Home > Archives: January 2011

アーカイブ: 2011/01

日々雑談〜699〜

 狩りを手伝うのは一向に構わんが、部位破壊にアドバイスと色々頑張ったのに、俺には宝玉無しで管理者は一発目から宝玉二つかよ。やっぱ納得いかねえ!


 ぬう。ハートキャッチプリキュアは今日が最終回だったのか。それにしても新聞の一行欄「私は最強……」ってなんかスゲエな。もうこれ、敵ボスの台詞だろ。次はスイーツだっけか? また今年も、魔法少女の皮を被った、血沸き肉踊る戦いが始まるのか。


 血沸き肉踊る戦いといえば、Wolverine。今日もまた、兵士をズタズタに切り裂く仕事が始まる。
 基本、体力がエラい勢いで自動回復+体力バーの二重構造なので、敵の攻撃が常時熾烈。マシンガンとか、集団でバシバシ撃ってくる。ぼーっとしてると、流石のウルヴァリンでも死にますよ? ひたすら飛びついて、切り裂くべし。
 あと、パズル的要素なギミックもあるけど、基本体を張るのが第一。

Q:熱探知センサーがあって先に進めない。
A:氷漬けになってベルトコンベアに運ばれてください。

 普通。氷漬けでアウトだからね……。ウルヴァリンは不死身というのも、大事な謎解きの鍵。

日々雑談〜698〜

 現在、サッカー見てます。こうも延長続きだと、心臓に悪りーや。てーか、オーストラリア荒すぎるだろ。それでいてパンプは派手ときたもんだ。中々、イラッとくるサッカーだぜ。


 洋ゲーに飢えてたので、X-Men Origins: Wolverineに手ぇ出してみました。うーむ、こりゃZ指定でも無理だな! ムービーでもプレイ中でも、顔面に爪を突き刺すのはデフォですよ? 基本、敵の四肢もずんばらりとよく切れるし。ただまあ、絶対出ないと分かっていると、洋ゲーでもためらいなく買えるもんだぜ。
 グロいと言いつつ、内容自体は良好ですよ。映像は美麗で、アクションも良好。ウルヴァリン野性味あふれる動きを完全再現と言っても、過言ではないかも。今のとこ、かなり高評価。
 ……でも、映画準拠ということは。ラスボスは、コレジャナイデッドプールなんだろうなあ。


 サッカー終了! 勝った、アジア大会完! 承太郎は出てくるな!
 あれだけのラフファイトに、真正面から勝ったのは素晴らしい。いやー決勝らしい大敵だったなあ、オーストラリア。
 で。なんで勝った後の会場に、JAM ProjectのVictoryが流れていたんだ。まあ、合ってるけどさ!

日々雑談〜697〜

 デッドプールが、検索ワードの首位奪還。フレーズだとタスクマスターが一位なので、まだまだ分からん。管理者の予測では、来週あたりデッドプールが完全に首位奪還する模様。
 実際、マブカプ3が稼動したら、格ゲー攻略サイトの影響で色々変わるだろうな。流石に攻略情報を作るのは無理だわ。


 最近、ナレーションを使わないorナレーションが足りないせいで、登場人物の頭がやけにいい漫画が増えた気がする。察しの良さと、息もつかせぬ頭の良い長台詞。そこまでキャラにやらせるのなら、ナレーションをもっと使ってもいいんじゃないか?
 何が言いたいのかというと、そういった意味じゃHUNTERXHUNTERはマジすげえ。独白とナレーションのバランスが絶妙すぎる。冨樫先生は、刊行スペース以外はホント素晴らしい漫画家だ。

日々雑談〜696〜

 今日も続けて、WEB拍手返信。去年のぶんは、これで全部(な筈)です。一体俺は、どれだけ溜め込んでいたんだ。すごくありがたい物なのに。


>タスクマスター、瞬間記憶能力でカプコン系キャラの技をひっさげて参戦とかありそうですね

 火を吹いたり、赤きサイクロンにはなれないでしょうけど、昇竜拳や竜巻旋風脚辺りは平然と盗みそうです。どっかに、何の脈略もなく、ウルヴァリンのツレに昇竜拳ぶちかました赤タイツもいたけど。


>タスキーはキャラ設定よりも性能が格ゲーの隠しキャラ向きだと思います。他のキャラの技を使える感じで。

 ナチュラルディケイド……違うな、ディケイドのように、能力までコピー出来るワケではないし。なら、某史上最強の弟子の完成形? スパイダーマン→デアデビル→キャップ→アイアンフィストの最強コンボとか出来そうだしなあ。いったい、マブカプではどんだけ他人の技を使えるんだろうか。


>デッドプールを「デップ」と略すのはどうでしょう?

