Home > Archives: November 2010

アーカイブ: 2010/11

日々雑談〜645〜

 明日? ああ、スペースシップヤマトの公開初日ですね。
 え? 映画じゃなくてゲーム? 仮面ライダークライマックスヒーローズオーズの発売日は明後日だしなあ……。明日、何か有名なゲームが発売されるんですか?(感情を押し殺すような目で)


 あぶねえ……。いろいろな手違いや勢いが相まって、冬コミ新刊の表紙がデッドプールになるところだった。あの赤タイツは、裏表紙の予定なのに。もうなんか、デッドプール表紙でよくね?ぐらいの勢いになってたからね。管理者が止めてくれなければ、予定がまるっと変わってたな。
 きっと、誰か関係者が作業している後で、赤タイツがワクテカしながら正座してたに違いない。いやいや、お前がメインの本じゃねーから! 影のメインみたいなもんだけど!

日々雑談〜644〜

 うむ。漫画規制問題に関しては、少し情報を集めてから書いた方がよさそうだ。なにしろ、両者殲滅戦を臨む過激派の声が大きくて、正確な情報が聞こえてこない。なので、一端、日記も書きなおし。後々後悔しそうな過激さに成りかけていたので。
 落とし所を見つけられる人間が双方から出てくれば、結構簡単にまとまると思うんだがなあ。問題は、片方のトップのご老人が、一番落とし所を知らなそうなことか……。


 今週のトリコや、ずっと前の聖闘士星矢LCを見て思ったけど、やっぱ女性ってある程度肉感的な方が魅力的だと思うのですよ。二代目やベヒーモスさんを見るにしかり。
 なんだろう、この脈絡もクソもない唐突な発言。ここは書きなおさんよ?

日々雑談〜643〜

 龍馬伝、今日で終わったのか。
 そういや、龍馬伝が始まった頃、自称坂本龍馬な政治家が雲霞の如くわいてきたなあ。そういうヤツに限って、現状パッとしないのは当たり前か。
 次はお江様。浅井三姉妹は流石に自称が出ないと思うが、どうだろう。あそこん家は美人三姉妹だけど、全員波乱万丈すぎる経歴だしなあ……。一番スタンスが難しいのは、淀君だな。うん。賢く書くか、愚かに書くか。あまり史実から暴走せずに面白ければ、どっちでもかまいませんが。あんまりかけ離れすぎてると、それはそれでねえ。


 そういう意味じゃ、照らし合わせるのも馬鹿らしいという域に達した戦国BASARAはすげえな……。

日々雑談〜642〜

 ヤマハブラザーズが、二人とも逝ったのか……。山本小鉄さんに引き続き、星野勘太郎さんも死去。ご冥福をお祈りします。魔界倶楽部、好きだったなあ。


 バットマン×空の境界の作業もしつつ、デッドプール×Fateの案も固まってきました。キーキャラクターとオチが固まったので、後は途中を装飾するだけだな。
 むしろ、バットマンの方が悩んでるんだよなあ。暗さをある程度演出したいけど、あんまり演出しすぎると話が詰まり過ぎて見苦しい……。
 あと地味に、今回は縛りとして「映画かアニメ、もしくはゲームに出演し、日本で露出があったことのあるキャラを優先して使う」というのを考えております。この間のハルヒ×ウルトラマンで結構目立ってたの、色々なメジャーキャラを差し置いて、アンチラ星人だもんなー。我ながら、ワケがわからん。なので今回は、メジャー志向を取り入れていくよ!
なお次点で目立ってたのは、変身超獣ブロッケン。

日々雑談〜641〜

 微妙に体調が悪いのが気にかかる。それと、作業が煮詰まっているのも。煮詰まってると、寝れないんだよなあ。ただ、体調不良が尾を引くと危険なことになるのも分かっている。年末は地獄だぜ。


