Home > Archives: June 2008

アーカイブ: 2008/06

ゾンビ屋れい子を読んでみた

 少女マンガはあまり読まんのですが、愛してるぜベイベやホスト部には目を通しているんですよね。つまりは面白そうなら、少年マンガだろうが少女マンガだろうがかまわんわけでして。
 というわけで最近読んでいるのは、ゾンビ屋れい子ってマンガなんですけどね。えーと、なんと申しますか、ものすごく少年漫画していらっしゃる。だって、似ているマンガをあげるとしたら、まずくるのがジョジョだぜ。ジョジョが第一部のノリのまま、連載を続けた感じと言えばわかっていただけるでしょうか。グロく、カッコよく、イカしているマンガなんですよ。


 このマンガのゾンビには2種類ありまして、こんな感じになっています。

ゾンビ蘇生術……主人公のれい子と姉のリルカと、その父親にしかできない術であり、姫園家にのみ伝わる術。呪文を唱えると、その呪文が聞こえる範囲の全ての死体が甦るというはた迷惑なMAP兵器。甦ったイメージはスプラッター映画のゾンビを想像していただければよいかと。短編でよく使われ、バトル物の長編でも裏技やトラップとして使われる。

ゾンビ召還術……スタンドとサーヴァントを足して2で割った物と考えてください。契約して召還して使役する、ゾンビ。使い手も結構多く、種類も暴走族やら騎士やら虫やらアナコンダやらと豊富で、主人に武器を手渡すのを生業とするサポート型のゾンビまで居る。英霊に比べてえらくアバウトでいいなあ。長編での出番がとても多く、バトル展開の八割を担う。

 もう召還術のくだりとか、確実に少年漫画じゃねえかと。少なくとも、キャラが話が進むごとに巨乳化するのは少年漫画特有のモンだと思っていた。いや、この作者は男性だけどさ。


 真面目に論じますと、このマンガは最高のタイミングで裏切るのが上手い。これはないだろう、こうはしないだろう、これはマズいだろうと思う展開を短編だろうが長編だろうがやらかしてくれる。か弱き老人だろうが善人だろうが幼女だろうが、区別無く死にますよ、このマンガ。そしてメインキャラだろうがサブキャラだろうが。
 「予想を裏切り、期待に応える」ってえのがストーリーの理想なんでしょうが、「予想を裏切り、期待を裏切る」ってえのも面白いなというのをこのマンガは教えてくれました。まあ、期待を良い意味で裏切っているから良いのであって、悪い意味で期待を裏切っては本気で意味が無いので悪しからず。


 で、れい子の持ちゾンビである百合川サキの話になるんだがね。俺も初見で思ったし、イメージ検索にもあったんで言わせて貰うが、やっぱひぐらしの園崎姉妹と似ているよなあ。順番的にはサキの方が生まれが先なので、魅音と詩音が似ているんだろう。
 ただ狂気の度合いで言えば、ブチ切れまくった詩音が相手でもサキの方が上か? サキは幼女連続29人殺害犯という経歴の時点で、ぶっとんでいる。拷問とかがなまぬるく思える狂気の連鎖。邪魔な保護者や警官や看護婦も殺しているので、実際の数はもっといく筈だ。とにかく、プレデター並みの身体能力と、ぶっとんだ思考回路で、序盤の恐怖を一手に担っていた。てーか作中でも生前のサキは最強クラスだと思うんだが、れい子をホントに最後の最後まで追い詰めたし。
 で、なんでゾンビなのに乳が成長して(ry


 とりあえずジョジョが好きな人は読んでみるといい。個人的には、バトルと関係ない短編も好きだったりします。珍しくれい子も被害者(?)となる、キャンプ場の話が俺的なベストエピソード。

同人誌通販に関して

 ちょっとしたアンケートなんですが、ご協力いただければなと。
 最初にぶっちゃけますと、同人誌通販が必要か否かって話なんでして。
 サークルとして活動し始めて早1年ちょっと、コピー本は除くとして、現在までに発行した既刊は『涼宮ハルヒの問答』『近代百鬼夜行』『港の飴のごった煮』『東方文々録』となっておりまして、それなりの数となってきました。なのでここいらでサークルのステップアップとして、通販でも始めようかと。実際、イベントに忙しかったり、遠かったりで行けない方もいらっしゃるでしょうし。それにこれから先、夏以降は色々都合で出るイベント自体が減りそうなのでイベントでの直売り以外の選択肢も作っておきたいなと。
 実際始めるとなると、郵送や代金支払い方法の段取りを組んだり、同人情報のページをそっくりリニューアルしたりの作業が必要なんですが、正直不安なのは通販の段取りを組んだはいいが、必要とする方が誰も居ないという事態でして……。
 という訳で、もし通販を希望もしくは考えてもいいなという方が居ましたらWEB拍手を押していただいてメッセージに『同人』とでも一言書き加えていただければと。なんならメールでも掲示板でもけっこうですので、一言その旨をお伝えください。希望の方が一人でもいらっしゃれば、迅速に動く所存です。
最後に自分のプロフィールの箇所に書いてあるメールアドレスを掲載しておきます。あんなところにあっても、誰も見つけられんよ……。

