日々雑談~2257~

 そろそろ今年も終わりに近づいてきたので、ヒマを観て、今年発売されたアメコミを読み直し中。
 Deadpool Kills the Marvel Universe AgainにDeadpool vs. The Punisher……今年のデッドプールも、大暴れだったねえ。
 両作とも、本編の表紙だけでなく、ヴァリアントカバーも多く作られた作品。その中で、お気に入りなのは……。

 前シリーズであるデッドプール・キルズ・マーベルユニバースのあらすじをポップにまとめた表紙。あとはこのアングルが出来るのはデッドプールぐらいだぜ!な、この表紙かな。

 Deadpool Kills the Marvel Universe Againは、デッドプール・キルズを・マーベルユニバースをもう一回やるんですか!?という無茶を、前回未参戦だったケーブルや未登場だったグウェンプールのような新キャラのような新要素を混ぜることで、むしろ前回よりも本質はストレート気味な新生キルズに。Deadpool vs. The Punisherはエピソードが終わる度にだいたいデッドプールがヘッドショットされるみたいな、この二人ならそうなりますよね!?なネタや展開がてんこ盛り。あと、タイトルには名前が入ってないものの、変なドクロのオッサンも第三の男と言ってよい大活躍。ほら、来年あたり邦訳出る、アイツ!

 いやしかし、映画がヒットして何か変わると思っていたら、なんとなく元の位置に戻ってきたというか、本質はまったく変わってねえな、コイツ。これでいいのだ。たぶん、きっと。
 あとはアレだ、今年いじりにいじった、バッ◯マンとスー◯ーマンに一回謝っとけよ、オメエ!?

日々雑談~2386~

 マーベル フューチャー・アベンジャーズの新規情報公開マガジン「マーベル」マンガ賞の結果発表と、マーベル関連の話題が尽きぬ日だったものの……今日はテレ東午後のロードショーでやってたパニッシャーの話をしようか! フューチャー・アベンジャーズやマンガ賞のようなホットな話題は他の人に任せつつ、隙間産業に邁進という通常営業。ホットな話題にも、明日明後日には触れますが! こういうとこは、日替わり更新の強みです。
 今日地上波に流れたパニッシャーは、2004年の監督ジョナサン・ヘンズリー、主演トーマス・ジェーンのヤツ。わかりやすく言うなら、ジョン・トラボルタが敵役でアイスキャンディーや駐車違反の切符が大活躍するヤツです。

 ツイートでもこう呟いたように、この作品のパニッシャーはちゃんとらしさを追求したパニッシャーだと思うのですよ。パニッシャーは、本能のままに悪の巣窟に真正面から乗り込んで一気呵成に片付けるイメージがついてますが、真正面から乗り込むという選択肢を選んだ時は用意周到に計画を練り、最大効率をきっちり計るタイプです。
 例えば、パニッシャーMAX:ビギニングの導入部にあたる、マフィアのパーティーへの乱入シーン。数十人を真正面から撃ち殺すという戦果を叩き出してますが、きちんと敵の心理状況を読み、クレイモアや機関銃を適した場所に設置しておくという繊細さを見せています。まー、後日そこで撃ち殺した被害者の葬式に直でバズーカー撃ち込む繊細さなんですがね!w
 とにもかくにも、パニッシャーは下ごしらえをしつつ戦闘に戦術や戦略をきっちり持ち込む、策略家タイプです。身を削りつつ、常人には出来ないことをやってみせる。主人公補正という最強の武器を持っていたキルズ・マーベルユニバースでも、ここんとこの根幹はブレませんでした。そういった意味では、映画の大半を敵ボスへの嫌がらせに使ったのは、正しいわけですね。

 いやしかし、アイスキャンディーでの拷問を初めとした、シュール扱いなシーン。アレ、結構、コミックスに元ネタがあったりするのですが、そこがパニッシャーらしくないと思われているのはホントねえ……コミックスでは良くとも、実写にしたらシュールになってしまったというのは、結構ある話ですが。パニッシャーは、レーティングや都合に悩んだことを関係者が吐露している映画ですが、その中で出来る限りのパニッシャーらしさを追求した映画。そんな一面も、あると思います。

