日々雑談~2204~

 ううむ、ウィスキーをがっつり飲んで、自室に入ってからの記憶が無い……というわけで、こんな時間での更新です。予定より30分早起き出来たので、その時間を注ぎ込んでおります。酒はともかく、こちらの方が健康にはいいかもしれない。

 そろそろ日本での公開が近い&ある程度データーも出揃ったということで、X-MEN:アポカリプスの興行収入の状況を調べてみましたが、ここ最近の映画X-MENシリーズにおける“アメリカ国内では伸び悩み、世界ベースでは良いペース”という特徴が、アポカリプスではさらに顕になっているようです。

 映画X-MENシリーズ内で比較した場合、アポカリプスの米国内での興収は歴代7位です。6位のX-MEN(第一作)を抜く可能性はまだ少しありますが、それでも映画X-MENシリーズは全部で9作なので、あまり芳しい成績とはいえません。
 しかし比較の舞台を全世界ベースにすると、一気にアポカリプスはシリーズ歴代3位までのし上がります。米国内での興収の低調を、他の国での興収で補っている結果です。ここ最近の映画業界は中国市場の拡大もあり、世界での興収が強い傾向がありますが、その中でもX-MENシリーズ、特にアポカリプスはこの流れが顕著ですね。

 X-MENは、コミックスからして国際色豊かで多様な人種のミュータントがいるチームでもありますので、世界志向を目指してみるのもいいかもしれません。国内でのブランド力低下は見逃せない問題ですが、国外での強さは武器です。シリーズ最終作となり、切り替えが求められる時期。アポカリプスの売上も、もう一つのマーベル映画のライン、映画アベンジャーズシリーズと比較すると埋没してしまいますからね。挑戦作のアントマンより、わずかにいいぐらいですし。グランドフィナーレで互角は、正直厳しい話。ここで、何かカンフル剤は必要でしょう。
 ブランド力復活を目指すのか、国外での強さを活かすのか、20世紀フォックスの腹一つです。

 いやまあ、手っ取り早いカンフル剤というか、実際カンフル剤になったのが、歴代映画X-MENシリーズ史上ナンバーワンな映画デッドプールなのですが。中国市場抜きという条件下でも世界で売れて、なおかつ米国内でもヒーロー映画トップクラスの売上と、おかしいことになってるんだけど。シリーズとは別の形の売上を見せつつ、後発作となるアポカリプスにあまり影響を与えていない現状。
 デッドプール。良くも悪くも、X-MENシリーズの映画と認識されてないのかもしれん……。

(データー元:BOX Office

日々雑談~2166~

『レッドマン』 第53話 -サータン 登場-

 公式配信によるレッドマンが、ついにこの話を配信。新三大レッドマンのレッドファイト! みたいな企画を立てた場合、高確率で取り上げられるであろうエピソードが、この53話。観れば分かるのですが、ラスト20秒位の展開が神がかってます。シナリオ、カメラワーク、アクション、BGM。全てが明後日の方向に飛んでって、上手く空中合体した結果、これはもう伝説でしょう。語られるだけのことはある!

 

 映画デッドプール感想~バーリ・トゥードver #3~を作成中なのですが、一度言及しておきたいものの、映画の内容から外れる話がありまして。映画デッドプール感想に組み込むのもアレなので、ちとここに書いてみます。題して、X-MEN:ZEROのデッドプール(以下ZEROプール)はそんなにあかんかったのかというお話。

 ZEROプールはX-MEN:ZEROのラスボスとして登場。ミュータントであるウェイド・ウィルソンを改造。オプティックブラストやヒーリングファクターやテレポート能力を移植したものの、その結果、外見は醜いものとなった上に、口も縫われ喋れなくなり、ウェイドの意思すら感じられない悲劇のミュータントとなっております。
 こうやって書くと、「行き過ぎたミュータント実験の結果」や「ミュータント能力の移植成功例」と、わりとしっかりデッドプールの要素が残っています。オプティックブラスト照射後は目の周りに特徴的な黒い縁が出現、ウルヴァリンの爪のように飛び出してくる爪は二刀流、テレポート能力はコミックスにおけるテレポート装置を連想と、能力的なギミックも実は大外しではありません。