 管理者はプーさん、俺は赤タイツって呼んでますね。デップーと略す人も多いですね。そういやデッドプールにスパイディやウルヴィーみたいな、公式の略称ってあったかな。ケーブルやタスクマスターやドミノのような近しい人でも、デッドプールって呼んでるしねえ。わからん。


>傾物語がもろAOA+ゾンビーズなストーリーで吹きましたw

 西尾維新はクビキリサイクル以降読んでません。つまんなくは無かったのに、なんで続きを読む気がなかったんだろ。
 AOA+ゾンビーズという点からすると、人間関係がリセットされたパラレルワールドで、ゾンビ化したヒロインや味方と戦う話? てーか、AOAもゾンビーズもバッドエンドだから、傾物語もバッドエンド?


 続きを読む以降は、MOVIE大戦Core関係への返信です。一応、ネタバレ対策をしておかんとね。

続きを読む>>

日々雑談〜695〜

 オニオンスープは、炒めた玉ねぎを使った方が、甘みが増すなあ。
 料理の話をする時はWEB拍手返信。そんなお約束が、出来かけている現状。なんでだろ。


>空の境界はストリート系のアメコミと相性バッチリですよねえ 原作でも連続殺人や謎のドラッグについて追いかけていましたし 正直、今やってるストリート系イベントの「シャドウランド」に登場してもあまり違和感がないと思いますw

 型月系の作品なら、らっきょと月姫はストリート系(バットマンやパニッシャーのようなクライムファイター物)で、メルブラとFateはヒーロー系(スーパーマンやX−MENのような超人バトル)な印象があります。魔法使いの夜は果たしてどちらなのだろうか……。どっちでもいける、スパイダーマン系か?


>プロレスラーの方の名前とかあまり知らないのですが、弟が試合を見に行くほどの格闘技マニアなので一緒にビデオなどを見て熱くなってしまいます。そのうちの誰かが亡くなったかと思うとなんと言えばいいのか、もったいないって気がしました。あんなに肉体を鍛えて技を磨いて人を楽しませた人間の一人がいなくなったかと思うとむなしいです・・・プロレスあんまり知らないのにこんなコメントしてしまってすいません。

 その気持だけで、十分に追悼の意になっていると思います。あの世代のプロレスラーは、超人を演じきってきたツケが溜まっている方が多く、現在闘病生活を送っている方も少なくはありません。なんにせよ、人の死というものには喪失感が付き纏う物です……。


>LCパンドラ様の太ももにノックアウトされてしまった身としては同意せざるを得ませんw >女性は肉感的なほうがよい

 ですよねー。パンドラ様は素晴らしいお方です。アテナ? 誰それ状態なくらいに。女性を書くなら、肉感的な色気や艶も重要なアイテムなのではないかと。


>ゴッドイーターのスタッフはアイマスの騒動を見て、気を付けてるのではないかと思う。他のギャルゲー開発スタッフもあの事を意識してる臭いし。可能性を生み出しただけでアウトだけは、認めんがな!
>それだけは同意できない。可能性を生み出しただけで、アウトと言う意見には

 実に良い反面教師となる騒動でした。ゴッドイーターの気配りっぷりは、去年のベストクラス。可能性を産み出したらアウトと言われたら、何も出来ないですよ。この騒動の影響で、安全策な焼きまわし続編ばかりが出回るようにならないことを祈ります。


>GLA解説ありがとうございました。SuperHeroSquadShowdeで、フラットマンが出たとき、彼がどこのキャラクターかわからなかったので助かりました。下位・上位置換キャラが多いとこのようなことになるのだなと思いました。アメコミの展開の早さはテレビアニメの展開の早さにも通ずるなと思いました。(初代TFで、日本語版キャストが展開の速さに苦労したことを思い出しました)

