Home > Archives: May 2012

アーカイブ: 2012/05

理性で始まる、野蛮な戦争

ふじい(以下F)「戦争をいきなり始めるというのは、野蛮だ。宣戦布告のような通達があるかないかだけで、戦中だけでなく、戦後の在り方も大きく変わる」

サイレン(以下S)「なんだなんだ、いきなり?」

F「いやね。戦争にも、しっかりとルールがあること、立ち居振る舞いが戦局に大きな影響をあたえること。そんな当たり前のことを、ワールド・ウォー・ハルクのコーグさんを見ていたら、思い出してね」

コーグさん

S「宇宙に追放されたハルクが、惑星サカールより連れて来た仲間“ウォーバウンド”の良識派、コーグさんのことか」

左から、ヒロイム、コーグ、エローエ、ミーク

F「ああ。実はワールド・ウォー・ハルク開戦直前に、あの人地球に先乗りしていただろ? 彼の功績を、もっと広めるべきだと、こうピピっと」

S「あの人は確かに素晴らしいお人だが……コーグさんの話って、前にやってるだろ

F「二度あることは三度ある」

S「三度目もやる気か、オメエ」

続きを読む>>

日々雑談〜1098〜

 アーカムシティの新DLC“Harley Quinn’s Revenge”、邦題“ハーレーの復讐”が本日360でリリースされました。PS3でのリリースは、いかんせん持ってないので分かりませんが。
 DLC名だと、復讐じゃなくて復習になっている上に、文字化けクラスの誤字も本編中に発見と翻訳精度はいまいち。でも、プレイする上で支障が出るほどではないし、何より北米と同じタイミングでリリースしてくれた時点で、感謝の二文字以外出て来ない。日本と北米、最後まで同時進行なのね。
 内容は、2時間弱でプレイできるとの前情報通り、だいたいそれぐらいの長さの外伝作品。キャットウーマンのストーリーモードより、ちょっと長いかな?
 急げば1時間ちょっとでどうにかなるかもしれないけど、それは勿体ない話。新エリア+改造された旧エリアの作りこみは、やはり見応えがあります。ハーレイ、好き放題やってるなあ!という感じで。
 一応コレ、本編の進行状況に関わらずプレイできるんですが、後日談なので、当然ネタバレはてんこ盛り。そして何より、本編最後まで行けるぐらい慣れてないと、おそらく先に進めない難易度の高さ。攻めあぐねることこの上ない、アーマードや盾持ちの敵が、最序盤からずっと出てきますしねえ……。アーカムシティ本編だと、中盤から終盤にかけて出てくるぐらいの強さ。
 というわけで操作感覚を思い出しながら、ちまちま先に勧めております。本編のアレやコレやを経験したせいか、バットマンが非常に危うい。被保護者や協力者が心配するぐらい、危うい。
「奴は大丈夫なのか?」「多分」

日々雑談〜1097〜

 沙羅双樹の花が咲いたか……(訳:超眠い)
 ネタが思いつかないどころか、頭も上手く働かないので、今日はちょっと更新おやすみさせて頂きます。申し訳ない。
 最近更新が滞りがちなのは、ちょいと生活パターンが変わったせいなのですが、こりゃイカンなと。少し更新のやり方を変えるべきか、それとも通常営業できるようになるまでこのまま行くか。さて、どうしよう。幸いなのは、あの大事件以降、デッドプール本誌も比較的落ち着いていること。そりゃあ、あんな派手なことしたら、さすがのデッドプールさんでも落ち着くよね! あくまで比較的なんですが。標準基準だとおそらく現在進行形で大暴れ。
 うーん。この現状、やっぱ早い内にどうにかしたいなあ。

日々雑談〜1096〜

 流行の塩麹をとりあえず買ってきたけど、これどうやって使えばいいんだ? とりあえず肉でも漬け込んでみるか。あと、まぐろユッケが簡単かつ面白そう。


 今週のフォーゼに出て来たエリーヌ須田役の滝沢カレンさんは、実写版マリア様がみてるの佐藤聖を演じていた人……。これでまた、山百合会のライダー出演者が一人増えたのか。
 現状、経歴はだいたいこんな感じ。最後の人、山百合会じゃないけど。

小笠原祥子 - 波瑠(なし)
福沢祐巳 - 未来穂香(オーズのメズール)
水野蓉子 - 平田薫(Wのイエスタディ・ドーパント)
佐藤聖 - 滝沢カレン(フォーゼのアクエリアス・ゾディアーツ)
鳥居江利子 - 秋山奈々(響鬼の天美あきら。ディケイドでは仮面ライダー天鬼に)
支倉令 - 坂田梨香子(フォーゼの美羽先輩)
藤堂志摩子 - 高田里穂(オーズの泉比奈)
島津由乃 - 三宅ひとみ(なし)
武島蔦子 - 広瀬アリス(ディケイド版電波人間タックル)

 書きだしてみると、すげーなコレ。幹部級怪人が二人に、怪人一人。ライダーとサポートキャラの二人に、ヒロイン二人。もう山百合会だけで、オールライダー映画一本撮れるじゃないか。現在出演なしの二人も、そのうち出るような気がする。ついこの間まで、滝沢さんもなし組だったからね。
 オール山百合会対大花寺学院……肉雑炊の前のサイト、ラ・オンガエシ時代なら、迷いなく書いてたね! これが、若さか。

日々雑談〜1095〜

懐かしの「宇宙鉄人キョーダイン」35年ぶり復活 宇宙ヒーロー最強決定戦だ!

