Home > Archives: August 2010

アーカイブ: 2010/08

日々雑談〜574〜

 ダ・ブル ダブル ダッブルー♪(タトバのリズムで)
 オーズの感想はやるかどうか分かんないけど、スタイルは変える予定。というわけで、WEB拍手返信。


>せんせー、盛り込まれたネタが多すぎて突っ込みが追いつきません!! あー、朝から盛大に笑わせてもらいました、期待を大きく上回る面白さです。リッチャンとデッP、デッPとタスク氏、どっちもいいコンビだなあ。今回は3本仕立ての大ボリュームってことで、続きも絶賛お待ちしています

 リッちゃん、アイマスどころか昨今随一のツッコミですからね。絶叫、淡々と、勢い任せで、ノリツッコミ。なんでも行ける、メガネさん。毎回、ギャグ系のSSは他人が笑えるかどうかで、頭をかかえる。ホント、ギャグマンガの作家ってスゲエわ。


>タスクマスターの巻き込まれっぷりに早くも涙が出そうです(笑いすぎて

 デッドプールが妙なアイディアを思いつく→なんだかんだでタスクマスターがそれに従って、結果巻き込まれる。本家マーベルでも、だいたいこんな感じです。ふたりは仲良し!


>超スピードのトライアルをも翻弄するスミロドン・ドーパントを倒したのはソ連の生理学者イワン・パブロフでした。…すごい、ミック様は実力では1度たりとも負けてない!

 ホント、猫じゃなければ詰んでた……。条件反射という奇策で、最強最大のミック様を倒すとは。元祖スミロドンの原始タイガーは1号・2号・V3の三人ライダーで倒したけど、果たしてミック様は三人がかりでも倒せたのだろうか。スカルやエターナルを加えても苦戦しそう。


>今日のWを見て、アクセル+ハードタービュラーがガンダムMAに見えた人オイラはやっぱり末期w 

 俺が管理者に視聴後まず送ったメールは「ガンダムMA出現!」でした。あれは、しょうがない。ギレンの野望やスパロボAをやった身としてはしょうがない。


>>アレ、オッサンよ? 素顔、ブッサイクなオッサンよ?
>シャッハさん可愛いじゃないですか!!!ダンがヒーローに復帰した時にぐちぐち言ったせいでダンが切れた時なんかアタフタして「……ダニエル。お前は良い友人だ。わかっている。すまん……苦労をかけるな」とか言い出すんですよ?可愛いじゃないですか……うん、なんだこのメモは?「BeHinD yOU.┓┏.」

 ロールシャッハさんとナイトオウルが並んでると、基本心がぽかぽかする。謝るロールシャッハも、そんな彼を受け入れるナイトオウルも、どちらも良い男。ほんわかする友情。
 しっかし、指を何本も折られたせいで、タイピングがままならないな……。


>井坂先生がケツァルコアトルスのメモリを手に入れたがっていたのはテラードラゴンに対抗するためだったんでしょうね。

 たとえドラゴンを抑えても、ミック様を抑えられなかった気がするんですよね。ミック様を前衛、後衛にテラーというのが園咲必勝の陣形でしょうし。テラー戦より前に、ミック様を封じられたのは、Wの行幸。
 ひょとして、冴子さんにミック様を任せる気でいたのか? なんて(冴子さんにとって)恐ろしい無理ゲーだ。


>>グレートマジンガーばりに乱入 
>そんなことすると、オーズ終盤でWが復帰したときに主役の座を喰われてしまうのですよ。

 オーズでの大暴れが不評だったため、次々回作で二人は、自作のUFOに乗って参戦します。見たかったなあ、ドラゴノザウルス戦でのマジンガーZ参戦。


>しかしテラーの恐怖は効かないのにユートピアの生きる気力を奪うのは効くのか、照井

 耐性があるから、重傷で済んだという伏線回収。でも耐性がない人達の方が、後遺症が少ない気がするのは気のせいか。アクセルにライアーやパペティアの能力は通ったので、状態異常完全無効ってワケではなさそうですが。毒無効で、混乱はそのまま通るって感じか……。


>そんな貴音と響も360の次回作では765プロ所属。…961プロ所属のライバルアイドルは誰になるんだろう…DS版の3人?