 一見、ファンタスティックフォーのリードにしか見えませんからね、フラットマン。俺も最初、見間違えました。正直、アメコミは早さと多岐さのせいで混乱することが多いです。他所の雑誌で出会って、そのまま本誌で自然にコンビを組むとか。展開が早い分、ダレないのはいいんですけどね。超大型クロスオーバー総決戦でも、半年以内に終わるもの……。


>プーさんについての放談を読ませていただきましたが、大爆笑でした。迷惑行為がよくネタにされるけど、これもまた素晴らしいアンチヒーローだなと思いました

 アンチとパロディの隙間産業みたいな人です。登場初期は殺人鬼呼ばわりもされていたんで、その頃に比べればだいぶ丸くなりました(しみじみと)


>そのバットマンに「もしもの時」があった場合、誰がカウンターになればいいんでしょうか

 多分、想定しているのはスーパーマンだと思います。あの二人は、見事な陰陽の関係なので。スーパーマンももしもの時のために、バットマンに自分を殺せる手段を渡してますし。
 あとまあ、バットマンの奥底には人間不信という物があるので。人間不信の人が信じるのは、揺るがぬ自分のみです。


>不死身も、ペラペラになるのも、1ページでケリがつく無敵っぷりも、考えてみれば全部カートゥーン的な能力ですよね〜。ギャグマンガの星の人たちで構成されたチーム、それがGLA。たぶん

 言われてみれば、確かにそうだ。ドアマンの能力もビックバーサの能力も、強力だけど愉快だし。スクイールガールの戦闘シーンは時たま目撃されます。実は素の格闘能力でも、デッドプールが手も足も出ないレベルで強いという。


>冬コミの作業お疲れ様でした。水嶋ヒロの小説は特撮ファンの間でも話題になっていますね。自分もひと段落したら読みたいと思っていますが、彼にはこのまま天の道を進んでほしいです。ここでダークカブトみたいな末路になったらもう・・・

 なんだかんだで、なんとかやり遂げられました。水嶋ヒロは何処へ行こうとしているのか……。正直、ダークというより、ぼっちゃまのオモシロ天才人生方面へ向かおうとしているような気が。


>アクセル新フォーム…何色になるんでしょうか?

 なんか、結構早い段階でPVに出ちゃいましたね。発表から一週間以内のレベルで。赤、青ときて最後は黄色。パワータイプや飛行能力といった、魅力的な単語が目白押しですよ。

日々雑談〜694〜

 さっきまで、サッカー日韓戦見てました(挨拶)
 いやあ、アレは間違いなく名試合だったなと。ジャンルという枠を飛び越えて、万人に衝撃を与える勝負が、スポーツには時たまあるのです。サッカーにさほど興味のない俺でも興奮したし、今日のTwitterのTLはサッカー1本だったよ。
 それにしても、韓国も強かった。高いレベルで互角だったからこそ、こういう試合になったんだなと。次の相手はどいつだ!(鋼鉄神ジーグ風に)


 あれ? 今日は何書こうとしてたんだっけかなあ……。最初、サッカー見る気が、あんまなかったから。作業をほとんど何もしていないのにこの時間……名試合、恐るべし。

日々雑談〜693〜

 昨日、SS「デッドプール殺人事件」をアップしました。
 デッドプール単体で、なるたけ本家本元の空気に合わせて書きました。だいたい、原本のエピソードもこんなノリです。いや、もっとヒドいかな……。


 実は、元の話はオリジナルSSとして考えていたもので、それにデッドプールさんを加えて「デッドプール殺人事件」になったという。近世&近代百鬼夜行の五木さんも、不死身キャラだからね……。元々は彼が、主人公のショートSSでした。まさかこうやって流用できるとはなあ。
 ちょびちょび考えている、もしくは考えていたネタは、こうやって積極的に活用していきたいところ。
 一人、発案から一年ぐらいかけて、ようやく熟成したオリジナルキャラがいるものの、今のところ危なすぎて使いどころがないという。悪役として、かなり画期的かつ挑戦的ではあるんだが。どうにかして使いどころを作ってやりたいものだ。