 このリファインの激しさ。キョーダインFIRST、それともキョーダインNEXTとでも呼べばいいのかな? あれ? なんだろう? 目から止めどなく汗が……。
 放送開始前から似てる似てるとは言われていたが、まさか共演することになるとはなー。世の中、どう転ぶかわからない。ぶっちゃけ、映画で共演するの、スーパー1だと思ってました。あと大気圏までなら行けそうなスカイと、多分宇宙でも活動できるZX辺りを揃えて、昭和ライダーコンプリート的な。スーパー1は、ホントどうにかして欲しいんだけど。
 キョーダインのインパクトに気圧されがちなものの、実に嬉しい監督・坂本浩一の文字。アクションがどうしても目立つものの、実際の所、先輩ヒーローの立て方や魅せ方のような、バランス感覚にも優れた方ですからね。現状、この人なら大丈夫だと名前を見ただけで思わせてくれる人です。きっと、メガネとかフトモモにまみれた、エロい映画になるぜ!
 ……妹スカイダインですら、きっとエロく撮るぜ! むしろその為の妹化だ!と思われている辺り、世間の坂本監督に関するイメージはホントブレないなあ。

日々雑談〜1094〜

 色々なことを、チマチマと。いい加減、日々雑談ばかりじゃしょうがないですからね。
 問題は、ある程度のネタを用意する=ここの更新がおざなりになるということか。世の中、上手くいかないもんです。


スカイリム日記
 スカイリムでは、各地に点在するトレーナーから、スキルを学ぶことが出来ます。狩人から弓術、傭兵から重装、鍛冶屋から鍛冶といった感じで。
 そして、人からアイテムをこっそり盗む技術ことスリは、盗賊や物乞いから学べます。非合法な技術だけあって、トレーナーもアウトローすぎる。直接戦闘には関わらぬ物の、持ってると便利なスキルです。
 早速、物乞いにスリの教えを請うことに。安くない金額を払って、何度か訓練を。元々、スキル隠形に長けているキャラなので、数値以上の技術をあっさり習得。
 しかし、合計2000ゴールド近く取られてしまった。2000ゴールドといえば、一級の装備や家具一式が購入できる金額。1ゴールドが大金である物乞いにとっては、目も眩むような金額でしょう。随分とボラれたもんだ。
 最も、習得したスリの技術を、最も手近にいた相手、トレーナー役の物乞いに試した結果、取られた2000ゴールドはそっくりそのまま返って来ましたが。結果的に、タダで技術を教わってしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですよ(棒読み)。

日々雑談〜1093〜

 ガンバライド新弾で、参戦予告があった斬鬼さんとは全く別の新ライダーが猛威を振るっているとか。なんでも、そのライダーを使うと阿鼻叫喚の地獄絵図、子供を泣かせる気満々の修羅場になるそうで。必殺技では、相手の首をブチィ!とやってる疑惑も。
 てーか、この情報が本当だとしたら、新ライダーというか、真ライダー参戦よね。


 私立極道高校2011が、例によってアレすぎて面白かった。男塾序盤の、大会とか何ら関係ないギャグマンガなノリが大好きな人には、ホントたまらんね。今週の超展開によって、大会よりにシフトしそうだけど!


 うーむ。ネタが少ししかない。それなりに忙しかったせいで、PCの前に座る時間も極小、スカイリムもやってない、何より現在進行形で眠い。駄目だ、こりゃ。
 30分ばかし頑張りましたが、何もアイディアが浮かんでこないので、ちょっと今日はギブアップさせて下さい

日々雑談〜1092〜

 スカイリム日記
 色々困難を乗り越えた結果、ナミラの指輪というユニークアイテムをゲット。スタミナの増加+死体から血を吸うと一定時間パワーアップ+装備しやすい指輪と、色々うわぁなクエストを乗り越えただけあって、中々に良いアイテム。
 死体から血を吸う……血を吸うだけなのに、なんでクチャクチャとかモグモグという擬音が聞こえてくるようなアクションを取るのだろうか。血を吸うというのは、規制による隠語であって、実際は。
 さらに汚れるどころか、人間としてギリなラインに入ってしまった主人公の明日はどっちだ。


