Home > 告知

告知

お知らせ

ブログのシステムを変更いたしました。

トップページやRSSは下記をご参照ください。

TOP:http://risotto.sakura.ne.jp/
RSS:http://risotto.sakura.ne.jp/?feed=rss2

『S+A〜Return of Ten-Faced Demon〜』予告

 予兆から始まった物語は、大都会を舞台にしての死闘に。仮面ライダーとアメリカンヒーロー、ここに邂逅――。


 自他共に認める至高の狩人、クレイブン・ザ・ハンターは南米アマゾンにて古代インカにまつわる様々な力を盗み出す。彼の目的は、己の手から逃れ続けている究極の獲物、スパイダーマンを狩ることにあった。秘宝ガガの腕輪により強化されたクレイブンと、人と獣、禁忌の呪術により創りだされたクモ獣人の暗躍によりスパイダーマンは追い詰められる。


「どうだ。蜘蛛糸に捕らえられる気分は?」
「……思ったより悪くないね。君たちが何度も縛られるような事をする気持ち、分かるような気がするよ」
「ショワーッ!」


 窮地のスパイダーマンを救ったのは、ガガの腕輪と対になる、ギギの腕輪を装備した野生児アマゾンだった。彼は秘宝を盗んだクレイブンを、ニューヨークまで追ってきたのだ。互いの善性を信じ合い、スパイダーマンとアマゾンはトモダチとなる。


「スパイダーマン。タキに聞いた。助けて欲しい。アマゾン、クレイブン捕まえたい。腕輪取り返したい」
「ああ。君の言うことなら、何でも聞くよ。それに、彼の相手は、僕のほうが慣れている。君も今日から、スパイダーフレンズだ」
「フレンズ……トモダチ?」
「そうそう、アメイジングなトモダチ」


 一方、スパイダーマン打倒を掲げ、スパイダーマンの敵を招集したクレイブンであったが、彼の目的はスパイダーマンを狩猟することから逸脱しようとしていた。毒を飲まされ、倒れるスパイダーマンの宿敵達。唯一耐えたサイ男ライノは、謎の女、赤ジューシャを従えたクレイブンの変わりように、戦慄する。


「生き残ったのなら、ちょうどいい。お前には、二人を誘き出すための花火となってもらおう。そしてその後は、十のうちの一となる」
「何を言っていやがる。お前、本当にクレイブンなのか?」


 クレイブンに付けられた毒のせいで動けぬスパイダーマンに変わり、街中で突如暴走を始めたライノと対峙するアマゾン。やがて駆けつけたスパイダーマンは目撃する。アマゾンもう一つの姿、仮面ライダーアマゾンを!


「スパイダーマン!?」
「デアデビルじゃないのか!?」
「ケイザーでもない、日本人だ!」
「じゃあ誰だよ、アイツ!? 新人!?」
「サイ獣人 覚悟! ウゥゥゥゥ……アーマーゾーン!」


 協力してライノと戦う、スパイダーマンとアマゾン。ガガの腕輪に憑いた執念と呪いに突き動かされていたクレイブンは、自身の身体と魂、八の悪しき魂を用いて、仮面ライダーアマゾンが斃した十面鬼ゴルゴスを復活させてしまう。


「ゴルゴス! 蘇ったのか!」
「ゴルゴス?」
「ゴルゴス、裏切り者! 初めに、ガガの腕輪を盗んだ男!」
「見よ、ゴルゴス真の姿を! 復活、十面鬼ぃ!」
「あ」
「どうした!? スパイダーマン!」
「いや、ちょっと気づいちゃってさ。あの岩に埋め込められた九人の悪人、全部僕の知り合いだよ……」
「トモダチ?」
「全然。むしろ、ノットトモダチ」


 現れた獣人軍団と共に、自身が支配しアマゾンに壊滅させられた秘密結社ゲドンの復活を宣言するゴルゴス。コンクリートジャングルにて、二人のヒーローが、積もり続ける悪の執念に立ち向かう!


「大切断!」
「馬鹿な、我ら恨みの軍勢が! 貴様らの息の合いようはなんだ! テレパシーでも使えるのか、そこの蜘蛛!」
「君、部下もこんなに居て、十人も集まってるのに、分からないの? アメイジング・フレンズは、言葉を使わなくても相通じているのさ」
「貴様は……貴様は……ふざけたことしか言えんのかあ!?」
「悪いね瞬間湯沸器。僕の口は、君みたいなのには止まらないんだよ!」


COMIC1☆8 せ13b 肉雑炊
 新刊『S+A〜Return of Ten-Faced Demon〜』300円にて頒布!

