い物であると言うことに。
 金として流通しなくなった金銭の集合体が、この金霊の正体であった。外の世界には、今の金を司る別の金霊が居る。もとより、結界を破って外に出てもこの金霊に、神としての価値も無かったのだ。
「残念だけど、それは違うわね」
 当の死刑執行人が、金霊が辿り着いた結論を否定した。
「価値が無いのは外の世界での話。幻想郷と外の世界は違うもの。それになにより、価値無きものを価値無しと蔑むのであれば、幻想郷自体に価値が無くなる。それに、幻想郷にも金銭の概念はあるのだから。外の世界に比べれば、微々たる欲だとしても」
 紫はにっこりと、包容力の有る笑みを浮かべた。魔性寸前の、優しい笑みを。
「ゆっくりしましょう? ここはアンニュイが許される空間、急ぐ事は無いんですから」
 金霊は紫の笑みと言葉だけで、救われた気持ちになった。

続きを読む>>

日々雑談〜1434〜

 ファンタジー物なんて、出すの始めてだな……(コミティア作業中


 ウィザードの次の新仮面ライダー、仮面ライダー鎧武。モチーフは、鎧とフルーツだとか。相反するというか、本気で見たことがない組み合わせ、へうげもの! 確かへうげものにフルーツ出てた!
 どうなるかわからない分、楽しみであり。複数ライダー制や鎧に戦国といったキーワードからは殺伐さを感じますが、フルーツという題材からは明るさを感じますね。殺伐と明るさのコントラクトを纏める脚本家は、虚淵玄と。
 ……急に脳裏に不穏な光景が。ザクロをもっしゃもっしゃと食べながら、血とザクロ汁に塗れて戦う、仮面の狂戦士の姿がありありと。フルーツで惹きつけて、凄惨さをガシガシ食わせる。こ、子どもたち! 逃げるんだ!
 冗談はここまでにしておくとして。虚淵先生の参加、新しい人材の参加は、やはり期待大です。子供向けや玩具の都合、そして1年間という長さからして、従来の虚淵作品とはまた違うテイストの物になるのでは無いかと。一部、過激な描写が期待されているフシもありますが、シンの残虐ファイトやもっしゃもっしゃ食われるガイと、期待されているようなシーンは従来のライダーで既にやってますからね。逆に言うと、子供向けでありながらそこまで懐の広い環境ということでもあります。だから、読めない。だから、楽しみ。
 ウィザードも佳境ですし、どうにもライダーは目が離せません。

日々雑談〜1433〜

 うーむ。空のストライクウィッチーズ、陸のガールズ&パンツァー、海の艦隊これくしょん、美少女+ミリタリーの勢いが侮れない感じ。陸と海の対比軸が出来たので、もうこれでストパンは、“穿いてない繋がり”で火星人刑事と一緒くたにされなくてもいいんだね! 
 俺は大好きですけど、火星人刑事も巨乳ハンターも。てーか安永航一郎作品全般。ストパン対火星人刑事も、本人確かやってたような。


 ……ここまで書いた所で寝落ちしてしまっていたので、今日はここまでにさせてください。まさかの安永航一郎オチに、ビックリよ。

 

日々雑談〜1432〜

 今回、8月のコミティア。色々あるので、コピー本でセーブしておこう……と思っていたら、今回どうやら誕生席の模様。目立つ場所であり、島全体のイメージを作る場所でも有り。機会をフイにするのもアレなので、もう少し気合入れてみようか。まだなんとか、まだ間に合う筈!


