Home > Archives: December 2007

アーカイブ: 2007/12

2007年を越えて

いやまあなんというか31日の飲み会の打ち合わせしてたら、もう寝ない方が良いやーぐらいの時間になってしまいまして。でどうせなんでつらつらと、2007年を振り返ってみようじゃないかと! みようじゃないかと! 思ったわけですよ。いや、ピッタリでしょ時期的に。それではさっそくいってみましょー。いくつかキーワードをあげてそれについて語っていきたいと思います。


三国志大戦
バージョンアップして、3となってと今年まさにどとーの展開を見せたゲーム。肉雑炊コンビはチーム名「矢車兄弟」として日々下っ端として活躍中です。デッキは俺が怒涛の力押しの群雄デッキ。管理者は白銀聖闘士ことSR馬超を軸に置いた蜀バランスデッキですかね。コロコロ風の漫画にするなら、俺が四天王のヤラレ役の怪力キャラ。管理者が主人公の脇に居る引き立て役の親友のメガネくんポジションで。メガネくんって長い作品だと一回は金星取りますよね。


アイマス
最初に言っておく、俺はかなーりやってない!! 舞台がX−BOXに移ったせいもあってか俺だけじゃなくて業界全体が下火。ニコニコMADで大流行だが、アレも元はX−BOXなんだよなあ。
えーとアニメ版? あれはあれで楽しいに一票。出来自体は平均水準は超えてますしね。まあ前にやってた「つよきす」がヒドすぎて感覚狂ってたというのもあるかもしれんが。アレに耐え抜けば何でも許せるようになる。マジで。


東方プロジェクト
まあ去年もやってたけど、今年は新作の風神録出たしね。なんだろう、俺的に東方の楽しみ方は、絶望的なまでの弾幕を「うおー!無理無理無理!!」とか絶叫しながらギリギリのところで高速回避する事なんですが。天狗のステージなんか大好きよ。あとなんか最近管理人が咲夜さんの胸は実はデカいんだよと熱弁してます。俺はパッドだと信じきっているので、それは無いと断言。貴様の幻想をパッド長に押し付けるな!


型月
うっはー今年殆ど関わってねえや。あ、タイガーころしあむはやりました。ハサンさんシナリオがすっげー楽しかった。コスト比のバランスで見れば、普通にハサンさんは遠距離型の最高峰だぜ。ZEROってえのもあったね。この戦争、セイバーには辛い戦争だっただろうよ。それが感想。今回の彼女の報われなさっぷりはオルステッド級。あの世で俺にー(ry


特撮
電王は最初から最後までクライマックスで終わりそうだが、反面円谷プロダクションが買収という形で終わってしまった。メビウスの出来が滅茶苦茶良かったので残念。ゾフィー兄さんの乱入シーンは素晴らしい、あんなすげータイミングで乱入なんてありえねえよ! 普通無理だよ! 来年の超決戦ウルトラ8兄弟は絶対見に行くぜ。


ハルヒ
今年初めて見た作品その1。いやーなんというかハルヒって最も目立って話の中心に居る脇役ですよね。主役はキョンだろ。平凡の裏にある世界の危機とか大好き。なんだかんだで本一冊作ってしまった今日この頃。怪奇大作戦とのクロスもやってみたいなー。


リリカルなのは
今年初めて見た作品その2。ストライカーズ楽しかったですよ。でもASの方がすげーよ、お前はなにもわかってないとかシタリ顔で言うヤローが居て素直に楽しめなくなった。DVDBOXの角に頭ぶつけて死ね。ASは確かに面白いが。好きなキャラはシグナムさんです。いや乳とかエロいじゃないですか、マジ。


近世百鬼夜行
なんだかんだでとりあえずキリはついた。でも来年以降はどうするか。実は主人公としては那々より五木のほうが世間に認識されている。那々ルートだと敵は西洋妖怪に、五木ルートだと西の陰陽組織が立ちはだかります。まあスパロボの第四次FのポセイダルルートとDCルートみたいなもんです。


マリみて
長かった、長かった……まさかここまで妹問題が延びるとは。もう最終回に向かっているのかな。少なくとも、もう祥子さまの卒業は引き伸ばせないでしょう。しかしマリみての刊行速度はえらく速い。学びたいものです。あとなんか最近、俺のポジションが黄薔薇じゃないかと囁かれている。いやヘタれやん。まあ、確かに微妙に損を背負ったり、役に立つときとたたないときの差があるのは俺と似ているが。


