Home > 小説 > クロスオーバー > デッドプール・チームアップ!

デッドプール・チームアップ!

デッドプール チームアップ! 艦隊これくしょん〜艦これ〜 その3

前回


デッドプール「強い、デカい、ビッグセブン!」
長門「どうにも小馬鹿にされているような気もするのだが、ここは褒められていると受け取ろう」
デッドプール「艦隊の鉄壁にして大火力、アベンジャーズで言うなら……ハルク。長門はハルクだぜ!」

天龍「あれ? デッドプールは?」
長門「あの全主砲斉射に耐えられたのなら、そのうち漂着するだろう。本調子でないのに、余計なことをしてしまった」

Hulk(意味):廃船の船体、大きくて扱いにくい船、不格好な船、ばかでかい人


「鎮守府復興はスカウトから!」
「どういうことだよ?」
 鎮守府の廊下を並び歩くデッドプールと天龍。意気揚々と先行して歩くデッドプールの様は、数時間前まで頭と胴体の半分が消し炭になっていたとは思えない姿だ。
「例えてみよう、俺ちゃんはある日ピザを頼みました。ピザ配達員が来るまで部屋で小銭入りの瓶を抱きつつのんびりしていたら、誤報によりパニッシャーが部屋に来襲、飛び散る血漿、飛散する小銭、詩人は警官隊の銃弾に倒れ、犬はワンワンと吠え、猫はニャーニャーと鳴き、そしてコウモリは黙して語ることがなかったのであった!」
「おい。その詩人や動物たちは何処から出てきた?」
「俺ちゃんの言葉だけは、風にのるのさ。でまあ、色々あって街の一区画が灰になった後、ピザ屋が来るわけですよ。さて、払うつもりだった小銭は瓶ごと消し炭となった。ピザ食べられない、俺ちゃんのライフプランはここで崩壊! 人生真っ暗。ああ、あの思わぬ事故がなければ!」
「食べ物一つで、真っ暗になるのかよ、お前の人生……」
 純粋なのか安いのか、良く分からない人生だ。
「で、なんの話だったっけ?」
「ここまで話しておいて、ソレかよ!?」
 意味があるように見えて、実は意味が無い。逆もまた然り。つきあってしまった天龍は悪くない。正しいデッドプールとの付き合い方を熟知しているのは、世界広しといえども、未来から来た傭兵ぐらいのものだ。
「ああまあ、つまりはね、ここの鎮守府は今、物資が無くてカツカツ。というか、当て込んでいた収入が無くなって火の車。出れるのは、燃費のいいテンルーちゃんや駆逐艦ぐらい! でも、でも! 駆逐艦の大半は今、遠征から帰れない状態。帰ってくるのを待っていたら、破綻しちゃう! だから、状況を一変させられる臨時艦隊を作りましょーと。残っている連中、癖があったり、燃費が悪くで出せない連中ばっか。なので、早急に新たな駆逐艦が必要って、カンペに書いてあるよ?」
「あるよ?って言われても……だいたい、理由はわかったけどさ」
「いきなり近海に湧いてきた深海棲艦の謎を解明しないと、下手すりゃ遠征期間組が狙われちゃうし。だから、遠征組はみんな待機で帰ってこれないと。俺ちゃんたちは、特命艦隊として解決に挑む! 旗艦でエースは、当然テンルーちゃんで」
「だから、て・ん・りゅ・う! でも、いい響きだよなーエースって。この最新鋭の装備を腐らせずにすむってだけで、ありがたいぜ」
 実はあまり最新ではない己の装備を、天龍は嬉しそうに撫でた。
「というわけで、オレちゃんは長門の手助けの結果先行して海に出て、新たな戦力を連れてきた。世間では漂流とも呼ぶがシャラップ!」
「え? いやスカウトって、普通俺たちが海に出て」
「座しているだけの提督なんてもう古い。非暴力に用はない! 平和の道は血祭りの道、逆らう奴は地獄に叩き落す! これがオレちゃんの提唱するガンジー2。じゃなくて、真提督スタイルだ。オレちゃんは、戦場に橋を掛けに行く側なんだよ!」
 死にかけて漂流していたヤツが、勢いだけは偉そうなことを言っている。
 大きな扉の前についた二人、この扉の先は、外海へと繋がるドックであった。重々しい扉が、ゆっくりと開いていく。
「紹介しよう。鎮守府の新たな仲間、スティーブとバッキーだ!」
「ヲ級とイ級じゃねーか!」
 鎮守府の入り口にして急所に、なんか敵が入り込んでいた。露出度の高い少女の上に、クラゲのような物体を乗せた空母ヲ級に、魚雷に目と剥き出しの歯をつけたかのような怪物然とした駆逐艦イ級。艦娘どころか、バリバリの深海棲艦である。
 そもそも、近海に何故かいる、場所に不釣り合いなヲ級みたいな連中をどうにかしようという話ではなかったか。
「ぷかぷか浮いているオレちゃんによってきて、がじがじ甘咬みした後付いてきてね。なんとも感動的な出会いだろ?」
「エサと思われていただけじゃねーのか」
「こっちの駆逐艦バッキーは、改装するとソ連艦になって、改二になるとアメリカ艦になってスティーブの互角と性能になる出世頭なんだぜ? 響みたいなんだぜ?」
「だぜ?って言われても知らねえよ! こちとら、まだ改二も無いんだ!」
「ヲ……ヲヲ……」
 ヲ級の口から、特徴的な鳴き声が漏れる。
「おいおい、スティーブが驚いてるじゃないか。ついこの間まで、氷山の中で眠っていたせいで、まだ頭ボヤけているんだぜ?」
「北方海域生まれなのか? とにかく、帰ってもらえ。アンタなら言葉通じそうだし、穏便に」
「ワオ、意外。ここで決着をつけてやらぁ!ぐらいのこと言うかと」
「ここは鎮守府だからな。戦いは、外でやるべきだし、決着は戦場でつけるべきだ。お前らも、他の連中に見つからないうちに早く出て行け。ま、外で会ったら容赦しないからな?」
 シッシッシと追い払うように手を動かしながらも、その表情は困惑で、嫌悪感は無い。好戦的かつ強さを誇るように見えて、独自の優しさとおおらかさを持つ。総じて評するなら、天龍とは男前な艦娘であった。
 イ級もヲ級も、天龍の意を察したかのように、静かに退いていく。デッドプールが話すまでもなかった。
 最後にヲ級が、絞りだすようにして言葉を発した。
「……テンリュウ……マイフレ」
「それは止めろ。マジで」
「バイバイ バタフリー! 今度また戦場で会おうぜ! トーチにトロ!」
「名前変わってるじゃねえか!」
 ここに至って、どうにも忙しい天龍であった。

