Home > Archives: April 2011

アーカイブ: 2011/04

日々雑談〜781〜

「COMIC1でコピー本の新刊でも出してみようかw」
「よし、やってみろ」
「え!?」


 なんという、バルタン星人の限りなきチャレンジ魂。というわけで、今更新刊作業中です。ちくしょう、冗談半分だったのに本気にされるだなんて。どうせだから、前々から考えていた実験的なネタをやってみよう。
 ダメで元々、やれるとこまでやってみっか!


 というわけで、ワールド・ウォー・ハルクの記事は少し遅れます。でも初期目標の、GW中というのは外しません。どうせCOMIC1に関しての勝負は、今日いっぱいだ。

日々雑談〜780〜

 久方ぶりにワールド・ウォー・ハルクの記事を作成中。多分GW中、COMIC1の開催前には完成するんじゃないかな。あれがこうしてこうなって。今回書いているのと、最終回。合わせて二回で完結かな。後日談も書きたいところだが、どこまでフォローすべきか。多分現状、一番ややこしい人間関係を構築しているのはハルク。1から解説していたら、終わりが見えねえ……。


「財産を金塊で保有しているスクルージおじさんが創作における今年度金持ち癸韻覆蕁大量の金塊を火星からぶんどってきた、ダイターン3の破嵐万丈もかなりの上位になるんじゃね?」

 そうだなあ。管理者に言われて気づいたが、破嵐万丈もかなりの金持ちだな。金の値段が上がった事により、スクルージおじさんは一位の座を確固たる物にしたワケだし。これは当然万丈にも適用される。流石は噂の破嵐万丈、エースボーナスが「資金30000追加」なだけはある。
 というか、維持費や建造費が発生する時点で、ロボット持ちは金が無ければやっていけない気がする。あとは国家や大組織のサポートとか。全て自費でやっている、破嵐万丈が金を持っているのは、むしろ当たり前の話か。
 金持ち、ナメんなよ?

日々雑談〜779〜

 入稿後に誤字を発見すると、イベント当日までモヤモヤするハメになる。いかんせん、取り返しが付かないからなあ。何度読みなおしても、思わぬところで発生する、それが誤字脱字。
 水曜なのでWEB拍手返信です。


>アンキャニイX−フォース最新号で、シークレット・アベンジャーズと戦うみたいですが、ウルヴァリンとスティーブ・ロジャースって、付かず離れずの微妙な人間関係ですね。考え方も正反対ですし・・・。

 戦友兼飲み友達? ヒーリングファクターと超人血清のせいで、体質的に酔いにくい二人。お互い酔いつぶれないしちょうどいいやということで、定期的に二人でバーへ。一方、二人が喧嘩するかしないかで賭けをしている、ナイトクローラーとサイクロップス。おめえら仲いいな!
 第二次大戦を潜り抜けたという共感は、他者には一見理解出来ない絆となっている気がします。世代的に、その実感を共有できる人は年々減ってますし。


>ウォーマシーンは、TPOに合わせて一人「アーマード・コア」みたいな武装に融合して暴れてますね。街中だとハルク並に被害を出しそうで厄介な人ですね。(でも、社長の唯一の友達。)

 社長が強化スーツを着た人なら、原作ウォーマシンは最早サイボーグと化してましからね。半人半機械、最近素顔を拝見してない、ジム・ローデスさん。メカならぶっ壊す! 生物ならぶっ殺す! この台詞に準拠するなら、ウォーマシンは、ぶっ壊された上にぶっ殺されるのだろうか。


>銀魂の長谷川マダオの歌う「ダンボールハウスの神様」が無料で着歌配信されてました。世も末ですね。

 世も末という言葉を具現化したら、長谷川さんが産まれるんじゃなかろうか。そういや、元ネタのトイレの神様は、最近全く聞かねーな。新曲出したのかな?


