Home > 特撮

特撮

ゴーカイジャーVSギャバン 感想

 まず、この作品を観る上で、誰もが考えるのが、ギャバンはどうなのかという事ですよね。出るのは確定、ではどういう出方をするのかという話になって来ます。端役扱いされ、ゴーカイジャーの刺身のツマとされる。価値を落とさぬまま脇役に周り、ゴーカイジャーをサポートする。ゴーカイジャーと並び立つ。最悪、役者とスーツが一緒なだけの別人が出るという、悲しい可能性もあったわけですよ。このリバイバルブームの中、どう見ても別人な過去キャラというのは、少なくない数、存在しています。
 結論としてゴーカイジャーVSギャバンにおけるギャバンは「当時そのままでゴーカイジャーと共に主役を張る」という、扱いとしては最上級の物でした。衰えを見せぬ大葉健二さんだけでなく、スタントや脚本に監督といった裏方のスタッフも当時をしっかりと研究した結果、ギャバンという作品が持っていた雰囲気も再現されていました。おそらく、出来ることは全てやって再現した結果が今作のギャバンと言い切っても、過言ではないかと。予算やスケジュールといった、現実的な物を考慮した上で。
 そしてゴーカイジャーという今のヒーローを介し、ギャバンを知らない子供たちに、ギャバンというヒーローの存在を伝える。これ実は、自分が同人誌で狙っていることの一つでもあります。流行りを介して、超獣やアメコミのことを伝えられたらばと。そしてこの映画は、その方法の可能性と成功の大きさを教えてくれました。最初は父兄の感嘆が目立っていたものの、クライマックスにおけるギャバンは、ゴーカイジャーと同じくらいの子供たちの歓声を浴びてました。そしてギャバンの価値をそこまで高めながら、ゴーカイジャーの価値も落としていない、むしろ相乗効果で上げている。完璧ですよ。
 そういう訳で、自分にとってこの映画は、ただ面白かっただけでなく、色々と実りの多い映画でもありました。クロスオーバーに関わる上で、見本となる作品の一つですよ。


 いかん。真面目成分が切れた。という訳で、ココからは砕けた上にネタバレな感じで。ジェラシットさん、大活躍!

続きを読む>>

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX感想

 レイトショーやっているとは、なんて素晴らしいんだ! なので入稿の足そのままで、仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAXを見てきました。子供の歓声や感想も、それはそれで味があって面白いんだけどねえ。まあホラ、子供はマナーが悪いって言う人もいるけど、大人にも結構な数、マナーをわきまえない人間はいる。
 うん。これ、まじスゲエ。個人的最大評価の運命のガイアメモリに肉薄する高評価。てえか、両方坂本監督の作品だな。坂本監督、まじスゲエ(二回目)。派手なアクションやしれっと入れるエロスも好みだけど、撮るべきところはきっちりとって、グダグダとした物はすっぱりカットするというやり方が、一番好みに合致しているんだろう。オールライダー映画の新境地だ、コレ! あの人は今回出てないけど、最初からクライマックス。まさかプリキュアオールスターズを超える加速度を叩き出してくれるとは。
 好きな映画は二回見てもOKという主義の俺だが、今回はそういう習慣のない管理者でさえ、二度目の鑑賞を計画するぐらいに良く出来た映画。もう明日辺り公開打ち切って、年末までにDVD&ブルーレイ出してくれなんて無法を口にしかねないぜ。見ていない人は、ホント、直ぐにでも見て来るべき。勢い余って、日々雑談でうっかりネタバレしかねない。ツイッターで呟く時は、ホント自重してます。


 以下、映画を見て思いついたことをつらつらと。ホント思いついた順なので、時系列もバラバラです。当然、ネタばれしているので、ご注意を。

続きを読む>>

ライダージェネレーション 各ライダー紹介

 ライダージェネレーションに参戦している各ライダーの使用雑感です。揃いも揃いし28人(+1人)。なんだかんだでこれだけのキャラに、性能の差異と独自のギミックをつけるのって大変よね。