デッドプール チームアップ! 艦隊これくしょん〜艦これ〜 その2

前回


 鎮守府で最も重要であり、艦隊を率いる頭脳の役割を果たす場所。それが、提督の部屋である。この部屋の決断が艦隊の方針を定め、強いて言えば艦娘の人生をも左右する。聖地となるか地獄の門となるかは、提督次第である。
 秘書艦となった天龍の目の前では、聖地でもなく地獄でもなく、口憚られる何かに変わろうとしている提督の部屋であった。
「ウィーウッシュアメリクリマス♪ ウィーウッシュアメリクリマス♪」
 クリスマスのテーマソングを口ずさみながら、檜風呂できゃっきゃと遊んでいる謎の赤い男。登場時にあったケーキがあるならまだしも、何処からか持ってきたアヒルちゃんで遊んでいる時点で何がしたいのかさっぱりわからない。そもそも、この不審人物は、何故提督の部屋で我が物顔で遊んでいるのか。
 そもそもあの檜風呂、高額かつ家具職人が居ないと貰えない物なのに、勝手に作ってしまっていいのだろうか。
「アンドハッピーニューイヤー!」
「痛てえ!」
 叫ぶ天龍。油断していたら、濡れた温い節分用の豆を顔面に投げつけられた。結局、何時やねん今。
「ども、恐縮です、デッドプールですぅ! 一言お願いします!」
「はあ!? うーうんと、お、俺の名は天龍、怖いか?」
「えーと、バスタオル、バスタオル」
「無視かよ!?」
 身体を拭いた後、提督の白い軍服を着たところで、謎の変人は己の名をようやく名乗った。何故か、カタコトである。
「えー、この度は、ワタクシことデッドプールが臨時で提督に就任することとなりました。よろしくおねがいします、テンルー=サン」
「て・ん・りゅ・う! 天龍だからな、テンルーじゃなくて! って、提督!? お前が!? アイツ、何処行ったんだよ……」 
「いやねえ、先日、急な襲撃で、物資ヤバくなったじゃん? 今、鎮守府カツカツだからさ、提督の座をオレちゃんに任せて、外に行っているわけよ」
「外って、補給要請をしに、直に司令部に?」
「いや。クレジットカード無いから、コンビニにウェブマネー買いに」
「どっちも聞いたことねえし!?」
 コンビニにウェブマネー、天龍の聞いた記憶のない二つの単語であった。
「この二つの単語の意味が把握できるなら、きっとソイツはオレちゃんの領域に辿り着けるのだろう。さっきドックで見た、あの自称アイドル。オレちゃんに一番近いのはアイツかもしれん。ゲームだって、分かってやがるからな……末恐ろしい」
「よく分かんねえけど、辿り着かない方がいいのはなんとなく分かるな」
 天龍は、本能で危険性を察した。
「とにかく、提督が不在の間は、オレちゃんが提督と! まあアイツもさ、オレちゃんが飽きたら……じゃなくて、やることやったら、帰ってくるって!」
 会話中、バタンといきなりタンスの扉が開き、中から白袋が転がり出てきた。口がしっかり紐で締められた袋は、もぞもぞと動いている。まるで、人一人ぐらいなら入れそうな、大きな袋だ。
「な、なんだよソレ?」
「あーうー……そうそう、豚、豚。赤城の夕飯としてね、着任の差し入れに! 決して、人が入っているとかじゃないから! 提督は、外にいるから!」
「いやー、それは無理だぜ?」
「だよね! よし! テンルーちゃん殺して、オレちゃんも死ぬ。なあに、後でよみがえるし、オレちゃん的には問題なし! 一種のリランチ!」
「豚一頭ぐらいじゃなあ。赤城じゃおやつがせいぜいだぜ」
「そっちか! その辺りは、おいおい考えよう! この事は、シリーズ終了あたりまで忘れていてね!?」
 白袋を無理やり担ぎあげたデッドプールは、動く白袋を元のタンスに押し込んで、今度は錠前で鍵をしっかりと掛けた。
「話を無理やり変えると、今、鎮守府は未曾有の危機です。謎の襲撃者をどうにかしないと、ご飯も食べられないと。代理提督とはいえ、なんとかしなきゃ!という使命感に燃える真面目なオレちゃん。キャー、カッコイイ。というわけで、テンルーちゃんを、秘書艦に任命します! パチパチー」
「悪りぃ。断る」
「え!? この流れで!? どうせ行数無駄に増えるだけだから、ここはウンと言っておこうぜ!? 容量削減!」
 手拍子どころか途中カッコイイポーズまで取ってしまったのに、ソレはないだろうと、必死で食って掛かるデッドプール。天龍は申し訳無さそうに、そして若干照れくさそうに頬をかく。
「期待してくれるのはありがたいよ。でも、ここの鎮守府の提督はお前じゃなくてアイツなんだ。未曾有の危機なら、アイツはきっとすぐに戻ってくる。そういうヤツなんだよ、ウチの提督ってさ。だから、お前には悪いけど、きっと今秘書艦になっても、三日天下ってやつさ……うるせえなあ、ソイツ」
 ガタガタと、先ほど袋を入れたタンスが揺れていた。
「このSSの更新速度なら、確実に三日以上は持つと思うけどな。そういうことなら、残念だけど諦めるかー。きっとテンルーちゃんなら、この間、一緒に色々した“死の天使”ばりの相棒になってくれると思ったんだけどなー」
 ぷーと残念そうに頬を膨らませるデッドプールの言葉を聞き、天龍のケモミミに似た頭飾りがぴくりと動いた。
「人類最後の秘密を知る不老不死の探求者」
 ぴくぴく。
「二次元として三次元で生きる、次元の超越者」
 ぴくぴくぴく。
「息をする事が恐怖となる女」
 ぴくぴくぴく!
「体重自由自在」
「あ。それはカッコよくない」
 飾りが、ピタリと止まった。
「オウシット。まあこんな感じでね、オレちゃんと組むと二つ名とかついてきちゃうかもしれないのよね! でもねーテンルーちゃんはこういうの嫌いみたいだしなー。代わりに木曽にでも」
「ちょ、ちょっと待った!」
「えー、もういいわ。木曽は改2までいけるし、実はあの海賊キャプテンキャラのほうが、今後のこのSSの展開的には」
「分かった! 頼むから待ってくれ! たとえ三日でも、全力投球することは悪くないよな。秘書艦として、頑張らせてくれよ」
 異名の存在は、天龍の心底にある中二心をドキュンと刺激していた。心底にあるわりには、普段からダダ漏れな中二心だ。
「そこまで言うなら、使ってやらないこともないぜ。テンルーちゃん」
 はっはっはと、鷹揚に振る舞うデッドプール。喜ぶ天龍に気付かれないよう、小声でつぶやく。
「メンバーの異名や宿命だけはカッコいいよな、グレイト・レイクス・アベンジャーズ
 ヒーロー史上最も権威のないチームであるGLAの補欠メンバーでもあったデッドプールは、強いけど残念な正規メンバー達に、初めて感謝した。