 モンハンP3とYAIBAのコラボがあるとか。何の因果かつい先日、久方ぶりに全巻流し読みしたばかりだぜ。
 いやー、てっきり雷神剣と風神剣かと思ったら、ハンター用が覇王剣でオトモ用が魔王剣だなんて。魔王剣はギリでアニメに出たけど、覇王剣は出てないだろ。というか、あんな星をも砕く魔剣を、アイルーに持たせたくねえ……! ほんのちょっとの誤爆で、星ごと死ぬじゃねーか。

日々雑談〜640〜

 デッドプールさんの人気が突出しすぎてて、久方ぶりにアメコミ売ってる店に行ったら、デッドプール関係の本は全部売り切れだった……。デッドプール本、大量入荷と聞いていたのに。
 誰だよ、デッドプールの布教なんてしたヤツ! 俺か!?


 セルフコントは置いておくとして、マーベル70周年記念冊子を買ってきました。インクレディブル・ハルク大図鑑とどっち買うか悩んだんだけどねー。ハルクのライバルキャラばかりなので、図鑑の半分がパワーキャラばかりという俺得な図鑑。裏表紙は、当たり前のようにジャガーノート。
 70年間の名エピソードを収録しただけあって、かなりの豪華本。戦時中に書かれたキャプテン・アメリカ。ハルクVSウルヴァリン。エレクトラが初登場したデアデビル。スパイダーマン2の下敷きになった、ピーターがスパイダーマンのコスチュームを捨てる話も収録。
 あとは、アイアンマンことトニーがアル中になる話と、イルミナティが余計なことしてトラブる話と、トニーの遠因でキャップが死ぬ話ね。70年という月日を振り返ってみても、ホント社長はブレねえな!

日々雑談〜639〜

 昨日は、一昨日アップしたGLAの加筆修正をやっていました。一昨日アップしたときには無かった、“続きを読む”が追加されているのにお気づきでしょうか。
 大したこと書いてない上に、ヒドいオチだけどな!


 タイプムーン作品のアンソロ、TAKEMOONがアニメ化か……。いよいよ、シエル先輩への挨拶が「インド!」で統一される日が来たんだな。カレー食ってるだけの変な人と思っていませんよ?
 特定のキャラをからかう=そのキャラを馬鹿にしている。こんな感じで物事を直結させる人がいるけど、むしろそれは好きだからこそだと思うんだ。好きじゃなきゃ、よほど美味しくてもネタには出来ないですよ。嫌いなら、そもそも書きたくもないし。嫌いの行き着く先は、揶揄ではなく、無視ですよ。
 まあうん、俺ごときでも「異教徒として火炙りにでもされるの!?」という目にあったこともあるので、なるたけこういう書き方も理解していただければと。作品を愛するのであれば、懐も広く!


 で、月姫リメイクと魔法使いの夜の続報は?

突発企画 B級のキワミ グレイト・レイクス・アベンジャーズ

 明日が祝日であることを唐突に思い出したので、突発企画開始。分かっているさ、コイツらに需要なんてないことは。


 GLA(Great Lakes Avengers)それは、Marvel世界において、最も権威がないヒーローチーム。元々発祥も、リーダーのイモータルが、「ヒーローチームのメンバー募集。当方リーダー、以上」という、アホなバンドが出すような広告から始まった。だがしかし、スポンサー兼メンバーのビック・バーサや天才科学者フラットマンの加入により、それなりの体は整った。なお、アベンジャーズと名乗っているものの、それは自称である。むしろ、メンバー全員がミュータントなので、アベンジャーズよりX−MEN寄りとも言えるが、グレイト・レイクス・エックスメンを名乗ることは、サイクロップスにやんわり断られたので仕方なし。
 グレイト・レイクス・アベンジャーズ(笑)と人々に冷笑されながらも、彼らは世界の危機にそれなりに立ち向かう!


