Home > Archives: April 2010

アーカイブ: 2010/04

日々雑談〜476〜

 COMIC1、無事に終わりました。来てくださった方や気にしてくださった方、ありがとうございます。それにしても、なんで誕生日席だったんだろうか。行列なんて出来るワケねーじゃん。結構目立ってたけどさ。ハルヒを肩車したヤプールが。
 だんだんヤプールの着ぐるみを着たキョンがハルヒといちゃついてるように見えてきたと、管理者が言っていた。無限の想像力って尊重すべきものなんじゃないかな?(あたたかい目で)


 COMIC1は終わった。そして始まる、俺達の戦いはこれからだ!的な展開。とりあえず、トピックス参照。
 ううむ。夏はまだ分からんけど、しばらく油断出来ない日々が続きそうだ。まずはネタ出し、ネタ出し……。

日々雑談〜475〜

 イベントの準備出来たので、さっさと寝ます。いつもいつも、寝不足でどうしょもない顔を皆様にお見せするのもアレだし。今の俺の寝付きは、遠足前の小学生並みだぜ?


 霧彦さん役の君沢ユウキさんのブログに面白い記事がのっているなーっと。ひょっとして、ひょっとするのか?

日々雑談〜474〜

 ウルトラマン超闘士激伝完全版の3巻が届きました。そうか、ゴーデス編は単行本化されてなかったのか。相変わらず本編もおまけ漫画も充実してるなあ。次回最終巻は全部未収録分になるのね。


 おまけ漫画のあらすじ
「ウルトラマンジャックが地味なのは罪」

 お、俺はジャック嫌いじゃないぜ!? ウルトラ兄弟の中で一番に夕日が似合う男だし! 黄昏とか陰鬱とかそういう言葉がすっげー似あうじゃん! 2代目ゼットンの事以外は全力で擁護するぜ!
 やれやれ、全く。皆さんブレスレット使いナンバーワンの帰マン兄さんを馬鹿にしすぎですよ。ベリアルにチャンバラで負けたのはさて置いて。そこ、唯一の長所が殺されたとか言うな。
 ちゃんとウチのハルヒ同人誌にも、鏡し擦気鵑禄个討泙垢茵初代とセブンはそれぞれ単独エピソードがあって、エースはヤプール編で大活躍していて、ジャック兄さんは……ジャック兄さんは……涼宮ハルヒの大決戦のチョイ役?
 いやその、帰ってきたウルトラマンのエピソードはクロスさせにくくて。ナックル星人やムルチ出したら、絶対欝エピソードになるわ。朝比奈さんが車に引きずられるか、ハルヒが穴を掘り続けるかのどっちかだよ!
 ……今度、帰マンのDVD借りてくるか。

COMIC1 詳細情報

 COMIC1の当日頒布情報です。


新刊
 10&10(仮面ライダー同人誌) 300円

既刊 
 涼宮ハルヒの問答(ハルヒ×ウルトラマン) 500円
 涼宮ハルヒの侵略(ハルヒ×ウルトラマン) 500円
 涼宮ハルヒVS異次元人(ハルヒ×ウルトラマン) 200円
 涼宮ハルヒの大決戦(ハルヒ×ウルトラマン) 600円
 ヴィランズ・ランブル(オリジナル) 1000円
 バレンタインがはじまらない(オリジナル) 200円


 今回は場所が特撮枠なので、特撮に関係する本だけ持って行きます。ハルヒはある意味ウルトラマン本だし、ヴィランズ・ランブルも特撮ネタばっかだし。てーか意外に多いな、特撮本。
 当日スペースナンバーは「ち16b」 目印は、乱闘しているハルヒと巨大ヤプールです。それでは。

日々雑談〜473〜

 ぬう。変だな。管理者がおかしい。あれから数日経つのに何も言ってこないとは。そろそろドッペルゲンカーが異星人によるスナッチャーを疑う段階かもしれん。ありえん。



 江頭2:50VS中西学のヌルヌル相撲に関して管理者から何もコメントがないだなんて。あの人、江頭ネタが放映された日には電光石火で連絡してくるんだぜ。それなのに今までノーリアクションとは。おのれ、ザラブ星人!
 ……はっ! めちゃイケだからか。管理者の電光石火の発動条件はぷっすまにエガちゃんが出ること。ならば今まで何も言っていなかったことへのつじつまも合う。ババルウ星人は無実だったのか!
 それにしても、どうやりゃあんな、ツツツー……ベチ!なんて動き出来るんだ。エガちゃんは間違いなく、一品物の芸人。他に競合相手いないだろ。

日々雑談〜472〜

 ブラックやRXは当然として、真とJも持ち前の特徴を活かせる自信がある。ただ、ZOだけ自信が全く無い。ZOと言えば大自然ライダーなんだけど、Jもぶっちゃけ同じ大自然ライダーだし。あの頃は環境ブームでなあ。
 なんとかして、今回の新刊で書けなかったライダーのフォローはしたいねえ。


 今週のWは久々に出来の良いパワーアップ回だったせいか、みんな感想を書くのが早い早い。こういう時に書けない状況だと、出遅れた気がするぜ。うーん、コミティアぐらいまでは忙しいから……来週までには書けるかな?