 765プロのアイドルが大成していたDS版と、いまいちなまま半年過ぎた2の世界。パラレルワールドになるのかなあ。それだとしたら、あの三人が961所属でライバルになっても面白そうですが。桜井夢子の場合は、シャレにならないくらい961に馴染むな……。

この街には涙が似合わない

翔太郎「フィリップは若菜姫の身体を使って復活したのか。久々のW、久々の合体。フィリップと合体。つまりは、若菜姫と合体かあ……えへ」

フィリップ「嬉しいよ。復活早々、翔太郎の笑顔が見れて。おや、アキちゃん。何をしてるんだい?」

亜樹子「お待たせしました! W最後のスリッパ登場! この見るからに痛々しいトゲ付きスリッパで、色ボケ探偵を一撃必殺! 止めないでね、フィリップくん♪」


 いやー、ディケイドの時みたいに、最終回だけは真面目に始めようと思ったんだけどね! まあほら、本編は十分真面目だったし、元々Wこんな感じだし、結果オーライ!
 コレで決まりだ! 仮面ライダーW 49話……否、最終回感想。ビギンズナイトの時も思ったけど、空白の一年、どうにかドラマ化出来んかなあ。KY全開なフィリップや、仮面ライダージョーカーの戦いも見てみたい。
 え……? 俺に書けだって!? (注:妙な電波を受信しています)

続きを読む>>

日々雑談〜573〜

 最初に言っておく! 俺はかな〜り酔ってる!


「W最終回は最高だった! 俺達も行くぜ!」
「何処へ!?」
 うん、まあ。ノリで何処かへ。
 前回の反省を活かし、もう感想書き始めてますよ! 目標は明日。しかしもう、冬の劇場版決まってるのに「Wも最終回は劇場だ!」なんて誰も言い出さないな。一年という放映期間で、多少は信用を取り戻したか。どんな理屈を並べ立てても、BPOの勧告が入るって物凄く恥ずかしいことだよなーと。


 調べを進めるウチに、タスクマスターは気さくな部分がどんどん垣間見えてくるから困る。この間見た画像だと、パーカー着てリビングで犬を撫でながら思いっきりくつろいでいたんですが。デッドプールと付き合いが長いだけあって、結構この人自由ね。


 色々資料もそろったから、またアメコミ関係の放談やりたいんだけどなー。ハルク無双かタスクマスター&デッドプールの歴史。W感想書いたら、一旦過去の放談を修正して、あと昔の勘を取り戻すためのSS書いて。
 なんだ。なんだかんだで、W終わっても忙しいじゃないか。


 以上、勢いに任せての雑談でした。それでは。

一人きりの楽園。二人の仮面ライダー。

加頭「ショックです、冴子さん。死んでますよ? 私がNEVERでなければ」

フィリップ「タブーの攻撃に生身で耐えるだなんて!」

亜樹子「あたし、聞いてない!」

〜加頭 撃破後〜

照井「これで当面の敵はすべて倒したか。胸が熱いな」

亜樹子「竜くん、そのー。平気なの? あんだけやられて。緊急手術まで受けて。入院しないで」

照井「フン。俺は不死身だ。まだ戦いは続く。フィリップもいないんだ、オチオチと寝ていられん」

翔太郎「NEVERを当の昔に振り切ってやがる……」


 前々回、この人、テラードラゴンに咀嚼されてなかったっけかな。あん時も、ラストシーンでは回復してたし。え? 何? 照井さん重傷→あっさり復帰の流れは天丼なの?
 複数の別れが交錯し、最後という言葉に彩りを添える。仮面ライダーW 48話感想。財団X、オーズへの出演がほぼ当確か。