1号
 技はシンプルにして強力、アビリティは相棒の性能強化と、この人連れていれば大丈夫なんじゃないかという安定感。必殺技のジャンプアッパーで浮かして、必殺技のきゅうこうかキックで追撃という繋ぎが、どなたでも簡単に。お手軽なのに最高難易度でも通じます。

2号
 1号より汎用性で劣るものの、チャージパンチの威力やダッシュブローの突破力は特筆モノ。ザコ向きは1号、ボス向きな2号。両方万能キャラではありますが、強いて言うならば。というか1号&2号はある意味鉄板ですよね。ちゃんと、ダブルライダーキックもあるし。

V3
 良くわかんないけど強いと他人に言われ、いざ自分で使ってみての感想も、なんか良くわかんないけど強いという感想しか出ないライダー。固有アビリティのV3バリヤーも強いけど、バリヤーを張らなくても十分強い万能キャラ。なんか今回、会話がやけに殺気立っている気がする。

ライダーマン
 ロープアームしか使用できない、僕らの結城丈二。超必殺技の演出でしか他のアタッチメントが出てこないって、どういうことだ。ただまあ、V3のパートナーと言えばこの人ですよね。合体必殺技あるし。あと、科学者としての経歴のおかげか、意外な相手と会話イベントが発生したり。


 なんとなくギミックが寂しい人。1号と2号を足して2.5で割ってしまった感じ。アビリティのロングポールもそこまで強くないしねえ。ただ、真空地獄車の演出や、アポロガイストとの会話イベントは必見。逆に何故か、ディケイドとアポロガイストの会話イベントはやけに薄い。

アマゾン
 二段ジャンプがアクションステージで便利だと言われる人。個人的には、別に二段ジャンプできなくてもあまり支障はない。アマゾンサマーソルトの独特の軌道に、急降下しての大切断と、俊敏かつトリッキー。スーパー大切断の演出を、うっかりディケイド版に差し替えられてしまいしょんぼり。昭和版とディケイド版では、ガガ&ギギの腕輪のはめ方が違います。

ストロンガー
 チャージアップ後の超電子ドリルキックにすればいいのに、なぜ超必殺技が電ドリルキック……? エレキチャージの力により、自然と貯まるスパークを貯めれば貯めるほど必殺技が激しく強化。必殺技の使い方が求められる、変則型パワーキャラ。当たり前ですが、ジェネラルシャドウとの間に会話イベント有り。男同士の一騎打ちとは、こういうものなのか。

スカイライダー
 空中コンボの鬼。セイリングジャンプを使うことにより、恐ろしい繋ぎが可能。浮かせ技のスカイサマーソルトを使えば、簡単に複数巻き込めますよ? 昭和ライダーで、強さが頭ひとつ抜けているとまで言われている強豪ライダー。会話イベントがあまりないのが玉にキズ。どれも、らしいと言えばらしいことを話してくれるけど。

スーパー1
 チェンジハンドにより、全ての攻撃に任意の属性を付与することが可能。ただ現状、どの敵がどの属性に弱いのかがハッキリしていないので、それが分かり次第一気に評価が急上昇すると思われる。超必殺技スーパーライダー月面キックの演出は、実に見事。拳法の型を次々と決めてくれます。

ZX
 ハードボイルドライダー1号。会話の節々がカッコ良くてたまらない。十字手裏剣や衝撃集中爆弾を持つ、距離をとってこそ映えるライダー。アビリティのレーダー撹乱煙幕をどう上手く使うかがポイント。使い方にクセがあるせいか、空中コンボが使えてナンボのスカイライダーと共に、参戦はかなり遅い。

BLACK
 シンプル・イズ・ベスト。全ての技にパワーチャージが可能な、バイタルチャージをどう上手く使えばいいのかの研究が待ち望まれる。個人的な感触としては、かなり攻撃力の上昇補正は高いような? 許さん!との声と共に放たれるのは、超必殺技のライダーパンチ&ライダーキック。シャドームーンとの間に会話イベントも何も無かったら、暴動レベルのバグ。とうぜん、ちゃんとイベントありますよ?