Amecomi Katatsuki PUNISHER VS Kiritsugu Emiya~Side P~ 3

 膝を撃たれた男が足場より蹴り落とされ、薄壁に隠れてしまった男の頭が、薄壁ごと弾け飛ぶ。
 合体技どころか、言葉すら交わしていない。それでも、パニッシャーと切嗣は互いの境界線を侵さぬまま、目の前の敵を処理し続けていた。
 言葉を挟む余地も無い、殺し合い。黙々と己の中のカードを切り続けたことで、二人は互いを証明しあっていた。

 フッドが使えるほど安い男ではない。

 フッドの策にハマり続ける程、愚直ではない。

 互いを当面の敵ではないと判断した両者は、それぞれが持つ、フッドの本拠地の情報を補完しつつ、このアジトへの殴りこみに成功した。

 なあに、お前が死んだら、一人でやるさ。

 互いに目的は察しあってはいたが、二人の殺し合いに偽や情は無かった。演技なき殺し合い。片方が死なぬまま、目的地に辿り着いたのは、奇跡かもしれない。
 マイクロチップや舞弥は、この二人を追跡しつつ、今己の出来ることを、勝手に最大限こなしている。この二人もまた、見事な道具を全うしていた。
 切嗣は死体から手榴弾をもぎ取ると、身を寄せ合う敵めがけ投げつける。分不相応な機関銃を持ち出してきた相手を殴りつけたパニッシャーは、奪った機関銃で背を向け逃げる敵を思う存分撃ち殺した。
 もはやこの場にいるのは敵ではない。心もとない武器弾薬を補給してくれる、ボーナスキャラだ。
 だが、肝心の標的は、未だ敵としての挟持を持ち続けていた。
 アジト内にあった車が吹き飛び、上で戦うパニッシャーめがけ飛んで行く。パニッシャーの姿が、足場と共に消えた。
「これ以上、好き勝手にさせるか――」
 フッドの身体が、空中に浮いていた。赤いフードをはためかせ、闇を纏う姿は、魔術師その物だ。だが、彼の手には、魔術師が好まぬ武器であり、切嗣が好む外法の礼装が握られていた。
「銃を使う魔術師が、自分一人と思っていたのか!」
 45口径のコルト・ガバメント。フッドが左右の手に持つ2丁の拳銃は、特に細工も改造もない、シンプルな拳銃だった。
 四発の銃弾が、柱の陰に隠れた切嗣めがけ放たれる。弾は、切嗣どころか柱にも当たっていない。フッドの銃の腕前は、高い物に見えなかった。
 切嗣は、愛銃であるトンプソン・コンテンダーに、フッドの命脈を断つための弾を装填する。
 自身の肋骨より創り上げた、起源弾。魔術師の魔力回路を一度切断し無理やり結合することで、体内の魔術回路をショートさせ自滅させる。トンプソン・コンテンダー自体の威力も含め、当たればそれは、必殺の一撃となる。
 魔術の行使に含め、追い詰められた思考。フッドに叩きこむタイミングは、近い。
「クッ!?」
 隙を見計らう切嗣の口から、苦痛が漏れる。二発の銃弾が、左の肩甲骨と右大腿骨を砕いていた。
 銃弾は背後からのもの。先ほどフッドの撃った弾が、大きく歪曲し背後より襲ってきた結果だ。
 必殺を追求した切嗣とは違い、フッドが目指したのは必中。魔術にしても、あまりに物理法則をねじ曲げすぎた軌道だった。
 体勢の崩れた切嗣は、思わず柱の陰より転がり出てしまう。地面に伏せる切嗣を前に、フッドは動かない。ただ、口端を歪めるだけだ。
 残り二発の銃弾もまた、歪曲を終え、切嗣を狙っていた。
 弾が当たった瞬間、首が銃痕より千切れ、心臓が破砕する。フッドが放った弾の第二陣は、必中であり必殺であった。
 だが、首も心臓も、衛宮切嗣の物ではなく、飛んで割り込んできた大柄な男の物であった。
「貴様ぁ!」
 フッドの手下を投げ飛ばし、魔弾の盾とした男。フッドが怒り狂い振り向いた瞬間、パニッシャーの銃撃が、フッドの身体を貫いた。
 銃弾は、フッドをすり抜ける。影に変化した身体を、まともな銃で撃ち貫くのは不可能だった。
 ほくそ笑むフッドの身体がドスンと揺れる。まるで、銃弾を受けたかのような衝撃。影と化した身体を、撃てるわけがない。
 寝たまま、トンプソン・コンテンダーを手にした切嗣は、無表情のままだった。喜びも痛みも、何も無い。
「グッ……!? アガアアアアア!?」
 虚無が見つめる先、フッドが嗚咽のごとき絶叫を上げ、のたうち回る。途方も無い苦悶が、身体を蝕んでいる。背が熱く、頭が痛む。忠誠と能力の証である赤い外陰が、まるでこちらを喰らうが如く、じくじくとした嫌な痛みで蝕んでくる。所詮一般人並みの魔術回路しか持たぬフッドであったが、起源弾を撃ち込まれたことで、魔力の源であるクロークとのリンクが、上手くいかなくなってしまった。
 フッドの喉から湧き出ているのは、もはや声と言えぬ音であった。フッドは震える手で、自らクロークを剥ぎ取り、ついでに授かり物のブーツも投げ捨てる。後に残ったのは、ただのケチな泥棒、パーカー・ロビンズだ。
 それでもまだ、俯き吐き続けるロビンズ。頭に押し付けられる銃口。伏せる彼を、パニッシャーが見下ろしていた。