 シビルウォーからワールド・ウォー・ハルクを経由して、次の大イベントであるシークレット・インベーション。公式によるトニー・スタークいじめは、まだまだ続きます。いじめというか、正義同士の闘いが生み出した負の面や物語的な矛盾を、無理やり背負わされ続けると言った感じ。シークレット・インベーションの次は次で、背負っている物を全部取り除かれるのと同時に、ほぼ全ての物を剥がされることに。このペースで邦訳されれば、再来年くらいには名誉挽回できるかな……と。
 コーエーの三国志的な能力振り分けで考えると、アイアンマンの能力値は知力と政治特化で、逆にキャプテン・アメリカの能力値は統率と魅力特化。大国を運営するに、特化では厳しいものの、二人揃えば穴はなくなる。今現在、アベンジャーズと政治との関係が安定しているのは、この二人が協力して政治的な問題に取り組んでいるからこそだと思います。シビルウォーから数えると、協力に至るまで、まだまだ時がありますけど。
 反抗心による互いの成長もアリですけど、やはりヒーロー同士は協調している姿の方が、しっくり来ますね。

 

読解 ワールド・ウォー・ハルク〜ハルク追放の是非〜後編

ふじい(以下F)「ハルク追放の是非を考える、今回の記事。前回は人としてのハルク、災害としてのハルクにライトを当てたので」

サイレン(以下S)「次は、ヒーローとしてのハルクだな」

F「すっごく簡単に表現するなら、荒っぽい等身大サイズのウルトラマン。もしくはnot怪獣王で人類の味方路線のゴジラ、子どもたちの味方なガメラ。ただし荒っぽいは付属したまま」

S「簡単だなオイ!」

F「一応正義の為がメインだけど、巨大サイズのウルトラマン並の破壊規模で暴れるから、科学特捜隊にフルファイア食らう感じと言いますか。第一話のメビウスよりひでえ」

S「でもまあ、相手も等身大で怪獣並みの連中ばかりだから、破壊規模に関しては仕方ないかもしれない」

F「そもそも、ウルトラマンや怪獣二匹と同じく、地球最大の戦力でもあるからね、ハルク。コズミックビーイングにパンチ一発でダメージ与えられるの、ハルクぐらいよ? もう一人の一線級ヒーローが居ない状況で追放して、オンスロートやサノス(ガントレット装備)クラスの敵が来たら、どう対処するつもりだったのか……」

S「それにロス将軍みたいなハルク追跡班はいいとしても、ハルククラスのヴィランって結構いるしねえ。ジャガーノートはこの頃ヒーローだったっけ?」

F「性質上、善い人じゃサイトラックの力を引き出せないので、明確にパワーダウンしていたけどな。この戦力上の問題は、ハルクバスターのような手段で補うつもりだったのかもしれないし、置いておこう。このまま、ススッと流れるように当時のヒーロー業界の情勢に映るとしよう。ススッと!」

S「うん。流れるようにって強調した時点で、流れ自体台無しだと思う!」

続きを読む>>

日々雑談〜1431〜

 コミコンで発表された、アメコミ系映画情報、面白いことになってるな。コミックス関係より、映画やゲームにフィギュアが強めか。数年前に比べ、日本の漫画やアニメ関係の物が、明らかに目減りしているという話は、少し寂しいですけど。


 今日は選挙でした。今回ネット向きの争点が幾つか有るせいか、Twitterのタイムラインも若干賑やかに。だいたいもう開票も終わっているので、後はここから先、どうなるかですね。選挙以降の政治がどうなるか。
 いい方向に、転がることを願います。


 アメコミ版009、若干サイボーグの能力が変わっているような。削除されたのは、002の加速装置。あと元祖009ではチート過ぎた001のESPが弱体化。ホントなんでも出来るので、元祖だと殆ど寝てました。アメコミ版では万能性を失った代わりに、起きてます。
 追加されたのは、003の発信能力と008の狭い空間を通り抜ける能力……五感に優れていた003はともかくとして、何故水中戦特化の008にこの能力。007が蛇やペラ紙状になったほうが、通り抜けられるんじゃ。いやまあ、他のサイボーグに化ければ能力の使用も可能なフシが有る、007の万能性がすごすぎるんだけど!
 008の通り抜ける能力は、アメコミ版作中、そこまで目立っていませんが、能力とは別の物を使う見せ場はちゃんとあります。アフリカ人であり自由の闘士であった、彼にしか出来ない活躍シーンが。しっかりした作品ですよ、コイツぁ。

1/3 >>

Home > Archives: July 2013

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top