Home > Archives: September 2010

アーカイブ: 2010/09

日々雑談〜598〜

 昨日、デッドプールチームアップ! 月姫 後編をアップしました。相変わらずデッドプールさんは問題発言を繰り返す。俺は全然そんなこと思ってないのになー(棒読み)


 10月24日のサンシャインクリエイション49に参加します。配置はBホールのサ05b。ジャンルは東方Project。
 最初はイラスト付きのオフセット本を出す予定でしたが、企画を煮詰めてみたところ、いきなりオフセットにするには博打すぎる企画だなと。なので、今回はコピー本で。会場で感触を確かめて、いけるようなら企画続行。ダメなら、そのままお蔵入り。行きあたりばったりな当サークルにしては、珍しく計画的な展開。ちなみに、コピー本は全年齢対象です。持ってく既刊がR18なので、配置は成人向けの場所ですけど。R18に紛れる、ネタ企画か……。


 企画の詳細? えーと、主人公は霊夢ですよ!(含みのある笑みでサムズアップ)

デッドプール チームアップ! 月姫 後編

 遠野家の庭は邸宅に負けず立派である。だだっ広く、使用人も少ないのに、それなりに整えられた庭。そして防犯設備も並以上である庭を、白い影が闊歩していた。人間基準の防犯装置なぞ、彼女にとっては、遊び道具にもならない飾りでしか無い。夜空を思うがままに跳び回る。
 吸血姫は、飛び乗った枝をしならせ、一気に跳躍する。弾丸の如き勢いで狙うのは、屋敷の窓。志貴がいるであろう、彼の自室の窓だ。
「しーきー!」
 満月のせいか、妙にハイテンションなアルクェイド。窓に飛び込んだアルクェイドは、窓に縦横無尽に張られていたゴムに引っ掛かった。アルクェイドの勢いを包み、そのまま反射しようとする幾重もの強化ゴム。
「うわ、なにコレ!?」
 アルクェイドは驚きながらも、窓枠を掴んで何とか踏みとどまった。ぎちぎちと、ゴムは張り続けている。どんだけ頑丈なゴムなのか。
「スゲエ。ゴムをしならせ、なおかつ反射に耐えてるぜ! これ、SHIELDから頂戴した、ハルクやジャガーノート用のゴムなのに! まさにワンダーパワーなガール! 略してワンダーガー……ダメだダメだ、こいつは余所の会社のヒロインだ。おいそれと口には出来ない。ワンダーガールだなんて口に出来ないよ!」
 アルクェイドの眼前に現れたのはデッドプール。手で、おおきな鳥の羽を弄んでいる。
「それ、こしょこしょー」
 デッドプールは羽で、耐え続けるアルクェイドの鼻をくすぐった。
「ぷふぁ! あはははー……うわっ!」
 笑って力が抜けたアルクェイドは、ゴムに弾き飛ばされた。ぴゅーんと、やけに遠くに飛んでいく音がした。
「なるほど。アイツが、ご当主の言っていた邪魔者ってヤツだな。よしメガネ、オマエは勉強を頑張れ。オレは再び、オマエのベッドでトランポリン競技を極める作業に戻るから」
「できるかー!」
 机に座り、宿題と格闘中の志貴が叫んだ。
「落ち着け落ち着け。落ち着けメガネ。オレのお仕事は、オマエの監視なんだ。オマエの勉強を邪魔するヤツを追い払って、メガネが逃げないように監視してくれって言われてるんだよ」
 リアリィ?と、外人らしい聞き方と仕草をするデッドプール。遠野家に雇われた彼の任務は、志貴の監視だった。
「それは分かるけど、分かるけどさ。どう考えても、ベッドでトランポリンをしている人間も邪魔なんだけど。あと、メガネ呼ばわりは止めてくれ」
 自分の素行に問題があるのは分かるけど、こんなのをお守りに付けられるまでのことをしてきたのだろうか? 「してきた」と言う声と「してない」という声。志貴は後悔と理不尽さに苛まれていた。
「オレだって不満さ! この部屋、なんもねえ! TVもねえ! ラジオもねえ! ついでに車も走ってねえ! コハクさんの部屋に今すぐ駆けこんで、ゲームでもしたいって気持ちを必死に抑えてるんだぜ。トランポリンぐらいが何だって言うんだ。オマエの部屋から、もしかしたらトランポリン競技の金メダリストが生まれるかもしれないんだぜ。分かったか、ボンクラ? じゃあ、そういうことで」
 立て板に暴れ水、追求不可のガトリングガントーク。さんざんまくしたてて、デッドプールは再びトランポリン競技に戻った。
「もういい、好きにしてくれ。あと、ボンクラよりは、メガネの方がいい」
 それだけ言って、諦める志貴。少しだけノートに物を書き込んだ所で、言い忘れていたことに気がつく。
「ああ、あと。そろそろアルクェイドが戻ってくるから気をつけろよ」
「え? さっきのブロンド? 無理、無理。あんだけの勢いでぶっ飛ばされたらね、普通帰ってこれないって。どんだけチートなんだよ、オマエの彼女。まあ確かに、ブロンドの例に習って、頭だけは軽そ」
 ブチブチと強化ゴムが千切れ、ついでにデッドプールの言葉も千切れた。一陣の白い風が、未来の金メダリストを掻っ攫って行った。急に静かになる志貴の部屋。ちょっとの後、庭から銃声や爆音が聞こえてきた。肉の裂ける音や叫び声も聞こえる。
「悪いな。たぶんアルクェイドは、そのチートってヤツだ」
 とりあえず勉強に没頭する志貴。これぐらいのやかましさなら、耐えられないレベルではなかった。


