Home > 特撮 > 仮面ライダー感想 > OOO(オーズ)感想

OOO(オーズ)感想

仮面ライダーOOO(オーズ) 5話 感想

映司「なあアンク、どうもトラってイマイチじゃないか?」

アンク「基本フォームなんだから、しょうがないだろ。大事に使え」


カザリ「人から奪っておいて、あの言い草はなんなんだろうね」

ウヴァ「落ち着け。怒ればアンクの思うつぼだ」


映司「それにしても、カマキリはいいよな! スパスパ切れて、どんな状況でもいける!」

アンク「バッタも悪くないぞ。なにせ、必殺キックのキーパーツだからな」


ウヴァ「まあ、その、アレだ。なんか悪いな」

カザリ「なんだよその、勝ち誇った顔は!」


 アンクはネットを使いこなしてるし、グリードのみなさんもこのままではダメだと思い、人間の体をゲット。人数はグループレベルで、歴代の敵組織でも最小の規模だけど、駄目な物は駄目と認め、新しい物を取り入れることに抵抗を持たないグリードの柔軟さは特筆すべきものだと思う。
 逆にダメな所を上げるなら、確固たる上役が居ないことによる結束力の弱さか。ストロンガーのデルザー軍団は、最強改造魔人のマシーン大元帥が後半まで来なかったせいで、みんな横並び、足の引っ張り合いばっかでなー……。なまじジェネラルシャドウが「ストロンガーを倒した者がリーダーになろう!」なんて言い出しちゃうから。誰かがストロンガーにとどめを刺そうとすると、邪魔が入って。結局、数を減らして負けちゃったし。
 正直、グリードもこのままだと瓦解するとしか思えない。一番ずるがしこい男が主人公側っていうのが、まずマズい。
 彗星orチュパカブラのブ(武)レドランは、アンクに仲間割れのさせ方を学ぶべきだった。


 メダルの稼ぎの70%。鴻上会長のヒドイ無茶振り。まあ、会長本人も、最初から通らないと思っているのでしょうが。いくら装備を提供しているという強みがあっても、かなり無茶なレート。狡猾なアンクが頷くレートではない。……なんか、他のグリードは素直に頷くか、話をはなっから聞いてくれなさそうだ。よかったね、会長。駆け引きの妙がある相手で。
 正直、今回会長が組みし難かったのはアンクより映司だろうな。堂々と相手の目的を聞いたり、アンクの仕草からヤミーの潜伏場所を見抜いたり。ホントこの人、一体何者なんだろうか。天然のふりをして、一気にがぶりと。ギャンブルで一番手強いタイプの人間じゃねーか。


 主人公がすごい速さで進化していって、敵がすごい速さで劣化していくのって、物凄く画期的なんじゃなかろうか。このペースでコアメダル取られたら、年明けまでにオーズがコアメダルをコンプしてしまう。次回、ガタキリバ覚醒とグリード仲間割れ。なんで敵組織の方が、危機を迎えちゃってんだよ。

仮面ライダーOOO(オーズ) 4話 感想

アンク「ハハハ、人気者だなカザリ!」

カザリ「人間がそんな道具を使うようになっていただなんて……」

アンク「お前ら、もうネットでは広く知れ渡ってるぞ。警官相手に大暴れしたんだって?」

カザリ「そんな事まで。ちょっとアンク、そのネットとか言う物を見せてよ」

アンク「え? いや、それは辞めとけ。正直、お前らが直接見たら、ショックで自殺するかもしれん。直接関係ない俺でさえ、見ているうちに不憫になってくるレベルだ」

カザリ「キミにそこまで言わせるネットって。そして、どんだけヒドイことが書かれてるんだい」


 ネットを使いこなす俺スゲエwと思っていたら、そのネットに追い詰められて結果自滅したコーカサスビートルアンデッドってキングがいてだな。携帯電話にカメラが付き始めた頃に、こういう話を作ったブレイドのスタッフの先見の明は中々だな。まあ、先見の明だけで人気が取れるなら、電脳世界での戦いをいち早く書いたグリッドマンは今頃国民的名作だろうけど。名作ではあるんだけど、知名度はどうしてもねえ。


 オーズの肝は、メダル争奪戦か! コアメダルはオーズにとって大事な変身アイテムで、グリードにとっても大事で希少なアイテム。奪いあうことになるのは必然か。メダルの推移により、オーズの強さや敵の強さも変わるので、起伏ある戦闘を常時楽しめるわけだな。そういや、ガメルやメズールのコアメダルみたいに、世間に放流されてるであろうメダルもあるのか。大変だ。
 各グリードのやり方といい、メダル争奪戦といい、オーズはバリエーションの多岐を目指しているのかね。