エロゲー
戦国ランスは今年だっけ? ああ違うな。となると今年やったのは「君が主で執事が俺で」ぐらい。ただコレはエロというよりなあって感じだし。略してきみあるは楽しかったですよ。ただ尺が足りなかったんで、そこいらへんはまあPS2版に期待で。南斗星さんルートの加筆と我らが揚羽様ルートの追加か。なんか自然に、ごく自然に、発売から半年後くらいに替わりに夢ルートが無くなってた事に気付くとかマジ有り得る。だが、それでこそ夢お嬢様!!


プロレス
あらかじめ言っておく、俺はかなーり生で見てない!(二回目)
いやなんか地元の会場がスポーツジムに改装されてしまって、当然どこの団体も来なくなったわけで。憎い! あのジムで汗を流しているスポーツマンたちが!(ヤバイネタに走りそうなんで自粛) つーワケで見に行くとしたら後楽園ホール辺りまで行くようなんですが、交通費とチケット代がどうしてもねー
ただマッスルの勢いが世間で認知され始めたのは嬉しいです。中国人対透明人間とか。なんかヤラセとかガチとかマッスル見ると低次元の話に思えてくる。


それでは、よいお年を。

冬コミ告知!!

表紙画像
(クラー軒 うみつきさん作)

もうコミケ開催まで一週間切りましたので正式報告に切り替えさせていただきます。


コミックマーケット73 二日目(30日)に参加します。
スペースは東地区 “W”ブロック 26aで。


当日販売物
新刊 涼宮ハルヒの問答(ハルヒ×ウルトラマンのクロスオーバーSS)
販売価格500円

既刊 近代百鬼夜行(オリジナルSS)
販売価格500円

コピー本各種(Fate×仮面ライダー(X) ネギま×キン肉マン)
販売価格100円


当日は肉雑炊コンビ共に陣取ってます。
でもなんか管理者がお買い物行って帰ってこないとかが、マジでありそうで笑えねえ……トイレとかどないすねん。
それでは新刊の予告編ドゾー

続きを読む>>

堕ちた天馬に僅かな救いを

最近三国志大戦の日記ばっかなので軌道修正してプロレスネタで。
はい、どっちにしろダメじゃんとか言わない。


今年、プロレスの神様ことカール=ゴッチが亡くなった。彼の死は一般マスコミでも報道してたしタモリ倶楽部でも特集組んでたので知っている人も多いと思うが、実はもう一人偉大なレスラーが今年亡くなっていた。
クリス=ベノワ。アメリカンプロレスWWEのレスラーの一人であり、小柄ながらもストイックさと技術の高さでトップクラスに立ち続けていたレスラー。新日本プロレスに練習生として在籍していた時期もあり、マスクマンのペガサスキッド時代はパッとしなかったものの、マスクを脱いでワイルド=ペガサスと名を変えた辺りから才能が開花し、獣神サンダー・ライガーら新日本のレスラーや後に同じくWWEで出世する二代目ブラックタイガーらと繰り広げられた一戦は殆ど全てが名勝負だった。
そんな彼が今年急死したが……WWEは追悼興行などを打たず、日本のレスラーも彼の死を黙殺している。これには彼の死因に事情が有り、アメリカ人は悩んだ挙句殺人と結論付けたが、日本語ならば適した表現として心中がありまして。正直、黙殺も止む終えない状況なんだが、彼の功績や名勝負まで葬ってしまうのは余りに惜しい話。もうWWEの公式ページでは彼のプロフィールは見れないようになっている。まあ企業としては当然の措置だと思います、文句つける類のものでもない。
ただ、ファンの記憶にとどめるくらいはいいんじゃないかなと。記録がなくなれば、数年後には彼の名前は忘れ去られているかもしれない。だが、彼の必殺技クリップラーフェイスロックを、スーパーヘビー級レスラーHHHとの王者戦を、新日本のスーパージュニアでの勇姿を、記憶として語り継ぐぐらいは許される筈だ。黒歴史になるに相応しい事をしたとはいえ、これぐらいは、せめてこれぐらいは……という訳でベノワについてつらつら書いてみました。まあこうして書いておけば、肉雑炊の過去ログが抹消されるまでは記録として彼は残るわけでして。
最後に、一人の優秀なるレスラーであるクリス=ベノワに対し黙祷。