「なるほど、このメガネをデートに誘いに来たのか。いいねいいね、ビバリーヒルズだ。ビバリーヒルズ・コップだ。違った、青春白書だ。邪魔しちゃまずかったな」
「でしょ? でしょ? 志貴、この人、良い人だね。なんてったって、話せば分かる」
 静寂を保てたのは短かった。和解して、志貴の部屋に戻ってきたデッドプールとアルクェイドは和気藹々としていた。デッドプールは血まみれで、アルクェイドも服や髪が焦げているのだが。あと出来る事なら、その状態で他人のベッドに腰掛けないで欲しい。
「……悪いけど、アルクェイド。今日は俺、宿題をやらないと色々マズイんだ」
 志貴が申し訳なさそうに言うものの、
「えー! そんなのいいじゃない、遊ぼうよ」
 そんなアルクェイドは、話して分からない悪い人だった。
「ああ、そうだ。最近、グールやリビングデッドがやけに増えてるのよ。デートのついでに、怪しいところを覗いてこない?」
 それは果たして、ついでで済ませていい話なのだろうか。それでも、一応は気になる話だ。
「まさか、アイツが残したヤツか?」
「ううん、多分違う。一応気になる所を見つけてきたから、ちょっと顔を出してみようかと」
 なんか新しい店が出来てたから、ちょっと寄ってみよう。それぐらいの口調だ。まあ最も、アルクェイドの実力ならば、それくらいの気安さでも平気なのだが。傲慢でも何でもない、しっかりと実力に裏打ちされた余裕だ。
「それなら、ほっとけないか……」
 勉強より、迫り来る危機。志貴の心が勉強から徐々に離れていく。
「そうでしょ? だから行こう、ね?」
「いいんじゃないか? どう考えても、放っておくの選択肢はバッドエンドへのフラグだぜ? 一緒に行くを選ばないと、あの地味眼鏡と二人っきりのハチミツ授業コースだろ。しっかりしろよ、主人公!」
 よく分からないことが混ざっているが、デッドプールもアルクエイドを援護する。地味眼鏡とは、先程帰ったシエルのことなのだろうか。「ドキドキ授業は、シエルじゃなくて知得留先生ですよー」という声が何処かから聞こえてきたが、あえて黙殺しておく。
 それにしてもデッドプールは一応監視役なのに、志貴を堂々と見逃してもいいのか。
「大丈夫、大丈夫。オレも行くから」
 いそいそと準備を始めるデッドプール。そういう心づもりだったのか。ある意味、納得のいく展開である。
「いや、それはダメだろ」
 でもしかし、あまりに適当すぎて、思わず志貴がツッコんでしまった。
「ダメ? いやまあ、監視下にいりゃあいいんじゃないかなって。こういう、臨機応変さがオレのウリだし。邪魔者はちゃんと一回追っ払ったし」
「うんうん」
 追っ払われて、また戻ってきた邪魔者が同意していた。
「絶対秋葉が怒るから。俺はどうにかなるけど、俺のせいで人がクビになるっていうのは流石にちょっと」
 あまりの自由さに、志貴の気が引けてきた。普段なら、言い訳しつつ、勉強をほっぽり出して出かけてしまうのに。なんだかんだで、自然と監視役として働いているデッドプール。反面教師の道を、ひたすらに走る男の説得力だ。
「クビ!? 馘首!? You're Fired!? あーそりゃマズいな。クビは良くない、外出と勉強を両立させなきゃいけないのが難しいところだな。考えろ、デッドプール。考えろ、考えろ……感じるなよー考えろ! よし、いいこと思いついた! コレで行こう!」


