Home > Archives: February 2011

アーカイブ: 2011/02

参上 二大変わり種ヒロイン〜こたえあわせ〜

 というわけで、解答編。コメント欄を見れば分かる気もするけど、一応ちゃんとしないとねと。
 個人的には、一人目の方が当たるかなーと予想してました。二人目、地味に日本での知名度が高くなってるな。
 両方共、アメリカでも個人誌が手に入らないぐらいの人気ぶりなのは、どうにかならないものかしら。

続きを読む>>

参上 二大変わり種ヒロイン

ふじい(以下F)「せっかくの土日。せめて一度はちゃんとした更新がしたい」

サイレン(以下S)「土日ねえ。残りを2時間切ってるけど」

F「シャラップ。でもまあ、流石にちょっち厳しいわな。よし、今日はアレでいこう。視聴者参加型ならぬ、閲覧者参加型の人当てクイズ。具体的に言うと、前にやったミステリーマンの正体は誰だ!?みたいなやつ」

S「あー……。アレか。なんだかんだで、結構盛り上がったんだよな。でも、それなりに面白いネタが無いと無理だぜ。前回は、正体が意外な人物だったから盛り上がったわけで」

F「こんなこともあろうかと、既に使えそうなネタは用意してあるぜ。前回はDCコミックスからだったから、今回はマーベルで。この二人なんて、どうだろう?」

S「なるほど。中々に面白い二人だな。この二人なら、ちょうどいいか」

F「ああ。あるキャラの中の人二人だ。中の人を見て、外の人を予想。モヤモヤとしてもらおう。ところでこの二人って、ヒロインかな、それともヴィランかな」

S「……俺に聞くなよ」




F「じゃあ最初は、この人で行ってみようか」

謎の女闘士

S「まあ、この人は外せんよなあ」

F「色々な意味で、外せんね。正体は意外というかなんというか。たぶん答えを言っても、誰も信じないんじゃなかろうか」

S「確かに、この人に関してはある種の先入観があるからな。ヒントは?」

F「バストアップじゃなくて、わざわざ1Pをピックアップしたことかな。これがヒントというか、答えみたいなもんよ。こういう人がいるんですよみたいな話は、過去にしてるしね。なんとかなるだろ」




F「二人目は、この娘で」

食いしん坊万歳

S「……アホの娘?」

F「違う! 確かにそういうコマであることは否めないが、なんかツボにはまる可愛さがあったから、この顔にしただけだ。日本でも勝負できるぜ! MEGANEだし!」

S「否定はせんが、そんなに眼鏡っ娘であることを強調せんでも。一応ほら、食いしん坊キャラ的な側面の方が。しかしこの娘、有名かね?」

F「そこを突かれると厳しいが、最近はトリビア的なネタとして使われているので、名前と存在を知ってる人は多いと思う。実際に見たことがある人は、中々に少ないだろうけど」

S「一人目とは違って、このサイトのネタにはしてないんだな」

F「ある種の鉄板ネタでもあるしねー。わざわざ使うまでもないでしょ」




F「両者の共通点か。二人とも有名キャラの◯◯みたいなポジションにいることだな。関係者というか、何と言うか」

S「ミステリーマンより難易度は高いか?」

F「ミステリーマンの正体の人には、知名度で流石に負けると思う。でも、5〜6人は当てるんじゃないかな」

S「待て。なんで、前回より難しいのに当てる人数の予想が増えてるんだ。前回の予想は2〜3人だっただろ」

F「そう思ってたら、けっこうガシガシ当てられたからよお。なので、少し多めに」

S「前回よりヒントも知名度も少ないし……どうかなあ?」

日々雑談〜720〜

 しっかし管理者。なんであんだけ今弾のガンバライドカード買ってるのに、ギャレンだけは一枚も出ないのかなあ。レジェンドレアならともかく、レアもノーマルも一切出てないとは。LRの龍騎サバイブやRバースは引いてるので、そこまで引きが悪いってワケじゃあないんだが。
「これは、俺の信心が足りないからだな!」
 まあ、本人はこう思ってるみたいだし、これはこれでいいんじゃないかな。きっと。