続きを読む>>

日々雑談〜572〜

 さて。今宵は全力で寝にかかるぞ! 下の記事はほぼノンフィクションだから! いかん、また怖くなってきた。


 何か忘れていると思ったら、W感想忘れてた。明日のうちに書きます。なにせ、日曜が最終回だからな。Wの最終回。大団円なのか、次に繋がる話なのか、それとも……。とにかく楽しみ。劇場版、やってるうちにもう一回見てこようかな。


 少し手持ちの資料が増えて情報も増えたので、アメコミ関係の記事の改訂を画策中。正直、適当だとマズい状況にもなってきた。けっこう、ウチの情報を頼りにしてる人もいるみたいだし。なるたけの正確さと、ネタの多さを心がけます。学術資料じゃあるまいし、真面目一辺倒にしてもしょうがない。やっぱ、読んで楽しい物じゃないとね。

2010年8月27日の朝

 静寂な早朝、まだ起きる時間でない頃、唐突に起きて頭に染み付いたことは一つ。
「◯◯色を見たら死ぬ」
 赤や白という一般的な色ではなく、聞いたこともない未知の色。不可思議なものに似合いそうな色。ボーっとした頭で部屋を見渡すものの、それらしき色はない。ビクビクしながら眠りにつこうとする。怯えからの逃避が睡眠だったのかもしれない。
 蒸し暑くて眠れない。枕元の本をどけて、扇風機のスイッチを押す。目をしっかり閉じてうつ伏せに寝る。しかし、不快。うつ伏せは諦めて、仰向けに寝る。うつ伏せと仰向けを繰り返す中、やがて眠気が勝ち、仰向けで寝た。


 夢は忘れるというのに、今でも死の恐怖と妙な色指定とうつ伏せと仰向けの繰り返しは覚えている。あれは夢でははない。現に、本も移動してるし、扇風機も動いている。ならば、あの強迫観念は一体なんなのか。ついに俺も、ヤバいのだろうか。
 覚めた頭で考える。そもそも、何色だったのか思い出せない。アレの色だ!みたいな、独特で曖昧な色だったような。ならば正確には、アレを見たら死ぬということだったのだろうか。
 感情と行為の分析。ああそうだ、やっと理解できた。うつ伏せになった時の不快の正体、あれは視線だ。無防備な背中を見られているという不快。ならば、謎のアレは天井にいたということになる。つまり、仰向けで居る俺が目を開けていたら……。
 見たら本当に死んでいたかどうか確かめられたのに、と言えるのは、熱さが喉元を過ぎ去ったからだろうか。あの時は、しっかりと目を瞑ったクセに。
 夢は忘れるというのに、曖昧な現実は忘れない。今日もまた、夜は来る。果たして、意識した上で、俺は目を瞑ることが出来るのだろうか。

日々雑談〜571〜

 管理者がイケメンXMENに興味を持ったようです。
 これ、絵柄だけなら、日本の少女漫画を英語化した作品って言っても通じるよなあ……。というわけで、WEB拍手返信。別名、アンケート特集。


>所長inコミケ、普通に毎回行ってたんじゃないですか?Wにレギュラー出演して顔が売れたから目に付くようになっただけで。

 Wが始まる前に所長来てる!と騒ぎになったら、そりゃ預言者ですがなw 肝心なのは、W放送開始後の冬コミ時に誰も気づかなかったことだな。本人曰く、行ってたそうなんですが。


>アンケートに協力させていただきます。ネーミングもぴったりの4.タスマスに一票! タスクマスターさんとプーさんのやりとりが見られそうですし。でも、2番も捨てがたいなあ…

 ここからアンケート編。回答にコメントが付いてたものを取り上げていきます。むしろ、タスクマスターとデッドプールのやり取りを書きたかったから、タスマスを項目に入れたんですよねー。ぶっちゃけ、Fate編でもタスクマスター出す気でした。というより、今でもそのつもりです。


>4番で。ついいつものノリで、レッスンしちゃうタスクマスターさんとか、想像すると笑えるなw

 実は懇切丁寧なのがウリのタスクマスターさん。技術指導、恋愛相談、ボディーガードを全部こなしていたという裏設定が。こういうのも、書きたかったなあ。デッドプール? 寝てたんじゃね?