 メンバー紹介

GLA+1

Mr・イモータル(首だけ残し埋められてる人)
 ある日、恋人と無理心中を試みた青年はあることに気がついた。
「おかしいな。彼女は死んだのに、俺は何度自殺しても死ねないぞ?」
 青年イモータルは、自分が不死身であることに気が付き、ヒーロー活動を開始する! しかし、不死身であること以外一般人以下だったので、何の役にも立たなかった。窮した彼はヒーローチームメンバー募集の広告を掲載。GLAは、ここから始まった。
 能力は“不死身”であることのみ。しかし、その不死身っぷりはずば抜けており、同じ不死身キャラのデッドプールさんでさえ「俺よりスゲエ!」と認めている。そして、挨拶代わりに毎回斬首。でもイモータルは平気。死ぬほど痛いけど。不死身キャラらしく、数十回ほど死んでいる。英語ウィキペディアで死因を確認できるが、半分くらいの死因に“Deadpool”の単語が含まれている。

ビッグ・バーサ(太った女)
 GLAのスポンサー。本業、一流モデル。いや、嘘じゃないって。
 能力は身体の質量の変化。パワーキャラの超肥満体にも、スリムなモデル体型にも、瞬時に変化可能。似たようなキャラとして、ブロブ(X‐MEN)という巨漢ミュータントがいるが、彼は肥満体のまま質量を増大させることしか出来ないので、ビッグ・バーサはブロブの上位置換キャラなのかもしれない。

ドアマン(真っ黒でサーフィンをしている男)
 スパイダーマンのエイリアンコスチュームに良く似ているが、能力は全然別物。自身や人を、どんな場所にでもテレポート出来る。実は一度死んだものの、冥界でその能力を見込まれ、死者を涅槃に送る死の天使として蘇生された。そんな仰々しい役割を与えられても、彼はGLAで日々平穏に暮らしている。なお同じ能力を持つ、クロークというキャラは、メインストーリーの中核キャラとして常時大活躍してる。

フラットマン(ペラペラで、ハンモックをやっている男)
 収縮可能な二次元の身体を持つミュータント。天体物理学者にして、GLAの副リーダー。衣装も顔も能力も学者であることも、ファンタステックフォーのリード(ミスター・ファンタスティック)に似ているが、両者の性質は若干違う。ゴム状の身体であるリードとは違い、フラットマンはその名の通り平面男。紙より薄いペラペラのボディであり、伸ばすことも変形することも可能だが、あくまでペラペラのまま。横を向いたら、視覚で認知できないくらいに薄い。伸縮性に関しては、リードの方が上のようだ。しかし最近、東洋の折り紙を学ぶことにより成長。平面のまま、折り目をつけることで様々な物に変形できるようにもなった。
 同性愛疑惑をかけられつつ靴の匂いフェチと、中々に性的にフリーダムなお人である。

スクイールガール(最前列の出っ歯な女性)
 リスの身体能力とリスの意思疎通能力を持つヒロイン。アイアンマンのファンを名乗り、アイアンマンのサイドキック希望者としてデビュー。デビュー戦でDrドゥームを撃破するという大金星を挙げるものの、年齢が若すぎると言われ、アイアンマンのサイドキックにもアベンジャーズにもなれなかった。
 その後、GLAに加入。マンダリン、サノス、M.O.D.O.Kといった、アイアンマンさんが長期シリーズで一年かけて倒すような強敵を、あっさり数コマで倒している。
 相棒のリスは、只のリスのはずなのだが、潜入能力やハッキング能力が一流スパイ並。なんだろう、このリス。
 当然、オール7。あまりの戦績に「なんでGLAなんかに加入してるの!?」とよく言われるが、「いやー、GLAって本気になると凄いのよ」とコメントし、現在もGLA在籍中。まあうん、彼女がMarvelのメインストーリーに参加したら、どんな壮大なストーリーも1ページで終わっちゃうしね……。メインストーリーに参加したとしても、その場合は自重して大幅下方修正が入る。せいぜい、ウォーカーギャリアやボトムズレベルの機動兵器を生身で何体も破壊できるくらい。あまり自重してないような気がしないでもない。
デッドプール「お前、この単行本見てみろよ! 大変なことになってるぞ!」
スクイールガール「あ! ホントだ! 今のマーベルって、こんな展開になってるんだ!」
 こんな会話を平然と交わしたことにより、彼女も第四の壁を認識していることが判明した。