 今日は3DSの発売日だったのか。店頭でストリートファイター犬鮨┐辰討澆燭韻鼻■械珍干+ダイナミック視点でやったせいか、微妙に気持ち悪くなってしまった。しまった、設定を緩くすりゃあよかった。
 色々調整してからやれば大丈夫なんだろうけど、コレは中々に人を選ぶゲーム機。3D映像って、弱い人はホントに弱いからなあ。俺もそんなに弱い方じゃないのに、調子に乗ったら気持ち悪くなったし。
 実際、映像は新次元的なインパクトがあるので、3DSのコンセプトは、やはり一線を画すものかと。ただ、買う気まんまんの人も、店頭の試遊機で一度どんなものか確認してからの方がベネ。
 バーチャルボーイよりは、遥かに眼にやさしい機体であることは確実ですけど。アレもインパクトだけなら、歴代ゲーム機TOPクラスの機体だったなあ……。嫌いじゃないわ!

日々雑談〜719〜

 アイマス2に関しては、ネットで悪評が先行している部分もあるようだな。やはり、自分の目で確かめるべきか。ただ、アイマス2の定価は中々財布に厳しいお値段でして。3月1日発売の、リボルテックアイアンマン+邦訳版ハーレイ&アイビー+アベンジャーズ辞典並の価格かぁ……。


 ネットで全てをさらけ出すタイプとの付き合いは、やはり難しい。本名や住んでいる市町村の公開とか、俺にゃあ考えられないもの。せいぜい、飲み食いする活動範囲(東京北部)の公開ぐらいだなあ。それだって、一番頻繁に行っている辺りは、公開してないわけで。なにせ、結構近所だし。俺がさらけ出さないタイプだからこその、悩みといいますか。
 何が困るって、さらけ出す人間は、他人も自分と同じようにさらけ出していると思い込んでいる部分があるのがねえ。事細かに話すことじゃないよね、というわけであえて話さないこともあるわけで。仕事の守秘義務なんて物もあるし。
 それが分からないと、〇〇について話していない=〇〇をしていないと勝手に判断してしまう。いやいや、俺だってそれなりのリアルがありますよ。別に、適当にアメコミ弄ったり、同人の原稿だけ書いて暮らしているわけじゃないですから。話していない、書いていない、呟いていない。そういう事は多々あるわけで。立ち居振る舞いや言動も、TPOで使いこなしてますよ。
 というか、こういう線引きを理解出来ないって、ネットリテラシー以前に一般常識の欠如だよなあ……。分かっている人間は、自分の常識と他人の常識を分けて行動できる。そういう人間との付き合いは、別に悩みでもなんでもない。線引きをしている人間相手に、相手の個人情報がバレるような話を掲示板やツイッターでするのは困ったちゃんな前者、しないのは常識的な後者。情報をさらすという主義は一緒でも、雲泥の差がある。
 守秘や祭りが錯綜する日本で、Facebookを流行らすのはまず無理だと思うんだけどな。こういう、他人をわきまえられぬおっぴろげ主義者に個人情報を渡すのは、正直怖いわ。

日々雑談〜718〜

 実際プレイするまではなんとも言えないが、漏れ聞こえてくる悲鳴が、もはや軽々しくアイマス2をネタに出来ないレベルになってきたぞ? 情も縁も常識も言葉も捨てて、アイマスにのめり込んだ人間を知っているが、今、彼のような人間はどうしているのだろうか。全てを捨てた結果の唯一として、許容できているのだろうか……。


 それはひとまずおいておいて、レッツゴー仮面ライダーへの乱入が決まったズバットのお話。キカイダーやイナズマンより、どうしても注目せざるを得ない。俺も好きですけど、管理者にとっては橘さんと並ぶ「現人神」キャラ(本人談)ですよ。とりあえず、管理者は早苗さんに土下座してこい。
 作品の魅力を1から語ったら、雑談レベルで収まりきれないのは確定。こりゃ久々に、アメコミ以外の放談ネタだな。
 ズバットの資料はあるのかって? 大丈夫っすよ、管理者がDVDBOX持ってるんで。これ以上の資料はあるまいよ。


 そうだなあ、分かりやすいズバットのツッコミどころは、「ズバットは最終回直前まで敵組織(ダッカー)の存在に気づいてなかった」ってトコかなあ。ヒーロー物としてあるまじき暴挙、仮面ライダーで言うなら、ライダーがショッカーの存在を知らないぐらいの話ですよ。お前は今まで、敵の用心棒が付けていたDのバッチやおそろいの衣装を着た戦闘員を何だと思っていたんだ。
 恐ろしいことに、コレ、分かりやすいツッコミどころであって、一番のツッコミどころじゃないんだよなあ……。むしろ平均的なネタ。ズバットはこんなんばっかですよ?

