Home > Archives: August 2012

アーカイブ: 2012/08

日々雑談〜1180〜

アクセル・ワールドのポスターを見て、なんとなく思いついたネタ。ツイッターで先行公開しましたが、一応こっちでも。

黒雪姫「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」 
キッド・フラッシュ「間に合ってます」

黒雪姫「もっと先へ――『加速』したくはないか……壮年?」 
初代フラッシュ「なんなら高齢者でも老人でも構わんよ、お嬢ちゃん」

黒雪姫「もっと先へ――『加速』したくは」 
キャプテン・コールド「フラッシュをこれ以上速くされてたまるか」 
ウェザー・ウィザード「次元を超えて、帰ってこなくなる」 
ヒートウェーブ「そうしたら、この街がつまらなくなっちまうぜ」 
フラッシュ「お前ら、どこからわいてきた」


 月末の山場を越え、ほっと一息。今日はよく寝れそうだ。まだ、丸一日ぐらい、8月が残っているけど。
 360にインスコだけしておいた、レゴ・バットマンをちょっと触ってみました。隠れた良ゲーとは聞いていたが、これは中々。アクション要素といいパズル要素といい、中々爽快感がある。ステージ中に何度もある、落ちているレゴブロックをカチャカチャと組立、新たなギミックを作動させるシステム。これがいい。カチャカチャと組み上がってくのが、気持ちいい。隠し要素をスルーしてのクリアだけなら子供でも可、本気で全てコンプしようとすると大人でも苦戦するというバランスも悪くない。
 何より一番素晴らしいのは、バットマンだけでなく、ヴィランにも専用ストーリーモードがあること。有名ドコロはもちろんとして、キラーモスをプレイアブルキャラクターとして使えるのなんて、このゲームくらいだよ!
 いやあ、1000円ちょっとで買えたのは、幸運だった。ただ、絶対これ閉店セールだ!という投げ売り&うらぶれた状況下なゲームショップで買うのはちょっと辛かったけど。店員さん、もう覇気も何も残ってなくて……。

日々雑談〜1179〜

 PCが不安定なのと、所要のため、今日の更新はお休みさせて頂きます。申し訳ない。
 今月乗り切れば、もうちょっとマシな更新状況になる筈なのですが。今月こんなことを言っていると、まるで残った夏休みの宿題に苦しむ、小学生のようだぜ。

日々雑談〜1178〜

 街で見かける学生の目が死んでる……もう、夏休みも終わりってことか。まあ、俺も月末それなりに忙しいので、目の死に具合では負けないけどな!


>前にベタ褒めしたブラックパンサー&ストーム夫妻は、カウンセラーにセラピーを受けなければいけない程の仮面夫婦だったんですね。

 記憶にも、更に自サイトを検索しても「べた褒め」という程の記述はないし、あの夫婦はその後、和解後に復縁しましたが……(汗


>友人づてで聞いたんですが、インクレディブル今年の年始頃にちゃっかり放送していたらしいです。しかも深夜なので見れなかった・・・
 
 確かに「インクレディブル ハルク 地上波」で検索すると、地上波で深夜放映した形跡が! 深夜って、深夜って!? いやいや、せっかくアベンジャーズ今やってるんだから、ゴールデンタイムにも流そうよ! せ、せめてテレ東昼のロードショーで!


>「インクレディブル」は序盤のハルクVSブロンスキー戦を見て「キャプテン・アメリカ」への期待が最高潮に達したのが忘れられません。パワードスーツも変身もない生身の人間が怪物とガチでやり合うのが映像化出来てる!そして数年後、更に磨きを掛けてきたハリウッドに脱帽!邦画ってか日本の芸能界と広告業界も見習ってくれ。日本よ!これがSFアクションだ!言われてもグウの音も出ないよ・・・

 そういやハルクvsブロンスキー(肉体強化後)というのは、ハルクvsキャップの予行演習とも言えますね。おそらく生きてるアボミネーションや、頭脳派ヴィランのリーダーに覚醒しかけていたサミュエルを、どうにかアベンジャーズ展開で再利用できないものか。
 最近は、るろうに剣心の頑張りも目立っているので、邦画にもある程度の希望が。あと、漫画原作映画にも。日米共に発展してくれるのが、一番得な話ですよ。