S+A 表紙


「ニューヨーク市民の優しさにむせび泣く男、スパイダーマン! ……なんてね」

アメコミカタツキ4 予告

アメコミカタツキ4表紙


※予告として、本作収録のプロローグを掲載します。その後、予告です。


 衛宮士郎。特徴的なのは、ブラウンがかった髪くらいな、お人好しの高校生。彼は今、後輩と共に、市内を散策していた。
「うーん。虎柄は無いとしても、この青色か紫色かで、悩みます。先輩はどっちが良いと思います? ……先輩?」
 新しいエプロンを買いたいから、相談に乗って欲しい。その申し出の通り、店の軒先にかけられたエプロンを見ている、後輩の間桐桜。一方、快く引き受けた先輩は、心ここにあらずで空を眺めていた。
「ああ。ゴメン、桜。ちょっとあの雲がさ、気になって」
 青空に浮かぶ、二筋の飛行機雲。細長い雲が、風以上の速さで青空に白を描いていた。
「速いですね」
「ああ。まるでジェット機だ。機影なんて、見えないけど」
「……それで先輩は、どちらの柄が良いと思います?」
「あ。うん。そうだな、青かな」
「私的には紫なんですけど」
「俺が自分で着るんだったら、赤なんだけどさ」
 士郎の興味は、あっさりと本来の物、可愛らしい後輩が求めているエプロンへと移る。
 もし彼が、飛行機雲の正体を知っていたら、エプロンどころでは無かっただろうに。
 飛行機雲の一つが、妹だと知っていたら。

続きを読む>>

コミティア106 情報

 10月20日のコミティア106にサークル肉雑炊として参加します。サークルスペースは、
 “ね09a”です。
 今回のコミティアはスケジュールと(お財布の)体力的にコピー本で行くと早々に決めていましたが、内容が中々決まらず。悩んだ結果、今回は評論本で。日本の漫画とアメコミの比較論、P数と時間に余裕ありましたらアメコミ邦訳本の初心者向け紹介ガイドを付けます。コミティアは二次創作厳禁ですが、評論として触れるのはOKなので。アニメ評論誌なんてのもあります。
 率直に言ってしまうと、当日協賛企画で海外マンガフェスタがあるので。どちらかと言うと、海外マンガフェスタを見て海外コミックの存在を知った人、興味はあるものの手の出し方が分からない。ジャンルの入り口で迷っている人を誘うような物を目指して製作中です。創作系としての新刊か評論かで迷ったんですけど、こういう機会もあまりないのと、前回の創作系の新刊が……あまり出ていないので、新鮮味はまだあるかなと。創作系、オリジナル系サークルの顔は既刊でアピールさせてもらえれば。オリジナルの同人誌は全部持っていきます。
 なお、比較論と言っても、固く難しい代物ではなく、日本を例として、アメコミにおける物語の展開や世界観の作り方といった物が紹介できれば。現時点で本文に“ファミコンジャンプ”とかシレっと入ってるよ!w 単にアメリカ最高日本ダメダメというのは嫌いなので、アメコミの弱点や日本の美点もなるたけ公正に挙げていきます。
 そして付けられたら付けたい邦訳ガイドは、当日幾つかの企業やブースが邦訳本を持ち込む様相、買おうと思えばその場で買えるなら後押しするしか無いじゃない!ということでひとつ。会場や書店に在庫がある確率の高い新しめの本や、オススメな既刊を紹介できれば。
 一先ず現状、このような予定となっております。どうぞよろしくお願いします。
なお、今回のコピー本は、無料配布するつもりでおります。 
 さてと、何処から手を付けていこうか……。

お知らせ

 すみません。眠気と疲れがどっと来たので、今日は更新休ませていただきます。今日は平気だと思っていたのに、夜に、ほぼ一日遅れで疲れが。怖! この間が怖!

かくして不全の鐘は鳴る 予告

 平和なハロルド王国のドーゼン村。事件は、突然起こった。
「噛み傷の大きさと形から判断するなら、こりゃオークの仕業だな。しかも一匹じゃない、ヤツら群れてやがる」
 北に棲むはずのオークの大移動。性欲と肉欲にまみれたオークに蹂躙されそうになるドーゼン村。元冒険者でありドーゼン村の保安官であるネロは事態収拾のために奔走。やがてネロは、宿で眠る一人の美女と出会う。

「どうも。ドーゼン村保安官のネロです。ちょっとスイマセン、聞きたいことがあるのと、今現在、村はオークに襲われていて危険なので、避難して貰いたいんですが」
「邪魔だ」