日々雑談〜717〜

 レッツゴー仮面ライダーのポスターにとんでもない人たちが写っている件について。
 流石にコレは予想できなかったぞ。だって、予想できる範疇に無いだろ……。こりゃヤベエと、管理者に通報。驚きで息を飲むというというのは、ああいうことを言うんだろう。


 そうか。遂に明日か。アイドルマスター2、発売日。紆余曲折という物が、これほど似合うゲームもあるまいよ。機体の新作から問題作に代わって、いよいよ発売か。
 このネット時代。既に手に入れた方々の感想が聞こえてくるわけで。いやその、感想というより悲鳴や嗚咽が。既にアイマスとは距離を置いている俺でさえ、胸が苦しくなるような慟哭。実際にその通りの展開だとしたら、心が折れてもおかしくねえ。
 いや、流石に金もないし、マブカプ3もあるしで、買いませんけど。なんだろうこの、地獄のリンボを覗き込んでしまったような感覚は。

日々雑談〜716〜

 レディ・デッドプールってTS物の範疇に入るのかな。問題は、デッドプールさん本人と共演している時点で、もうなんつーかキャラとして独立してる気がする。


 夏コミの申し込み期間、終了。冬に引き続き、TYPE-MOONで申し込んでおきました。現状多分、自分が参加できるジャンルで一番やりがいのあるジャンルなので。アメコミや特撮は、コミケだとどうしても女性向けが多くてねえ……。流石に、そっちでやれる器量は持ってねえ。
 正直、あとは祈ることしかできません。運だのみは辛い。先日ハスブロのウィップラッシュが懸賞で当たった時点で、なんかもう運が残ってない気がする。てーかアレ、出来は物凄くいいけど、ウィプラッシュじゃなくてミッキー・ロークのフィギュアな気が。
 なんにせよ、祈るのみ!(二回目)

日々雑談〜715〜

 これで大体OKかな……。
 ところでマブカプ3のEDに「コイツ、絶対日本での知名度皆無だろ」というキャラが結構出ているのですが、これはアレ? ネタバレ処置を施した上で、その4を書けというフラグ?
 あくまで個人的な印象ですが、クロスオーバー共演系のEDは、カプコン側のキャラの方に多いような気がします。まだ、全部見たわけじゃないですけど、なんとなく。


 ゴウカイジャーは二話も面白かったな。シンプルであろうとする辺りが、とても正しい。判りやすさこそ、クロスものをしっちゃかめっちゃかにしない為の秘訣です。だいたい、参戦作品の数だけで言えば、スパロボより多いんだぞ。
 しかし、あの謎の赤い戦士(CV古谷徹)の正体は誰なんだ!? 彼こそが、ゴウカイジャー誕生の秘密に関わる鍵か。ちょうど変身アイテムも鍵だし、ちょうどいい喩え。
 上の話とはホント、ホント関係ないけど、アカレッドで検索すると、ウチのサイトがTOPに来た時代もありました。どんだけマイナーだったのよ、彼。アカレッドの誕生は、ディケイドより早い。東映における「過去のヒーローに変身できるヒーロー」の草分けだったんだなあ。

適当に語るマブカプ3参戦のマーベルキャラ〜その3〜

シーハルク
 実はメガネっ娘。ただし、時たま。エロ担当。これは結構常時。
 弁護士であり、ブルース(ハルク)の従兄弟。重傷を負った際にブルースから輸血を受けた結果、内向的な女性ジェニファーは外交的かつ奔放なシーハルクの姿を手に入れた。ただし、微妙に空気が読めない為、男性問題やトラブルを起こすことも多々。本能を刺激するガンマ線の影響で、感情の抑えが効きにくいのと、元々地味な性格だったせいで、派手な性格の人間としての立ち居振る舞いを知らなかったといえばいいのか。
 ジェニファー本人はシーハルクの人格も姿も気に入っているので、故意でシーハルクに変身していること多し。ハルクより能力的に劣るものの、遥かに自分を制御できています。
 むしろ、内面の発露の結果がハルクであるブルースは、どんだけ内にヤバいものを溜め込んでいたのかってことですよ。


M.O.D.O.K.