「で、これはどういう事なんでしょうか?」
 志貴の様子を見に来た秋葉。怒り半分、困惑半分。なんでこんなことになっているのか。当事者でない秋葉には、分からないことであった。
「いやー。わたしもなんでこんなことになったんだろうって、考えてたんだけど、わかんないのよ」
 当事者もよく分かっていなかった。
 志貴の部屋に、志貴とデッドプールはおらず、何故かアルクェイドが席について志貴の宿題をやっている。秋葉の困惑は当然だった。と言うより、アルクェイドも困惑している。
「ところで妹。日米修好通商条約って1850年締結で合ってるよね?」
「知りません! 合ってますけど、知りません!」


「どうしてこうなった」
「頼むから、お前が言わないでくれ。頼むから……」
 一方その頃、デッドプールと志貴は、アルクェイドが怪しいと目をつけていた場所に居た。二人きりで。

続きを読む>>

日々雑談〜597〜

 スイマセン、SS上げるの無理でした。なんとか今週中には。
 ……自分のハードルが、どんどん下がってるのが情け無い。


S「実はちょっとやりたいネタがあるんだけど」

F「ん。そっちから言い出すなんて珍しいな。いいよ、何のネタだ?」

S「次のアメコミ放談のネタ、グレート・レイクス・アベンジャーズはどうだろうか。スクイールガールとセットで」

F「確かにあのB級ヒーローチームと、もう一人の第四の壁を知る女、スクイールガールは確かに面白いけどよお。ちぃとマイナーすぎないか? 絶対マブカプ3にも出ないし」

S「確かに情報も少ないな。それらしいイタリア語のサイトを和訳してみたら“なんでコイツ、サノスに勝ってるんだよ!”としか書いてなかった時は、どうしようかと。俺もその理由を知りたいから調べてたんだよ!」

さらばサノス! 希望の未来にレディーゴー!

F「まあ、情報が少ないんじゃ無理だな。だいたい、グレート・レイクス・アベンジャーズのライバルヴィランは、あまりに恐ろしすぎて、下手に紹介したら、このサイトが物理的に吹っ飛ぶかもしれんからな……」

S「ああ。レザー・ボーイのことか」

変態だー!

F「物理的に吹っ飛ばす気かよ!? 健全サイト、肉雑炊は健全サイト! そもそも、コイツ出した時点で、全てにオチがつくから、無理! グレート・レイクス・アベンジャーズは無理!」


 管理者が必死に調べて、レザー・ボーイの情報を集めてきた時は、本気でサークル解散を考えました。どう見てもアメコミじゃなくて、ヤマジュン世界の人間じゃねーか。

日々雑談〜596

 書くものは書いてます、カリカリと。明日にはなんとか完成させたいのう。


 アイマス2の騒動がようやく落ち着いてきたような気がする。少なくとも、冷静な視点で書かれた、十分読める意見が多々出てくるようになった。ついこの間までは、罵詈雑言が飛び交って、目も当てられない状況だったからね。
 機会があれば、呟きレベルじゃない考察も書きたいけど、あんまねえ。個人的な事情で、一部の熱心なアイマスファンには好意的な感情を抱いていないので、文章が罵倒まがいに成る可能性もある。波風立たない呟きレベルが丁度いいのかも。
 個人的な事情? 具体的なことを言えるわけねーじゃん! 抽象的に話した場合? まあそれなら、時も経ったしアリかなあ。
 まあうん、アーケードの緊張感あるアイマスが好きだった層もいるので、バンナムさんには、出来れば受け皿的な物を作ってもらえればなと。そんなアイマスが好きな層こと、ナ◯ツさんはお元気だろうか……。