 自分以外の動く者が消えたフッドのアジト。寝たままの切嗣の元に、久宇舞弥がやって来たのは、パニッシャーがフッドを抱え連れ去ってから、数分後のことだった。
「追跡しますか?」
 切嗣を心配するより先に、消えた標的の存在を気にかける。まったく望み通りの、相棒である。
「いや。追跡はいい。もうあの男は、魔術師として死んでいる」
 起源弾は間違いなく撃ち込んだ。その上、呻く彼を、パニッシャーが銃で殴りつけ黙らせた。殺してはいないが、あの男に連れ去られたのは、死亡と同意義だ。
 動かぬ切嗣に肩を貸す舞弥。肩も腕も動かぬが、このままここに居ては治療も出来ない。それに、残党が帰って来る恐れもある。
「アインツベルンに向かう予定は、後回しだ。どうせ向こうが提示してきた期間には、まだ間がある。ここは、甘えることにしよう」
 冬が永住する山間の城に居を構える、魔術の名家アインツベルン。彼らは、外道たる切嗣の腕を欲していた。本当なら、このニューヨークで現状の仕事を全て精算した後、アインツベルンの城へ直行する予定だった。
「治療ですか」
「いや。どこかの、戦場に行きたい。鍛え直すなんてガラじゃないが、自分をしっかりと埋め直しておきたいんだ」
 あの男に負けぬ、完全なる機械となるために。指先を心と切り離したまま動かす覚悟すら、当たり前の物どころか、おそらく自覚すらしていない、あの男。出会ってしまったことで、ズレた物を、埋め直す。そうでなければ、衛宮切嗣という存在は、劣化し消え去ってしまう。
 舞弥に連れられ、切嗣はアジトの外に出る。街中のアジトを見下ろすのは、英雄たちの看板。ブリキ缶や緑の大男や自称雷神様が、最もいけ好かない盾持ちの英雄気取りが、正義の象徴を気取っている。
 唾棄したい存在から目をそらし、衛宮切嗣はニューヨークを後にした。