次回

デッドプール チームアップ! 艦隊これくしょん〜艦これ〜 その1

 事件は、主力艦隊の帰港間近、鎮守府近海にて発生した。
「Shit! 提督に貰った大切な装備がッ!」
「下がれ、金剛!」
 中破した金剛の前に、長門が割り込む。己の肉体と重装備で金剛を攻撃から庇うものの、長門自身もあちこちに損傷を負っていた。
「長門型の装甲は伊達ではない……と言いたいところなんだがな」
 全ての艦娘が満身創痍であり、弾薬も枯渇同然。これが、艦隊の現状であった。装甲や弾薬は、出征先の西方海域で使い果たしてきた。戦果や得た資源を曳航し、後は帰るのみ。この段階、作戦達成間近で、有り得ぬ敵が仕掛けてきたのだ。
 せいぜい深海棲艦の駆逐や軽巡しか存在しない鎮守府正面海域。ここで疲弊した艦隊を待ち構えていたのは、戦艦や空母に分類される、強敵たちだった。万全なら勝てる相手でも、今の状況では、もはや生き延びるのが精一杯だ。
「警備の手抜かりで済む話ではない。いったい、海で何が起きているんだ!?」
 旗艦である長門の叫び。海からの返答は、まるで怪物の鳴き声のような、深く重い音であった。


 入渠と遠征により、人の気配が薄れた鎮守府。そんな建物、廊下のど真ん中を堂々と歩く艦娘が居た。
 何やらメカニカルな髪飾りは、狼の耳でも模しているのか。身体の線にぴったりと張り付いた黒基調ネクタイ付きの制服は魅力的だが、迫力を感じさせる左目の眼帯は添え物としては強すぎる迫力を醸し出していた。
 自らの名を冠するカテゴリー、天龍型軽巡洋艦の一番艦、天龍。それが彼女の名前であった。
「いやー……遂に出番が来たかぁ。でも、喜んでいられる状況じゃないな、アイツにナメられないよう、しっかりとしないと」
 現在、鎮守府は危機的状況にあった。近海に居るはずのない、謎の深海棲艦による襲撃で、主力艦隊は大きなダメージを追った。幸い撃沈は避けられたが、大破続出の上、持っていた資源物資の大半を持って行かれてしまった。修繕に使う物資もあって鎮守府は急遽火の車に。
 資源を得るに最も簡単な手段は軽巡洋艦と駆逐艦による遠征、本来天龍はこちらに回されている人材であり、当然早急に遠征に向かうこととなる。と周りも本人も思っていたのだが、今回、遠征に行くよう指示され、駆逐艦の面倒を見ることとなったのは姉妹艦の龍田だった。それだけでなく、空いた天龍は、指揮官である提督が最も信頼し、最も近くに居る秘書艦に任命された。
 危機的な状況の中での、秘書艦就任。これはどうにも、提督からの期待を感じざるを得ない。あまり喜ばしい状況ではないが、期待されていると思うと、どうにも嬉しいものが湧き出てくる。複雑な、心持ちであった。
 顔を何度も叩き、緩みそうな顔を引き締める。
「天龍、秘書艦、着任したぜ……?」
 提督の部屋の扉を開けた天龍を出迎えたのは、提督ではなく、バカにデカいケーキであった。段々の洋風なバースデーケーキ。鎮守府の巡洋艦全員で食べても、中々難儀であろう大きさのケーキだ。
「なんだコレ? 長門の注文品? それとも赤城のおやつか?」
 疑問符ばかりの天龍の耳に、妙な音楽が聞こえてくる。妙にテンポよく、妙に艶かしい、聞いたことのないミュージック。そんな音楽のリズムに合わせて、部屋の真ん中にあったケーキが割れ始めた。
 ドンドコドンドコ、ズンズンズン。ケーキの中から現れたのは、赤いマスクを被ったビキニパンツ一丁の男であった。リズムよく腰を振り、ケーキの中から徐々ににゅっと出てくる。
「ハァッ!」
 ケーキが完全に割れ、ミュージックが終わったところで男は決めポーズを取る。汚い肌と尻が、どこからともなくいつの間にか出てきたスポットライトで照らされている。
 動けない天龍と、しばし目の合う謎の男。ただの不審者ではなく、超弩級の不審者。衛兵隊を呼ぶにも、どう説明すればいいのか。
 ドンドコドンドコ、ズンズンズン。再び聞こえてきたミュージックに合わせ、男はケーキの中に戻っていく。全て逆回しのように、割れたケーキも再び閉じようとしていた。
「待て! 戻るな……いや、また出てこられても困るけど! とにかく、俺に何が起きたのか説明しろ!」
 言われた方も困るぐらいの困惑さを隠さぬまま、天龍はひとまずケーキの割れ目に手をかけた。
 この謎のストリッパーもどきであるデッドプールが、臨時に鎮守府提督となったと知らぬまま。