 名前の読み方はモードック。秘密結社AIMの首領にして殺人専用の知的生命体。
 AIMという組織の特色は、優れた科学や技術を常時開発し悪用しようとしていること。元々はヒドラの下部組織だったが、現在は独立済み。誕生後に組織を掌握した実験体、モードックも超天才なので、この方針はずっと変わっていない。まあ、自分より遥かに優れた頭脳で危険な思考を持つ生命体を作った前首領は、結構アレな気がするが。モードックに暗殺されたし。
 負けが混んでいた時期、AIMを追放されたものの、数十億ドルの詐欺と本部壊滅を兼ねた作戦をぶち上げ、見事成功。弱体化したAIMを再び乗っ取って、首領の座に着いた。え? クロサギ?
 ヒーローと協力したことのないヴィランと言われているものの、デッドプールにはときたま仕事を依頼したり、協力したりとそれなりの付き合いがある。ただし、ゴールデンエイジのヒーローを復活させ手駒にするという計画を、通りすがりのデッドプールに潰されたこともある。この一件は、極上のブロンドのクローンをデッドプールに数体プレゼントするという内容で、手打ちとなった。
 ところでデッドプールってヒーローかな?


ストーム

 あのスタン・リーをして「ちょっとチートすぎるかもしれない」と評したミュータント。天候を操るって、強力かつ汎用性が高すぎるだろ。
 生まれはあまり良くなく、少女時代はスリや窃盗をしていた。だが、天候を操る能力が発動してからは、アフリカで雨乞いの女神に。その後、スカウトされX−MENに加入。リーダーや副リーダを務め、アフリカに帰省した際に、黒人ヒーロー兼ワガンダ王国の王であるブラックパンサーに見初められ、彼と結婚。現在は、ワガンダの王妃。なにこの、サクセスストーリー。
 X−MENが居ない世界でも、実力でケニアの女王になり、それぞれ王同士でブラックパンサーと付き合ってた点から見て、なんか多分、女帝の相のような物を持ってるんじゃないかと。
 現在は、夫関係の仕事やヒーロー活動をこなしながら、X−MENを手伝っているという、ウルヴァリン並に忙しいお人。


フェニックス(ジーン・グレイ)

 マブカプ3だと守備力が低くて微妙なものの、実はギャラクタス並にヤバイ存在。遊びで銀河の一つや二つ、簡単に消滅出来るレベル。というか、ギャラクタスが生まれた理由の一つ。
 ものすごく噛み砕いて説明すると、ジーン・グレイというミュータントが死にかけた際、想像的生命体にして破滅招来体でもあるフェニックスが、彼女の身体に憑依して生まれた存在。ハヤタ隊員の身体を借りた、ウルトラマンみたいなものです。
 自身の死亡、仮初の復活、クローンであるマデリーンの誕生、本人の覚醒、マデリーン対ジーン・グレイと、彼女周りは非常にややこしい。マデリーンが恋人であるサイクロップスの間に子供を作ってたりして、家系図もややこしい。そして旦那であるサイクさんが浮気しょ……女性からの誘惑に非常に弱いため、自身が死ぬまでサイクさんとの恋愛関係には悩まされた。
 アメコミでは珍しく、死亡したまま復活してない人。彼女の転生体ではないか?と噂されるキャラが出てきたので、今後もしばらくは復活しないと思われる。たぶん。


タスクマスター

 これ以上、何を書けと!?(二回目) 好きな食べ物はたぶんラーメン。自室にカップ麺の容器が沢山転がってて、日本でもラーメンを食べてました。
 UDON版のスーツは単なるバリエーション違いと思われているものの、実のところUDON版スーツは普段の格好の上位置換レベルで性能が高い。投擲可能なビームシールドや、ビームクローの生成機能が付属。更に、ホログラフィによる変装能力も有り。全身をホログラフィでカモフラージュして、動きを丸々コピーすれば、まず見破られることはあるまい。スゲエな、このスーツ。
 最近、「一つ新しい動きを覚える度に、自分自身の記憶を失う」という、某ゼロノスみたいな制約が付けられてしまった。なんでも、脳の容量の限界的な問題だとか。インなんとかさんを見てると気のせいだよ!と言いたくなるものの、ドクター・カオスを見ていると、さもありなんという気分になってくる。記憶なんてトコロテン式ですよ。