「邪魔と言われても、アンタみたいな美人をオークの餌食にするのは、もったいない」
「わたしは大丈夫だ。だから、出て行け。部屋を借りた以上、明日までここは私のプライベートな空間。違いを持ち出すまでもない、常識の筈だが」

「そりゃ失礼。良いって言うなら放っておくけどさ。でもなんか一筆書いておいてくれよ。色々塗れて傷つき、正気を失ったアンタがオークのとこから救出されて、後で責任問題にでもなったら、困るからな。旅人を放っておく保安官、こいつはイメージ悪すぎる」
「その心配は無用だ。私がこの村に来たのは、奴らを殺すためだからな」

 謎の女性ホンゴウ・ハツネ。異世界から来た謎の存在、正義の味方である改造人間を自称する彼女と、知識と経験だけは熟練クラスの冒険者であったネロ。不全の二人が出会った時、物語は始まる。

「オークが恐れているのは、力だ。強者である筈の自分達よりも、遥かに強い力。改造人間という、異世界の力をな!」

「お前は、人に感謝されたことがあるのか?」
「……え?」
「お前は、この世界でその力を使って、誰かにありがとうと言われたのか?」

「怪物は、決して英雄や勇者にはなれないし、讃えられない。今のお前、怪物にしか見えないよ」

「本当に」
「ん?」
「本当に今の状態をどうにか出来て、私は、私は……この世界でヒーローになれるのか?」
「なれるかどうかは知らん! でも、近づけさせてやるよ。この世界じゃ聞き慣れないヒーローって言葉に、勇者や英雄と並ぶ価値を持たせてやる」
「なら、頼む。私をそんなヒーローにさせてくれ!」

 敵は地獄のオーク軍。戦う正義は、何処にあるのか。怪しき正義の味方と、弱き冒険者の行末はいかに。


 特撮✕ファンタジー 「かくして不全の鐘は鳴る〜Prologue〜」(予定価格:300円)
 コミティア105 “ね01a”肉雑炊で頒布予定。




「赤いマフラー、正義の印」
「なんだそりゃ?」
「向こうの世界で聞いたことの在る文句さ。今では思うよ、いい言葉だって」

祝! HITMAN邦訳出版決定+緊急告知

 主人公はあくまでヒットマン(トミー・モナハン)であって、犬溶接マンじゃないですからね!
 おそらく今後、ある種のテンプレとなる挨拶から開始。えー、DCユニバースのドグサレ野郎にして異端児であるヒットマン、その日本語版であるHITMAN1の出版が決定しました。訳は、犬溶接マンの火付け役となった海法紀光先生です。
 一部で話題沸騰の犬溶接マンが所属するセクション8も登場な、ヒットマン! マーベルが誇るアレなチーム、グレイト・レイクス・アベンジャーズとはこれまた別ベクトルでアレなセクション8! ヒーローでもない、ヴィランでもない、気のいい兄ちゃんなヒットマンが、バットマンにゲロを吐いたり、ジョーカーを撃ったり、グリーンランタンに◯◯しながら、適当に飲んだくれつつ好き勝手に生きていく、薄汚れつつも爽やかな大巨編!
 生命を極限まで軽く書きつつ、同時に生命をとても重いものとして書ける作者。独特の世界観は、汚く見えて感情に満ち溢れている。ライター、ガース・エニスの日本進出作でもあります。初進出かどうかは、ちょっと分からなかったのですが。
 おそらく、犬溶接だぜヒャッハー!と思って読み始めた方も、オンリーワンなガース・エニスの世界観に衝撃を受ける筈ですよ? ヒットマン、最後の方、しんみりと泣けるもんなー……。


 さて、日本語版HITMAN。収録されるのは、英語版のVol1とVol2、そしてヒットマン&セクション8VS宇宙暴走族ロボの大決戦が載っている、HITMAN/LOBOとなっております。セクション8がヒットマン本誌で登場するのは少し先の話なので、犬溶接マンや酒瓶で頭を殴るマンを期待して手にとった人向けのボーナストラックですね。そういうの抜きでも、ロボ回は死ぬほど面白いですけど。
 更に、アメコミを初めて手に取る人向けのコラム、ついでに第二のヒットマンとなる可能性を持った面白キャラ辞典も収録! いやー、実に豪華ですよ。コイツは! 邦訳初進出のエンターブレインさん、豪胆です。
 そして本題、緊急告知となりますが……

