Home > 小説 > TYPE-MOON > ザ・サムライ

ザ・サムライ

ザ・サムライ〜超人対黒騎士〜

 ※このカテゴリーで公開されていない、これ以前のお話は上のNovelコーナーにHTMLで置いてあります


 土蔵でトレーニングしていた俺の目の前に現れた黒い騎士は、いきなり“セイバー”と名乗った。
「士郎! 無事か!?」
 土蔵の扉を蹴り壊して、自称セイバーであるネプチューンマンが中へ雪崩れ込んでくる。後ろには遠坂の姿もあった。
「来たか贋作。セイバーを名乗るのであれば、せめて剣くらいは持つがいい」
「なんだテメエは。この俺の豪腕こそが剣、貴様こそそのような華奢な身体でサーヴァントを名乗るとは、おこがましい!」
 対峙する二人のサーヴァント。
 セイバーを名乗る物が二人、つまりどちらかがニセモノで、どちらが本物かという争いだ。
 黒騎士は、一見華奢な少女のように見えるが、身体を黒い鎧で固めており、黒一色に赤の染が入った長剣を携えている。
 対するネプチューンマンは、いつもどおりの黒タイツにレッグウォーマーに水牛の鉄鋲付きベストの格好。剣なんか当然持っていません。
 同じクラス名を名乗っていながら、両者は好対照だった。共通点は黒いバイザーとネプチューンマスクと、どちらも仮面を被っている事のみ。
 どちらがセイバーかと聞かれれば……
「ユーウイン」
「おめでとう、あなたがセイバーよ」
「当然だ」
「ちょっと待て二人とも!」
 俺と遠坂の判定に意義を立てるネプチューンマンだが、そう言われましても。どうみてもセイバーはあの黒騎士の方だろ、剣持ってるし。今までの付き合いとか友情とか色々加味してもセイバーの名はあっちの騎士のものだ。
「ええい、御託はいらん。真のセイバーを決めるのは力のみ。来い黒騎士、貴様を倒し、その黒い仮面と一緒にセイバーの称号を剥ぎ取ってくれるわ!」
 思いっきり悪役のセリフだこれー! そもそもタイトルじゃあるまいし勝ったからって称号は貰えんだろ。
 そんなネプチューンマンを見た、黒騎士改めセイバーは黙して剣を構える。
「よかろう、貴様の勇気に免じて許そう。私に勝てばセイバーの名はお前のものだ。叶わぬ事ではあるがな」
「いやいや、負けても勝ってもセイバーはお前だ!」
「そうよ、それとこれとは話が別よ!」
「お前らセイバーが俺じゃなにか問題が有るのか!?」
 うん、問題が有る。だから俺たちは必死でアピールしているんだ。
 言葉はここまでと、セイバーは剣を斜めに構え駆ける。ネプチューンマンも呼応し横に跳んだ。
 土蔵に空いた二つの人間大の穴を見て俺は思った。
 お前ら、せめてどっちかは入り口使えよ……