日々雑談〜1177〜

 「アベンジャーズを見る前に、過去作をチェックしよう!」もしくは、「アベンジャーズが面白かったから、前のも見てみよう!」という流れがあちこちで。これは、実に良い流れ。
 一番、この流れで得してるのはインクレディブル・ハルクかなー。あとついでに、前のハルク(2003年製作)も。いや、単純に一番未見の人が多い、アベンジャーズ関連作なので。前のハルクは直接関係ないけど、なんとなく流れで見ている人も多い様子。インクレディブルと間違えただけというオチもあるかもしれんけどw
 両作とも、ハルクは人間ドラマ、インクレディブル・ハルクは破壊一筋、それぞれ観るべきところは多いと思うんですがね。いまいち振るわなかった部分がクローズアップされて、印象が悪目になっているような。俺、インクレディブル・ハルクにおけるハルクの暴れっぷりやド迫力のVSアボミネーション、大好きなんだけど。インクレディブルは地上波で流したら、結構評価変わるんじゃねーかな。
 まあ、インクレディブル・ハルクの問題点としては、未見によるアベンジャーズへの影響が最も少ないことか。ハルクに関しては、「ハルク超強い」だけ知っていれば、どうにかなるもの。てーか、インクレディブルの時より、ハルク強くなってねえか? アベンジャーズ基準でハルクと同程度の怪物が二人戦った場合、余波でNYが吹き飛ぶんじゃないかなw

日々雑談〜1176〜

 フォーゼ最終回。仮面ライダーの学園モノという無茶な設定を、最後までやり遂げただけで凄いわ。
 支配からの卒業のため、理事長にお礼参りをする生徒一同……駄目だ! 間違ってないけど、間違ってる! でも、ちゃんとレオも倒した上で理事長も倒したわけで、なんとか丸く収まった。まさか賢吾の復活まで丸く収めるとは思っても居なかったけど!
 総括して、やはり良い作品でした。かっちりと、最後まで好みにあったままだった。校長登場以降、俺より管理者の方が盛り上がっていたけど。来週のウィザードは、一体どんな感じの作品になるのか。スタッフを観る限り、こっちも期待大だな。


 日曜洋画劇場のプレデターズは安牌ともいえる面白さだった。まー、バカ強いヤツと強いヤツが戦うという、設定だけでワクワクな話ですしね。
 しかしプレデターの戦闘民族っぷりはいい。戦いが生活の一部なのではなく、戦いが生活の全て。どんなに文明が進歩しても、全ては戦いのためのもの。宇宙船やワープ装置や入植も、全て戦いに。もう面倒だから、どっかの辺境の惑星に押し込めとけよ!
 それにしても、なんでコイツら絶滅しないのかなー……繁殖のことなんて、絶対考えてねえよ。生物の論理に照らしあわせた場合、多分繁殖しか考えていないエイリアンの方が100倍マシ。

日々雑談〜1175〜

 色々な店を見て、焼肉食ってリフレッシュしてきました。あまりに肉食だったので、肉体的にはどー見ても良くない食事だったけど、気分はリフレッシュ!ということで。
 専門店の店頭においてあって、ちょうど一緒にいた管理者とプレイしてみたら、これはシンプルで面白い!てな流れで2人用ボードゲームのガイスターを買ってみました。
 イメージとしては、だいたいこんな感じでして、ゲームの肝は「赤と青を相手に見抜かせない」ことです。実際管理者とやった時は、自分が赤3つ取ってピンチでしたが、残り1つ、取ったらアウトな赤の位置を完全に見切っていたので、あっさり勝ちましたし。シンプルなゲーム性なぶん、ハッタリや心理戦が凄く活きるゲームです。まさしくシンプル・イズ・ベスト。


 明日というか、今日でフォーゼ終わりかー。果たして最終回、どうなるのか。まだ、年末にウィザードとのコンビでムービー大戦あるので、完全に終わったわけではないけど。
 実は12星座の番外として期待されていた蛇遣い座の要素を持ち、更にウィザードに相応しい魔物的な外見を持ち、その上出自は宇宙な過去作の怪人が約一名。首領or大幹部クラスで、まだオールライダー物に出ていないというプレミア感もいい。おまけにもしコイツが出れば、必然的に出演が熱望されていた彼の出番も……。
 怪人の名前? それは(以下省略

