Home > Archives: November 2011

アーカイブ: 2011/11

日々雑談〜956〜

「史上最も恐ろしいキャラ? フラッシュのヴィラン、音の魔術師パイド・パイパーじゃないかね」

「しょせん、フラッシュ大好きヴィランズチーム、ローグスの一員じゃないですか」

「あの野郎、ヴィラン止めてフラッシュと友人関係を結ぶと同時に、自分がゲイであることを公表したからな」

「やだ、超怖い!」

 善玉になったら、おいそれと排除できないじゃねえか、コノ野郎め。
 こんなどうでもいい情報も大量に記載された、DCキャラクター大事典発売中です。Marvelに比べ、イマイチ日本でのヒキが弱いDC&今回は限定生産じゃないので、よっぽどじゃないかぎり品薄状態にはならないと思いますが。なんでも、プレミアを見越して大量買いした人もいるそうですが、どうなりますかねー(棒読み)
 日本初出の情報も多いし、おかしな記事配分も見当たらないので、読んでて楽しいですよ、コレ。図鑑本来の、未知を知る魅力に溢れているといいますか。
 Marvel大事典の記事は、記述量&スペースとキャラの人気が釣り合ってないトコあったもんな……。いや、後々の展開を考えるとしても、フラッシュ・トンプソン(スパイダーマンの高校時代の友達)の記事の量が、サノスとデッドプールとタスクマスターを足してトントンなぐらいにあったのって、やっぱおかしいって。むしろこの三人が、少なすぎるわ!

日々雑談〜955〜

 アーカムシティをプレイしたそこのキミ! そう、キミだよキミ、ティンと来た! 今回アーカムシティのサブミッションやミニイベントで異彩を放ったカレンダーマンやデッドショットが出ている同人誌があるのを知ってるかい?
 765の社長口調も疲れたので、普通の話し方に切り替えるとして。実はこのアンソロに自分が寄稿した小説に、偶然ながらカレンダーマンやデッドショットが出てるんですよね。コレを書いた頃は、アーカムシティに関しては所長室の隠し部屋レベルの情報しか出てなかったのに、今となっては何たる偶然。主催も今年の冬コミに出られるそうなので、興味ある方はチェックしてみるといいかもしれませんよ? おそらくこのアンソロも売ってますし。


 自称認知症兼酔っぱらいの爺さんが、まるで客席に飛び込むロックスターのような感じで、自転車置場にダイブしてえらいことに。勢いがあったら大惨事だったな、ありゃあ。
 あそこまでゆっくりと派手にダイブされると、駆け寄らざるを得ないよなーと。それでも、周りの人間が一斉に「大丈夫ですか!」と駆けつけたのは、良い光景でした。爺さんそれなりに大柄な上に、足を自転車に挟んでいる状況では、いくらなんでも一人じゃ引き起こせなかったからねえ。まあ、特に怪我もなくてよかった。結果オーライ。


 

日々雑談〜954〜

 今週のアイマスは律子回か。プロデューサーとなったアイドルが、一夜限りとは言え復帰することへの悩みや困難を書いた、良作回。てーか、俺が定期的にアイマス見るようになって、ハズレは今のところ一回もないのですが。
 しかし、ホント惜しいな。律子と言えば、アイマスにおける初期値トップ3に入る上、テンション維持も簡単という「コイツ、俺がいなくてもTOPに立てるんじゃねえの?」と言いたくなるぐらいの逸材だったのに。逸材と言うか、トップ3の他の二人(千早&伊織)のテンション維持が難しすぎて消去法で、リッちゃん最高!というのもあるw
 とにかく、その逸材が既にアイドルを辞めてるっていうのは惜しい。これマジ、続編でどうにかならないだろうか。そもそもなんで2で(以下原稿用紙5枚分省略)