続きを読む>>

ザ・サムライ〜悪魔VS猛犬〜

 柳洞寺へ向う石段を強引に避け、山を踏み入った中ほどにある小洞窟。ここに全ての悪意は集結し、聖杯現出の場としての体裁を着々と整えている。 
 現在この入り口には、当面のターゲットを見失ったオメガマンが陣取っていた。ようは、ていの良い見張りだ。彼にしては珍しく気が抜けた状態だ。
 しかしカサリと枯れ枝を踏む音が聞こえた途端、すぐに彼は気を取り戻し侵入者へと構える。この闇夜でオメガマンの異形の外見を見ても、侵入者は不敵な笑みを絶やさなかった。
「誰だ!」
「私は神父です、中に控えている方に差し入れを持ってきました」
 おかもちから漂ってくる、鋭い唐辛子の香り。
 侵入者は聖杯戦争監視役の言峰神父だった。寺と言う信仰の真逆の建物があるそばに居ても、彼は意にも介していない様子だ。
「差し入れだと? 怪しいが、神に仕える神父の言う事だ、信頼してもいいだろう」
 この男に見張りの意味があるのだろうか。罪なのはオメガマンではなく、神父や牧師は信用できるといった超人界の常識なのだろうが。
 だが、オメガマンはなんとか見張りとしての職務をギリギリで思い出した。
「ちょっと待ってもらおうか。まだやはり、完全に信頼は出来ない」
 さっさと言峰の体をチェックするオメガマン。とりあえず武器の類は持っていないようだが、触っているうちに違和感を感じ始めていた。
「フフ、神父さま。えらく筋肉が発達していらっしゃる。どこで、鍛えられたんですかい?」
 服の上から触ってもハッキリわかるほどに、言峰の体は鍛え抜かれていた。質は違えど、密度や錬度は超人の筋肉にまさるとも劣らない。明らかに、並みの聖職者が持ち合わせるものではない。
「テメエ! ちょう……」
『手を出すな』
 ライフルを持ち出そうとしたオメガマンを止めたのは、洞窟から響いてきた声であった。尊大な物言いだが、オメガマンは文句一つ言わず慌てて声に従う。
「どうやら、許可が出たようだな」
 このやり取りの中でも平穏を崩さなかった言峰を、オメガマンは舌打ちをしてから通す。そんな不満げな彼に、言峰はおかもちを差し出した。
「なんのマネだ」
「この食べ物は君に持ってきたものだ、この中に居る悪魔は、食べ物を必要としないからな」
 オメガマンの返答も待たず、言峰はおかもちを置いて洞窟の中に入っていった。
「あの男……何者なんだ」
 オメガマンは、自分や強豪悪行超人にも勝る負のオーラを持った神父に、僅かな恐怖を感じていた。アレに勝るのは、不死鳥か完璧の長かこの中に居る悪魔ぐらいしか思い当たらない。
 とりあえずおかもちの中身を確認する。おかもちの中に入っていたのは、真っ赤な麻婆豆腐、おかもちを空けた瞬間に漂うツーンとした匂いがオメガマンの目を潰した。
「うお!?」
 思わず目を押さえるオメガマンの背後を、青い影が駆け抜けた。

続きを読む>>

ザ・サムライ〜ラストラウンド〜

 聖杯戦争はこの場所に帰結する。
 柳洞寺に隠された洞穴。本来ならばこの洞穴で、従者の誇りがぶつかりあい、姉妹の因縁が清算され、一人の男の執念が滅びる。つまりは最終決戦の場所。
 しかし、今この洞窟で行なわれているのは決戦ではなく、ただの特訓だった。だがこれを特訓と呼んで良いものか。特訓というにはあまりに無慈悲で、あまりに残虐。傍から見れば、これはただの拷問しか見えなかった。