 後に、ここから始まる一部始終を聞いた、天龍の姉妹艦である龍田は語る。
「天龍ちゃんでよかったですね〜。私だったら、きっと出会って早々、もいでましたし」
 何処を? 何を? その時の龍田には、詳細を聞けぬ迫力があった。


次回

ぷちTASKM@STER

この 間の 続き

デッドプール「竜宮小町ねえ。リッちゃんがプロデューサーで、メンバーは双子のカタワレに、人間発光兵器に、三浦あずさ……あずさ!? あずささん!? チクショウ、リッちゃんに、オレのアイドル寝取られた!」

律子「相変わらずですね、プロデューサー……」




みてはいけない

ナムコマスター「さあて、久々にレッスンの開始だ!」

春香「あのー……タスクマスターさん、名前欄がちょっとおか」

律子(ストップ! 春香!)

春香(ムググ!? り、律子さん? いきなり口を塞いで、何事なんですか!?)

律子(読んじゃ駄目、読めても読んじゃ駄目なの! 見なさい、あそこでニコニコしながらこっちを見ている人間を!)

デッドプール「……♪」

春香(うわあ……すごい、笑顔)

律子(読んだ瞬間、連れて行かれるわよ。自分と同じものが見える、仲間として)

ナムコマン「二人でヒソヒソとなんの話を……? 名前欄?」

デッドプール「気にするな、元タスキー!」

元タスクマスター「元!?」

続きを読む>>

デッドプール ミニチームアップ!

とある魔術の禁書目録編

ケーブル「そうだな。たとえミュータント能力が消えたとしても、身体を蝕むテクノウイルスも一緒に消えてくれれば、万歳だ。全て消えた場合は、単なる未来世界の傭兵として戦わせてもらうが」

デッドプール「よし行け、当麻! 一応アドバイスしておくと、ケーブルは能力を使わない状態でもマブカプ2のプレイヤーキャラをやれるくらい強いぞ! まあでも、歴史上最強呼ばわりされているミュータントとしての能力を全開にされるよりは遥かにマシだ! さあ、あのオッサンの幻想をブチ殺してやれ!」

上条「ちょ、ちょっと待て! なんなんだその無理ゲーは!?」




とある魔術の禁書目録曲

デッドプール「上条さんに殴られてから、ガンも治って財布も拾って女の子にもモテモテと、イイこと尽くしです! 先日も、札束風呂で金髪美女とウハウハでした! もう、“そげぷ”を手放せません! ……これが、俺ちゃんが今現在出来る、最大限のフォローです」

ケーブル「もしミュータント能力が消えて、テクノウイルスだけ残ったら即死しかねん。だからつい、カウンターで一撃を……」

デッドプール「だからって、わざわざ金属の左腕で殴るとか、流石のデッドプールさんもドン引きですよ」

インデックス「わー! とーまが大変なんだよ!」

デッドプール「じゃあオレは、白井黒子師匠に、テレポートを上手くエロく使う方法でも習ってくるわ」

ケーブル「学園都市はミュータントも受け入れてくれるのか? 一人、女の子を転入させたいんだが」

インデックス「お、恐ろしいぐらいに無責任な二人なんだよ……」




TIGER & BUNNY編

タスクマスター「見ろ、デッドプール! 吾輩の画期的なアイディアを!」

デッドプール「マントに765プロの文字が! タスキー、ヒーローだろうがヴィランだろうが、コスチュームに余り布を使うのはどうかと思うんだよ。なにそれ、リッちゃんにでも貰ったの?」

タスクマスター「違う! スポンサーと契約し、コスチュームの一部に企業名を入れることにより、毎回仕事の度にボーナスが入るという画期的システム! きっとこの形式を思いついたのは、吾輩が初めてである!」

デッドプール「おいタスキー、このSSのタイトルを……ああ、オマエじゃ見えないのか。ともかく、重要なことを一つ忘れてるぜ」

タスクマスター「何を馬鹿な。ちゃんとヒーローとしての活動時にしか着ないつもりでいるぞ。悪いことをする時は、やめて下さいね、違約金発生しますよと、秋月律子に散々言われたからな!」

デッドプール「で、タスキー。アンタ、765プロのロゴが入ったマント付けて、マーブルVSカプコンに出る気なのかい? アンタ、スゲエ度胸だな」

タスクマスター「……あ」




THE TASKM@STER編

タスクマスター「ま、まあいい。場所と状況をきちんと選んで使えばいいだけだ。行くぞ!」

子供1「がんばれー、ナムコマン!」

子供2「ちげえよ! あいつは、ナムコマスターだよ!」

タスクマスター「知らぬ間に、名前がえらく誤認されている!」

デッドプール「コナミマンみたいだぞー、ナムコマン。版権の関係で、NAMCO x CAPCOMには出れないぞー、ナムコマスター」

タスクマスター「貴様か! 原因は貴様か!」

デッドプール チームアップ! 涼宮ハルヒの憂鬱 後編

いままでのあらすじ
「いやそれ、根本的に間違ってるだろ!?」
「じゃあ、こっちで。いやーオレちゃんホント、目立ちたくないんだけど、キョンがそう言うんじゃしょうがないな」
「軌道修正すると見せかけて、もっと酷い方に行くな! あと責任を俺に押し付けるな!」
「しょうがねえなあ。じゃあ、コレ新しい方でいいよ。このワガママハイティーンめ!」
「もうあらすじ一切関係ねー!」