 H×Hの、ズラリと並べられた理屈やルールやイベントの間を、キャラの個性やアクションであますことなく埋めていく構成力はすげえな。普通、久々のレオリオ、ゴンの治療、会長選挙、アルカのおねだりと並べたら、どれか一つ忘れてもおかしくないのに。
 微妙にベクトルは違うものの、最近のトリコも、特殊ルールなギャンブルの隙間を少年漫画的要素で埋めていて面白いと思います。
 やっぱ、言葉遊びでの誤魔化ししか提示できない作品より、H×Hやトリコのようなド直球な漫画を支持したい所。
 そして理屈もルールもほぼ無価値な世界観だけど、やっぱキン肉マンおもしれーわ。今後どういう方向性にころんでもおかしく無いよね、この第一話。

日々雑談〜953〜

 予告を見た瞬間、過呼吸+ベッドの柱で頭を殴打と言う状況になったので、おそらく来週、実際にフォーゼを見た場合、高確率で管理者の命が潰えます。その場合、悲しい事ですがサークル&サイトはここまでということに。まさか仮面ライダーの手により、終わることになるだなんて。
 タイムイエローや仮面ライダー部結成の感動も、全部フォーゼの予告で消し飛んだわ。ナゼデディルンディズガ! ダジャーナザン!


「実は、今度の新刊を出す上で悩みがあってな」
「どんな?」
「いやさ、今、Fate/Zeroのアニメやってるじゃないか。おそらく多少、Zeroのネタを使うことになるんだが、バラしても大丈夫かなと。アニメは2クールだから、コミケまでに終わりそうにないし。バーサーカーの真名とかさらりと書いちゃったら、知らない人にとって大惨事だよな」
「それは確かに。真名使わないと、第四次と第五次のサーヴァントを説明すんのめんどくさいし」
「それに、Marvelから設定を適当に頂いているという点もある。例えば現在の進行準拠なら、ドクター・ドゥームは善玉になるわけだが、この本ではバリバリの悪役だ。いわばリランチ的な使い方をしているわけだが、その点分かってもらえるかなと言うのもある」
「うーん。ああ、アレだ。Deadpool&TaskMasterの時みたいに、前説入れればいいじゃねえの? あの時も、デッドプールのトークショーを最初に入れることにより、タスクマスターの口調について説明入れたじゃん」
「それだ!」

 こんな感じで、アメコミカタツキ供鋭意製作中です。それだ!じゃねえよ馬鹿野郎。

アーカムシティのひみつ

リドラーの復讐のコツって?
 プレデターチャレンジの場合は、まずどうすれば条件が満たせるのかを考えること。ステージ全体の地形の把握は必須。
 バットマンの場合、ガジェットで相手を拘束&制御が出来るので、アイテムの使用を念頭に入れた行動を。キャットウーマンの場合は、特定の天井に貼り付けるという能力と共に、走っても足音で接近がバレることはないということも忘れずに。
 コンバットチャレンジ? ガジェットボーナスやバリエーションボーナスなんて物は考えず、全ての敵にビートラッシュを決めるつもりで。
 マントや鞭で敵をスタンさせ、ビートラッシュ→フィニッシュしたら、手近な敵をスタンさせ再びラッシュ。全キャラ、これでいけます。
 上記の繰り返しで、基本容易くメダルは取れます。なお、ラッシュ中にもカウンターは忘れずに。カウンター後でも、ビートラッシュは継続できます。要はどれだけのコンボ数が稼げるかが肝です。
 ハマー&シックルが敵に居る際はカウンターは使わず回避を、バットマンでプレイするなら邪魔な武器をコンボ中に解体する等の工夫や、ビートラッシュのフィニッシュ時は一定の無敵時間ある等の仕様は、説明できることに限度があるので、乱暴な言い方ですが身体で覚えて下さい。ビートラッシュを中心にした立ち回りを心がけるということだけは忘れなければOK。


 この間書くべきだったコツを書いた所で、一回クリアした人向けの、アーカムシティのひみつを公開!
 あ。当然ネタばれしてるんで、此処から先はネタバレ注意で。おそらく、クリアしてない人が見ても、三分の一くらい意味が分からないでしょうが。そういうことで、一つ。

続きを読む>>

日々雑談〜952〜

 頭痛、なんとか収まりました。今日明日明後日辺りが冬コミに向けての山場みたいなもんなので、なんとか頭痛が再発しないようなペースでやっていきたいところ。


 アーカムシティにおけるステルスのコツ? 敵にどれだけ嫌がらせが出来るかを考えればいいんじゃないかな。嫌がらせをコツコツ積み上げて悪を倒すのが、バットマンですよ?