 牢屋代わりのコンテナに、意識のないフッドを放り込み、ようやくパニッシャーは一息つく。一勢力のボスであった男、情報は持っているだろうし、何なら囮にも使える。意識を取り戻した途端、激痛に耐えかね泣き叫ぶだろうが、このコンテナなら音は通さない。ショック死するなら、それはそれで仕方ない。
 フッドが捨てたクロークと靴にガソリンをかけた所で、マイクロチップからの連絡が入る。
『衛宮切嗣は、この街から離れるらしい』
「そうか」
『で。どうだった?』
「何がだよ」
『彼は、君に劣らぬ一流だったかい』
 パニッシャーは、しばし悩んでから答える。
「一流だったな」
『やはりねえ』
「だが、アイツと俺は違う。出来ることなら、追いかけて殺してやりたいぐらいだ」
 殺気に当てられ、黙したマイクロチップとの通信を打ち切る。殺してやりたい。この気持ちは、真偽りざらなる物だったが、思うに至った理由は、慈悲であった。
 このニューヨークをうろつく連中より、あの男は遥かに見どころがあるし、思想も近い。だが、アレは演技だ。あの男の中には、まだ人間らしい物がある。同じような人種でしか見抜けない、仮面だ。
 奴がどんな人生を送って来たのかは分からない。きっと、自分と同じような地獄を目の当たりにしている。だが、あの男の中にはまだ情がある。儚い物を隠しつつ、摩耗し続けている。
 このNYを飛び回っている、蜘蛛男や向こう見ずなあの男。あの連中が、フランク・キャッスルの思想に無理やり寄り添い、殺害も何もかも認めて生き続けるとしたら、きっとそれは彼らにとって地獄だろう。そんな地獄を、あの男は生き続ける気でいるのだ。
 摩耗しきって何も残っていない男。もはや、妻子の死というきっかけすら消えかけているパニッシャー。地獄の底に居るのは、俺一人でいい――
 そんなことを考えつつ、パニッシャーは目の前のガソリンまみれな火種に、点けたマッチを投げ込んだ。

Amecomi Katatsuki PUNISHER VS Kiritsugu Emiya~Side P~ 2

 駆けつけた時、既に魔術師は死んでいた。だが、犯人と目される衛宮切嗣はまだ現場に居た。有無も言わさず、魔術師殺しを殺してやろうとしたものの――
 パニッシャーは、己の予想が外れた事を、認めざるを得なかった。
 この男に、魔術師らしいカッコつけなどない。その程度の相手ならば、既に第一射で蜂の巣にしている。
 だが、彼はアパートの一室から躊躇いなく逃げ出した上に、反撃を繰り返しつつ撤退。持ち込んだ武器弾薬の大半を使っても、仕留め切ることが出来なかった。
 そして、遂には――。
 暗がりから飛び出してくる影、だが警戒中のパニッシャーは、容易く影に向けナイフを突き立てる。狙いは脇腹の大動脈。即死には至らずとも、失血による致命傷に至る箇所だ。
 しかし、狙いは外れ、逆に肩口を切り刻まれる。骨にまで達した傷、押さえつけたくなる衝動を抑えこみ、代わりに影の腕を掴み上げる。冷徹を顔に貼り付けたような若造が、そこに居た。
 自らのナイフを投げ捨て、開いた手で切嗣の手にしたナイフを取り上げる。床に投げ捨てたナイフは、自分が使っているタイプと良く似ていた。
 捻り上げた腕を掴み、投げ捨てる。足元に転がった切嗣の顔面めがけ、膝を落とす。膝から伝わる、地面の硬さ。逃げおおせた切嗣は、再び物陰に消えていた。
 高さはなくとも、広さを持つスーパーマーケットの屋上。物陰も沢山あるこの場所に逃げ込まれてからずっと、大不調であった。追い詰めた獲物が、一転して牙を剥いてきている。
 何度か決められるタイミングで、するりと逃れられている体たらく。時折聞こえる、無機質な呟き。衛宮切嗣は、自身も魔術師である。そんな基本的なことを思い出す。おそらく切嗣は何らかの魔術で、自身を補強しているか、パニッシャーに負担をかけている。逃げられる度に感じる妙な違和感は、きっとその証明だ。
 いやしかし、随分とまた、地味な魔術だ。偉そうにドクターなんて冠を付けている連中は、もっと派手に偉そうに魔法を使っていた。だが、この速度への干渉は、そんな魔法よりも怖ろしい。もし、殺し合いに慣れていない超人ならば、とうに殺されている。彼の犠牲となった、数多くの魔術師のように。
 こうなれば、評価を改めるしかあるまい。彼は浪漫ではなく、実利を追求する男だ。非効率的なトンプソン・コンテンダーの使用も、おそらく必要性があるからだ。
 そんなパニッシャーの高い評価を覆すように、物陰に潜んでいた切嗣が、パニッシャーの横から無防備に現れた。横目で見れば、なんとも無機質な男だ。ただ目的や任務をこなす、血の通った機械。その顔には、不利を覆した喜びも無い。この鉄面皮を、表情が顔に出やすいスーパーヴィランたちは、見習うべきだ。
 パニッシャーの胸、髑髏の片目が弾け飛ぶ。銃弾が、左胸に直撃していた。
 切嗣に動きは無い。あの男は囮であり、本命は別の場所。あの高層ビルの屋上にいる何者かの狙撃だ。
 なるほど、自分は全く違うタイプの男を使っているが、切嗣が使っているのは、当人と似たタイプの人間か。そんな事を思いつつ、パニッシャーは背から屋上の隙間の闇に、落下してしまった。

