Home > Archives: July 2008

アーカイブ: 2008/07

熱いうちに打とう、次からは

 思い立ったが吉日と申しますが、なかなか思い立った日には実行に移せずズルズルとしている内に余所とネタがかぶってお蔵入りというネタもありまして。
 ちくしょう、Fateで英霊血盟軍ってやろうと思ったら、氷室の天地で打倒遠坂の為にクラスを乗り越え集結した超人血盟軍とかが結成されてた。磨神さんほど俺にとって大きな壁はいねえ、料理対決で美味しんぼネタを持ってくるのは定石だが、グルマンくんネタを使うだなんて恐ろしいセンスだ。え? グルマンくん知らない? ゆでたまご先生が空気も読まず少年エースで連載していた料理漫画。エヴァやナデシコと並んで連載されていたヤツですよ。ほら、あの氷室さんが作った冬瓜の細工皿は、グルマンくんのグルマン・キッズ・レースで王府くんが作った純粋卵大王麺のオマージュじゃないですか。うん、正直ネタを見た瞬間に王府くんの顔が浮かんできた俺もたいがいだと思うんだ。
 ……なんでこんなニッチなネタを使っているのに、この漫画オフィシャルなんだろうか。


 話が大幅にズレましたが、要はコレなんですよ。

 真・恋姫無双、やはり来たか……!
 前回は顔も出てなかったのに関羽に殺意を向けられていた呂蒙が居たり、厳顔や黄蓋がババア結婚してくれ!って感じだったり、大将軍や孟獲のようなあんまり(皆無か?)女性化されていない連中が出ていたりするんですが、それよりなにより劉備と魏延なんですよ。
 いやね、実は彼ら(?)二人を使った二次創作を考えていたんですよ。もうこりゃ出せないなーって感じに。俺が考えていた方だと、劉備は男ですからね。もう女の劉備が恋姫に出た時点で俺の出番は無いなと。


ところで、三国一のヤラレ役こと華雄さんに真名が無いのはやはり……。あの人、原典にも字が無いからなあ。最近発売した呂布子ちゃんの3巻でも某痔持ちに一蹴されてました。シ、シンクロニシティ(違います)
 あ、三国志大戦では華雄サン強いんで僕も愛用してますよ。馬だろうが槍だろうがコスト比最高峰の武将なんで。耐え難いバカさかげんと、使いにくい計略のせいで人気無いですけど。強いんだけどね! 強いんですけどね!
 同じ前作おざなりヒロインの公孫サンには真名が付くというヒロインフラグが立ったのに比べると、彼女はなんと不憫か。


 現在、ボツった恋姫SS発掘中。プロットだけですが、見つかったら載せます。わざわざ書き出す時間と根気はねえよう。

ヘイヘさんとギャレンくん〜その4〜

「……ぼけーっと」

ヘイヘさん
得意武器:ライト&ヘビィボウガン
久々に登場のモンハンG級ハンター。前回登場時は上位ハンターだった事を思えば、どれだけこのネタを放置していたのかと。回避距離スキルを持つことで、ヘビィのG級ソロ運用に成功。大方のモンスターを倒した彼女の行きつく先は。

「どうした、ヘイヘさん! 元気無いな」

ギャレンくん
得意武器:ガンランス
実はG級ハンター。前回登場時は下位だったのに。使いにくいと言われているガンランスのみでここまで来たのだから、大した物である。ボマースキルを手に入れたが、足の遅いガンランスに最も合っていないスキルである事はいまだに気付いていない。

「あー……ギャレンかぁ」
「抜け殻だ、抜け殻がいる。どうしたヘイヘさん、久々でキャラを忘れたか? それともピアスに装備を変えたせいで、目隠れッ娘と言うのがバレてローテンションなのか?」
「いや、それはそんなに」
「俺もG級になったんだから、さっさとG級クエストにでも行こうぜ」
「そうだな。君ももう、上位ティガ二頭や覇龍アカムトルムを倒したG級ハンターなんだよな……」

続きを読む>>

ホームラン狙いの大ファールかなあ

 実はこっそりアキバプロレスというものが出来ていたそうでして。以下流行モンとかのツッコミは禁止。
 まず始めに、これが興行データーです。補足するとしたら、主催はファミ通の「いい電子」やゲームやアニメ系の雑誌に良く顔を出すプロレスラーの菊タローで、おでん・カーン、ダンボール肉マンといったアキバにちなんだレスラーが出場し、こういうネタをやらせたら天下一品のプロレス団体DDTが主催と、まあとりあえず死角は無いんですが。なんだろう、たぶんプロレスファンしか来ないよね、この企画。たぶんプロレス以外のオタクも呼びたいんだろうけどさ。


 確かに、8月16日はアキバに人が集まりますよ。人が集まる日を狙って興行を打つのは当たり前なんですが、この日にアキバに人が集まる理由って『コミケ一日目』だからなんですよね。
 いやいや、確かにコミケの時期は周辺地域や地方から人が集まりますが、コミケ目当てに集まる人間は基本的にスカンピンですよ? 一番安い席で3000円の興行見るぐらいなら、別のモンに金使うと思います。3000円あれば、同人誌なら5冊ぐらい、食玩も10は買えて、マンガも複数冊買えるじゃないですか。第一、これから三日間祭りがあるのに、ムダ金使えねーだろ。


 あとまあ、確かにネタとしてアキバの象徴になっているけど、おでん・カーンやダンボール肉マンが見たいからって足を運ぶファンが居るのだろうか。少なくとも、俺はどうでもいい。また例のパターンでプロレスマスコミだけが水増しの観客に大騒ぎして、それでレスラーも満足してちゃんちゃん♪ってオチになるとしか思えん。結局、世間一般には何も届いてないんだぜ。
 そもそも、このレスラーのネーミング自体が流行モ(ry


 随分とネガティブな事書きましたが、新しいチャレンジ自体は素晴らしい事なんですよ。ただ、微妙にやり方を間違えてるんじゃないかと。もっと席を安価にするとか、いっそUDX近くのスペースでやって無料興行にするとか。赤字覚悟というわけにはいかないんだろうけど、それぐらいのリスクを背負う覚悟じゃないと、引っ張りたい層を引っ張れないのでは。


 結局よっぽど興味がないと、アキバプロレス会場には足を運ばないんじゃないかな。プロレスも好きで、そっち系にも興味がある人って、結局根っからのプロレスオタなんじゃないかと。それは多分、向こうさんが取り込みたい層じゃねえよな。うーん、俺も多分行くのは厳しいなあ。プオタだけど。

1/1

Home > Archives: July 2008

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top