Home > Archives: February 2010

アーカイブ: 2010/02

日々雑談〜420〜

 らっきょとバットマン、登場キャラの辞典作った方がいいのかなあ。
 ちなみに今回出たザターナはDCコミックスの世界における、最強の魔法使い(宝石爺と同じことが出来るレベル)。デーモンはマッチョなゴブリンのごとき外見をした、魔術系ダークヒーロー。実はデーモンさん、元はアーサー王に仕える円卓の騎士だったそうで。ザターナもデーモンさんも、Fateと相性がいいに違いない。
 らっきょ側の巫条霧絵は「俯瞰風景」におけるメインキャラ。かつて日本でも同じような少女墜落死事件を起こし、最後に彼女もまた墜落死しました。ちなみに、童夢残留の時間軸は当然俯瞰風景後で。なんで黄泉返ったんでしょうね?


 ……あ。図鑑で思い出した。ハルヒコピー本こと、涼宮ハルヒの図鑑もそろそろアップせねば。うちでやってるシリーズの、ガイドブックみたいなもんなんですけどね。

BATMAN Void horrific killer〜1〜

 最近のゴッサムシティでは人がよく墜ちる――

続きを読む>>

日々雑談〜419〜

 童夢残留は本日アップする予定でしたが、致命的にマズい箇所が見つかったので明日以降で。よりによって、中核に据えた部分でトチるとは……。殆ど書き直しじゃねーかよう。


 「電撃イラスト大賞」の受賞作家、トレース発覚で謝罪

 一番の被害者って、真面目に1から書いてイラスト部門に応募した人達だよなあ……。下手をすると真面目さを失って、トレースで楽する道に入るよね。現状、世に出回る全てのイラストを把握して、なおかつトレースかどうか見抜くのは不可能だもの。とにかく、なんとも言えない。自分の首を絞めながら高みを目指してどーすんだか。いつしか、首は折れるんだぜ?

日々雑談〜418〜

 涼宮ハルヒの驚愕、スニーカー6月号に一部先行掲載。
 ああ、普通にうれしいニュースだ。延期から何も続報がなかったので、まさかこのまま、エンドレスに突入するのではと。かなり分裂が、続きへの複線を仕込んだ作品だったので、驚愕以降でどう纏めるのかも気になる。ひょっとしたら、もう一人のハルヒこと佐々木の出現さえも、実はたいしたことではないのしれん。もっと根深そうなものもチラリと垣間見えていたわけで。
 どうすんだろうね、ホント色々と。とりあえず出るのが決まったってことで、良い意味でドキドキできるようになった。続きが出るか出ないかでのドキドキなんて、やっぱご免だね。田中芳樹ファンじゃあるまいし。

日々雑談〜417〜

 オリンピックってなんだかんだで国威高揚イベントだよなーというわけで、WEB拍手返信。
 あと、ちょっとかなりのネタバレ的な拍手があったので、それは一先ず返信見送りとさせていただきます。俺はネタバレをあんまり気にしない性質なんですけど、人によってはかなり気にされる方もいるので。ご了承ください。


>古代人は、移り変わる天候をみてそれを神だと思いました。ゼウス(雷神)とか。その天候の記憶を持ったウェザー・ドーパントもきっと神のごとき実力を秘めているんでしょう。

 天気って解釈のし様でどんな能力でも使えますからね。灼熱、極寒、電撃、暴風……能力の多彩さによる強さは、既にWが証明済み。ウェザーが強いのは確定でしょう。ただまあ、ナスカの地上絵ってなんでもアリだよねーってことで、ナスカにも似たような評価したことがあるんですけどね。意外と霧彦さん、能力のバリエーションは少なかった……。


>拍手返信にさらに返信です、分かりにくい事書いてスイマセン、スケアクロウの文章に出てたクロスの話というのは以前このサイトでこんなの書こうかなとか言われてたやつの話です
>でも実際にスケアクロウは今現在DC刊行の最新ストーリー「ブラッケストナイト」で大活躍中です
>この話が拍手文に出てた指輪を手に入れて云々の話です
>あとアメコミと型月のクロスなんてここ以外で見たことも有りません、続き期待してます、頑張ってください
 
 おおう、丁寧な返信感謝です。そりゃまあ、アメコミのクロスがもっと氾濫してたら、もうちょっと世間でのアメコミの認知度高いですよね。実際、メジャーどころでも個性的なキャラが多いので、SS作家はもうちっとアメコミとのクロスを狙ってもいいんじゃないかな。