 切嗣は警戒しつつ、パニッシャーが落ちた箇所を覗きこむ。予想通り、彼の姿は消えている。落下地点のゴミ捨て場には、落ちた跡と血痕が残っていた。
「狙撃は失敗した」
 トランシーバーにて、狙撃手に連絡を取る。
『申し訳ありません』
 帰って来るのは、切嗣に負けず劣らず、無感情な女性の声。久宇舞弥、切嗣が戦場で拾い上げた、機械たる彼をさらに機械たらしめる、道具にして補助機械だ。
「いや。これは僕のミスだ。彼は、全て読んでいた」
 切嗣は、あっさりと己の非を認める。もう少し、囮らしからぬ振る舞いをしておけばよかった。
 パニッシャーは、切嗣の姿を見た瞬間、自ら身を沈めていた。無防備な頭ではなく、おそらく最も厳重にアーマーで防護している、心臓の箇所で銃弾を受け止めるために。あの髑髏マーク自体、敵の目を引き、撃たせるための細工だろう。
 落下も、飛び降りたのではなく、自ら落ちた物。一度情勢を立て直すため、必殺の手段から逃れるためとはいえ、随分な無茶だ。もし、舞弥の使用していた銃弾の威力が、胸を貫く物だったら。もし、背から落ちて着地に失敗していたら。クッション役のゴミ捨て場に、縦になった鉄パイプや、危険な薬品がそのまま捨てられていたら。
 いったい、どれだけ自分の命を軽く見ていたら、こんな芸当が出来るのだろう。思わず、嫉妬してしまうぐらいに、機械的だ。
『周囲にらしき敵影はありません』
「ニューヨークは、彼の庭だ。こちらの、数十倍の土地勘がある」
 切嗣の身体が、突如押し倒された。トランシーバーが手元から落ち、自身の身体は屋上を転げまわる。
 強烈な拳を、必死で受け止める。指の骨に、亀裂が走った。
 隻眼の髑髏が、こちらを見下ろしている。切嗣を組み伏せたのは、パニッシャーだった。顔や身体の至るところから血を出しているが、全く意に介さず、こちらを殴りつけてくる。
 まさか、即座に戻ってくるとは。小休止も火力の補給も無しか。必死で身を捩ると、あっさり上下が入れ替わった。逆に殴りつけてみせれば、上手くいなされ、また攻守の交代。ゴロゴロと転がっている内に、こうも激しく攻守を入れ替えていては、舞弥も狙撃出来ない。気づくのに、時間はかからなかった。
 転がりつつの攻防は、すぐに屋上の限度を越え、切嗣とパニッシャーは団子状態で下へと落ちる。落ちたのは、道路側。交通量の激しい道、二人揃ってミンチになるところだったが、幸運にも彼らは、トラックの荷台の上に落ちた。
 幸運に感謝する事もなく、切嗣の肘がパニッシャーの鼻を折り、パニッシャーの頭突きが切嗣の額を激しく鳴らす。
 狭いトラックの荷台にて、第二ラウンドが始まっていた。