「俺を信じろ!」←根拠が無い。
 こんな無為な言い切りをする主人公を、今まで何度見てきたことか。初めて合った人間をどう信じろと? この辺りをスルーした作品が、大抵凡作となるのは気のせいだろうか。
 そんな中、根拠の無さに真正面から突っ込んだオーズはいいなあと。元々、比奈から見れば、一番信用できそうな映司さえ、普通どう考えても信用しねえよってぐらいの怪しさですからね。
 そういや、アンクも鴻上ファウンデーションも映司さえも、隙あらば相手からメダルor刑事さんの身体を奪取しようとしているな。今回の終わり方といい、オーズは欲望を頭ごなしに否定する作品にはならなそうだ。全員、原動力はある種欲望だぜ?
 欲望という言葉の多様性や多面性は、恐ろしいぐらいだ。

仮面ライダーOOO(オーズ) 3話 感想

映司「成り行きで仮面ライダーになったのはいいものの、分からないことが多すぎる」

アンク「フン。あまり無知でも扱い難いか。オレが少しばかり情報を」

慎太郎「情報が欲しいのか? なら、メダルと引換で教えてやろう」

アンク「なっ!? 脇からシャシャリ出てきやがって。しかもメダルと交換だと!? おい映司! 騙されるなよ」

慎太郎「今なら情報と一緒に、十二回月ごと支給のパンツ12枚セットが付いてくるぞ」

映司「全部渡します。むしろ、パンツだけ下さい」

アンク「馬鹿野郎ー!」


 アンクはオーズを直接利用してメダルを集めようとしていて、鴻上ファウンデーションは、アイテムをリースしてメダルを稼ぐ。どちらがスマートかと聞かれれば、鴻上でしょ。ああいうアイテムを戦いの度に渡されたら、なんとなく使っちゃうよなあ。
 アンク含め、グリードのやり方はシンプルでアナログなので、違和感を感じさせずメダルを回収する鴻上のやり方はスマートに見える。人間も進化したって言ってたけど、進化の結果が悪く言うなら狡猾さか……。
 それにしても、装備が全てレンタルでリースな仮面ライダーって。後半のパワーアップアイテムで、今までの稼ぎを無にするくらいの高額料金を請求されるのだろうか。


 め、珍しいな。ネコ系怪人で鈍重って。ネコ系怪人はどちらかというとスマートで敏速なデザインにされるのに、ネコヤミーはかなりのハート様。でぶねこ自体は結構色々なところで使われているけど、どうも牧歌的だからな。怪人って感じは、普通あんましない。
 どうも、最近のライダーキックは最初素直にいかんなあ。ただやはり、ホログラフィが連なって、そこを突き抜けての攻撃というのはカッコいい。元祖はブレイドキングフォームでいいのか? 
 斬撃のオーズバッシュに蹴りのタトバキック、あとはパンチ系ぐらいかなあ。いやホント、個人的にはそろそろ投げ技が出て欲しいんですけど。平成ライダー、キン肉ドライバーのベルデぐらいしか投げ技使いがいねえ……。他に投げ技使う平成ライダーいたっけか?


 自分が死んで、自分のパソコンを思うがままに使われる。なんて恐ろしいんだ! まだ泉刑事、死んでないけどさ。
 相棒は狡猾な人外で、ヒロインは怪力。なら主人公は? 一番今、語られていないのは主人公の映司なのかもしれない。彼、意外とシンプルに人物を語るのが難しい。まさかパンツの三文字で済ませるわけにもいかんだろうし。そう考えると、ハーフボイルドって本人そのものの言葉がある翔太郎は、ライダーどころか創作見渡しても優秀な主人公だったんだなあ。
 ちなみに鴻上会長はハッピーバースデーの9文字で。これから毎回、あの人はバースデーケーキを作るのだろうか。

仮面ライダーOOO(オーズ) 2話 感想

〜オーズ視聴中〜

モモタロス「ほぉ〜コイツが新しいライダーか」

キンタロス「中々、力強いのお。あんなデカいのと単身戦うとは」

リュウタロス「たかーとらーばったー! たとばー!」

ウラタロス「おや? あのアンクって怪人、人に取り憑いたよ。まるでボクら、イマジンみたいだね」

モモタロス「ああん? ちげーだろ。緊急手段で瀕死の人間に取り憑くのは、イマジンって言うよりウルトラマ(ガシィ!