>PSP「ねんどろいど じぇねれ〜しょん」って愉しそうなクロスオーバーですね。

 Fateからも、セイバー、凛、ライダーが参戦決定! 何もおかしくないと言いつつ、足りないことに全く違和を覚えない、間桐の桜さん。地味にねんどろいど桜は、俺が唯一所持しているねんどろいどなんだが……。多分ラスボスは、この間出た、千葉浦安のネズ公。


>今度の実写版X−MENのエマ・フロストは、かなりセクシーですね。

 ってことは、Wolverine→ファースト・クラス→X−MENという時間軸になるのか。Wolverineの時のエマは少女だったし。あれ? でもWolverineにチラリと出た教授はおハゲになっていたような。予告編を見る限り、ファースト・クラスの教授には髪の毛が。まあ、コマけえことはいいか。中の人が根本からして違った、セイバートゥースというもっと厄介な獣人がいたわけだし。

Deadpool&TaskMaster〜史上最大の憂さ晴らし〜 予告編

「やあ、日本の皆さんコンニチワ。アメリカでそれなりに話題な、トークショー。ナイト・キャップWithウェイド・ウィルソンの特別出張版をこれから始めるぜ。司会は当然このオレ、みんなのアイドルにして、マブカプ3で人気沸騰中のデッドプールさんだ! 今日のゲストは、同じくマブカプ3で“せっかく出した隠しキャラが骸骨ヅラでビックリ!”と大評判! 技の狩人、タスクマスター!」
「……なんだこれ!? なんで俺は、こんなスタジオに!?」
「おいおい、落ち着けよタスキー。ところで、ワガハイと〜である口調を忘れてるぜ。でないと、皆さん混乱するだろ」
「吾輩はタスクマスターである! 本名は特に無い! うーむ、今回この口調でやるのは、どうもしっくりこんな」
「おいおい、設定無視は良くないぜ!」
「まさかお前が設定準拠を口にするとはな。この間“俺の考えたデッドプール”のイメージを押し付けてきた映画監督を、抜刀発砲で追い掛け回した男のセリフなのか?」
「そう言われちゃうと、俺ちゃんもシャッポを脱ぐしかないな。アイ・マイ・ミー・マイン、俺っち俺ちゃん僕に私にワチキ! そうだよなー、タスキーはオレと違って、前にちゃんと邦訳化されたことあるもんなー。確か、あの時は私だったよね?」
「何を言っているか良く解らんが、それでいいのである。吾輩だって人間、人間、口調が代わることは多々あるのである。なんてな」
「ワーオ! タスキー、割り切ってるー!」


「同人誌OPのやり取りを少し載せた所で、これから先は二代目親しき隣人こと、デッドプールさんが特別抜粋した本文をこっから先に載せておくぜ。初代親しき隣人から、早いうちに襲名許可を貰いたいところ」
「お前はいきなり、何を言っているんだ。あとスパイダーマンは、絶対許可を出さんと思うぞ」


「危ないところだったぜ。この本がR18指定だったら、服を切られてTO・LOVEるな展開になってたところだった。オレちゃん、デッドプールの全裸画像を載せるには、この同人誌は狭すぎる。フルカラーの全500Pで、なおかつ壁サークルじゃないと、この美しい裸体は載せられないぜ!」


「おおっ!? そのドクロ面は、真アサシン!? それともワッハマン!? いっそ仮面ライダースカル!?」
「サーヴァントでもアトランティスの勇者でもハードボイルドな私立探偵でもなんでもいい。むしろ、俺のことなんぞ、一生忘れてくれ」
「オイオイ。スネるなよ、タスキー。友達の名前とツラを忘れるわけないじゃないか。デッドプールさんの友情の厚さは、ベルリンの壁に並ぶんだぜ」
「いつか壊れるってことじゃないのか、その例え」


「え? 何々? アイツら、タスキーの教え子だったの? いやあ、親分さん、アナタは運が良い! タスキーよりも正確確実、出前迅速落書き無用な優良教官のデッドプールさんがお仕事募集中だぜ! 今頼めば、もう一人デッドプールさんが付いて来る、ダブルアップキャンペーン中!」
「増えるな、増えるな。だいたい、お前は確かに教官としての腕はいいが、教え子連中、みんな頭おかしくなって、同士討ちの挙句全滅しただろうが」


「何だそりゃ! 僕には、君のことが理解出来ないよ」
「お前は何時もそうだな。当たり前のことを伝えると、決まって同じ反応をする」


「オレ、これがイイ! この、不相応に高いのがイイ!」
「やめとけ、やめとけ。安いカップラーメンが値段以上に美味いことはあっても、高いカップラーメンが値段相応に美味かった覚えはない」
「へー。じゃあ、コッチにするぜ。この、焼いてないのにヤキソバと名乗ってる、身の程知らずなヤツに!」
「いいんじゃないか、お湯を捨てるスペースも有るし。当たり前のようだが、お湯を入れるのは、会計が終わってからだからな」