 千里眼の魔術にて、パニッシャーと衛宮切嗣の争いを見ていたフッド。彼の背筋に、冷たい物がはしる。元々、獣が相喰らいあうような戦いになるとは思っていた。だが、ここまで、熾烈な戦いになるとは。待機している部下たちは、先ほどの演説に当てられ、高揚したままだが、もし二人の殺し合いを目にすれば一目散に逃げ出すだろう。トラックの荷台から、路上へ。路上から、裏路地へ。裏路地から……底冷えするような戦いを振りまきつつの、激しい移動。一体何処で横入りすればいいのか。フッドの経験では、判断がつかなかった。下手に部下を差し向ければ、ただ生贄を捧げるだけだ。
 ボスに必要な素養の一つである、決断の早さ。フッドはこの点において、他の大物に大きく劣っていた。
 自らの力でのし上がってきた他のボスと違い、大悪魔より与えられている能力でボスの座に収まったフッドの脆さは、このようなタイミングで浮き彫りとなってしまう。例えばキングピンならば、スーパーの屋上に二人が転がり込んだ時点で、スーパーを吹き飛ばす火力での包囲殲滅を命じていただろう。
 そして最もマズいのは、二人の戦いを間近で見ていることで、大局的な視点を失ってしまったことにある。
 天窓が割れ、同時にワゴン車がフッドのアジトの壁を破壊し、突っ込んでくる。ガラスの破片と、車の追突、それぞれ三人ほどやられてしまった。
「あ、あああ……」
 魔術師キャラとして普段かぶっているフッドの仮面が剥がれ、情けない声が漏れている。天窓直結、二階の足場から見下ろしているのはパニッシャー。ワゴン車から出てきたのは切嗣。悪魔が二匹、フッド一味を睨みつけていた。
 何故バレた。いやそれより、いつ示し合わせていたのか。会話も交わさず、憎悪をぶつけ合うような殺し合いをしておいて。
「おい! 開かねえ! 開かねえよ!」
 恐怖に当てられ、一目散に逃げ出そうとした男が喚いている。電子ロック式のドアが、外部よりのハッキングで施錠されていた。
「こんなアジトに居られるか! 俺はここから逃げるぜ!」
 窓を壊し、逃げ出そうとした男の額に風穴が開いた。狙撃手が、外に居る。
 血と傷で塗れた顔を拭わぬまま、二人の処刑人は思うがままに動き始める。彼らが動く度に、人の命は散っていく。必死の生存本能による応戦。密室となったアジトは、生死飛び交う銃撃戦の舞台となった。
「何故、こんなことに」
 呆然とした様子で、呟くフッド。
 策を持ってして、獣を殺しあわせようとした結果、手負いの獣が懐で暴れ狂っている。
 自らの手を汚さぬ都合の良い策は、血まみれの手で引き千切られていた。