日々雑談〜1174〜

 コミケの申し込み、きっちりと完了。人事を尽くして天命を待つ。これしかない。四ヶ月後だけあって、冬はなにかとハイペースなのよね。


 崖の上のポニョって、ほのぼのアニメなはずなのに、なんでツイッターのタイムラインが「混沌」「深きモノ」「禍々しい」といった単語で埋まっていたのだろうか。


 ちびちびと作業中です。もしこれが完成した場合、二次創作ジャンルとしては、結構珍しいものになるんだろうか。片方はメジャーすぎて、俺の出る幕なんて本来無いんだけど。設定の厄介なところは、全て天元突破する勢いでいくしかないな。いや、グレンラガンは全く関係無いですけど、心意気的に。

日々雑談〜1173〜

 今月、睡眠時間を削って、騙し騙しで色々やって来たツケが……日中、すげえ眠い時が。あとやはり、凡ミスが目立つ。ここは素直に寝るしかない。


 これはどうなんだろうと思っていた実写版るろうに剣心の評判が良く、ちょっと観る気になってきた。日米漫画原作映画対決というのも、中々に悪くない流れ。必要以上に煽り合うようにならなければ、競うのはいいことですよ。


 デッドプール:キルズ・マーベルユニバース完結。ここまでやりたい放題だと、読んだあとに清々しさしかねーや。しがらみや約束事をここまで無視したシリーズは、おそらく近年でも稀。そして、世界屈指。しかし向こうではとうの昔に上映しているとはいえ、映画アベンジャーズの根本を搖らがすようなシーンもあるんだが……これでいいのか? いいんだよな?

日々雑談〜1172〜

 最近疲れとモヤモヤ感のコンボをくらっているので、安酒飲んで酔っ払って、そのままカラオケ行って筋肉少女帯の歌を適当に歌ってリフレッシュしたい。サンフランシスコ!


 怒り新党の新三大◯◯“トレンディすぎる戦隊物の愛憎劇”が面白かった。いやー、見るまでは「トレンディな戦隊? はて、どこだろう?」と思ってたんですけどね! まさか、ジェットマンだったとは。いやー、予想外でしたよ!(嘘つきの目で
 あくまでトレンディさに重点を置いた企画だったせいで、戦いそっちのけに見えるけど、実際のジェットマンは……やっぱ戦いそっちのけだったな! 子供心に「コイツらなにやってんだ」って思いましたもの! そして戦隊物の視聴を一時打ち切りましたもの!w 
 確かマスクマンの絵本が家にあって、ライブマンは見た記憶があって、ジェットマンで一回離れて(終盤は戻ってきてた)、ジュウレンジャーできっちり戻ってきたんだっけかな。特にカクレンジャーとオーレンジャーは毎週しっかり見てた。
 ジェットマンは異色作と言われてますが、妖怪+途中までボス不在だったカクレンジャーや、敵の世代交代+地球侵略大成功があったオーレンジャー。このようにどの作品にも、ある程度の異色さは有ったと思うんですがね。別にジェットマンだけが、取り立てて異色だったとは思えないのですよ。
 ……そう言いつつも、やっぱジェットマン変わってたわ!というのが最終的な感想だったり。

日々雑談〜1171〜

 どうにも調子でないなー……。少し、体内時計にズレが出来かけているのが原因か。時間がどうにも、有効に活用できていない。徐々に修正かけて、戻していくしかないのう。


 少しツイッターで、日本とアメリカにおけるヴィランや怪人について話し合っていました。シニスターシックス>>シニスタートゥエルブ。そして、デルザー軍団、万歳!
 確かにこのまま、オールライダー系で過去の名悪役(シャドームーン、シルバ等)を次々と消費していった場合、悪役の供給が将来的に追いつかなくなるなあ。平成最強候補のン・ダグバ・ゼバも、ヒーロー大戦で再生怪人その1として消費されてしまったし。大ショッカーのドラスみたいに雑魚怪人→ラスボスという流れをまたやられてもその……困るわ。
 インパクトの強い悪役を作るのも大事だけど、ある程度出し惜しみも必要なのかもしれん。もう、使いまわされまくったイカデビルとガラガランダなんて、おそらく子供たち雑魚1&2としか思ってないよ。その人達、昭和の頃は凄かったのよ?
 悪の華の香しさを保つのも、結構シリーズ物において重要なポイントな気がします。

1/3 >>

Home > Archives: August 2012

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top