 いやー、ノーススターの同性婚(男×男)が話題になってるねえ。別にコミック史上初の同性婚というわけでもないし、ノーススターがゲイであることをカミングアウトしたのはかなり前のこと。やはり、オバマ大統領の同性婚公認というタイムリーさと合致したせいかしら。
 同性婚ではないものの、もうどうせ過去に戻れねーやと割りきって、現代で築いた三角関係やフラグを全部放棄して、未来世界で結婚したケーブルは恋愛関係において豪の物すぎる。

日々雑談〜1091〜

 フラッシュより、ローグスですよね。と、ばかりに世間の流れも何もかもガン無視して、Final Crisis: Rogues' Revengeを購入。策略により、四代目フラッシュを殺してしまったローグス。彼らの復讐と怒りが爆発する時、いったい何が起こるのだろうか?
 始まりの時点で、メンバー全員ガンギレしているので、愉快なローグスではなく、真面目なローグスを全編拝むことが出来ます。行くトコ行くトコで人死が出てるとか、ホント真面目になるとアイツら洒落にならんな!


スカイリム日記
 城の死者の間でなにやら怪しい物音や不審な様子が見え隠れするので、見てきてくれ。そんな依頼を修道士から受け、死者の間の単独調査に。
 鬼が出るか蛇が出るかと身構えていたら、出て来たのは透明魔法を使っていた、普通の人でした。なんでも住んでいた洞窟がモンスターに占拠されたので、ここに居たということ。モンスターの駆除を申し出たら、じゃあ出ていきますとのことなので、修道士に事件は解決したと報告。洞窟以降に、おそらく修道士は関係ないわけで。
 洞窟に直行し、モンスターを駆除。解決記念とのことで、主人公を晩餐会で労ってくれるとか。こう、まともに善行をして、まともに評価されると、やっぱ嬉しいねえ。まともに働いて、ツバを吐きかけられるような展開に、何度涙したことか。
「パーティー用の食材には、目をつけているわ。あの死者の間の修道士、健やかに育っていて美味しそうだった。連れてきてくれない?」
 ……あー。そういや死者の間の死体に、何から噛み傷があるって話があったなあ。あそこ安置室だから、ホヤホヤの死体が次々来るわけで。そういうことだったのか。
 もうこれは逃れられないのではと、口八丁で修道士を洞窟に連れてくることに成功。いやー、お仲間っぽい人たちが、沢山居ますね。あらあら、死者の間がある街の方々も居ますよ。

ブリーダー「俺のトコの軍用犬は、人間めがけまっしぐらよ!」

未亡人「うちの主人は、いい味をした人だったんですけど」

肉屋「ウチの肉は、新鮮採れたてだよ!」

 街で会話した時の台詞が、フラッシュバックする。もうこれ、逃げられないな。商売相手や、クエストの発注元もいるわけで、修道士を救う=色々不便が出てくるという結果に。ああ。修道士が言われるがまま、どう見ても祭壇じゃねえかとツッコミたくなるようなベッドで寝始めた。いくらお前疲れているからって、そこはどう見てもマズいだろ。

主催者「さあ。晩餐会を始めましょう。栄誉ある最初の一口は、貴方の物です」

 ……どうして、こうなった。

日々雑談〜1090〜

>金環食の凄かったですけど、うるせえ!そんなことよりシマジロウだ!なTV東京にはもっとしびれました。

 曇ったお陰で、逆に肉眼でも見れた!という地域も結構あったようですね。ホント、昨日言ったように、天体ショーは不確かな物。
 テレ東が中継し始めたら、おそらく天体ショーどころではな大事件。ゴッドハンドが誕生するとか、黒い太陽と影の月の闘いが始まるとか、だいたいそれぐらいの事件が。


>あの半神様、劣化雷神くらいに思ってましたが、そんな宝具を!そういえばシークレット・アベンジャーズ相手に無双したラグナレクを一撃で倒したり、けっこう侮れないお方なんですね・・・

 ヘラクレス、なんだかんだで、ソー、ハルクのようなA級ヒーローと互角ですよ? 最近はパワーダウンしているものの、それでも持ち前の技巧や宝具でなんとか。よく振り回している黄金の棍棒も、神格硬度共にソーのムジョルニアに負けない代物ですし。流石はギリシャ神話の大スター。
 少し本筋から、外れますが、果たしてギリシャの半神半人の呼び名は、ヘラクレスかハーキュリーズ(英語読み)か。
 本来、アメコミ準拠ならハーキュリーズなんでしょうけど、日本で馴染み深いのはやはりヘラクレスの名称なので、自分はヘラクレス表記で押し通してます。ハーキュリーズだと、ピンと来ない人も居ますし。説明にワンクッション置くよりかは、分かりやすさを重視ということで。
 例外があるとしたら、例えばアメコミカタツキか何かで、バーサーカーとヘラクレス、二人の同一人物(ヘラクレス)が同時に出た場合は、あえてMarvelの方をハーキュリーズ表記にしてます。この場合は、その方がおそらく分かりやすいので。臨機応変ですよ、結局のところ。

1/4 >>

Home > Archives: May 2012

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top