デッドプール殺人事件

 孤島の屋敷で、男が殺されていた。自室に篭っていた男は、頭を撃たれて死亡。床に巨大な血溜まりを作っていた。後頭部から額を貫いた銃痕に、この出血量。確認せずとも、男が死んでいるのは明白だった。
「さ、殺人事件だと!? 嵐で島が封鎖された状況でか!?」
「まるで小説か漫画のようですわ……」
 メイドの叫びを聞きつけてやってきた、屋敷の人びとがそれぞれ呟く。
「この男は、一番最後に島にやってきた男ではないですかな。ずっと怪しい覆面を被っていた、あの」
「確かに見覚えがない顔ですなあ。いやはやそれにしても、酷い素顔だ。これならば、覆面を脱がなかったのも納得です。確か、食事の時も脱いでませんでしたな?」
 大火事にでもあったのか、薬品でも被ったのか。とにかく、男の素顔は醜いものだった。自室だから、気を抜いて素顔でいたのだろう。まさか彼も生前、その素顔をこうやって衆目に晒すハメになるとは、思ってもいなかったに違いない。
「とにかく皆様、一度ロビーに戻りましょう。ひょっとしたら、彼を殺した殺人鬼が、まだうろついているかもしれません」
「殺人鬼だなんて、恐ろしい!」
 屋敷の支配人が提案し、全員ロビーへと向かう。
「殺人鬼だなんて……わたしたちも早く行かないと」
 発見のショックで気絶していたメイドを介抱していた少女が、最期まで残っていた少年を促す。だがしかし、少年は動かなかった。
「どうしたの? 早く行こうよ」
「殺人鬼なんて、ホラー映画の存在がいるわけない。これは殺人事件だ」
「……それってつまり!?」
「ああ。犯人は、あの中にいる!」
 正体不明の殺人鬼などではない。もっと狡猾で残酷な犯人は今、リビングで一般人の皮を被って震えたフリをしているのだ――。


 探偵役の少年と少女も立ち去り、被害者以外無人となった部屋。
 むくりと、唐突に起き上がる死んだ筈の被害者。血で汚れた服を脱ぎ捨て、シャワーを浴びる被害者。シャワーを浴びた後、パンツ一丁の格好で冷蔵庫のコーラを飲む被害者。一息ついてから、部屋を見渡す被害者。とりあえず、本当に殺人鬼が歩き回っていると危ないので、ドアや窓の鍵をきっちり締め直す被害者。すっかり忘れてたと、脱いでいたマスクをかぶり直す被害者。
「いやー、孤島で殺人事件だってさ。なんとなく空気を壊しちゃいけないなって、思わず死んだふりをしちゃったぜ! しかしアレだなあ。一体オレは、誰に殺されたんだ?」
 被害者のウェイド・ウィルソン氏、すなわちデッドプールはコーラを飲み干し、率直な感想を述べた。
「この事件こそが、後に名探偵デッドプールと呼ばれる男にとって、900番目の事件だった……」
 後々不安になるようなナレーションを、わざわざ自分で付け加えて。

続きを読む>>

日々雑談〜692〜

 早いうちにSSアップ出来ればいいなあ……。現在出来てるのは30%か。


 久方ぶりに、管理者と雑談。
「そうか……やはり体調が悪かったのか」
「ああ。ん? やはり?」
「橘さんがいよいよガンバライドに正式参戦したというのに、一切連絡がなかったからな。忙しいか体調悪いかのどっちかだろうなーと」
「お前は俺をなんだと思っているんだ」
 え? ギャレン狂信者以外になんと思えと? とりあえず引き当てたケルベロス兇硲劵屮譽ぅ匹△欧襪ら、さっさとLRギャレンを引き当てる作業に戻るんだ。もしくはEXステージかHEXステージで、ギャレンと戦うだけの簡単なお仕事。

日々雑談〜691〜

 ある日街を歩いていたら、ふと目に入った、残り一枚のブルーレイディスク。
 つい、仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリのブルーレイを買ってしまった。ほぼ確実に完全版が出るのに、何で買っちゃったんだよ。まあ、名作なのは間違いない。そういう意味じゃあ、意味のある衝動買いだったかもなー。
 とりあえず見てみるとするか。


 ……ゴメン、前言撤回。とても安い買い物だったぜ!
 ところどころのアクションや、カタルシスがたまらなすぎる。それに家なら、遠慮無く声援が飛ばせるしね! ゴールドエクストリーム降臨のシーンは、仮面ライダー名場面集のトップに据えるべき。
 さーてと、オーズの初登場シーンをもう一回見るか。オーズの主題歌とは違うけど、このスカパラみたいなBGMも嫌いじゃないわ!

1/4 >>

Home > Archives: January 2011

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top