Amecomi Katatsuki PUNISHER VS Kiritsugu Emiya~Side P~ 1

 アメリカ最大の都市であり、人種の坩堝ことニューヨーク。この街には、人種という枠とは違う括りで、様々な人がいる。善人、悪人、中庸、どれも数が多い。そしてその結果、タガの外れた存在が生まれる。常識では考えられない、力を持つ者が。
 ニューヨークの裏社会を支配する悪党は、五指に余る。巨漢巨悪のキングピン。石頭ならぬ鋼鉄頭のハンマーヘッド。善悪の強烈なまでの使い分け、ミスター・ネガティブ。
 そんな悪党の中でも、異彩を放つ男が、フッドと呼ばれる男だ。近年突如出現し、瞬く間に勢力を築き上げた男。赤いクロークを目深に被る姿は、名前のとおりフッド、フードを被った者である。彼の武器は、魔術であった。弾道を曲げ、影から影を移動し、空中を気ままに散歩する。敵対勢力どころか、部下にすら何らかのトリックを使っていると思われていたが、彼の魔術は、本物であった。とある強大すぎる悪魔と契約した結果得た、怖ろしいまでの魔術だ。
 ニューヨークに確固たる地位を築き上げたフッドは、一棟丸々支配しているビルに、手下を集めていた。
「時に」
 フッドが口を開いた瞬間、緩慢だった空気が張り詰める。
「今、俺は、最大の危機を迎えている。闇が、俺に教えるんだ。あの狩人が、俺を狙っていると」
 フッドが手をかざした途端、壁に貼り付けられたNYの大地図に、炎で髑髏が描かれる。髑髏を見た途端、手下たちに動揺が走る。ニューヨークで悪党をやっている以上、髑髏は、忘れてはいけない象徴。触れてはいけない、禁忌の存在であった。
「更に、かの狩人に匹敵する恐怖が、俺を狙っている」
 フッドの手に、直接灯る炎。魔術により生み出された炎は、持ち主の肌にも肉にも無害であった。
 ざわめき半分、困惑半分。おそらく手下の多勢は、かの恐怖と同じ存在などいるのかと、疑問に思っている。それはそうだろう。チンピラでは分からない。魔術師殺しの恐怖は、魔術を使うものでないと、理解が出来ない。
「だが、恐怖が二つあるのであれば、答えは簡単だ」
 フッドの手の炎が、髑髏に焼かれる地図に投げつけられる。二つの炎は合体し、地図を一瞬で焼き尽くした。
「恐怖を、殺しあわせればいい。恐怖同士の対決は、必ずや死を招く。そして勝ち残り死にかけた恐怖を始末する。簡単な話の上に、あの災害を始末した俺達の名は、NYの新たなる恐怖として刻まれるだろう!」
 しばしの沈黙の後、誰かがフッドの名を呼ぶ。名は激しく増えていき、数秒後には大歓声と化していた。
 フッド! フッド! フッド! 色とりどりの彼らは、様々な銃火器を手にし、歓声を上げる。
 ついこの間まで、あのひと山いくらの連中と同じ場所に居たフッドは、歓声を心地よく聞く。既にフッドの思惑通り、彼らは殺し合いを始めていた。おそらくこの後に聞く歓声は、もっと熱く激しい物になるだろう。

 魔術やオカルトは嫌いだ。天使や悪魔なんて、もうコリゴリだ。だがそれでも、前に立ち塞がってきて、追いかけてくる以上、相対しないワケにはいかない。パニッシャー、フランク・キャッスルにとっての魔術とは、その程度の物だった。ミュータントだのミューテーツだのが持つ、特殊能力と何ら変わりない。
 だからこそ、最近ニューヨークで起こっている、連続殺人事件の被害者の共通点が魔術師と知った時は、多少憂鬱になった。
「どうやら彼らは、フッドに狙われていたようだね。逃亡や彼への反撃を企んでいたら、先手を打たれたと」
 複数のモニターとキーボードを同時にいじっている、小太りの男。鈍臭そうに見えるが、この電脳社会において、ネット上に構築された彼の情報網から逃げ出せる人間はおるまい。
 実戦ではなく裏方、情報収集や武器の調達を得意とする男、マイクロチップ。性格や性質の都合上、交友関係が希薄なパニッシャーにとって、珍しく縁が長く続いている相手である。
「フッドか。面倒な奴だな」
「だが、どうやら実行犯は別にいるらしい。被害者は全員、トンプソン・コンテンダーで射殺されている。弾のタイプは、30の06の、スプリングフィールド弾だね」
「なんだそりゃ」
 鉄面皮のパニッシャーにしては珍しい、呆れた表情。トンプソン・コンテンダーとは、どんな弾でも撃てる万能銃である。だが、一発ごとに装填が必要な単発銃と言うのは、武器として心もとない。しかも使っている弾は、威力重視のスプリングフィールド弾。おそらく、改造済みのモデルだ。コンテンダーの火力を嵩上げするという発想はわかるが、そ必要以上の威力を求めて、なんになるのか。どうせ、一発当てれば、人は死ぬ。超人相手なら、この程度では足りない。汎用性を捨ててまで、中途半端に威力を追求する意味が分からなかった。
 実利を求めるパニッシャーにとって、意味の分からぬ浪漫だ。
「さあ。あちらの世界の事情は分からないから。ただおかげで、犯人と目される男に、アタリをつけられた。魔術師殺し、衛宮切嗣。組織に属さない、フリーランスの魔術師で、傭兵の真似事もしているらしい」
 マイクロチップに渡された書類には、衛宮切嗣の簡単な経歴と行状。今まで彼がおこったと思われる仕事の内容が、簡潔に記されていた。
「見る限り、君と同じ容赦の無いタイプに見えるけどね。一人殺すのに、船を爆破。毒殺や狙撃もお手の物だ。それに、ヨレヨレのトレンチコートが、トレードマークだ」
「お前にもそう見えるんだな」
「ん?」
「いや。なんでもねえ。だが、魔術師殺しなんて御大層なあだ名があるんだ。奴の狙いも、絞りやすいだろうさ」
「ああ。任せろ。お膳立てをするのは、僕の仕事さ」
 自身の作業に没頭し始めたマイクロチップを背に、パニッシャーは己の仕事を始める。
 まずは、持ち込む武器の選定。この作業に浪漫の入る余地はない。目的に適しているのかどうかが、基準だ。
例え手元に伝説のエクスカリバーがあったとしても、あんなゴテゴテとしたデカい剣より、小回りが効く十把一絡げのナイフの方が何百倍もマシだ。
 こんな、ワケの分からねえ武器の選び方をする、魔術師なんてのと一緒にするんじゃねえ。パニッシャーの偽りなき本音であった。