「デッドプール。5分だけ、ヤツを引きつけておいてくれ。俺に考えがある」
「5分とかマジ無理。時間切れの引き分け狙いなんて、マブカプの中だけでのお話だぜ。マブカプなら、遠距離でハンドガンや矢を撃ってるだけでイケるよね? お互い」


「マジ痛い、泣き叫びたいほど、超痛い。でも一度この痛みを経験すれば……もう、何も、恐くない」


「なにそれ! アイアンマンのスーツも真っ青! UDONさんのスーツ、マジスゲエ! パネエ!」
「だから、誰なんだ、そいつは!」


「あー、少しネタバレしすぎちゃったかな。カンの良いヤツなら、徹頭徹尾ストーリーを見抜いて、そのまま本編を書いちゃうぐらいネタバレしちゃったなー」
「事情を完全に把握しきれていない身で言うのも何だが……こんなモンからストーリーを把握できるのは、お前自身かエスパーぐらいのものだ」
「そんなタスキーみたいなオールドタイプな方には、本誌を読んでもらうしか無いね! どうよこの、宣伝までの自然な流れ」
「この流れが自然ならば、マンハッタンのビル群も大自然扱いできるな」


2011.05.01 COMIC1 の41b
新刊「Deadpool&TaskMaster〜史上最大の憂さ晴らし〜」(頒布価格200円)


「ちなみに、持ち込む既刊はまだ未定だってさ! 特撮&アメコミという場所柄、オレが出ているアメコミカタツキや特撮系の10&10やハルヒシリーズは持って行く気でいるみたいだけどね。もしそれ以外で欲しい本がある方は、リクエストしてくれれば対応できるって言ってたよ。えーと、これで宣伝終わり! ギャラはスイス銀行の口座に頼むよ」
「当然、山分けだよな?」
「事情がよく分からなくても、ギャラと聞いた途端にとりあえず金銭を要求する。流石だね、ながれいしだね、タスクマスター」
「貰えるもんは貰っておくのが、傭兵の鉄則である!」

日々雑談〜778〜

 そろそろ、ゴールデンウィークが見えてきたものの、さてどうするか。
 トピックス記載のとおり、サークル肉雑炊は5月1日のCOMIC1と5月5日のコミティアに参加します。一週間に2回イベントに出るとか、正気の沙汰と思えねえ。GWだからこそ可能な、スケジュール。
 今のうちに準備をしておいて、GW中に更新出来るようにしておくのが良策か……。アメコミ放談やSSは、どうせ下拵えが必要。一日で出来ないことはないものの、えらく疲れるし、出来にも不安が残る。ならば、下準備をしておたほうがいいって事よ。


 それより先に、「Deadpool&TaskMaster〜史上最大の憂さ晴らし〜」の予告を書かないといかんな。日にち的に、明日には用意しておきたいところ。なんだかんだで、今週もやることが多いな……。準備だけは進めておこう。

日々雑談〜777〜

「終焉も恐暴も、砲撃が強力なタツオドシ+オートガード+砲術王+ガード性能&強化でポコンポコンと砲撃しまくればいいんじゃないかな」
「それを言っちゃあオシメエよ」

 場所や運用を見極めて、効率よく立ち回れば、オートガード+ガンランスはバグレベルで強力だからなあ。ただ、終焉はともかく、恐暴の方はWイビルジョーの超パワーにガードで耐えきれるかどうか。ただ多分、現状一番勝ち目がある上に、比較的楽な手法であることは間違い無いわな。


 上記の手段はあくまで伝聞、過程なので置いておくとして、実際恐暴の宴にどう立ち向かうべきか。Wイビルジョーという驚異に気圧される人多数。でも実は、イビルジョーが二匹揃うまでに10分のラグがあったりします。二匹目の出現条件は、クエスト開始から10分もしくは一匹目が倒されたら、という物。
 まあぶっちゃけ、10分でイビルジョーを倒せれば何も問題ないわけです。一人ならともかく、二人以上いればそこまで無理な条件でもないです。こっちの逃げ場がない闘技場=イビルジョーの逃げ場がない闘技場なワケですしね。移動のタイムロスがないのはデカい。
 問題は、一人で立ち向かった時にこそ、あるわけで。火事場や攻撃力アップを併用すれば不可能ではないですけど、実質問題それはちょっとキツい。だが、必要なのは10分で倒すという気概。要は10分でどれだけの火力をぶち込めるかが勝利の鍵。爆弾、罠肉、罠2種。使えるものは全部使って、一匹目をやれるところまで追い詰める。上手く行けば、二匹目出現から数分後に撃破出来る筈。
 囮役のアイルー二匹がいれば、意外と二匹同時もどうにかなります。どうにかなると言っても、数分が限界ですけど。なので数分で決着を付けるつもりで。アイルー二匹がKOされたら、キャンプに撤退するぐらいの気持ちでいたほうが良。残り一匹になれば、あとはもう、いつもの狩猟より楽なくらいですよ。ザコ居ないし。
 実はこの短期決戦方式は、終焉にも応用できます。というか、イビルジョーと長時間戦うとプレイヤーが疲れるので。疲れれば、後のティガ&ナルガとの戦いにも支障を来たすのは明白。時間もギリギリのクエなので、イビルジョーをさっさと片付ければ、その分時間的余裕が生まれ、精神的に余裕も出来ますしね。プレイヤー自身のスタミナや精神力も大事なモノですよ。数値化出来ないけど。