〜しばらくお待ち下さい〜

ウラタロス「……なんにせよ、いつかオーズと共演できるといいね」

キンタロス「おう! 超電王シリーズもある分、可能性は高いでえ」

リュウタロス「あれ? 黒服さんに連れていかれたモモちゃんの代わりに人形が置いてあるー。代理? これって代理?」

ソフビモモタロス「……」(当然無言)


 一回、イマジン四人でのネタというのもやってみたくて。
 それにしても、いきなり刑事さんに取り憑いたアンクって、マジでイマジンみたいッスよね!(必死に) 現時点、しょうがねえなと言いつつ、なんだかんだでコインへの執着以外はマシなアンク。アンクが取り憑いてなかったら刑事さんは死んでただろうし、今のところ結果オーライ。あと、アイスキャンディーによる、ヤミーとグリードに関しての説明は分かりやすかったです。才気走るだけのキャラじゃあ、ああいう分かりやすさは無理。やっぱこの人、妙に人間臭いな。


 なるほど、カンドロイドはワンオフではなく常に多で運用する設定なのか。自動販売機からバイクへと変形するライドベンダーね、ベースマシンがホンダのシャドウなのはいいなあ。憧れるぜ。隊員への支給用バイクに、アメリカンが適しているのかはさて置いて。アメリカンって、色々扱い難いんスよ……。
 俺のバイク趣味はさて置いて。ストーリーには嘗てのライダーの匂いを感じさせる部分が多いものの、アイテムに関してのオーズは間違いなく独創的。ライドベンダーもカンドロイドも、コインという主題を活かそうと努力した形跡だよな。なにせ自動販売機にはコインが付きものだ。剣にメダルを入れるメダジャリバーも面白い。必殺技がある意味有料なのも。


 ひょっとして、パンツを主題としたオーズのこと。To LOVEるや赤松作品の感想レベルで、パンツという単語が乱舞する感想になるのでは!?と心配していたものの、第二話でパンツはなりを潜めたというオチ。だが俺は信じている、今後またパンツ乱舞となることを! そらのおとしものー!
 少し真面目に解説すると、オーズに置いてのパンツは“持たざる者にとっての最低限の持ち物”ってことなのかなと。自らの命でさえ交渉の材料にする者にとっての、最後の拠り所。でもこの解釈だと、どう考えてもパワーアップ時にパンツ脱ぎ捨てるとしか思えない。なんだ、結局感想はパンツ乱舞じゃないか。


 パンツ人間の映司に、グリードなアンクに、兄がいきなりパンクになったことをスルーできる器量の比奈。喜ぶのもわかるけど、ちったあツッコめよ!
 この三人が集うラストシーンを見て思ったことは! この番組、早急に汎用ツッコミキャラが必要だわ。現状、ボケしかいねえ。

仮面ライダーOOO(オーズ) 1話 感想

映司「明日履くパンツさえあればいい! それだけで、人は生きていけるんだ」

アンク「利用しやすいバカだ。欲がなさ過ぎる」

映司「パンツ一枚あればいい、生きているからラッキーだ!」

アンク「……はっぱ隊!?」


 あのストイックさと欲の無さは、もはやYATTA!のレベル。火野映司、恐るべし。ただ、敵は欲望の名を冠するグリード。極限まで持たざる人間でないと、利用されるだけか。欲望というのは広い意味の言葉。人を助けたいという心や、正義を守るといった行為も、養護や秩序の名で欲望に属する行為。無欲な映司はこれ以上ないくらいに、オーズの適任者なのかも知れない。


 今度のヒロインは怪力か! ブレイドの広瀬さんから始まり、イクサなゆりさんに天下無双ハナさんやキバーラ夏海を経由し、ついにパワー系まで制覇。でもアレだ、泉さんにはあんまり覇気がないな。ポテンシャルだけではどうにもならないのは、シシーラひよりが証明済み。ハナさんなんか、何時でも私がやってやる!くらいの殺気に溢れた人だったからね。
 読み返してみると、女子プロレスの解説みたいだ。リングネームっぽいの何人かいるぞ。


 可もなく不可もなく、奇をてらうこともない、手堅いスタートでした。少しアクションが地味だった気がするものの、世界設定や各々のキャラ付けに関しては「だいたいわかった」という感じ。
 太古の怪人が蘇り、偶然封印の力を手にした若者が立ち向かう。概略だけは、クウガと同じなのね。ただ、細部は全然違うけど。流石に五代さんはパンツ以上を必要とするよ! まあ、ユウスケならパンツ一枚でも平気だな、うん。

1/1

Home > 特撮 > 仮面ライダー感想 > OOO(オーズ)感想

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top