>1人1票という制限はどこにもないな?よーしなら 銑ち管瑤5000票ずつ投票だ!これだけ票が集まればきっと全部書いてくれるだろう!

 そのトンチ、嫌いじゃないぜ(ニヤリ 元々、順繰りに書く予定だったので。アンケートの趣旨は、どれから書くかってことですねい。まあ、変なネタが思い浮かばない限り、アンケート項目に載せたネタからやっていきます。


>無論4でw  5としてはドリフターズ編も候補にw

ドンドンドン!
ケーブル「誰だ?」
デッドプール「デッドプールだよ。お前の相棒だよ」
ケーブル「ほんとにデッドプールか?」
デッドプール「ほんとにデッドプールだよ」
ケーブル「それじゃあ、サイクロップスの物真似してみろ」
デッドプール「ジーンが好きです。マデリーンも好きです。でも今一番好きなのは、エマです。オプティックブラスト!」
ケーブル「俺のオヤジながら、どうしょもねえ女癖だな! 間違いない、本物のデッドプールだー!」
〜ドリフターズ編 完〜


>うは〜、どれも読んでみたいけれど、ハルヒ好きは一番に入れないといかんでしょうなぁ(苦笑)

 ハルヒ編だけ、実は二案あるのはナイショ。オーソドックス編と超シリアス編の二つ。いや、ホントですよ? ホントに一つはハードボイルドでシリアスなんですよ、ええ。さてどっちにするかな……。


>アンケート:4!4!4! デッドプール氏はマジキチの割に男として真っ当な性癖の持ち主なので、ロリまな板ツンデレには見向きもせずあずささんの胸に突攻かましそうです。あるいは超マイペース同士美希なんかとも上手くやれそうな…

 デッドプールの好みに合致するアイマスのキャラを上げるとしたら、あずささん、小鳥さん、後はDSの日高愛や尾崎さんかなあ……。基本、それなりの年でセクシーな女性が好みのようなので。
 マイペースな美希や暴走特急の亜美真美となら上手くやれそうです。亜美真美、口調がめんどいんで出しませんでしたけど。あと、双子とプーさんの三人で組むと収集がマジでつかなくなる。


>デッドプールさんの企画>THE TASKM@STER編を希望します。何やらかすか想像できないのが頼もしい(何)!

 アイドルデビューと小鳥さんを巻き込むことは既定路線でした。あとは書きながら色々考えるという形で。唯一、やめといたほうがいいかなーと思って削ったネタはこれです。

デッドプール「そういや雪歩が風邪ひいてたぜ。健康は大事だよな。え? 風邪なんてひいてない? でもさ、微妙に声が変わってたけど?」

日々雑談〜570〜

「デッドプールが出ている時点で、会話文は多めになるのでは?」
 OK管理者、お前の疑問は最もだ。確かに、あの野郎は口やかましいしいので、当然会話文は多くなる。問題は、普段ならアクションシーンやなんだかんだで、地の文も多くなることだ。元々、会話と一人称で構成され、世界観も穏やかなアイマスでは、どうしてもそういうシーンは入れられないからな。
 つまり、正確には「デッドプールが出ていると、会話+地の文で文章量も多くなる」ということだ。ホントにめんどくせえキャラだな、コイツ。
 とりあえず、とやかく言わず肉食わせい。以上。


 金がない。
 なんか最近、飲み会や唐突な出費で、えらくサイフが軽くて。夏のイベントに落ちたのは神の配材かと言わんばかり。イベント出る=諸経費の発生だからな。濡れ手に粟で儲かる身分には、到底なれません。ウチはいつもカツカツ。
 そんなことを書いていたら、PSPの故障が発覚。旧式PSPだから、修理に出すより新型に買い換えたほうが得か? 
 最近、節約してたんだけどなあ。どうも金というのは、出る時は一気に出るものらしい。ヘコむぜ。

日々雑談〜569〜

 これ、誰かノベマスでアップすりゃあいいんだよ。アイマスの会話文の多さは、台本形式かやる夫スレででもやればいいんだよ。
 そんなことを考えながら、THE TASKM@STER後編完成。勢い任せで初めて、えらい目にあった。このタイトルの発案者=全ての元凶である管理者は、今度俺に焼肉を奢るべきだと思う。安いホルモンじゃなくて、霜が入った肉だ!