>向こうだとパワーキャラはそこまで鈍重じゃない扱いですね。ドゥームデイも結構に素早いし。

 スーパーマンを抹殺したドゥームズデイもバットマンの背骨を折ったベインも分類上はパワー型ですしね。むしろアメリカではパワーキャラの地位自体が高いのかも。それとも、日本でのパワーキャラの地位が低すぎるのか。頭が良くて素早くてパワーもあるマッチョキャラ(日本産)募集中。


>空の境界とバットマン……どちらも未見ですけど、続きが気になります。

 そう言っていただけるとありがたいです。今は正直ニッチですけど、分かりやすく、なおかつ面白い読み物を目指します。両作品とも、いつも書いている物より作風がハードなので、たぶんいつもと違う雰囲気の物になるかと。


>伊坂じゃなくて井坂だから!>そういやアイツも一応、探求者な部分ありましたっけ。とりあえず、人体の限界を知るために全能力を試してそうなヤバイ雰囲気が…

 とりあえず、結構いろんなとこで、名前を伊坂と勘違いしている方がいるようで。井坂ですよ、井坂。キャラも似てるけど。
 霧彦さんが己を鍛えて能力を開化させるヒーロータイプならば、井坂さんは探求により己の能力を高める研究者タイプ、きっと。照井さんの家族の死も、彼の実験だったのだろうか。


>トニーさんは某カードゲームの社長とベクトルが似てるよねー。あの人はただの人間の癖に一番チート級の頭脳持ちな気がするんだ。ゴミからG-3も真っ青の強化スーツ作るとかマジありえないよ。
>その分やたら自信過剰な性格な性で揉め事を起こしまくるけど。シビルウォーとか、半分以上社長が悪いよなぁ。
>悩みが無いように思えるけど、アルコール中毒との戦いを描いた話も有るしそれなりにストレスは感じてる模様。社長が向こうで人気高いのはアメリカ人の理想とも言って良い人物像だからではないだろうか?

 あくまでそれなりのストレスと評されるのが、社長のイイところ。まあ、他のヒーローが抱えている家庭崩壊や人格破綻寸前やガンみたいな問題に比べりゃあって話ですけど。仕事も出来て、自信家で、時たまうっかりミスをする愛すべき社長。完璧人間じゃないからウケているんでしょうね。社長、もう少し若ければ、ラノベの主人公もいけるんじゃなかろうか? それくらいの万国共通、愛される万能キャラ。

日々雑談〜416〜

 やはりスーツは鉄にかぎる。と言う訳で、今日見終えたのはアイアンマンです。ちょうどいいやと思って、ハルクとセットで借りてきました。一応続き物ですしね。ヒーロー大結集映画、アべンジャーズが早く見たいぜ。


 巨大軍事企業の天才社長トニーはある日テロリストに捕らわれ、自身の兵器が世界に平和ではなく混沌をもたらしていた事を思い知る。生還した彼は、会社の社長として兵器産業からの撤退を宣言。そして鋼鉄の男、アイアンマンとしてテロとの戦いを決意する。アイアンマンのスーツにはテロへの怒り、自身への後悔、そして恩人の命が込められていた……。
 こうやって書き出すと結構ハードなのに、トニーさんがネアカなせいであんま物語は重くないんですよね。スパイダーマンやハルク、そしてバットマンには悩みが付き纏うのに、トニーさんはあんまり悩まない。兵器産業を止めると宣言して、会社の株価は下がるわ、経営から除外されるわ、友達との縁は切れかけるわで散々なのに、トニーさんはあんま気にしない。ま、いっかーぐらいにしか思ってねえだろ、あの放蕩社長w
 対アイアンモンガー戦は等身大MSバトルと言うべき、ど派手な一戦。ハルクが力対力ならば、アイアンマンは知略対火力だ。スッキリとした物語なので、アメコミ映画入門編としてオススメ。6月公開のアイアンマン2は、絶対ロードショー見に行くぜ。


 100円レンタルっていいねえ。と言う訳で、また色々借りてきました。やはり映画はいい、人類の遺産だぜ。ま、借りてきたのは伝説の24時間鬼ごっこですけどね。笑いは文化だ!

日々雑談〜415〜

 リアクションがあっただけでありがたいです。心に染みる。拍手一言、300米。いや、500米はいけるな!