 ZEROプールを個人的に評するなら、“ZEROラスボス仕様のデッドプール”。赤タイツで普段のノリのデッドプールって、正直X-MEN:ZEROの物語のラスボスには向いてないと思うのですよ。つーか、ウルヴァリンの無くした記憶を追うシックな物語なので、べらべら喋ることもシメを飾る敵としては多分向いてないです。そしてテーマにあるのが、ウェポンX計画の悲劇なので、こうして悲劇を全面に押し出して、さらにラスボスに相応しい強さの象徴たるデッドプールは、作品全体で見た場合、おそらく本家より馴染んでいます。

 確かにビジュアルやキャラクター的に望んだものでないし、公式が開き直ってネタにするのも分かるのですが、当時許された状況や物語のバランス的に、ZEROプールは出来る限りのデッドプールだったという見方もアリだとは思うんですよね。映画デッドプールのエイジャックスやネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドなんかも、コミックスでの彼らと比較した場合、ZEROプールもビックリなレベルで違いますしね。まあわりと、映画X-MENシリーズは良くも悪くもアレンジを思い切るイメージがあります。

 ZEROプールは、いじりがいのある存在なものの、それを物差しにX-MEN:ZERO全体の評価や当時を否定する材料にしてしまうのは、ちと違う気がします。

日々雑談~2086~

 気づけば映画デッドプールの興行収入、えらいコトになってますね。2月22日現在、全米での興行収入は2億3千万ドル、全世界での興行収入は5億ドル寸前と、かなりのヒット。全米興行収入ランキングなら、X-MENシリーズ中トップ、ヒーロー映画でも上にいるのはアベンジャーズにスパイダーマンにアイアンマンにバットマンにスーパーマンやミスター・インクレディブルにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーぐらいのものですよ! つーか、チームの認知度低めな状態でポンと出て、この面々と張り合ったガーディアンズ・オブ・ギャラクシー凄いな!
 ここまで書くと、デッドプールがX-MENのリーダーに!とフいてもいい成績なのですが、一旦ちょっと待とうと。これはあくまで全米興行収入の話であって、実は世界興行収入で見た場合、X-MEN:フューチャー&パストが7億5千万ドル弱と、デッドプールに2億ドル以上の差を付けております。
 昨今のアメコミ映画というか映画事情なのですが、かつては半々や4対6ぐらいの比率だった全米興行収入とその他の国の興行収入の割合が、現在では3対7ぐらいに落ち着いております。これには世界戦略や、ネットによる文化のグローバル化のような様々な要因があるのですが、まず数字に強く影響しているといえば、中国の存在。例えば、フューチャー&パストは中国単独で1億ドル以上稼いでおります。これは複数の国の総収入を足してやっと追いつく数字。映画巨大市場としての中国の存在は、思った以上に大きいです
 そんな中、映画デッドプールは「これ検閲したら、ストーリーどうにもならんやん……」との理由により、中国での上映&ソフト化未定と、全力で中国市場ぶん投げちゃいましたからね! なのでまあ、単純計算でも1億ドル近くの収入を得る機会を失ったわけで。
 その結果、映画デッドプールの全米とそれ以外の国の興行総収入の比率は、47.9%対52.1%と、ほぼ半々です。R指定という条件に、この世界戦略。異色なヒーローの映画は、映画を売る上での異色なサンプルとなってしまった模様で。ある意味、リアル。それにしても、中国が居ないと、比率2割弱変わるのか……。
 現時点で、全米での健闘は事実、ここは素直に正座かつ期待を暖めつつ、日本公開を待ちたいところですね。今年はスーパーマンVSバットマンやキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーやX-MEN:アポカリプスあるし、多分こういうランキングからは、ちょっと落ちるだろうなあ……。
 