RX
 ライダーアビリティの“たいようのきせき”だけでネタは十分じゃね? 体力が少なくなると、ナレーション付きで「そのとき、ふしぎなことがおこった」。ボルティックシュートの威力がイマイチだったり、バイオライダーの液状化攻撃自体は無敵なものの、その攻撃前後の隙が大きかったりと、スペック的には厳しい物が。なお、シャドームーンの台詞も、RXと対峙した時にはRX準拠っぽいセリフに変わります。結局今回のシャドームーンは、どっちの時代から来たんだろうか。なお、彼の武器はサタンサーベル。

シン
 ハードボイルドライダー2号。科学者への憎しみや彼が持つシニカルさが、会話の節々からガンガン伝わってきます。体細胞活性化の力により、常時スーパーアーマー。足を止めての殴り合いなら、まず一番向いてます。高難易度でそれやると、あっさり死ぬけど。「それ以上、口を開くな!」

ZO
 ……あまり、言うことが思いつかないな。性能はシンプルで、アビリティは徐々に体力が回復していくヒーリング。防御力重視の成長過程やヒーリングのおかげで、粘り強く戦えるライダー。ドラスとの絡みは、当然有り。クラッシャーが開く超必殺技の演出自体は芸コマ。それにしても、なんでJと組んでの合体必殺技が出来ないんだろうな。


 「あれ? 近くでよく見たら、お兄ちゃんじゃないや」とドラスにのたまわれる人。ZOと組んでると、どっちがどっちだか分からないことが多々。1号&2号とショッカーライダーの乱戦よりはマシだけどよ。超必殺技ゲージが上がりやすくなる固定アビリティ、Jパワー。どう見てもオーバキルすぎる演出の、ジャンボライダーキック撃ちまくろうぜ!

クウガ
 何はなくともサムズアップ。ストリートファイターのダンを思い出させるサムズアップ。必殺技の演出ながらも、ドラゴン、ペガサス、タイタン、アルティメットフォームに変身可能。ライジングアルティメット? 今回、小野寺さんちのユウスケくんじゃなくて、五代雄介なので……。

アギト
 アビリティのオルタチャージキックがハイリスクローリターンなせいで、評判はイマイチ。全フォーム演出で登場かつ、それぞれに役割がきちんと割り振られていたりと、決して性能が低いわけじゃあないんだが。色々できるせいで、逆に絞り切れないというか。なお、クウガとのコンビで合体必殺技が撃てるものの、その際フリーズするとの話があるので要注意。

龍騎
 ドラグレッダーの援護攻撃が、かなり強力。敵の一団にぶち込んでから自分が飛び込めば、殲滅速度は急上昇。自分の必殺技であるドラグクローの火球を一緒に撃つのもあり。超必殺技はひき逃げアタック、もとい、サバイブ変身後のドラゴンファイヤーストーム。

ファイズ
 性能より何より、演出が超カッケエ! クリムゾンスマッシュやファイズエッジで、555のエンブレムを敵に刻み込め。アクセルフォーム? ……まあ、それはそれとして、ブラスターフォームによるフォトンバスターはド派手。カブトとの合体攻撃も出来ますよ? なんでアクセルフォームだけ、こうも微妙な演出なんだ。

ブレイド
 参戦も早く、剣によるリーチの長さ、必殺技の使いやすさに、ラウズカードを切り替えることによる多彩さ、ロイヤルストレートフラッシュの立木ボイスと、かなり良キャラ。なのに「ウェーイ!」といちいち五月蝿いせいで、評価が1ランク近く落ちているとかなにそれ!? 実際のところ、困ったらブレイド使っていればなんとかなるってぐらいの、使いやすさと強さです。1号並かそれ以上なくらいに。

響鬼
 鬼火は混戦にぶっかければそれで良し。問題は、爆裂真紅の型をどう使うか。出は遅く動作は長いものの、爆裂真紅の破壊力は全キャラの技でトップクラス。アカネタカを使うか、パートナーを囮にするか。やり方は自由。会話パートでは、ヒビキさんの小粋でウェットなトークが楽しめます。