 変態仮面の文庫版がスゴイって聞いてたけど、確かにこりゃスゴイ。120Pの描き下ろしって、もはや文庫版のレベルじゃないだろ。しかも描き下ろしのエピソードがこれまた面白い。多分、連載終了から現在までプロットを練れたからこその出来なんだろうけど、それにしたって素晴らしい。普通に感動できますよ、マジで。俺の好きな匂い、切なさがプンプンと漂ってきやがる!


 そっかーめだかボックスで仮面ライダーネタが出てきたのかー。平成対昭和ねえ。うん、全然ピンとこないや。いやークビキリサイクルは読んだけど、西尾先生はどうも自分の性に合わなくて。上手い下手じゃなくて、好みに合うか合わないかで。クビキリは面白かったと記憶してるんだけど、続きを読まなかったということは、そういうことなんでしょう。
 確か管理者の好みには合うんだっけかな?

ハートブレイク・シンガー

大貫一朗太「さて、今日の挑戦者は……!」
フィリップ(既に彼の好みは検索してある。彼の好みは赤、こうやってこの位置で赤いスカーフを振り回せばいい。これ以上目立つ赤なんて、早々ないだろう)
大貫一朗太「そこの君ダァッ!」
竜「……俺?」
大貫一朗太「いいねえ、その赤いジャケット。俺とお揃いじゃないか、いいセンスだ!」

翔太郎「そういや照井とあの大貫とかいうの、格好が似てるよなー。あんなに真っ赤な革ジャン、何処で売ってるんだろうな」
フィリップ「クソッ! 負けた!」
翔太郎「……え? 何に?」


 今回、照井さんが赤ジャケを着ていなかったのは、こういう理由だと思います。あんな赤いの、ホントに何処で売ってんだろうか。
 心が痛てぇぇぇぇ! 小説でも音楽でもゲームでもなんでも規模関わらず、「創作」というものに関わっている人間に今回の話はキツすぎる。そして残酷すぎる。自分もジミーなんじゃないかという不安はいつもつきまとう。
 上木彩矢&TAKUYA登場の特別OPが眩しい仮面ライダーW(ダブル)23話感想。Wのスタッフなら、ジャイアンリサイタルを実写化できるな。

続きを読む>>

日々雑談〜414〜

 いつもSSを載せると、WEB拍手やコメントが少なくなるのはなんでなんだろうか……。変わらないならともかく、減るって。ちとヘコむ。
 ただ今回は我ながらトバしすぎだなと思ってるので、何も言えねえ。ニッチすぎるのはマズいよねー。


 ハルクすげー!と言う訳で、今日は映画インクレディブル・ハルクを見終わりました。体を動かしながらの映画鑑賞はアタリだ。
 いやー、バーサーカーだけで聖杯戦争やったらこうなるんでしょうねえ。もしくはビックボディオンリーの王位争奪戦……これは違うな。とにかく、力こそパワー! 悪役アボミネーションもハルクに並ぶ体躯とタフさを持っているので、もうパワーキャラ大好きな自分はお腹いっぱいですよ。
 あっちだと、パワーキャラ=鈍重って扱いじゃないのか。むしろハルクもアボミも素早い。だってルート上の障害物に構わず、跳ね飛ばすんだものw

日々雑談〜413〜

 さてと。まさかねえ、すっかり忘れているとは思わなかった。
 この間のコミティアの新刊が、管理者の手元に無いだなんてなあ。いやー、ビックリ。共同運営者なのにねえ。


 ちょびちょびPSPのGOD EATER(ゴッドイーター)をやっています。難易度5現在において、分かったコツを箇条書き。

・装備よりも何よりも、操作に慣れることが大事。自分自身の成長が要求される点は、モンハンとの良い共通点。

・アイテムは常時切らさないように。生き残ることを前提とすれば、だいたいどうにかなります。

・二体同時狩猟が多いので、モンスターを誘き寄せる技術を磨いておくと良い。誘き寄せるべき場所を知る為、地形も把握しておくべき。

・基本、メインキャラをお供にすればハズれはないものの、サクヤさんには注意。あの人は同姓同名のライダーよろしく、誤射が非常に多い。コンボ中のこっちの背中をバキューンと。橘さん、どこに行っても橘さん。

 まあ、なんだかんだで良いゲームです。あと先日、管理者が一騎○千の○布を作って遊んでました。学生系キャラは結構簡単に再現できそうだねい。

1/4 >>

Home > Archives: February 2010

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top