Escape play of a wolverine

 極寒の雪原を、少女が歩いていた。吹きすさぶ風も冷気もものともせず、ただひたすらに、一直線に歩いて行く。寒い、冷たいを通り越した、痛い吹雪。それでも黒髪の少女は、構わず前へ前へと進んでいく。
 ふと、少女は足を止める。彼女の周りを、白い獣が取り囲んでいた。狼の群れが牙を剥き出しにして、わざわざこちらにやって来た獲物を待ち構えていた。
 狼の存在に気づいた少女は歩みを止め、逆にその鋭い瞳で狼を睨みつけた。狼以上に獣らしい目に見据えられ、群れの若い狼が自然と退いて行く。だが、ボスを始めとした歴戦の狼は耐え切り、包囲が瓦解するまでにはいかなかった。
 突如、空気が切り裂かれる。切り裂いたのは、爪。少女の手から出現した二本の鉄の爪が、狼を逆に威嚇していた。
「……やるかい?」
 脅しではなく、本気。彼女は獲物ではなく、同じ獣として狼達に立ち向かおうとしている。少女の強烈な殺気に当てられた瞬間、包囲は崩れ、狼は三々五々に散らばっていった。
「ふん。つまらない」
 勝者となった少女が、逃げる狼を追うことはなかった。
「てっきり、このまま追っていくのかと思った。あの人なら、そうしてるだろうしね」
 少女の後ろから出てきた、これまた別の少女。ピンク色の大きなゴーグルを上げ下げしながら、気安く語りかける。
「私は、そこまで獣じゃないから」
「確かにね。ローラは、臭くないから。オッサンでもなく動物でもなく、女の子の匂いがするもの」
「アンタと比べて、付き合いが長くないからね。逆に付き合いが長いだけあって……そっちは時折臭うよ、ジュビリー。ニオイが、移ってるんじゃない?」
「嘘!」
 クンクンと自分の身体を嗅ぎ始めるジュビリーを見て、ローラ、別名X-23が苦笑する。同じ東洋人の少女であり、超人種ミュータントである二人。X-MENにも名を連ねる二人は、きちんとした目的と行き着く手段を持って、この雪原を歩いていた。
「行こう。もうそろそろ、目的地だ」
 ローラが鼻をひくひくとさせ、雪原に残る僅かな臭いを嗅ぎ当てる。獣性だけでなく、獣以上の優れた嗅覚と直感を持つローラこそ、目的の物を探し当てる手段だった。
 しばらく歩く二人、やがて先行するローラの足が止まった。
「ここだね。アイツは、この先に居る」
「なるほどね」
 二人の目の前にある、白い壁。うず高く積もった雪が、行き先を覆い隠していた。ローラは爪で雪を削るものの、その壁はいかんせん厚かった。
 カリカリとネコの爪とぎのように雪を削るローラを、ジュビリーがどける。
「よかった。ここまでローラにおんぶにだっこだったからさ」
 ジュビリーの開いた両手の間で、火花が散る。虹色のカラフルな火花は、吹雪に負けずずっとスパークし続けていた。
「最後ぐらい、私の見せ場があってもいいよね!」
 弾ける火花が、熱気となり目の前一帯の雪を溶かす。ジュビリーの能力である、爆発性の火花の放出。威力ならば目眩ましから爆発まで、範囲ならば一人から集団まで、ジュビリーの火花には華麗な見た目以上の器用さがあった。
 雪が溶けた先に、ぽっかり空いた黒い穴。二人は警戒しつつ、目の前の洞窟に足を踏み入れる。灯り代わりの火花を出そうとするジュビリーを、ローラが止める。無言の抗議をするジュビリーに対し、ローラもまた無言で洞窟の先にある灯りを指し示した。
 音を立てず、灯りに向かって歩く二人。やがて、灯りの正体も明らかになる。
 煌々と燃えさかる焚き火。切り分けられ、串刺しとなった鳥肉が焼かれ、良い匂いを醸し出している。ちょうど良く焼けた一本を、焚き火の前に陣取る小柄で毛むくじゃらな男が、むしゃむしゃと食べていた。
「お前ら、来たのか」
 二人に背を向けているのに、男は誰が来たのか察していた。彼の鼻は、ローラ以上だ。
「ようやく見つけたよ、ローガン」
 ジュビリーが男の名を呼ぶ。
 ローガン。コードネームをウルヴァリン。X-MENの重鎮でありながら、アベンジャーズにも所属している、不老のミュータント。アダマンチウム製の爪に獣性、不死身の再生能力ヒーリングファクター。その闘志で、強力な相手や苛烈な戦場に挑み続けてきた、歴戦の勇士だ。
 ジュビリーは長い間、ウルヴァリンと共にあり、ローラはウルヴァリンの遺伝子を継いだ者。この二人の少女は、ウルヴァリンと縁深い二人でもあった。
「X-MENのみんなが、アンタを探している」
 ローラはウルヴァリンが逃げぬよう牽制しつつ、ウルヴァリンが追われていることを告げる。
「そうだろうな」
 仲間である筈の、ヒーローたちに追われている。そんな裏切りとしか思えない状況でも、ウルヴァリンは平然としていた。平然と、過酷に見える現状を受け入れている。
「でも、わたしたちが一番最初に見つけて、良かったよ」
 優しい笑みを浮かべるジュビリー。ローラとジュビリーも、大多数のX-MENと同じ、ウルヴァリンの追跡者だった。
「ああ。お前たちでよかったよ」
 ウルヴァリンは苦笑し、抵抗すること無く、二人が求めるものを捧げた――