 相棒が敵に囚われたら、フツー救出に向かう。誰だってそうする、俺だってそうする。
 今朝のプリキュア見てたら、仲間が敵に吸収されちゃった→気にせず全力で必殺技をぶっ放すの流れで牛乳吹いた。思考回路が阿修羅のような魔法少女たちだ。Wもプリキュアも二人組。ニチアサタイムのテーマは相棒か。最も、Wには照井さんという第三者もいるし、プリキュアにも次の戦士の影が……。キュアシャドームーンだっけ?

日々雑談〜471〜

 WEB拍手のメッセージで、昨日の予告におけるあまりのヤバさに気づき、取り急ぎ修正しました。やっぱ半分死んでる頭で更新すると危険だわ。後で付け加えようと思っていた部分をすっかり忘れるとは。電王とストロンガーの存在を忘却してたよ。誤字もミスもあったし、どうしょうもない。
 またあとで更新しますが、不備を教えてくれた方にはまずお礼を。本当に助かりました。

日々雑談〜470〜

 新刊「10&10」の予告を書いたものの、すっげー書くのが難しかった。何しろ、今回伏線と謎のてんこ盛り状態でして、あんま書くと読み物としての楽しみが。結果、序盤の触りまでしか触れてません。昭和と平成の全主人公ライダーが出るよ! ワタシ、ウソついてナイヨ?
 ブラック〜Jの間隙ライダーは出せなかったけどさ……。出したかったなあ、RXとシャドームーン。

10&10 予告

 1号ライダーがライダー返しでクウガを投げ飛ばした。
 烈火の如きアギトの猛襲が2号を後退させる。
 V3スクリューチョップが龍騎のドラグセイバーを叩き落とした。
 アクセルフォームに変身したファイズがライダーマンを打ちのめす。
 Xライダーの真空地獄車に巻き込まれたブレイドが叫ぶ。
 アマゾンの大切断が響鬼の音撃棒に競り勝った。
 ストロンガーのエレクトロファイヤーをすり抜け、カブトが肉薄する。
 電王のロッドフォームでは、空飛ぶスカイライダーまで届かない。
 キバのドッガハンマーがスーパー1の梅花の型を押しつぶそうとしていた。

 9人のライダーの戦いが重なる世界、荒廃しきった世界、人類が壊滅しかけた世界。世界の名はBADAN。ここはバダンの世界。
 昭和における10号ライダーのZX、平成における10号ライダーのディケイド。二人のライダーはこの世界で何を見るのか……?


「こ、こいつには勝てない……。僕じゃあ、ディエンドじゃあ勝てない。そしてディケイドにも……!」


「キサマ、良い性能だな。作戦目的とIDは!?」
「通りすがり、仮面ライダーディケイド。……ダメだな。いまいち決まってない」


「ようこそディケイド。ここは君のための世界だ。だからユウスケや夏海くんは招待しなかった。思う存分、破壊し尽くしたまえ。破壊するところが残っていればな。そしてディケイドは、この世界の破壊者と破壊しあい、完膚なきまでに破壊される。お前は決して勝てない。クククク、ハハハハッ……」


「俺の名はミカゲ。またの名を、パーフェクトサイボーグ、タイガーロイド」


「この声の主こそ、バダン首領だ。争いだらけの世界を破壊し、新たな世界を作ろうとしている偉大な方だ」
「どこかで聞いたようなフレーズだな。それじゃあまるで――」


「仮面ライダーZX。バダン大首領、仮面ライダーZX。そう覚えてもらおうか。破壊者としてもライダーの総決算としても、ディケイドの上をいくライダーだ」


 歪んだ世界は役割をも歪め。ZXとディケイドの戦いは、お互いの歴史を賭けて繰り広げられる。二人は戦いの先に何を見えるのか? 真実と嘘が入り交じった物語が始まった――。


「おのれディケイドぉぉぉ!」

日々雑談〜469〜

 日テレの嵐プッシュの波に乗って、地上波で実写版ヤッターマン放映とは。胸が熱くなるな。櫻井翔(ヤッターマン1号)で覚えてるの、女の股でフガフガしてたことぐらいだけど。いいのか、この流れの中で放映して。
 元祖ヤッターマン全108話のお約束を二時間に凝縮した映画。開始10分少々で、主要人物の紹介と世界観の説明の全てが終わるのはスゲーよな。ホント、ロードショー当時に、宣伝として冒頭10分だけ流しちまえばよかったのに。開幕第一戦のエキスの凝縮具合はハンパねえぜ。


 昨日の日記、スーパー・スクラルをスーパー・スラクルって誤植してたね。スーパー・スラクルでググって、ウチのサイトがトップに来て驚いた。誤植のトップかよ(修正しました)。
 ちなみにスーパー・スクラルとは、怪力と透明化と軟体化と火炎使用、ファンタスティック・フォーの四人の能力を一人で持つ悪役です。ここまでベタにチームの団結を求められる悪役もそうそうおるまい。
 しっかしDRドゥームといいスーパー・スラクルといい、ファンタスティックフォーは悪役ばかりが参戦するな。


 追記:地上波ではフガフガカットかよ! カットしなければ二時間で納まり切れない映画+アイドル的にまずいビジュアルと事情は分かるけど、このシーンのカットは分り易すぎるだろ。

1/4 >>

Home > Archives: April 2010

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top