 イビルジョー、実は攻撃自体は大味なので、当たらなければどうということはないを地で行くモンスターでもあります。当たれば即死級だけど。特にガンナー。
 個人的には終焉>>恐暴だと思うので、終焉を喰らう者を乗り越えられたハンターならば、一人でもどうにかなる筈。まあ問題は、恐暴を一人でやる意味って、意地と都合以外何も無いんですけどね! 
 あ。特典チケット三枚で作れる足防具は底力+11なので、火事場目当てなら優良防具ですよ。火事場が最も必要なのは、現状このクエストの気がするが……。

日々雑談〜776〜

 MHP3は、毎週ダウンロードクエストを発信してくれているのが有難い。なんでも、今週のはだいぶヤバいとか。いやねえ、ヘイヘさんは最難関クエとも言われる「終焉を喰らう者」をクリアしたハンターですよ? いくらなんでも、そこまでヤバいとは……。

「恐暴の宴」―イビルジョー二頭の同時狩猟(場所:闘技場)

 こりゃ、ヤベえや。ただでさえ凶暴なイビルジョーが二頭、しかも闘技場という閉鎖空間! 依頼主の闘技場の主は、ハンターの殺害願望でもあるのだろうか。ドリンク屋の主人にも、そのきらいはあるが。コイツらとは、いつか決着をつけたいところ。


 実際のところ、このクエと終焉を喰らう者を受注する前に、まずすべきことは、自身がどれぐらいのタイムでイビルジョーを討伐できるのかを図ること。単体狩猟だとしたら、探索や移動や回復のタイムラグも考えて……20分台で捕獲か討伐出来ないと、ちょっと厳しいかなと。闘技場だとラグがなくなるので、討伐自体はもうちょっと早く出来る筈。
 明日は、もうちょっとクエストに関しての具体的な話をしてみようかと。攻略法まで行かない、アドバイスレベルの物ですけどねー。


 ……なんだろう、このゲーム攻略サイトみたいな引きは。

日々雑談〜775〜

 ジャイアントロボ〜地球が燃え尽きる日〜が遂に最終巻。今川監督の作品における災禍は、父と子のコミニケーションがもうちょっとどうにかなっていれば、基本避けられる物ばかり。親が変なモノを残して子が苦労するのは、もはやテンプレ。
 バベルの籠城編もいいけど、真マジンガーもどうにかしてくれよ。どうすんだよ、ミケーネの後始末。


 昨日少し話をした通り、プリキュアオールスターズDX3見てきました。日中時間の関係で妙な時間に行ったせいか、子供いない上に観客数が合計4人だったよ! なんだこの、プライベートシアター寸前の状態。
 オールスター映画としての評価が高いのは当然として、前作や前々作の「ここをこうしたら、もっとよくなるのになあ」といった部分を、キチンと汲んであるのも評価点。開始10分で全員変身&悪役が集合して黒幕も判明するという、超フルスロットル映画。

「諸君。私の声に聞き覚えはないかね?」
「ジャアクキング!」「ダークフォール……」「ナイトメア?」「エターナル!?」「ラビリンス」「砂漠の使徒……!」

 どこぞのカブト虫ライダーのパロディがしっくり来る魔法少女ってなんなんだろう……。とにかく、オススメのオールスター映画。DVD発売後でもいいので、視聴必須レベルだぜ、こりゃあ。