メールアドレス:niku_fujii☆(☆を@に変換してください)risotto.sakura.ne.jp

29周年の復活祭

 そりゃあ、結婚相手のご両親に招待されて、汗まみれの服で行った挙句にプロテインをゴクゴク飲むような人間が、結婚式に行ったらマズいわな。ロビンマスクはリアル奇行士。


 もう先週の話で思いっきり旬を逃しているんですが、キン肉マンの読み切りが少年ジャンプに掲載という奇跡が起こりました。しかも俺みたいな肉フリークだけでなく、一般層にも評判が良かった模様。アンケートでも上位を狙えそうなほどとか。最も、肉が上位になってしまうと現在の連載陣の立場が無いんだが。
 そもそもこの読みきりは、鏡い離▲縫甓住にでもやっておいた方が良かったのでは。鏡い辰瞳悩椹錣プレイボーイだから、子供が読みにくいんですよね。打開策としてVジャンプでの連載もあったが、こっちは尻つぼみで終了してしまったんで。スグルの真弓的セコンドポジションや女性超人の躍進と、別路線としてのやり方も結構挑戦していたんですがね。でもやっぱVジャンプでの連載よりジャンプの読みきりの方が世間的な露出は……。
 29周年でアニメ化してりゃあなあ、タイミングがかっきりと。てえか、またアニメやってくれ。万太郎がケビンに勝った事はなかった事にして。


 結婚式の招待客を見るたびに思う。キン骨マンはともかく、カナディアンマンとスペシャルマンも招待されたのか。前者は悪友でいいけど、後者はほとんど知らない人を通り越して、こっちが必死のときにイヤミ垂れた嫌なヤツ的ポジションだぞ。自分をウスノロ野郎って罵った人間を結婚式に呼ぶとは、流石慈悲を学んだスグルだ。
 結婚式の喧騒を外に、地球のキン肉ハウスに集まるアイドル超人軍団。テリーマン・ロビンマスク・ラーメンマン・ウォーズマン・バッファローマン・ブロッケンjr・ウルフマンの面々だー! で、ジェロニモは? 後半の活躍度合いから言えばジェロニモなんだが、多分人気があったシリーズの7人の悪魔超人戦からメンバーをチョイスしたのかなと。だがおかげでジェロニモはアイドル超人で唯一、スグルと肌を合わせていない男になってしまった。
 で、ここに結婚式を挙げているはずのスグルが来て最後のガチスパーリングとなるわけだが。これ、結婚式の数日前に行なっておけば問題なかったよね。ロングホーン摘出手術といい、スグルの行動には余裕が無さ過ぎる。究極のタッグトーナメント初戦の頃にやっておけばよかったものを。マシンガンズも2000万もシードじゃねえか。十分余裕はあるだろ。


 そして始まるガチスパーリング。順当にウルフマンを倒し、初顔合わせのブロッケンもキン肉バスターで撃破。ラーメンマンは苦戦の末のキン肉ドライバーで倒すが、次のウォーズマンのパロスペシャルは逃れられず、初の一敗を喫してしまう。
 上記の展開って地味に珍しい。ウルフマンとブロッケンはともかくとして、ラーメンマンが負けて、ウォーズマンが勝つという展開が。いつもだったらウォーズマンが負けて、ラーメンマンが勝つ展開に持っていくと思うんですよ。ラーメンマンは実力者かつ人気キャラだし。ラーメンマンを負けさせることで後の勝敗をわからなくさせたのか、それともこれから鏡い農錣ΕΕーズマンにハクをつけさせたのか。一番考えられるのは、ゆでだからという答えでしょうか。いやだってゆでだし。


 6を9に返す元祖バスター破りによりバッファローマンにも負け、ジャンクマンをほぼ一撃で絶命させた逆タワーブリッジをぶっ放したロビンマスクにも負けるスグル。これで3勝3敗のイーブンという、ジャンプ主人公らしからぬ戦績に。そして最後の一人、因縁の相手テリーマンとの一戦。泣きながら理解しながらの殴り合いなんて、古色蒼然としたやりとりなんですが、なんだろう普通に感動したんだ。最後がクロスカウンターなんてのもお約束なんだが、実にベネだ。古色の中にだって栄える色はあるんだ。


 ここで一応ツッコミ。鏡い硫鸛曠掘璽鵑妊好哀襪侶觝Ъ阿防當未縫▲ぅ疋訥郷佑六伽錣靴討い泙靴拭まあゆでだからで済まそうと思っていたんですが、管理者から良い答えが出ました。
「あいつら、二次会だけ出たんじゃね?」
 た、確かにこれなら矛盾に説明が付く。式は厳粛だから、二次会だけ出てバカ騒ぎしようぜーって、物凄くタチが悪いがそれはさて置き。この答えを聞いたとき、初めて管理者とタッグを組んでて良かったぜと思った。ホント初めて。

サンシャイン再び(地獄のピラミッド)

 サンシャインクリエイション40 Cホール ニ01a
 来週15日に行なわれますサンクリにサークル参加します。
 申し込みジャンルは東方プロジェクトで、当然新刊も東方で作りました。そして、再び挿絵を倉亜軒すぺしゃるのうみつきさんに依頼しました。前回スゲエもん描いてくれた上に、仕事もキッチリと非の打ち所が無かったので。たぶん、何も言わずにバルタン星人を3代目仕様で描いて、ケムール人の配色をこれまた正確に描いてくれる絵師さんはそうおるまい。あのギザギザは青色なんだ。
 そして今回は俺だけでなく、ゲスト原稿も有るという豪華さ。作者の名前はかのしぐまさん。かつて、ナデ○コSS界隈では壊れギャグの第一人者として暴れまわった大先輩。久々にSSを書いていただいたんですが、いやあ、切れ味おちてねえんでやんの。やっぱこの人もスゲエよ。
 とりあえずこちらが表紙となりまして。内容の詳細は『続きを読む』から。
サンクリ新刊表紙2

続きを読む>>

1/1

Home > Archives: June 2008

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top