カブト
 クロックアップ、超強い。以上。こうやって片付けたいぐらいに、アビリティのクロックアップが強力。がっかり高速タイムであるアクセルフォームとの差は何故付いた。ただ、カブトの各種必殺技は使いにくいので、結局は一長一短。発動は遅いものの、さんざん殴ってキックでしめるカブトコンボはカッコいい。

電王
 敵が現れると発動する「クライマックス!」。ボス戦で発動して俺参上!とポーズを取って、初手の一撃をくらってしまうのはお約束。フォームチェンジのおかげで必殺技は多彩なものの、どうしても隙が大きい。電王らしいといえば、すごくらしいけど。色々知り得る立場なのだが、モモさんのおかげで、全くと言っていいほど会話から情報が引き出せない。なんてこったい。

キバ
 電王やRXより各技の隙が大きく、今回結構ヤバイのではと囁かれているライダー。ドッガハンマーの範囲は面白いんだけど、隙が大きいし、ガルルセイバーは使いやすいものの反撃確定。バッシャーマグナムは普通の威力にちょっとだけ大きい隙と、万事こんな感じ。やはりゲームのキバは不遇だ。代名詞的必殺技のダークネスムーンブレイクが何故か無いし。 

ディケイド
 カメンライドの仕様は「ディケイドの必殺技のどれか一つが、各平成ライダーの技に変化」というもの。戦闘中、好きなライダーに変身できるというわけではないです。書くライダーのドットの使い回しに見えて、ちゃんとベルトがディケイドライバーに変更されているという、素晴らしいこだわりが。ただ、強化アイテムが各ライダー1つで済むところ、ディケイドが全カメンライドを習得するには、強化アイテムを8つ購入しなければならないという、超金食い虫。助けて伊達さん!


 3つのフォームに変身可能な上、連携のサイクロンジョーカー、雑魚を蹴散らすヒートメタル、最終ボスをも完封できるルナトリガーと、どのフォームも高性能。声もオリジナルで、会話イベントも豊富と、もうお前が主人公でいいよ状態。ファングジョーカーは犠牲になったのだ……。

オーズ
 一人で6つのフォームに変身可能という、一人の中に六人が内包されているという無茶なキャラ。流石は現行主人公。基本のタトバ、リーチと攻撃力のガタキリバ、スピードのラトラーター、タフネスと一撃の重さのサゴーゾ、範囲とリーチのシャウタ、炎の力と空中制御のタジャドル。こんだけあれば、誰が使っても、どれか一つぐらいは相性のいいコンボがあるだろといった感じ。紙装甲やダッシュとジャンプが出来ないというような弱点が各コンボにはあるので、そこも結局使ってみてこそ。ちなみにプトティラは、超必殺技の演出のみです。

バース
 平成サブライダー唯一の参戦。ドリルやキャタピラやショベルやクレーンやカッターウイングと、武器は全て使用可能。アビリティのコインの取得量増加の「コインゲット」もかなりありがたい存在。ドーピングやアイテムが必要なゲームなので、金はいくらあっても足りません。欲望にはキリがねえぜ! なお、中の人は伊達さんです。5103?(゚゚)シラネ

続きを読む>>

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 感想

 X-MENファーストクラスを公開初日に観に行くと見せかけて、ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦を先に観てきました。決め手は、「最近腰が痛いから、長時間のX-MENはキツい!」という、管理者の泣きでした。そしてゴーカイジャーの80分も時間にすると結構長いと気付いたのは、上映終了後。管理者の腰、危うし! 
 実際のとこ、映画としてはそんなに長くないのですが、戦隊モノの映画は併映が多く、上映時間80分というのは稀有な長さだったり。なのでえらく長く感じました。単独上映だったゴセイジャーVSシンケンジャーでも、上映時間60分だったからね。電王トリロジーレベルかよ。


 以下、ネタバレ感想。オールスター映画としては、抑えるところをかなり抑えている良映画。山場の連続は、飽きが来ない。ここいら辺は、山場のオールスター集結まで時間がかかるライダー映画にも見習ってほしいぜ……。