 管理者にフローズンマッコリを奢ってもらうのは後日にするとして、ここからは撮ったものの使い道が思い浮かばず、お蔵入りにした画像コーナー。


誰かによく似たウインドシアーさん
 正直、スパイダーマンよりデスストロークより、ウインドシアーさんの方がアレに似ていると思う。ちなみに、能力は空気の固形化や液状の気体化と、アレとは全く別物ですので。なお現在、ウインドシアーさんは引退しているので、ややこしいことになったりはしません。
 デッドプールが一度に二人!?


俺を守って! スパイディ!

注:この時彼は、メイド服を着ています。
 本当に使い道が思い浮かばなかった画像。携帯の待ち受け画像にでもしようかと思ったが、正気を疑われるので止めた。
 なお、この時彼を狙っていたのは、サルです。それも、純血種のニホンザル。
 ……ホントですよ?

THE TASKM@STER〜後編〜

「前回のあらすじねえ。そんなモノはどうでもいい! それより、知ってるかい? デッドプールさん対タスクマスターの初対決の話を。知らないなら、教えてあげよう。超カッコいいデッドプールさんが、タスクマスターのケツめがけ、背後から吹き矢の集中砲火! プスプスプス、アーッ! コレ決まり手、コレが決まり手。デッドプールさんの大勝利! というわけで、本当にカッコいいヒーローは僕らのデッドプールさんなのを忘れちゃいけないよ、みんな。マブカプ3にタスクマスターが出るって噂もあるけど、当然偉いのは、当確が既に出ているデッドプールさんだからね」
「プーさん、何してるの? また一人でブツブツ言ってるの」
「ミキティー! 駄目じゃないか。せっかく、文章なら誰が言っているかわからないのを利用して、自画自賛の宣伝をしてたのに。台無しすぎる。アイドル育成ゲームをアニメ化したら、ロボットアニメになってたくらいに台無しすぎるぜ!」


 なにやらどうでもいい話で、無駄な時間を取った気がする。それでも仕事をこなし、ピリオドを打ちかけた今となってはどうでもいい。
「いくら鍛えても、結果を出せないのなら、意味はない。戦場で力を発揮してこその傭兵よ!」
「「サー! イエッサー!」」
 猛るタスクマスターに付き従う真と千早。直接タスクマスターの指導を受けた二人は、やけに軍人風に感化されていた。
「いやあの、わたし達アイドルなんですけど!?」
 タスクマスターと一定の距離を保ち、それでいて技術は習得して。都合の良いことをやり通した律子がツッコむ。
 ここはオーディション会場。律子と真と千早を引き連れ、タスクマスターは三人をオーディションに参加させようとしていた。
「戦争もオーディションも、勝つという一点に置いては変わらない。急成長した実力を相手に見せつけることで、余所の事務所を威圧。765は強いという空気を作り出し、今後のオーディションで常に優位に立てるようにする。今日の勝利の価値は、きっと図りしれぬ物となるだろう」
「何時もなら言えないことを言ってみます! 今日は勝てます、あれだけ鍛えた今なら、ボクたち絶対に勝てます!」
「ええ。慢心は己の敵というのはよく知ってますが、タスクさんの指導を受けて、わたしの歌唱力は目に見えて高くなりました。少しぐらいは慢心させてほしいぐらいに」
 タスクマスターも真も千早も強気だ。指導者としての成果と鍛え上げられたという自負が三人を後押ししている。けれども、律子だけはイマイチ浮かぬ顔をしていた。
「タスクマスターさん。不安材料、無いワケじゃないんですからね」
「そうだったな。忘れてた」
 タスクマスターもそれを思い出し、浮かぬ表情を浮かべる。実はいま、765プロはとんでもない不安材料を抱えていた。
「まあ、そっちはいいです。心配するだけ無駄ですし。今のところ、当面の不安はあの人です」
「あの人?」
 律子が隠して指さしたのは、これまた黒い人だった。黒い人は、オーディション関係者らしき人物と談笑している。もし黒い人が事務所関係者ならば、多少なりとも不公平を感じさせる光景だ。
「随分とまた黒いな。あいつは誰だ? 765の社長の親戚か?」
「確かに黒いですけど、親戚ではありません。あの人は、961プロの黒井社長です。ウチの事務所を目の敵にしてまして、よくつっかかってくるんですよ。昔、高木社長と色々あったみたいなんですけど。961プロのアイドルが出るとしたら、色々やっかいなことになるかも」
「あの男、悪党のニオイもするな。あれくらいの悪党が、一番組みし難い。大胆な手を打たず、堅実な嫌がらせをしてくる。実に組みし難い。だが、特に気にすることもあるまい。なにせ、匂いがする。あの匂いがするなら、大丈夫だ」
 関係者と別れ去っていく黒井社長の背を、タスクマスターは目で追った。
「匂い、ですか? わたしは何も感じませんけど」
 比喩的な言葉を、千早は真面目に捉えていた。
「破滅だよ。破滅の匂い。本気で根まで黒くないのか、あの社長、微妙に脇が甘い。脇の甘さは破滅を招く。生憎、破滅の匂いに鼻が慣れててな。カカカ……」
 力なく笑うタスクマスター。その笑いには哀愁が含まれていた。