「オレが朝比奈みくるに成り代わってから、五年の月日が流れたワケだが(CV後藤邑子)」
 いきなりこの男は、何を言い出すのか。朝比奈さんの皮を被った赤タイツは、大仰に椅子に座って、ワケのわからんことをのたまっている。イメージナンチャラとかいう装置は認める、スイッチひとつで誰にでも化けられる万能さも認める。だから、せめて動きを合わせてくれ。大股開きでいるな。
「いえ。五年も経ってませんよ」
 妙に疲れ果てた古泉が真正面からツッコミをいれた。
「あーそうか! 二ヶ月弱か! 書いた本人も、まさかここまで間が開くとは……って悩んでたよ。アイツが風邪ひくのが悪いんだよ。オレたち、何も悪くねー」
 誰だその、風邪をひいたアイツっていうのは。
 溜息を吐く古泉。このデッドプールは何をどう言おうが、どうせ別のワケのわからんことを言うのみなのだ。つまり、どうせツッコンでも無駄だ。五年も二ヶ月も付き合っていないが、オレはそのことを学んだぞ。
「あなたが来てから、今現在までの時間は24時間」
「長門の有希ちゃんは遊び心が無いなあ。オマエが“実は半年経ってました、イェーイ!”とでも言えば、ここのキョンくんがひょっとして!?なんて悩み始めて、大長編が始まるのに。具体的に言えば、前後編2冊ぐらいの」
 大長編ってなんだ、前後編ってなんだ。それに正直、長門にそんなことを言われたら、半年より何より、イエーイ!がひっかかるぞ。長門直々にピースサインでも付けられた日には、寝こむぞ、俺。
「ところで、そろそろ本題に入りたいのですが。SOS団に潜伏しているスクラル人を見つけるとの話でしたが、そちらの判別に目処はついたのでしょうか?」
 この部室に居る、古泉、長門、そして俺。この三人のうち誰かが、スクラル人という宇宙人が変身したニセモノで、ハルヒを狙っている。現に朝比奈さんは入れ替わられて、現在これまた、奇妙な装置で変身したデッドプールが成りすましている。真実を見極める役とスクラル人の生殺与奪の権はデッドプールに握られている。現状は、こんな感じだ。
 冷静に検証してみると、これ凄くヤバい状況だな。特に、生殺与奪の権を、このイカレポンチが握っている辺り。
「モチロンさ! だからこうして、わざわざ関係者をハルヒちゃんが部室に来るより先に呼び出したワケだね」
 なんか今こいつ、こっそり「ヤベ、忘れてた」と呟いた気がするのだが、きっと気のせいだろう。気のせいにしておいたほうが平和だ。主に俺の心持ちが。

続きを読む>>

デッドプール チームアップ! 涼宮ハルヒの憂鬱 前編

 小春日和で頭が寝ぼけていたと言わせてもらおう。授業が終わって、“所要のため少し遅れるわ、ちゃんとあたしを出迎える準備をしておくように”と今の俺以上に寝ぼけたことをハルヒが言い出して、SOS団の部室に着いて、定位置に陣取っていた長門に挨拶して、席に着いた所で、メイド服の朝比奈さんがスススっと出してきたお茶を飲んで。ここでようやく、何かがおかしいと気付けた。
「おい、長門。これはどういうことなんだ?」
「……ユニーク」
 そりゃ確かにユニークだよ。ただコレは、笑えるユニークではなくて、困るユニークだろ。
「ふぇ? どうしたんですか、キョンくん?」
 まずは、俺が反省しなきゃいけないな。部室でメイド服を着て、かいがいしく作業をしてくれる人=朝比奈さんと、思い込みすぎていた。
 よし。俺は反省した。だから正々堂々と、目の前の赤い物体にツッコむぞ。
「誰だ、お前!?」
「え? 朝比奈みくるですけど……」
「俺の知ってる朝比奈さんは、俺より背は低いし、変な赤いマスクは被ってないし、赤いタイツの上にメイド服を着たりなんかしないし、筋骨隆々でも無いからな」
 俺より背が高くて、変なマスクを被っていて、筋骨隆々な男は、なんでばれたのか!という顔をしていた。いやいやお前、まさかメイド服を着ていれば朝比奈さんに化けられると思っていやがったのか? 口調まで真似やがって。
「どうせ小説だから、口調さえ真似てれば、バレねーなーと思ってました。キミはこのトリックを見破れたかな!?」
「何を言いたいのか知らんし、誰に向かって指さしているのかも分からんが、とりあえずお前は、日本全国の推理作家に土下座してくれ」
「すいませんでしたー!」
「ホントに土下座したー!?」
 謎の赤タイツはメイド服をキチンと折り畳むと、三つ指をついての見事な土下座を披露した。なんでコイツ、正体が外国人っぽいのに、ここまで綺麗な土下座が出来るんだ。
「それは、どげせんを読んだからと、言わせてもらおうか! 長門有希ちゃんにも、こうやって漫画を読んで欲しいところだね。まあ、この話は原作準拠だから、徹夜でゲームなんてしたりしないだろうけどねー」
 長門のほっぺたを突っつこうとする赤タイツ。長門は片手で本を押さえたまま、ぺちっと叩く。それでも諦めない赤タイツと、触らせまいとする長門。つんつんつん、ぺちぺちぺち。最初はゆっくりだったものの、やがてやりとりは光速へと。元より超人的な長門はともかく、同じぐらいの速さで付いて行っている、この赤タイツは何者なんだ。
「誰と聞かれたら答えなければなるまいよ! 俺ちゃんの名前はデッドプール。アメリカで大人気、日本で話題沸騰中、スカンジナビア半島ではどうだか知らない、正真正銘のカナディアンスーパーヒーローだぜ!」
 スパイダーマンのパチもんっぽい男は、いかにもそれっぽい派手なポーズを取って大仰に名乗りを上げた。長門の頬を突く作業は止めないまま。
 長門よ、なんならそのまま、その赤いのの指を折ってもいいぞ。俺が許す。