続きを読む>>

レッツゴー仮面ライダー! 雑録集

 レッツゴー仮面ライダーにかこつけた小ネタ集です。当然、豪快にネタバレしているので要注意。

続きを読む>>

大団円〜生まれしは、結末と再開〜

〜戦闘中〜

翔太郎(なんかよく分からんけど、敵のマンモスメカを乗っ取ってしまった)

翔太郎(手に入れたからには、ちゃんと名前をつけてやらなきゃな。……ハードマンモッシャー、こいつの名前はハードマンモッシャーに決まりだ)

翔太郎(しかしどうすっかなあ。事務所はリボルギャリーで手一杯だし、置き場所がないぜ。でも、どうにかしてやろう。せっかく名前も付けたんだし)

フィリップ「行くよ翔太郎、このマンモスメカを要塞にぶつけてやろう」
翔太郎「え!? ぶ、ぶつける!?」

ズバボーン!

翔太郎「ハ、ハードマンモッシャーァァァッ!」
フィリップ「……翔太郎、拾ったものにすぐ名前をつけて、なおかつ可愛がるのは、まずハードボイルドじゃないよ?」
翔太郎「雨に打たれる子犬を拾ってやるのは、ハードボイルドの義務だぜ!?」
フィリップ「マンモスだよ、アレは。しかも雨も降ってないし」


 パンフレット見たら、W占拠後のマンモスメカにちゃんとハードマンモッシャーって名前が付いていた。名前付けてから、数十秒後に爆散か……。
 仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010 第三部「MOVIE大戦」感想。尺自体は短いから、意外に書くことは少ないかもなー。

続きを読む>>

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説 感想

 そうか、今までウルトラマンの感想をキチンと書いたことはなかったんだ。というワケで、サブカテゴリーを作成して、劇場版ウルトラマンことウルトラ銀河感想。


 いやあ、とんでもないジェットコースタームービーでした。ドラマ部分がTVサイズまで削ぎ落とされていて、残りは全部アクション部分。凄い思い切りかただ。ほぼフルCGでの撮影に、重量感ではなく浮遊感を押し出したアクション。全てが目新しかったです。
 ベリアルやゼロも、それぞれ今までに無いウルトラ戦士といった様相で、オリジナリティがありました。初登場キャラや悪役が凡百だと、どーしょうもない映画になってしまうので。
 続編が出るかどうかはまだ分かりませんが、これからの指針としては良かったのではないでしょうか。地球の物語ではなく、ウルトラ族の物語を書くのであれば、今までの撮り方じゃ難しいでしょうし。
 なんにせよ、前知識があまりなくても、パッと物語に入り込めたのは良かった。悪い敵がいて、正義の味方がそれを倒す。こんぐらいの知識でも楽しめるのが理想的。
 なお声優陣はのきなみ良かったです。宮迫はコイツもうお笑い芸人じゃねーよレベルで、小泉元首相のキングはアレはアレで癖があってよかった。元首相に関しては、もう出ただけでありがてえもんなあ。なんだかんだで、歴史の教科書に載る人だし。いやまあ、約一名棒読みで酷評ってWIKIに書かれちゃった人いるけどね。他の人がなまじ上手いから一層目立ってんだろうな。


 以下、一度見た方向けの感想。プレッシャー星人岡村、俺と管理者は簡単に見つけられたけど、駄目な人は目を皿にしても見つからなかったようで。ちゃんと登場の合図もあったのに。なお、ニコニコ動画のマスコットことニワンゴは見つけられませんでした。見つけた人、何処にいたか教えてください。