 実の話。月姫の遠野秋葉の檻髪と、X−MENのアイスマンの能力の理論はほぼ同じ。理論を書き出すとほぼ同じなのに、結果のビジュアルが全く違うっていうのも面白い話だ。
 しかしアイスマンもよく分からん男だ。あの人、マグニートーを凌駕するレベルにまで達せる素養があるのに、いまいちそれっぽくないと言うか。スパイダーマンやヒューマントーチと仲がいいせいで、軽いイメージがついちゃってるのかねえ。
 個人的には、最初期の氷系キャラなのに、性格が氷系につきもののクールじゃなくて、氷の透明性を表す素直・率直というキャラ付けがされているのは、センスあるなーと。氷系キャラの、草分け的存在なのにね。

日々雑談〜951〜

 アーカム・シティより、アーカムシティの方がやっぱ色々と引っかかりやすいのね。週末辺りに、一周終わった人向けの考察と小ネタを混ぜた「アーカムシティのひみつ」が書ければいいなあ(弱気


 少し体調が悪いので、今日はこの辺りで。ろくなことが思いつかない。今日だけは、悪い意味で。
 今はともかく、昼間は頭痛が酷くて、何も出来ない状態だった。季節の変わり目かねえ……。
 皆さんも体調を崩しやすい季節なので、お気をつけ下さい。そういや俺、今年はGW辺りにもインフルエンザにかかって酷い目にあってた。どうにも、体調的には厄年としか言い用がない年だぜ。

はじめてのアーカムシティ

 まずは質問のお答えから。

>アーカムシティ>エディション版は追加コンテンツが付くというので買ったんですが、キャットウーマンモードはそれとは別なんですか?

 キャットウーマンはエディション版だけでもなく、通常版にもついてきます。つまり、全商品総付け特典ということです。ただ商品付属のコードという性質上、二回は使えない。つまり、中古対策ということで。ダウンロードコンテンツとして別売りしているものの結構高いので、余程中古で安売りしてない限り、新品買ったほうがいいと思います。
 キャットウーマン編はストーリーのミッシングリンクとしての価値も高いですし、バットマンとは違う感覚で街を散策できますしね。ちゃんと、オリジナルのボスもいるよ!
 これから先は、アーカム・シティをプレイする上で、知っておくといいんじゃない?ということが纏めてあります。具体的な攻略と言うより、心構えみたいな感じです。


その1:出来ないことは出来ない。
 まんまです。本筋より先に、サブミッションやリドラートロフィーの収集を進めたい。お気持ちは分かりますが、まず落ち着いて。メインストーリーを進行しないと、フラグが立たなかったり、ガジェットが手に入らなかったりします。サブミッションや一処に固執するより先に、メインストーリーを進めましょう。クリア後にもシティ内を散策できる上に、リドルの解明やガジェットを引き継いだ状態で始められるニューゲーム+もあるので、まず初めは、メインストーリーに集中して……という感じで進めたほうが、長く楽しめるかもしれません。
 なお、最初は分からないが、ストーリーを進めた上で改めて見直してみるとこれは!?と言った伏線も多いので、二周目も結構新鮮だったりします。


その2:じゃあサブミッションはスルーしても?
 やった方がスッキリはします。でも基本、メインにサブミッションは関わらないので、スルーしても大丈夫……と言いたいところですが、仮想トレーニングだけは別です! 全部やれとはいいませんが、少なくともグラップリングブーストを取得できるところまではやるべきです。てーか、やれ。新感覚のグライドの練習にもなるし。なお、グラップリングブースト取得以降のトレーニングは、別にスルーでも。取得後の上級トレーニングは、ちと難しすぎる。
 新ガジェットであるグラップリングブーストがあるか無いかで、移動の快適性や利便性が大きく変わります。なので、トレーニングのサブミッションが出現したら、さっさと取っておきましょう。