日々雑談〜595〜

 Spider-Man: Shattered Dimensions攻略中。
 謎のパワーを持つ石版を巡って繰り広げられる、次元を超えたスパイダーマンの冒険! スパイダーマンと因縁のあるヴィランが、それぞれの世界で待ち受ける!
 スパイダーマンと決着をつけたがっているヴィランは星の数。映画に出たヴィランでさえ氷山の一角に過ぎない。いったい、誰が何処で立ちふさがるんだ……って、



 オマエこの間の面接で、尊敬する人はスパイダーマンですって言ってただろうが!
 というわけで、デッドプールもアルティメット仕様で参戦します。うん、マブカプ3が出たら分かんないけど、現時点で一番デッドプールの動きと喋りを再現しているゲームじゃないかな。敵だけど。

日々雑談〜594〜

 寒いので熱燗でもと思ったら、泡盛しか手元になかった。熱燗出来そうにないな。よし、氷をガンガン入れて、ロックで。(注:死にます)


 自分が変わった。そう思える機会なんて、そんなに無いと思うんですよ。でも一度自覚すると、発言の一つでさえ、変わったなあと実感できるものになる。
 欲しいものと聞かれて「フードプロフェッサー」と即答するだなんて、俺も変わったなあと。ほら、人間の手による微塵切りや撹拌って限界があるじゃないっすか。だから今、ミキサーやフードプロフェッサーがすごく欲しい。  
 いやー、一年前じゃ絶対出ない台詞だわ。どんだけ料理に惚れ込み始めてるんだ。

日々雑談〜593〜

 大丈夫そうなので、自分のTwitterへのリンクを復活させました。改めて見ると、結構こことは路線が違うことも呟いてるな。


 資料を直に読むことが出来たので完全読解 タスクマスターを改訂しました。書き換えたのは、主にノーマン・オズボーン(グリーンゴブリン)とのやり取りの辺り。あんまりに面白かったので、これを載せないわけにはいかないなあと。それにしても、約三日で改訂かよ……。


 オーズ感想をアップしました。ううむ、正直キツい。オーズが良い作品だというのは分かるんだけど、どうも微妙に水に合わないというか。感想を書くのが難しい
 Wは良い作品の上、俺の好みと合致してたから。だから一年続けられた。
 ディケイドの場合は、放映期間が短い半年だったのと、ライダー総集合というシュチュエーションが実に好みだったから。第一話のライダー大戦のハッタリは実に楽しかったんだけどねえ。どうしてこうなった。
 とりあえず、まだ三話。しばらく様子を見てみます。オーズよりレベルが数段下の物でも、好みに合致すればスラスラ感想が書けたり。上手く行かないもんだ。

仮面ライダーOOO(オーズ) 3話 感想

映司「成り行きで仮面ライダーになったのはいいものの、分からないことが多すぎる」

アンク「フン。あまり無知でも扱い難いか。オレが少しばかり情報を」

慎太郎「情報が欲しいのか? なら、メダルと引換で教えてやろう」

アンク「なっ!? 脇からシャシャリ出てきやがって。しかもメダルと交換だと!? おい映司! 騙されるなよ」

慎太郎「今なら情報と一緒に、十二回月ごと支給のパンツ12枚セットが付いてくるぞ」

映司「全部渡します。むしろ、パンツだけ下さい」

アンク「馬鹿野郎ー!」


 アンクはオーズを直接利用してメダルを集めようとしていて、鴻上ファウンデーションは、アイテムをリースしてメダルを稼ぐ。どちらがスマートかと聞かれれば、鴻上でしょ。ああいうアイテムを戦いの度に渡されたら、なんとなく使っちゃうよなあ。
 アンク含め、グリードのやり方はシンプルでアナログなので、違和感を感じさせずメダルを回収する鴻上のやり方はスマートに見える。人間も進化したって言ってたけど、進化の結果が悪く言うなら狡猾さか……。
 それにしても、装備が全てレンタルでリースな仮面ライダーって。後半のパワーアップアイテムで、今までの稼ぎを無にするくらいの高額料金を請求されるのだろうか。