続きを読む>>

昭和ライダーと平成ライダー、その差異

 アマゾンも見たということで、昭和ライダーの違いと平成ライダーの違いを考えてみようかと。なお、あくまで違いを考えるだけで、優劣を決めるとかではありません。


 まずはこの映像を参考に。

 携帯などで見られない方のためにざっと説明をすると、遊園地を舞台にした元祖ダブルライダーVSヒルカメレオンの決戦から決着までの映像。遊園地の遊具はいくつか動いており、ブランコから戦闘員を叩き落としたり、ジェットコースターの上での殺陣や、コースのレールにぶら下がって暴走コースターを避けるシーンがある。
 昔こち亀で『動くジェットコースターの上で撮影をして、しっちゃかめっちゃかになる特撮スタントマン』というネタがあった。俺もネタを見た当時は笑ったが、現実の特撮スタッフは普通にそれをこなしていた。ギャグを容易く超えている。
 昭和ライダーの頃は、日本全国各地でロケーションをして、様々な状況下で撮影をおこなっていた。海があれば十中八九水に落ちるし、山にロープウェイがあればその上で、砂丘で撮るなら砂に当然のように潜り。スタッフは美味しいシチュエーションを探り、命を賭けて撮影していた。足りない技術を気迫でカバーする、という言葉の見本である。ただその裏で、何件か痛ましい事故が起こり、犠牲者も出てしまっているの点は、目をそらしてはいけない事実である。
 今の平成ライダーのスタッフは別の物と戦っている。それは規制である。火薬の量も制限され、危険な撮影もNGな昨今、昭和と同じような体当たりの撮影は絶対に出来ない。「主演俳優に、生身でジェットコースターを避けるアクションさせましょうよ、レールの下にぶら下がって避けるって感じで!」多分今の世の中でこんな事言い出すスタッフが居たら、降板騒動になる。ちなみに昭和アマゾンでは主演俳優がスタントマン無しでジェットコースター避けをやってた。今が慎重というより、昔がおおらかすぎる。
 しかし規制があるから平成がダメかといわれると、決してそうではない。技術レベルは上がっているし、CGのような新技術も使えるようになった。少なくともCGが無ければ、街中での怪人爆発シーンなんか絶対出来ないだろう。例がウルトラマンになってしまうが、当時は人形でやるしかなかった空中戦を板野サーカス全開で撮れるようになったのは、分かりやすい技術の進歩である。ミサイル超獣ベロクロンは、最新特撮技術を取り入れることで、ミサイルという武器の本領をようやく発揮できるようになった。
 一長一短、まずはこの言葉を認めないと、何も紐解くことは出来ない。

続きを読む>>

静かに楽しく騒ぐベシ

 オールライダーVS大ショッカー記念、と言うわけで、ネットで見つけた仮面ライダーのMADや当時の映像をいくつか紹介。まあ、ほら、お祭りの空気に合わせて……多分、数日で消します。


 まずは軽くジャブ。しっかし、平成ライダーは多いのに絵になるのう。


 えっと、うん。この恐竜は素材が多すぎるわ。

続きを読む>>

仮面ライダーSPIRITS連載再開記念

 それは、系譜の始まりの物語――
 サソリ男、カマキリ男、人食いサラセニアン、蜂女、ゲバコンドル……一人の英雄の戦いの裏の物語。
 後に因果応報に組み込まれる死神の喜びの物語。
 ショッカーに大事な物を奪われた人々の物語。
 そして、“人間”一文字隼人の怒りの物語。
 正義の系譜はここより紡がれる。


 と言うわけで連載再開した仮面ライダーSPIRITS、展開されていたZXの物語はいったん置いておいて、物語は2号ライダー誕生寸前まで巻き戻されました。
 正直、村枝先生にこの辺りの話はすっげー書いてもらいたかった。
 元より2号誕生自体がハプニング的なものだったので、特撮の仮面ライダーではこの辺り凄くシンプルです。1号がいきなり消えて、唐突に2号が登場。いやホント、いきなり現れた一文字には「お前誰だよ!?」以外のツッコミできませんよ。
 多分、仮面ライダーの外伝を書くのに2号ライダー誕生以上に美味しいネタは無い。これに比肩するネタを他作品で上げろと言われたら、ZZの頃のアムロの話や事故直後のテンカワ=アキトの物語ぐらいしか思い浮かばない。そんぐらいにオイシクて、公式で一切語られていないミッシングリンク。


 以下、続きを読むからネタバレ込みの感想。
 前編後編でまとめるのか、それとも一巻分くらい書くのか。

続きを読む>>

1/5 >>

Home > 特撮

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top