続きを読む>>

デッドプール チームアップ! 魔法使いの夜?編

 デッドプールは悩んでいた。
「親愛なる隣人、インクレディブル、世界一の名探偵、鋼鉄の男、クズリのチビ野郎……日本デビューを間近に控えた現状、親しみやすいキャッチフレーズがないのは、スゲエ問題なんじゃなかろうか!?」
 すげえ、どうでもいいことで。
「まいったなあ。今のうちにイメージを確立しておかないと、一人称がワガハイで、語尾が〜である口調の、珍妙なキャラにされちゃうぜ! 俺ちゃん大ピンチ!」
「……あのお」
「そうだ! 親愛なるクズリなんてどうだろう! 世界一の隣人なんていうのもいいな! なんというか、言葉の意味はわからんが、とにかくスゴい響きだぜ!」
「もしもし?」
「よし、こうなったら銀河美少年デッドプールで行こう! センチネルにでも乗って、颯爽と登場すれば何も問題ないだろ!」
「てい」
 ボゴっと、骨が凹むような痛い音。デッドプールの頭に、重量感ある物体が叩き落とされた。
「うぉぉぉぉぉ!? 痛い、痛いけど平気! こうやってキャラ付けしないと、色々誤解をまねくからね。不死身も重要なファクターさ。なんてったって、ヒーリングファクターと言うぐらいだし」
「なんだかよく分からないけど、そこら辺はもう有名なんじゃない?」
 デッドプールを殴った女性は、ボストンバッグを持ち直すと辺りを見回した。
「ヘンねー、ここは草原、そして月夜。なのになんで、志貴じゃなくて赤い人が?」
「ああ。ボンクラメガネなら、チミチャンガの食い過ぎでリタイアしたぜ。あと、なんか対戦相手とか自称するうらぶれたピアニストがいたから、こっちで処理しておいたぜ、青い人」
 青い人、通りすがりの魔法使いは自体をだいたい理解した。ふらりと現れ、適当に事態を引っ掻き回すか傍観している謎の実力者。要は自分と同じポジションの人間が、主人公の代わりにやってきたのだ。あと、某番外の代わりに。
 蒼崎青子は、瞬時に理解した。そして、別のことも理解した。
「ひょっとして、私もスゲエ迷惑なポジションにいるのかしら。他人のフリを見て、新たに分かる新事実」
「あー分かるわ、ソレ」
「同意された!?」
「気にしないほうがいいぜ。実は今の状況が、月姫最終シナリオ月蝕の一枚絵まんまというのも、気にしないほうがいい。作者に絵心があれば再現できるんだろうけどなあ。でも、どうせ誰も知らないよね。リメイク版が出ない限りは」
 ベラベラと訳の分からないことを喋りまくる、デッドプール。あまり言及すると、色々な人を敵に回しそうな内容だ。
「よし、黙れ♪ で、結局、なんでここに居るのよ?」
「なんでここに居るのかというのを、よりによって放浪者に聞かれました。実は、蒼崎青子という女性に大事な用があるんだ。だからこそ、ボンクラメガネに、青トウガラシ入のチミチャンガをしこたま食わせてきたわけで」
 デッドプールは真正面から青子を見つめると、一枚の白い紙を取り出した。その紙を青子に突きつけ、大事なことを口にする。
「魔法使いの夜の殺人鬼枠は、空いてるのか――?」
「いや、空いてないから。そんな枠、無いから」
 大事なことは、即座に断られた。
「えー! タイプムーンって、各作品に殺人鬼枠があるんじゃないのかよ!? ほら! そういうのいなさそうなFateにだって、朽ち果てた殺人鬼が出てたじゃん! ――大丈夫だ、問題ない。こんな感じで、会話文に“――”も使うようにしますから!」 
「知らない人が聞いたら、色々誤解しそうな話ねー。ま。合ってるけど」
「認めちゃったよ、このミス・ブルー。というわけで、オレが出ても全く問題ないと思うんだよね。オレだって一応、Fate/EXTRAに英霊として、参戦してたし」
「なんでこう、否定しにくいとこばっかついてくるのかしら」
 ちなみに、FATE/EXTRAのサーヴァントは確認未確認合わせて128体いるので、デッドプールがしれっと参加していてもおかしくない。いや、やはりそれはおかしい。
「あー、うん、えーと」
 悩む青子。勢い任せにぶっ飛ばしても、即座に復活して同じこととなりそうだ。火力と再生力の勝負も面白いかとは思ったが、まさかこの草原を焼け野原にするわけにはいくまい。色々大事な場所なワケで。
「そうだ。いいこと考えた」
 青子の思いつき、それは、
「ニックネームに悩んでたわよね。私がいいのを考えてあげるわ!」
 話を思いっきり逸らすことだった。
「え!? マジ!? やったー!」
 そしてそれは成功した。
「出来れば、『銀河』や『美』や『少年』が入っているニックネームがいいです! 流行り的に!」
 出来上がるニックネームが一つしかねえじゃねえかという、デッドプールさんのワガママな提案。
「はい、却下。そうねー、何かいいモチーフがあればいいんだけど」
 あっさり却下される提案。実際、それなりのベースがなければ、いくらカッコいい名前を付けても、定着しない。しばし考えてから、青子は指を鳴らした。
「よし、ピンと来た。貴方のいいニックネームを思いついたわ。身体的特徴やイメージカラーにもピッタリなやつが」
「おおっ! 流石は、“マジックガンナー”“アオアオ”“ミス・ブルー”“今冬発売って、もう2月なんですけど!”と様々な異名を持つお方!」
「いやーはっはっは。最後の異名を考えたヤツ、あとで連れて来い」


「おおっ……超カッコいい異名じゃん。なんというか、厨二のにおいもして、そっちの層にも受けそうな名前だ。ありがとう、ミス・ブルー! 本当にありがとう!」
 コイツはカッコいいやと、青子が付けてくれたキャッチフレーズに感動するデッドプール。感謝感激雨あられ、青子の手を両手でうやうやしく握り、激しく上下に振る。さんざん激しく握手をした後、空めがけ複数のクラッカーを鳴らした。一体何処に、こんなパーティーグッズを隠していたのだろうか。
「いえいえ、どういたしましてー」
 青子も笑顔だった。善い行いをした。そんな気持ちが、顔から溢れている。本人も与えた人間も大満足、これほど良い状況に転ぶとは、誰も思っていなかったに違いない。
「じゃあ早速、この異名を広める為に頑張るよ、オレ! グッバイ! 今冬発売はちょっちキツい人!」
 ゲーム間違えたんじゃないかと思うくらいの弾幕が、手を振るデッドプールを焼き尽くした。モクモクと煙が上がり、草原が焼け、巨大なクレーターが出来ている。標的である赤タイツは、久々のテレポートで脱出していた。
「逃がしたか……。いやいや、まだ更に延期って情報が出たわけじゃないしね! でるわよ、うん。きっとこれ以上延期せずに、出る筈! 私は信じてるわよ!」
 青子は夜空の星、遠い世界にいるであろう誰かに向けて、真摯に祈った。