「大変だー! トイレで黒井さんが倒れてるぞ! 何者かに襲われたんだ!」
「凶器はトイレのスッポン!? 黒井社長の顔に張り付いていた!? くそ、いったい誰がこんなフザけた真似を!」
 数分後、会場では大事件が起きていた。事件は会議室ではない、便所で起きている。
「これが破滅の匂い……!」
「なんて恐ろしい」
「これをタスクマスターさんは予想していたんですね。なんという鼻の良さ」
「してねえよ!? こういう意味じゃないから!」
 生唾を飲み戦慄するアイドル達を、タスクマスターは必死に否定する。これではまるで、破滅の匂い=トイレの匂い=トイレに鼻が利くタスクマスター、のようではないか。破滅の匂いは、もうちょっとシリアスな匂いだ。
「しかし、コレでハッキリしたな。あの野郎、会場に来てやがる」
「あー……やっぱり犯人は」
「間違いないな」
 不安が的中した。警戒していたタスクマスターと律子は予想の的中を確認しあう。
「飽きて家でTVでも見てくれているのがベストだったんだけどなあ。来ちゃったか」
「まったく。プロデューサーが今まで行方不明だなんて、前代未聞ですよ。今日来てくれただけ、マシだと考えましょう。きっと美希も一緒です」
 現在最大の不安材料。それはデッドプールPが先日より行方不明なことだった。多分、現在765プロで最もビジュアルに優れた美希を連れての。これにより、タスクマスターのボーカル・ダンス・ビジュアルが最も優れた三人を集中して鍛えあげるといった計画は頓挫した。美希の代わりに、平均値が優れた律子を鍛えることで軌道修正は出来たが。
「気をつけろ。あいつは予想の斜め下どころか、そのまま掘削して地球の裏側から襲いかかってくるぞ。どういう登場をしても、驚くな」
「いったいどんだけなんですか、ウチのプロデューサーは」


「大変長らくお待たせしました。予期せぬ事故により遅れましたが、オーディションを開催します。それでは1番の方、意気込みをどうぞ!」
「どうも、ユニット“デッドプールカップ”のリーダーのデッドプールです! 絶対勝ちます! ライバル事務所の社長をスッポンで襲撃してでも勝ってみせます!」
「お、いいねぇ気に入っちゃったよオレ!」
 デッドプールPのどんだけさを律子が知ったのは、オーディション開催前の顔合わせ、代表挨拶の時だった。

続きを読む>>

1/4 >>

Home > Archives: August 2010

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top