その3:ガジェットはどんな感じ?
 前作で使えた物の殆どは、開始早々使えます。幾つか持っていないものがあるものの、かなり早いタイミングで取得できる上、滑走途中でのライン変更が可能になったラインランチャーのように、性能が上がっているガジェットもあります。当然、新ガジェットも多数追加。
 ただ一つ、無くなったものが。それは、ウルトラバットクロー。三叉のクローにより敵を三人まで捕縛、手すりを乗り越えて人を引きずり下ろす程の吸引力を誇ったガジェットが削除されています。という訳で、「ここのトロフィーはウルトラバットクローで壁を壊して取るんだな!」というのは無理ですので、そういう場所を見つけた時は、別の攻略法を考えましょう。
 無くなった理由は、ウルトラバットクローが強すぎる(コレ一つで、陣地制圧可能なレベル)のと、今回の街という環境に、この吸引力は強すぎるということでしょう。ビルの屋上を見張ってる手下を、次々ウルトラバットクローで引きずって転落死させまくるバットマンとか、不殺云々抜きでも嫌すぎる。


 以下、少々ネタバレです。なので一応、ワンクッション置いて。ネタバレと言いつつ、そんなに大したことは書いていないような。まあ、いいか!

続きを読む>>

日々雑談〜950〜

俺屍日記
 やってないので、お休みです。電車ならともかく、車の移動では流石にできんよ。運転手だし。


 明日と言うか今日、バットマン:アーカム・シティの日本版が遂に発売かー……。正直、あまりの販売側のおざなりっぷりに頭を抱えてるので、どうしたものかと。ゲームとバットマンは全力で支援したいものの、肝心要な販売がやる気が無いと、いくら自分が頑張っても結果には。
 なんでわざわざ、ダウンロードコンテンツの取得に一手間加えるのさ。キャットウーマンモード落とさないと、話の各部ですっきりしない所が出てくるのに。
 買う前の確認でも、攻略的なものでも何でもいいので、アーカムシティに関して質問あります? WEB拍手でもメールでもなんでも言ってもらえれば、ネタバレ加工した上で、HP上で答えますよ?
 なお一応明日、やる上でこれを知っておくといいよ!というシティ豆知識は作る気でいます。

日々雑談〜949〜

 昨日は唐突にえらく早く寝てしまい、更新できませんでした。すいません。
 そして体内時計が早朝型になったのか、今もすっげえ眠いです。作業時間、しばらく早朝に回そうかしら。早起きして。


俺屍日記
 おそらく、現状の戦力はこんな感じ。
 各エリアボス>>藤井一族>>中ボス
 おそらく、明日を考えないような戦略で行けばボスにも勝てるだろうが、エリアボスに全力使ってもなあ。ラスボス相手ならともかく。
 なんとなく、枢斬(スーザン)戸緒置(トーチ)震具(シング)で揃えてみた。これで後一人、李威度(リード)でも加えれば、驚異的な四人組になる筈。ただ出生順や傍流本流の関係で、当主はおそらく枢斬になるけど、まあいいか。あそこのチームで本当に権力持ってるの、妻と娘だし。


「青いウヴァさんだねえ」
「青ウヴァさんだねえ」
「モテないねえ」
「暴走してるねえ」
「アレだ、女生徒を監禁してバスで爆走する様は、ぜつぼ」
「やめて!」
「前後編の二週じゃなくて、前中後の三週まで話を引き延ばせば、話が大きくなって最後に学園ソ」
「やめて!」

 こんな感じの、今週のフォーゼ。もう、余程のことをしない限り、青ウヴァさんの中の人、学校来れなくなると思うんですが。行き違いとかそういう次元じゃないよね、彼。宇宙に一番近い学校なのに、天文部があんな状態な理由にも見えるし。
 そしてちょっと似ているというだけで本人は清廉潔白なのに、青ウヴァさんと一緒に名が地に落ちかけている元祖ウヴァさん。ウヴァさんは、これ以上は無理だろうという段階でも、落とし穴に落ちて、更に下に行くような御人なのだ……。

1/3 >>

Home > Archives: November 2011

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top