続きを読む>>

次回予告的なシロモノ

「ある女性が不法に所有しているマジックアイテムを奪ってきて欲しいのです」
 そんな依頼を受けて、冬木市を訪れたタスクマスターの前に現れる、良く知った厄介な人間。
「ヘイ、タスキー! いくらマブカプ参戦が決まったからって、まだまだ日本での主役を一人で張るのは無理ってもんだぜ! 現在日本各地で話題沸騰、マブカプ3で人気爆発確定の、デッドプールさんも話に混ぜな!」
「なんでお前がいるんだ……」
 奇しくもコンビ結成となった二人の前に、屋敷の主だけでなく、駆けつけた弓の英霊が立ちふさがる。
「なあアンタ、何処の日焼けサロンに行ったんだ? 髪まで白くなるって、絶対事故かなんかだから、しかるべきところに連絡した方がいいんじゃない?」
「シィーッ! 黙っといてやれ! きっと多分、本人はオシャレだと思ってるんだから!」
「……全身赤タイツと、骸骨男に言われたくはないがね」
 魔術による模倣、技巧による模倣。アーチャーとタスクマスター、二人の贋作者による、模倣の祭典。そんな中、とんでもない事態がおこってしまう。
「おい、タスキー! 目的のアイテムを手に入れたぜ! なんか血ぃたらしたら、えらいことになっちゃったけど。今度からデッドプール改め、魔法少女カレイドプールと呼んでくれ!」
「お前、一片足りとも少女じゃないだろ」
「どうやら、見誤ったようだ。あの男は私ではなく藤ね……もとい、藤村大河の管轄だった」
 魔法少女となったデッドプール改めカレイドプールは、カレイドステッキの力を悪用し「冬木市民総デッドプール化計画」を実行に移す。頑張れ二人の贋作者、冬木の平和は君たちにかかっている!


 次回デッドプールチームアップ、Fate編改めカレイドルビー編。リクエスト次第で近日更新、お楽しみに!


「参ったなあ。空も飛べて、高火力となると、苦手な相手だ。ここは本家魔法少女にどうにかしてもらうか。決して、ヨゴレに関わって自分のイメージを落としたくないってワケじゃないぞ?」
「わたしだって嫌よ! それにだって、ステッキ持ってかれちゃったしね。いくらなんでも、ステッキ無しでの変身は無理だから」
「安心しろ凛。こんなこともあろうかと、あのステッキを投影しておいたぞ」
「おっけー、分かった。変身してやろうじゃない。そして絶対誤射してやる」

デッドプール チームアップ! 月姫 後編

 遠野家の庭は邸宅に負けず立派である。だだっ広く、使用人も少ないのに、それなりに整えられた庭。そして防犯設備も並以上である庭を、白い影が闊歩していた。人間基準の防犯装置なぞ、彼女にとっては、遊び道具にもならない飾りでしか無い。夜空を思うがままに跳び回る。
 吸血姫は、飛び乗った枝をしならせ、一気に跳躍する。弾丸の如き勢いで狙うのは、屋敷の窓。志貴がいるであろう、彼の自室の窓だ。
「しーきー!」
 満月のせいか、妙にハイテンションなアルクェイド。窓に飛び込んだアルクェイドは、窓に縦横無尽に張られていたゴムに引っ掛かった。アルクェイドの勢いを包み、そのまま反射しようとする幾重もの強化ゴム。
「うわ、なにコレ!?」
 アルクェイドは驚きながらも、窓枠を掴んで何とか踏みとどまった。ぎちぎちと、ゴムは張り続けている。どんだけ頑丈なゴムなのか。
「スゲエ。ゴムをしならせ、なおかつ反射に耐えてるぜ! これ、SHIELDから頂戴した、ハルクやジャガーノート用のゴムなのに! まさにワンダーパワーなガール! 略してワンダーガー……ダメだダメだ、こいつは余所の会社のヒロインだ。おいそれと口には出来ない。ワンダーガールだなんて口に出来ないよ!」
 アルクェイドの眼前に現れたのはデッドプール。手で、おおきな鳥の羽を弄んでいる。
「それ、こしょこしょー」
 デッドプールは羽で、耐え続けるアルクェイドの鼻をくすぐった。
「ぷふぁ! あはははー……うわっ!」
 笑って力が抜けたアルクェイドは、ゴムに弾き飛ばされた。ぴゅーんと、やけに遠くに飛んでいく音がした。
「なるほど。アイツが、ご当主の言っていた邪魔者ってヤツだな。よしメガネ、オマエは勉強を頑張れ。オレは再び、オマエのベッドでトランポリン競技を極める作業に戻るから」
「できるかー!」
 机に座り、宿題と格闘中の志貴が叫んだ。
「落ち着け落ち着け。落ち着けメガネ。オレのお仕事は、オマエの監視なんだ。オマエの勉強を邪魔するヤツを追い払って、メガネが逃げないように監視してくれって言われてるんだよ」
 リアリィ?と、外人らしい聞き方と仕草をするデッドプール。遠野家に雇われた彼の任務は、志貴の監視だった。
「それは分かるけど、分かるけどさ。どう考えても、ベッドでトランポリンをしている人間も邪魔なんだけど。あと、メガネ呼ばわりは止めてくれ」
 自分の素行に問題があるのは分かるけど、こんなのをお守りに付けられるまでのことをしてきたのだろうか? 「してきた」と言う声と「してない」という声。志貴は後悔と理不尽さに苛まれていた。
「オレだって不満さ! この部屋、なんもねえ! TVもねえ! ラジオもねえ! ついでに車も走ってねえ! コハクさんの部屋に今すぐ駆けこんで、ゲームでもしたいって気持ちを必死に抑えてるんだぜ。トランポリンぐらいが何だって言うんだ。オマエの部屋から、もしかしたらトランポリン競技の金メダリストが生まれるかもしれないんだぜ。分かったか、ボンクラ? じゃあ、そういうことで」
 立て板に暴れ水、追求不可のガトリングガントーク。さんざんまくしたてて、デッドプールは再びトランポリン競技に戻った。
「もういい、好きにしてくれ。あと、ボンクラよりは、メガネの方がいい」
 それだけ言って、諦める志貴。少しだけノートに物を書き込んだ所で、言い忘れていたことに気がつく。
「ああ、あと。そろそろアルクェイドが戻ってくるから気をつけろよ」
「え? さっきのブロンド? 無理、無理。あんだけの勢いでぶっ飛ばされたらね、普通帰ってこれないって。どんだけチートなんだよ、オマエの彼女。まあ確かに、ブロンドの例に習って、頭だけは軽そ」
 ブチブチと強化ゴムが千切れ、ついでにデッドプールの言葉も千切れた。一陣の白い風が、未来の金メダリストを掻っ攫って行った。急に静かになる志貴の部屋。ちょっとの後、庭から銃声や爆音が聞こえてきた。肉の裂ける音や叫び声も聞こえる。
「悪いな。たぶんアルクェイドは、そのチートってヤツだ」
 とりあえず勉強に没頭する志貴。これぐらいのやかましさなら、耐えられないレベルではなかった。