デッドプール(補欠メンバーの赤マスク)
 GLAには、はみ出し者が集まる。当然、デッドプールさんもやって来た。シビルウォーの際にはGLAと交戦。デッドプール完敗。その後、少し旅に出たスクイールガールの代わりに、GLAの補欠メンバーになる。イモータルを殺しまくる、フラットマンを折り紙にしてお風呂で遊ぶなどの蛮行を繰り返し、見るに見かねたスクイールガールが帰還。即座にGLAから追い出された。

 グラスホッパー(補欠メンバー)
 バッタ人間ではあるものの、日本の某ヒーローとは違い、コミカルなキャラ。デッドプールがクビになった直後、デッドプールの前に陽気に登場。首をへし折られてしまった。多分、生きてるんじゃないかな。多分。


 ここまで読んだ方なら分かると思うが、三流と冷笑されているものの、GLA、実はかなり強い。能力値カンストの2人以外のメンバーも、イモータル以外は高く設定されており、イモータルを除いてメンバーの能力平均値を取れば、全ヒーローチーム最高値を記録するのではないかと言われている。ぶっちゃけ、X‐MENが本気でかかってもデッドプールを捕まえられなかったしね! GLAは二回ばかし、アレを叩きのめしてましたよ?
 ……だってイモータル、能力能力オール1なんだもの。ファンは体力が高いと思っているようだが、死んでからの蘇生なので、体力も低かった。HP10だけど、毎ターンザオリクがかかるキャラということで。
 かつて、人形爬虫類ダイナ・ソアーというメンバーもいたが、彼女は世界をかけた激戦の中、死亡した。三流チームと罵られながらも、自らを犠牲にして脅威と戦う彼ら。自称ではあるものの、GLAはアベンジャーズと言う名に十分足りるチームなのかもしれない。

続きを読む>>

日々雑談〜638〜

 実際、テンバイヤーが暴れようが捕まろうが、元々どうしょうもない人種なので知ったこっちゃねーです。言っちゃ悪いけど、子供のおもちゃを買い占めるヤツは、テンバイヤーの中でも最下層レベルだし。
 でも、日ごろまともな方でも、子供が絡むと暴走してしまう方は多いので、お父さんお母さんは是非とも自重してほしいところ。もちろん、全ての父母が善人だとは言いませんが。
 両親の前科や醜態って、子供にとって最高のクリスマスプレゼントすぎるだろ……。最高過ぎて、人生観が変わりかねない。


 それにしても、おもちゃ屋のクリスマス用の広告を見ると、おもちゃの進化の早さをひしひしと感じる。そうだよなあ、オーズのベルトも良く考えれば、俺が子供の頃には考えられなかったようなギミックもってるもんなあ。昔のライダーベルトって言ったら、とりあえずピカピカしてりゃあいいって感じで。
 ギミックがあればこそ、発想の幅も広がる筈。技術的な点では、おもちゃの未来は明るい。商業的な面までは知らんけど、たぶん技術とある程度連動するだろ。

日々雑談〜637〜

 オーメダルがリアルで争奪戦の様相を示している……。クリスマスまでにどうにかしないと、マジで血を見ることになりそう。お父さんお母さんの子への情愛は、一歩間違えれば暴走の動機になってしまうからなあ。


 あーそうか、ガンバライドも新弾の002弾に移行したのか。先行登場のオーズ・サゴーゾコンボと満を持しての電王・ウィングフォームにカブト・ハイパーフォーム。既存ライダーのバリエーションが多い弾だ。
 でもやはり、個人的に注目しているのは、昭和の雄こと仮面ライダーX。なんとかして引き当てたいけど、筐体の前で陣取るのあんま好きじゃないんだよな。さらっと買い物ついでに一枚、運試しの意味で買う。それが俺のジャスティス。
 ……あれ? アンケートで大人気、既に参戦決定済みの仮面ライダーギャレンさんは? 003弾?

1/3 >>

Home > Archives: November 2010

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top