悪鬼陥陣営デッキ。名前だけはカッコいい

たとえ一回の負けでも、何故負けたか、どうすれば勝てるのか、何が間違っていたのか、多くを学べば人は一気に成長する。
三国志大戦の店内対戦でボコボコにされて敗因を自分の目線と相手の意見を取り入れて検証した結果、破竹の全国対戦5連勝です。ダメ計への注意と伏兵の処理の仕方を覚えるだけでだいぶマシになったぜ。
という訳で、大戦知らん人にはなんのこっちゃのデッキ公開。

続きを読む>>

三顧の大戦

西涼もほぼ使用禁止か……西涼&他軍使いの俺はどうすりゃいいんだorz


というわけで三国志大戦3をやってみました。やってみたら思ったより感覚変わらなかった。象が消えたり、武将のメンツが三国志前半寄りだったりと2よりもしかしたら1に近いかもしれない。1からの復活カードも多数だし。俺、1やったことねーけど。あ、勢力が一新されて魏呉蜀以外の勢力は群雄でひとくくりにされました。南蛮や袁家は全員消えましたがね、バージョンアップまで待とうぜ!


しかし今まで使っていたカードがほぼ使えないとなると、再びデッキを組み上げる必要性があるわけで。旧カードは全部が全部使えないわけではないが俺の主力は殆ど使用停止となったし、新たな道を歩まねばならんのですよ。
しかしせめて、せめて長年付き合ってきた高順さえ居てくれれば、奴の陥陣営は強烈かつ虚を突きやすい上に人気が無いという俺好みすぎる計略だったわけで。人気が無い理由は、単純にその……漢字が読めない南蛮軍並みの低知力のせいではないかと。文武両道で使いやすい馬なんか他にゴロゴロ居ますからね。使いにくくて頭悪い馬なんて普通使いませんて。アンコモンなので普通に手に入れやすいのになあ。


そうだな、ここいらで俺も普通の男の子にもといメジャー三大国使いとなろう。蜀とか魏とかね、使って天下とか狙ってもいいと思うんですよ。呉? あんな美男子&ダメ計ぞろいの国滅んじまえ。奴らに何回煮え湯を飲まされたか。天下ー無双かけてみたけど火計相手じゃ意味が無い!
私怨はさて置いて、ここでプレイして一発目に引いたカードで方向性を決めるとしましょう。方向性を決めれば、カードも集めやすいですし。というわけでさらば高順。使用停止の君にはこれ以上付き合ってられないのだよ、さあて俺の相棒となるカードを確認しましょう。
お、銀色に輝いているって事はレアですな。レアならばデッキの中核たる可能性も秘めている筈、幸先がいいですよ。コストが2・5で武力9知力5の勇猛持ちの騎馬と、中々にバランスの取れたスペックですな。だが、2.5の高コストとなると計略の内容も問われますよ? えーと計略は「陥陣営」か。
……R高順ー!!
なんたること、高順が一発目早々帰ってきました。なんでしょう、この復縁の速さは。これでは君とのタッグは卒業したいと豪語したけど結局離れられなかったテリーマンのようです。もしくはドラえもんのウソ800。高順なんかだいっきらーい、ずっと離れたーい。


あーでも強いですね新高順。低知力という弱点も無くなり、原典の武名にあわせて勇猛持ちに。なにより今まで発動後一直線にしか動けなかった陥陣営が操作可能に。一回発動すれば相手の防衛線を一気に破壊します。なんつうか全てがまっとうに強化されているんですが。普通に相棒に事足りるレベルになってしまった。今までは使いにくくて、みんなにそっぽ向かれていたカードなのに……お前なんか高順じゃねーや!!(酷)


あ、そういやついに新LEに待望の蒼天航路が追加されたようです。曹操が主人公なので魏の連中が多数LEとなっているようですが。あの作品で俺が一番好きなのは劉備なんですがね、あのどうしょもなさがたまらん。
……うん、確かに徐晃は大活躍してたよ、蒼天で。でもさ、初登場の全裸で馬にまたがっているところカード化かよ! これがセガクオリティか!?

1/1

Home > Archives: December 2007

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top