「なるほど、このメガネをデートに誘いに来たのか。いいねいいね、ビバリーヒルズだ。ビバリーヒルズ・コップだ。違った、青春白書だ。邪魔しちゃまずかったな」
「でしょ? でしょ? 志貴、この人、良い人だね。なんてったって、話せば分かる」
 静寂を保てたのは短かった。和解して、志貴の部屋に戻ってきたデッドプールとアルクェイドは和気藹々としていた。デッドプールは血まみれで、アルクェイドも服や髪が焦げているのだが。あと出来る事なら、その状態で他人のベッドに腰掛けないで欲しい。
「……悪いけど、アルクェイド。今日は俺、宿題をやらないと色々マズイんだ」
 志貴が申し訳なさそうに言うものの、
「えー! そんなのいいじゃない、遊ぼうよ」
 そんなアルクェイドは、話して分からない悪い人だった。
「ああ、そうだ。最近、グールやリビングデッドがやけに増えてるのよ。デートのついでに、怪しいところを覗いてこない?」
 それは果たして、ついでで済ませていい話なのだろうか。それでも、一応は気になる話だ。
「まさか、アイツが残したヤツか?」
「ううん、多分違う。一応気になる所を見つけてきたから、ちょっと顔を出してみようかと」
 なんか新しい店が出来てたから、ちょっと寄ってみよう。それぐらいの口調だ。まあ最も、アルクェイドの実力ならば、それくらいの気安さでも平気なのだが。傲慢でも何でもない、しっかりと実力に裏打ちされた余裕だ。
「それなら、ほっとけないか……」
 勉強より、迫り来る危機。志貴の心が勉強から徐々に離れていく。
「そうでしょ? だから行こう、ね?」
「いいんじゃないか? どう考えても、放っておくの選択肢はバッドエンドへのフラグだぜ? 一緒に行くを選ばないと、あの地味眼鏡と二人っきりのハチミツ授業コースだろ。しっかりしろよ、主人公!」
 よく分からないことが混ざっているが、デッドプールもアルクエイドを援護する。地味眼鏡とは、先程帰ったシエルのことなのだろうか。「ドキドキ授業は、シエルじゃなくて知得留先生ですよー」という声が何処かから聞こえてきたが、あえて黙殺しておく。
 それにしてもデッドプールは一応監視役なのに、志貴を堂々と見逃してもいいのか。
「大丈夫、大丈夫。オレも行くから」
 いそいそと準備を始めるデッドプール。そういう心づもりだったのか。ある意味、納得のいく展開である。
「いや、それはダメだろ」
 でもしかし、あまりに適当すぎて、思わず志貴がツッコんでしまった。
「ダメ? いやまあ、監視下にいりゃあいいんじゃないかなって。こういう、臨機応変さがオレのウリだし。邪魔者はちゃんと一回追っ払ったし」
「うんうん」
 追っ払われて、また戻ってきた邪魔者が同意していた。
「絶対秋葉が怒るから。俺はどうにかなるけど、俺のせいで人がクビになるっていうのは流石にちょっと」
 あまりの自由さに、志貴の気が引けてきた。普段なら、言い訳しつつ、勉強をほっぽり出して出かけてしまうのに。なんだかんだで、自然と監視役として働いているデッドプール。反面教師の道を、ひたすらに走る男の説得力だ。
「クビ!? 馘首!? You're Fired!? あーそりゃマズいな。クビは良くない、外出と勉強を両立させなきゃいけないのが難しいところだな。考えろ、デッドプール。考えろ、考えろ……感じるなよー考えろ! よし、いいこと思いついた! コレで行こう!」


「で、これはどういう事なんでしょうか?」
 志貴の様子を見に来た秋葉。怒り半分、困惑半分。なんでこんなことになっているのか。当事者でない秋葉には、分からないことであった。
「いやー。わたしもなんでこんなことになったんだろうって、考えてたんだけど、わかんないのよ」
 当事者もよく分かっていなかった。
 志貴の部屋に、志貴とデッドプールはおらず、何故かアルクェイドが席について志貴の宿題をやっている。秋葉の困惑は当然だった。と言うより、アルクェイドも困惑している。
「ところで妹。日米修好通商条約って1850年締結で合ってるよね?」
「知りません! 合ってますけど、知りません!」


「どうしてこうなった」
「頼むから、お前が言わないでくれ。頼むから……」
 一方その頃、デッドプールと志貴は、アルクェイドが怪しいと目をつけていた場所に居た。二人きりで。

続きを読む>>

1/2 >>

Home > 小説 > クロスオーバー > デッドプール・チームアップ!

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top