more

日々雑談~1912~

 管理者が「ズバットはマジでヤバい、アイツの走力マッハ7だ」とか言い出してから、なんとなく日本の特撮ヒーローのスペック調べてたけど、仮面ライダースーパー1はホントえれえコトになってるよなあ。まずスーパー1と言えば、5つの愛の腕ことファイブハンド。掛け声のみで瞬時にチェンジできる、各腕のスペックは以下の通りになっております。(Wikipediaより引用、各種資料で確認)

スーパーハンド:300トンの力を秘めた、変身時に通常装備している銀の腕。格闘戦に最も適している。

パワーハンド:50トンの物体の落下を受け止め、さらに投げ返す事ができる怪力を発する。色は赤。威力は500トンになる。

エレキハンド:3億ボルトのエレキ光線を発射する青い腕。連続発射も可能。

冷熱ハンド:右腕からは超高温火炎、左腕からは冷凍ガスを発射する緑色の腕。

レーダーハンド:腕に装着されたレーダーアイを射出し、半径10km以内の様子を調べることが出来る金の腕。音声指示によって特定の対象物のみをサーチさせることも可能。レーダーアイは小型ロケット弾としても使用可能。

 相当無茶なスペックですが、数値上のスペックを見る限り、これ多分、能力トガり気味なX-MENから、各能力が得意な人間連れてきても、かなり厳しいのでは。例えばパワー担当のコロッサスはおそらく100トン前後が腕力の限界と言われてますし、電撃担当のストームやサージ(アシダ・ノリコ)は3億ボルトいけそうですが、落雷にしても3億ボルトはかなりの電圧。冷熱能力に至っては、一人で冷気と炎を同時に使えるミュータントがえらく珍しく。ミュータントでないヤツ入れても、複数人居るか居ないかの域。レーダーハンドの索敵能力は、まずケーブルに未来的な道具を持ってこさせるか、類まれなる発明能力を持つフォージに作らせるか。
 しかもここにさらなるスペック、重力制御装置を使用した上でのキック力:無限とジャンプ力:無限がかかってくるわけで。環境への適応能力も高いし、ハルクやスーパーマン持ってきても、無限な以上、渡り合えるよなあ。そして更に、本人がチート拳法な赤心少林拳を習得。主人公補正無かったらディケイドもミンチだったし、高スペックによるメンテナンスへの依存を描いた仮面ライダーSpiritsはこの上なく正しかったわ……。
 あと危険なのは、更なる出力を持つ上に、マグニートーじみたことも出来るストロンガーと、全てを凌駕するてつを仮面ライダーブラックRX辺りか。スペックだけで言うなら、昭和ライダーの無茶苦茶っぷりはパねエ。アイツら、加速装置がデフォみたいなもんだもんな。