 め、珍しいな。ネコ系怪人で鈍重って。ネコ系怪人はどちらかというとスマートで敏速なデザインにされるのに、ネコヤミーはかなりのハート様。でぶねこ自体は結構色々なところで使われているけど、どうも牧歌的だからな。怪人って感じは、普通あんましない。
 どうも、最近のライダーキックは最初素直にいかんなあ。ただやはり、ホログラフィが連なって、そこを突き抜けての攻撃というのはカッコいい。元祖はブレイドキングフォームでいいのか? 
 斬撃のオーズバッシュに蹴りのタトバキック、あとはパンチ系ぐらいかなあ。いやホント、個人的にはそろそろ投げ技が出て欲しいんですけど。平成ライダー、キン肉ドライバーのベルデぐらいしか投げ技使いがいねえ……。他に投げ技使う平成ライダーいたっけか?


 自分が死んで、自分のパソコンを思うがままに使われる。なんて恐ろしいんだ! まだ泉刑事、死んでないけどさ。
 相棒は狡猾な人外で、ヒロインは怪力。なら主人公は? 一番今、語られていないのは主人公の映司なのかもしれない。彼、意外とシンプルに人物を語るのが難しい。まさかパンツの三文字で済ませるわけにもいかんだろうし。そう考えると、ハーフボイルドって本人そのものの言葉がある翔太郎は、ライダーどころか創作見渡しても優秀な主人公だったんだなあ。
 ちなみに鴻上会長はハッピーバースデーの9文字で。これから毎回、あの人はバースデーケーキを作るのだろうか。

日々雑談〜592〜

 まいったなあ。いやねえ、良い物が知れ渡っていないという状況は良くない。ちゃんと、歴代最高峰の評価もあっちで受けているのに。
 なんの話かというと、コレの話なんですけどね。

買ってしまった…

 その名も、Spider-Man Shattered Dimensions。久々に、廉価版以外のゲームを買ってしまった。当然ながらオール英語の北米仕様です。このゲームが、アジア版も北米版も、日本の360で動くと分かった瞬間注文ボタンをポチッと……。
 まあ、英語だけど、多分中学生レベルの英語力があれば十分です。かつて赤点を取った俺が言うんだから間違いない。操作はシンプルですし、何をすればいいのかというのもフィーリングで大体分かる。分からないのは、キャラ図鑑の長文ぐらい。チクショウ! めちゃくちゃ情報が載っているのは明らかなのに、キャラクターの初出年度しかわからねえ!


 間違いなく良いゲームだが、いかんせん洋ゲー。日本のサイトで解説&攻略してるところなんて殆ど無い。いっそ俺がやってみるか?
 最近、「無いから自分で作ろう!」って展開が多いような気がする。いやまあ、いいんだけど。文章でゲームのイメージを伝えるのって、意外と難しい。俺に技術があれば、プレイ動画や実況動画で済むんだけどなあ。

日々雑談〜591〜

 現在、Twitterがトラブルをおこしているので、ホームページからのリンクを一時的に削除しました。しばらく様子を見て、復旧の後に再びリンクします。
 いやー、PC付けっぱなしで寝て起きたら大変なことに。クッキーや一時ファイルを全て削除するといった対策をした上で、現状安全と言われている、ついっぷるを使ってます。これはこれで、使いやすいのでOK。便利。


 “完全読解 タスクマスター”完成。多分、ここまでタスクマスターのことを紹介した記事は(日本では)あまり無い筈。彼の凄まじさと破天荒さを、少しでも楽しんでいただければ。なお、真面目モードの時は普通にスタイリッシュです。デッドプール? あの人もスタイリッシュだけど、彼の場合真面目モードがフォーマットされてるので。

1/4 >>

Home > Archives: September 2010

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top