 深い洞窟でネプチューンマンはギターを奏でていた。曲目は『イエスタディ』英国の傑物ビートルズの代表的な名曲だ。亡き母を偲んで作った詩は、なにか物悲しい。
「うっ……」
 呻き声が合いの手で入り、ネプチューンマンは演奏を止めた。
「どうした。まだ八時間しかたってないぞ」
 洞窟の天井に吊るされ呻く、士郎の姿は凄惨だった。上半身裸でぶら下げられられ、ところどころに血が滲んでいる。血の臭いをかぎつけたコウモリたちが、士郎の血をすする為に群がり、新たな傷が生まれる。新たな傷から湧き出た血が再びコウモリを呼び寄せると、終わらない苦痛が続いている。
「こ、こんなことで強くなれるのかよ。もっと、道場で鍛えたり、魔術について勉強するとか、こんなんで聖杯戦争を終わらせることができるのか?」
「勝ち抜くために、こうしてんじゃねえか。この特訓は俺たちの勝利に直結してるんだぜ。聖杯を手に入れるためにな」
「聖杯……? 俺は、戦争を終わらせたいが、聖杯なんかいらないぞ」
「ふん。やはり甘チャンだな。その性根をどうにかせんと、お前は永遠に三流魔術師だ」
 ネプチューンマンはギターを置き、士郎の眼下に歩み寄る。
「ひとつ、面白い話をしてやろう。俺と同じ境遇の正義超人の話だ。ソイツは、魔界のプリンスと呼ばれる冷酷非道な悪魔だったが、正義超人の友情を目の当たりにし、一人仲間を振り切り出奔して、正義超人入りを果たした。そして正義超人対悪魔超人の最後の戦いが終わり。正義超人軍団は解散、男は魔界に戻り結婚し子をなし、息子を自分と同じ正義超人にしようと鍛え始めた。今、男はどうしていると思う?」
「息子を育てている最中か、それかもう育て終わって息子に正義超人の座を譲ったんじゃないか」
 士郎の希望ある答えを聞き、ネプチューンマンは高笑いし、話を続けた。
「ハハハーッ! 残念! 正解は、男は自分が正義超人であったことを後悔し、己の手で殺した息子を思い懺悔の日々さー!!」
「なんでさっ!?」
「耐えられなかったんだよ、悪魔の血に息子が! 息子は正義超人であることに苦痛を覚え、悪魔への道をこっそりと歩み始め、知って咎めた実の母を惨殺したんだ。そこまできて男はようやく気付いたのさ。悪魔は所詮悪魔、正義超人になどなれるはずが無い。息子が悪魔となってようやく、自分が現役バリバリの正義超人であった時に感じていたザラついた違和感の正体を知った、愚かな話だ! 男は母を殺した罪の清算として、息子を殺し。自分が間違っていたせいで妻と息子は死んだと懺悔の日々を送っている。正義なんてもんに憧れなければ、二人とも死なずにすんだとな。ハーッハッハッハー!!」
 絶望的な物語は終わりを告げ。同時に、この狂った特訓も終わろうとしていた。
「ウォォォォォォォ!」
 士郎はロープを己の力のみで引きちぎり、拘束から離れる。徐々に肌が黒くなっていき、髪も茶色気味の毛から白髪へと変色していく。その姿はまさにアーチャーそのもの。急激な変貌を遂げた士郎を見てネプチューンマンは満足げに叫んだ。
「そう、その正義感を一度全てとっぱらった姿が強者たるお前の姿だ! 衛宮士郎では俺のパートナーになりえない。だが、お前が英霊エミヤならば、俺とお前は戦争に勝利し聖杯を手に入れ、完璧超人界復興を成し遂げられる!」
「そうか、俺は、いや私の到着点はこの姿なのだな」
 口調までそのものとなった士郎、もといエミヤはゆっくりと立ち上がった。そこへ再び群がってくるコウモリ達。瞬時に投影された黒と赤の両刀が、獣と鳥の間に位置する中途半端な生き物をはっきりと一刀両断した。コウモリの死骸が周りに積もる。
「話は聞かせてもらったわ!」
 岩陰から飛び出してきたのは凛だった。この洞窟での特訓をいぶかしみこっそり後をつけて来ていたのだが、既に事態は最悪の方向へと進んでしまっていた。
「いままでよくも騙してくれたわね。完璧超人界の再興? そんなものに聖杯は使わせないわ」
「怒鳴られるとは心外な。君の死んだ相棒に再び会わせてやったのだ。少しは感謝して欲しいものだな」
「……どうやら交渉の余地も無い様ね」
「それはこちらも同じ事。オレの企てを知られてしまった以上、お前を帰すわけにはいかねえ。さあエミヤよ! ゴングが待ちきれんだろう!? これが英霊エミヤとしてのお前の初仕事だぁ―っ!」
 ネプチューンマンの合図を受けたエミヤは一瞬も躊躇せず、ゆっくりと将来の主となるべき女性に、切っ先を向けた。
 そして音が後をついて来るほどの速度で駆け――

続きを読む>>

1/1

Home > 小説 > TYPE-MOON > ザ・サムライ

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top