 私、ふじい、面白キャラ辞典の方、選考と執筆を担当させていただいております。

 いやー、はじめてのローグスみたいな、キャラ紹介系の記事がお休みになってた理由、実はこれでして。方針、被ってますしね。ローグスも、当然面白キャラの対象ですし。ホームページで全部出し切った結果、公で紹介する際、焼き直しになるようなことも避けたかったですし。
 秘密の話だったため、今日までこの話を口にすることはありませんでした。一部更新が止まっている理由を話せず、申し訳なかったです。流石に、管理者にはそれとなく理由を話していましたが。ヒットマン邦訳が新レーベルで! 正直何度か、穴掘って叫ぼうかと思いました。あまりに誰も予想してない上に、衝撃的なニュースすぎて。実際、今日、ジャンル激震してますし!
 というわけで、日本語版HITMAN、どうぞよろしくお願いします。自分も、出せる限りの力を振り絞っていきますので。

お知らせ

 今日中の記事の更新を目指し作業していましたが、間に合いませんでした。半分以上完成はしているので、明日には完成するかと思います。日々雑談の更新ができず、大変申し訳ないです。

アメコミカタツキEX2 予告

「DPちゃんねーる! アナタの耳と目を直接ハック! どんなに嫌がっても、トークショーノンストップッ! やばいよコレ、超便利! プロフェッサーやエグゼビアは、こんな快感を独り占めしてきたの? テレパス、ズルい! さあ、このオリジナリティに溢れる、新番組。BBちゃんねる? なにそれ、知らない。怖。月の聖杯戦争に臨んでいたけど、なんか月の裏側にストーンと落ちちゃった、マスターとサーヴァントの諸君。僕の名はウェイド、聖杯は狙われている! ハイ、ドーモ。デッドプール=サンです。このDPちゃんねる、許されるのであれば、このノリで最後まで爆走したい所ですが、そういうのは許されないよね。だって、トラブってんだし。今ちょっと、サクラ迷宮の一部が、とんでもねえことになってます。オレちゃん、フラリと現れた、バグの特使。詳しくはCMのあと、すぐ! 四回ぐらいCM挟んでからってトコですけどー……悲しいお知らせです。今回、デッドプールさんの出番はもうちょっとで終わりです。みんな泣くな。吐くな。踊るな。喜ぶなー! ちょっとね、オレちゃんが堂々と参加するには、マズい状況なのよ、今回。でも安心して。オレちゃんが最も信頼する男が、ウロチョロ……もとい、誠心誠意サポートに当たるから! だからYAT安心月旅行! ああ。今回CCC本だけど、ネタバレほぼ皆無だから。だから未プレイでも平気! だいたい、知っておいた方がいいかなーってことは説明入るし、この先時系列も何もかも、かなり混沌這い寄る状況よ? こまけえことはいいんだよ!の精神で……ちょ、待て! まだ途中、フォーックス! フォーックス!?」


 前作、アメコミカタツキEXと同じ、Fate/EXTRA CCCとデッドプールのクロスオーバー……。否、今回は何かが違う!


「どうも。デッドプールさんの最も信頼する男、デスストローク=サンです」「え? 同一人物ですよね?」


 どう見てもアレなデスストロークにより、物語はデッドラインへ。もはや、誰が出るか分からない。混沌路線の行きつく先は、一体何処なのか?


「センパイは二の次、まずはセンパイのサーヴァントをプチッとやっちゃってください♪ あと、あのよく分からない、デスストロークさんも」
「ヤツをその名で呼ぶな! あの男は、生きているだけで、俺にとっての不利益なのだ。貴様の怪しげな依頼を引き受けたのも、ヤツを殺せるからこそ」
「クス……素敵な怨念ですね。BBちゃんは悪い子の味方でーす。武器弾薬は全部用意しますし、手駒も貸しちゃいます」


「アッシの名は、マチス・マローン。お察しのとおり、単なるチンピラでさあ。ちょいと、あなた方に御用がありましてね」


「ったくよお、分かってねえよ、オマエら。血をドバドバ、ハラワタデロデロ。そんなん、ナイフ持ってて、良心捨てりゃあ、誰にでも出来るじゃねえか。どうせ殺すんなら、オンリーワンで、芸術性に長けて、なにより笑える殺しを見せて欲しいもんだね」
「ふうむ。ですが、文句は私とリュウノスケの、最高のCOOLを見てから言ってもらいましょうか」
「ああ。見せてやろうぜ、旦那! このピエロに、俺達のアートをさ!」


 FateもMarvelもDCも、限界まで入り混じったカオスは、何処に行き着くのか。そもそも、収拾がつくのか。えっと、たぶんついてるんじゃないかな!?(他人事

\Welcome!/

(イラスト すろうすさん)
 アメコミカタツキEX2。4月28日のCOMIC1 “な57b”肉雑炊 価格400円で頒布予定。なお、ジャンプ誌に燦然と輝き、先日実写化された某ヒーローとは、何の関係もありませんので! やだなあ、もう!