センチネル

 ミュータント抹殺を目的に作られたロボットの総称。日本で言うならば、モビルスーツのように作中広域的に使われている。マブカプに参戦しているセンチネルは、マブカプ用と呼べる代物。
 人が搭乗するタイプのセンチネルや、そのパイロットを外部から操ったナノサイズのナノ・センチネル。人間に擬態出来るサイボーグ、プライム・センチネルと、大きさや種類は想像以上に多岐。360のウルヴァリンでは、ガンダムサイズのセンチネルとの戦闘が可能。
 なお最近は、センチネルと同じ思想で生まれた怪物、プレデターXという、ミュータント殺害用のイビルジョーみたいなのがいる。ミュータントの先行きは厳しい。


シュマゴラス

 古き者の一人である、混沌の神。この世界における姿は、仮の姿のようなもので、自分の棲まう次元での彼は、もはや全知全能の神。海外ファンの考察では、ギャラクタスより強いとされている。
 古き者や混沌という辺りを見ればなんとなく分かるだろうが、元ネタはあのクトゥルフ神話にある。タコみたいな外見も、西洋人にはとても恐ろしく感じるのです。日本人? たこわさ。
 マイナーなのに、何故かマブカプシリーズ参戦キャラに選出されたことで有名。マブカプシリーズに神様出しましょう! ソーじゃなくて、シュマゴラスを! 若干、狂気を感じる流れである。


ギャラクタス

 宇宙災害。主食は星で、彼に立ち向かえる者は大いなる勇気の持ち主か大いなるマヌケだけ。旧宇宙が破滅する際、フェニックスフォースに助けられた男が、数十億年もの眠りの結果生まれた生ける災害。災害扱いなので、会ってしまったらしょうがないと諦めるレベル。元々は生物の居ない惑星だけを喰らっていたものの、やがて飢餓感に負け、そんなことには構わず喰らう存在に。文明が発達した星ほど美味らしい。
 娘がいるというのは既に鉄板ネタとなりかけているので省略。管理者が惚れ込んで、彼女の本を探しまわったものの、全然手に入らなかったという話も省略。
 なお、ギャラクタスを実力で放逐できそうなのはフェニックス。勝てそうなのはシュマゴラス。うっかりやっちまったのは、ベノムプール。

適当に語るマブカプ3参戦のマーベルキャラ〜その2〜

 なんとか今日も、更新成功。残りのメンバーはまた明日。


ソー
 北欧神話の雷神トールその人。トールを英語読みすると、ソーになる。扱い的には、英語読みだとハーキュリーズになるヘラクレスと同じです。
 雷を使役するだけでなく、空も飛べる上に腕力はハルク並と、戦神の名に恥じない強さを持つ。神話時代は粗暴だったものの、最近はだいぶ落ち着いている。ただ、一度怒れば、その怒りは雷鳴のごとし。
 しばらく、内々の問題でアベンジャーズから離れていた時期がある。帰還したのは、スーパーヒーロー内戦ことシビルウォーの後。ハルク追放の一部始終や、キャップが死亡したことを知り、アイアンマンことトニーを「あと一歩で死ぬんじゃね?」レベルでボコボコにした。雷神様、マジ怖い。
 ソーの持つハンマーことムジョルニアは高潔な精神を持つものしか持てないハンマー。たとえハルクの怪力を以てしても、持ち上げられない代物。ただ、ハルクとジャガーノートの二人がかりで持ち上げたという噂もある。神の力をも覆す二人の腕力を褒めるべきか、地球を動かせるレベルの二人が集まってもようやくなムジョルニアの力を畏れるべきか。
 なお、キャップは簡単に持ち上げられます。高潔な精神を持つ人であれば、ホントに簡単に扱えるんですよ。ええ。

とてもこうけつなせいしんのひと(棒読み)