続きを読む>>

日々雑談〜774〜

 昨日忘れていたので、今日WEB拍手返信。プリキュアDX3やランス新作発表で、だいぶ気合が戻って来た。大帝国は管理者に任せるぜ……!
 真面目な話、大帝国とランスを同時進行したら、ウチのサークルは高確率で閉鎖する。良くて開店休業状態。


>ジャッカー電撃隊って、今観るとデアデビルやムーンナイトばりの渋いクライムバスターヒーローですね。

 半年という放映期間の間に、渋さから笑いまで、色々詰まってますよ。迷走の結果と人は言う。サイボーグ戦隊という設定はシリアスだったのに、追加戦士のビッグワンが生身で強くて人間というある意味台無しな展開。


>グレート・レイクス・チャンピオンズはケロロ小隊と同じで、真面目にやれば侵略者と戦ったり、地球規模の危機も解決してくれますよね。

 真面目にやると、強いですよ、彼ら。マブカプ3に出れた悪役衆の半分は、既にリスに敗北済み。そもそも一時期相手をしていた悪役グラビトンだって、アベンジャーズの別働隊を壊滅寸前に追い込むほどの猛者。ホントに、まったくもって弱くはない方々。


>Mr.イモータルは、手塚治虫の火の鳥のように、永遠に知的生命体を見守り続けるんでしょうか?そのわりにケーブルやビショップの未来世界で出番が無いし・・・。もしかして、あんまり役に立たない?

 永遠ではなくて、最後の一人ですね。地球が滅び日に分かるであろう、大いなる謎を目撃する為の不死。つまりそれは、GLAの仲間の死も絶対に看取らねばならないということでもあり。ひたすら、悲しい。
 たぶん、ケーブルやビショップの世界にも居るんじゃないですかね。ただ、生きていたからと言って、戦況が変わる人じゃないですし。たぶん、何処かでひっそりと生きている筈。


>デッドプールとマンティスって、名前や姿(衣装)を変えてDCユニバースに登場してますが、大丈夫ですか?(いろんな意味で。)

 大丈夫だ、問題ない。そもそも、DCの大物悪役ダークサイドさんはカッコいいなーうらやましーな→Marvel世界にとても良く似た悪役サノス誕生。こんな感じで、色々とやりあっているので、そんなものは所詮お遊びレベル。そういや、MARVEL世界に「明らかに全員の能力や設定がジャスティス・リーグ似」の悪役チームがいたような……?


>デッドプールは、X−MENやアベンジャーズ・イニシアチブの生徒達や、パワーパックのような未成年の子供達にどういう風に思われているんでしょうか?悪影響や被害は出てますか?保護者や先生(教官)達に何て教わってますかね?

はじめてのデッドプール

 だいたい、扱いはこんな感じで。そういやパワーパックと絡んでいるのは見たことないですね。ヘラクレスみたいに、子どもの前では良い大人を演じるだけの器量があれば。
 能力が不死身なものの、他はダメダメだったイニシアチブの生徒に「不死身なだけじゃあ、ヒーローとして足りないぞ」と語っていた教官タスクマスター&コンストリクターの台詞は、なんとなく赤タイツにつながる気がする……。

日々雑談〜773〜

 仮面ライダーWリターンズ 仮面ライダーアクセルを視聴。うーむ、特撮の技術はだいぶ出尽くしたと思っていたけど、ことアクションに関しては未だ未知の鉱脈があるな。アクセルの既存ギミックを使って、あんな技が出来るだなんてなあ。
 とにかく、これホントにビデオ作品か?ってぐらいに、アクションが豊富で、金をえらく使っているように見える。資金が潤沢なワケじゃなくて、きっと金の使い方や撮り方が上手いんだろう。正直、幾つかのライダー劇場作品より豪華だったぞ!
 しかし……やっぱ風都は腐ってるな! というか、治安悪すぎるだろ。今回はビデオ作品なだけあって、悪い人やロクデナシがゴロゴロ出てくるよ!
 俺の中の風都のイメージって、和製ゴッサムシティなんですけど。まー、流石にドーパント犯罪者収容施設はないだろうけど。ブレイクしちゃえば只の人。わざわざ精神病院を用意することもあるまいよ。
 アクセルの出来がこれだけ良いなら、エターナルの出来にも期待大。オールライダーとは別路線で、是非今後も続けて欲しいところ。電王はどうしても、オールライダーとお祭り路線で被っちゃうしなあ。堅実に作れる作品も、やはり必要ですよ。

1/3 >>

Home > Archives: April 2011

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top