「はぁ……はぁ……よ、ようやく逃げ切れたわ。うにゃっ!? 体が、引き戻される? なによこの、ゴムみたいなのー! は、外れてよぉ!」
「ウェルカム!」
「うきゃー! ちょ、マジやめて! 謝ります、謝りますから! だからそんなバッチコイなポーズで、迎え撃たないで! いやぁぁぁぁ……うぷ」
「……ぎゃぁぁぁぁぁ! 股間にハリケーンミキサー! 竜の角が、角が、おいなりさんに、ゴールドボールに! ……ガフッ!」


 大人は嘘つきではないのです。間違いをするだけなのです……。

続きを読む>>

コミックマーケット83 サークル情報

 いよいよ、今年最後のイベント、冬コミことコミックマーケット83の開催が近づいて参りました。ここでそろそろ、当サークルに関する情報を纏めておこうかと。
 まず参加日とスペースですが
 3日目(31日 月曜日)東地区“ホ”ブロック−02b 肉雑炊
 となります。ジャンル『アメコミ』は二日目ですが、自分は『TYPE-MOON』で申し込んでいるため、三日目の参加となっています。ホント、謎の第三勢力敵はぐれものポジションを貫いてしまい、申し訳ないです。
 それと今回は、珍しく東地区での参加ということに。いつもウチ、三日目に参加することはあっても、西地区だったんだが……。この珍しさに気づいたのは、入稿後でした。管理者に言われるまで、いつもどおりだとてっきり。


 新刊はアメコミカタツキ3となっております。頒布価格は現状1000円の予定です。
 先日、本の現物が自宅に届きました。以前にも紹介しましたが、表紙裏表紙はこのようになっております。それと今回から、裏表紙にあらすじを記載することにしました。この方が、会場で分かりやすいですしね。

親愛なる隣人&真祖の姫君

テイルレッド(偽&さっちんプール

 あらすじとしては、裏表紙の内容通りです。スパイダーマンとアルクェイドの活躍を描くアメコミカタツキと、路地裏同盟とデッドプールのすっとこどっこいを描く裏アメコミカタツキ3を同時収録。アメコミ的解釈をするなら、裏アメコミカタツキはアメコミカタツキ3のタイイン編です。プロローグやエピローグの一部で、両編が交錯したりもしていますが、基本別視点で。
 そして夏コミ時、委託で頒布した『AMECOMI−KATATSUKI MAXIM∪M CHAOS』(アメコミカタツキ:マキシマム・カオス)は、アメコミカタツキ3の前日譚となっております。こちらはあくまで別誌の為、きちんとそれぞれ独立した作り、単品でも話が通じ、楽しめるようにはしていますが、一緒に読んでいただければ話が深くなるかと。なんか自分でも気づいていない矛盾点が見つかりそうで、怖いですが。
 だいたい新刊に関しては、こんなところですかね……求められれば、いつでも俺はさっちんに土下座する覚悟はある。やるかどうかは別として!


 既刊の情報ですが、既に持ち込む本は、会場に郵送してあります。去年の冬コミで、品切れが多発したので、今回はちょっと多めに持ち込むことにしました。
 内訳としてはアメコミカタツキシリーズと言える、アメコミカタツキ、アメコミカタツキ2、アメコミカタツキEX、マキシマム・カオスは多めに。特に関連性が高いマキシマム・カオスに関しては、十分な量を発送しておきました。
 純粋なアメコミ同人誌としてはバットマン:ザ・ボーイ・サバイブドとDeadpool&TaskMasterを用意。Deadpool&TaskMasterなのですが、在庫おそらく、このイベントで最後になるかと。余った場合は通販など出来ますが、可能性としては五分五分といったところでしょうか。今のところ、再販の予定はありません。
 他にもTYPE-MOON同人誌のMoonSaltoPress、加えてごく少量ですがハルヒ本とディケイド同人誌の10&10と東方文々録を持ち込みます。R18な本ととオリジナル物は置いていく気でいますが、もし希望があれば、一言メールやウェブ拍手で言っていただければ。当日直接持参しますので。


 以上、冬コミ情報となります。当日は、自分と管理者で、基本自スペースに詰めてますので。あいさつ回りや所用で出かけていたら、その時は本当にすみません。それでは、お会い出来るようでしたら是非、会場でお会いしましょう!
 ……なんか今年最後の更新っぽいですけど、ちゃんと30日まで続けますので。忙しさや疲労に潰されなければ。

1/6 >>

Home > 告知

Profile
Search
Feeds
Other's

Page Top