スーパースクラル
 本名クラート。そもそも、スーパースクラルとは戦闘用に強化改造されたスクラル人に与えられる名前であり、彼固有の物ではない。ただし、スーパースクラルの一号はこのクラートさん。仮面ライダーで言うならば、1号ライダー本郷猛のポジション。
 マブカプ3では傲慢なキャラだが、あくまでアレはスクラルのエリート戦士としての顔。かつての戦友やスクラルの混血児には、温情としか呼べないものを見せたりと、そこまで根が悪いわけではない。
 なお、戦士としてのスーパースクラルの種類は多様で、地球のヒーローをそのままコピーしたタイプや、クラートのような「サイクロップスのオプティックブラスト+ウルヴァリンの爪」「アイスマンの氷+ヒューマントーチの炎」といった能力合成型の戦士も多数存在している。


ドーマムゥ
 マーベル大事典だと、ドルマムゥで登録されているダーク・ディメンションの支配者。どっちやねん。
 所属的には、魔法や魔界という言葉が跋扈するオカルトヒーロー系のお方。死の王メフィストやルシファーとは、頻繁に会合を重ねる魔界の重鎮。先日は、地球のアパートの一室にみんなで集まって、「俺の嫁」談義に花を咲かせていた。なんとおぞましい、魔王の会合。服装? ドーマムゥはパーカー着てたかな。
 なお、よく事情を知らない赤タイツが、この会合に殴りこみをかけた結果、病院送りにされたのはどうでもいい余談。


X‐23
 一人ニ◯ロプラスな人生を送っている少女。暗殺者として生まれたクローンの少女は、殺人ミュータント量産計画を巡る争いの中で、育ての母を自らの手で殺してしまう。絶望のまま施設を脱走した少女は、娼婦としてニューヨークの暗黒街に身を沈める。これなんてエロゲー?
 その後、X−MENと出会い、クローンの大本であるウルヴァリンの保護下へ。ウルヴァリンに付き添う少女枠に収まる。ウルヴァリン+少女のコンビは、長年のテンプレの一つです。古くはジュビリー、その後はキティ・プライド。ウルヴァリン、子供には優しいし面倒見はいいんだよな……。流石に骨格はアダマンチウムではないものの、手と足の骨製の爪は、アダマンチウムでコーティング済み。希少金属アダマンチウム、意外とみんな使ってます。
 日本人アーティスト、タケダ・サナ氏の手で描かれたX‐23は美麗。氏のホームページで、サンプルが見れますよー。


スパイダーマン
 赤タイツとは別の意味で、書くこと無いよな、この人。有名すぎて。
 世界中で大人気な蜘蛛男。味方や敵の名前と紹介を列挙するだけで、1ヶ月くらいかかるんじゃないかと思わせるぐらいの顔の広さを持つ。
 社長やリードに比べると流石に劣るが、高校を主席で卒業するくらいには頭が良い。実のところ、同級生にウィーゼルという社長クラスの天才がいたものの、彼は未来からタイムスリップしてきた謎の男のせいで犯罪者疑惑をかけられ落第。結果的にピーターが主席となった。
 その後、ウィーゼル君は裏社会で生きる道へと一直線。武器商人や情報屋を経た後、デッドプールと出会い、彼の協力者の一人となった。アイアンマンのスーツに劣らぬ物を独力で開発し、本人以外アクセスは不可能と言われたリードのPCをハッキングしたりと、何気にすごい人。謎の男と出会わずにいたら、果たしてどんな人生を送っていたのだろうか……。
 謎の男? フキダシが黄色で、全身赤タイツという情報以外は不明でして。一体誰が、彼の人生を面白おかしいものにしたんだ!
 ところでこれ、スパイディじゃなくて、ウィーゼルの解説じゃね?


マグニートー
 磁界王や創造者の異名を持つ、最強クラスのミュータント。一応ヴィランではあるものの、正確には主人公達と別の正義感を持つ人。最近はサイクロップスの行動に感銘を受け、正式にX−MEN入りしております。
 磁力の操作という能力の幅は広く、人体の鉄分から地球の地磁気までなんでもござれ。最近は老化による体力の減少が目立つものの、それをさっぴいても十二分に強い。
 ユダヤ人であり、アウシュビッツの生き残りでもある。なので、キャップのライバルであるレッドスカルや、ナチスの流れをくむ秘密結社ヒドラのような、ナチスの残塊に大しての憎悪は根深い。
 なお、異世界でも正史世界でも、X−MENの若い娘っ子ことローグと頻繁にフラグを立てている。死亡フラグじゃなくて、まっとうな恋愛フラグを。お爺ちゃんったら……。

1/3 >>

Home > Archives: February 2011

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top