 魔術は実利。思考は非情。戦略は悪辣。手段は外道。礼装は銃火器。何処をどう切り取っても、魔術師らしからぬ魔術師。衛宮切嗣とは、そんな魔術師であった。
 魔術師を狩る生き方を決め、遂行してきた彼に与えられた異名は、魔術師殺し。並行し、破滅的な戦場にて傭兵として生きる男でもある。
 だがそんな彼の、今日の戦場は大都会。そして殺し合っている相手は、只の人間だった。
 散弾に襲われ、切嗣は間近にあったソファーの裏に飛び込む。瞬時、転がり、壁の後ろに姿を隠す。容易く穴だらけになるソファー。アレを盾になんて思っていたら、死んでいた。
 携帯していたマシンピストルにて撃ち返す。マガジン装填数からバレルから、改造を重ねている自分用の銃を持ってしても、心もとない。なにせ相手は、ポンプ式ショットガンの二丁拳銃なんてバカをやらかしている、バケモノだ。
 本来両手で扱うショットガンを放り投げ、肩と肘の動きでリロードを実行。そのまま休みなく、こちらを狙ってくる。曲芸じみたリロードを、左右の腕で行うことにより、曲芸を通り越した実利を生み出している。速射性に優れたマシンピストルでも、あんな無茶苦茶な相手との撃ち合いは、条理の外の更に外にある。
 狭い部屋の中で飛び交う銃弾。その間には、絶息した魔術師の、切嗣をNYに呼び寄せた男の遺体があった。
 彼が依頼したのは、現在ニューヨークの裏社会を魔術で支配しようとしている男、フッドの暗殺。フリーランスの魔術師である切嗣は、今日このアパートの一室にて詳細を聞く予定であったが、訪れた彼を出迎えたのは死体であった。
 そして、何かする間もなく、ドアを蹴り放ち現れた、髑髏のマークのシャツを着たレザーコートの男。まず交わされたのは、言葉ではなく銃弾だった。
 どうやら、あの男は、自分のことを犯人だと思っているらしい。魔術師殺しが無実の魔術師を殺した。なんとも、単純な筋書きである。
 誤解だ。話を聞け。口にしようとする度に、かの男との間が縮まりそうなのが分かる。そして縮まった瞬間、訪れるのは絶命の二文字。アレに、聞く耳は無い。自分と同じように。
 残弾の切れたマシンピストルを投げ捨て、自らの身も窓から投げ出す。四階の高さであったが、転げ落ちたのは隣のビルの三階相当の屋上。あまりに相手の土俵に居る現状、距離を取らなければ、このまま飲み込まれる。
 髑髏の男は、切嗣が飛び出した窓に駆け寄ると、追って飛び出した。窓から撃つのではなく、あえて追撃する。多少の有利よりも、距離を離すこと、自分のペースが崩れることを恐れる。分かっている、彼は分かっている男だ。
 髑髏のシンボルを付けた、犯罪者を狩る自警団員、パニッシャー。所詮、自己満足の正義と悪党の焚付に長けた、ニューヨーク名物正義の味方と同程度の存在と思っていたが、それは間違いだった。
 アレは、摩耗しきった存在だ。あんなモノを、ありふれた自称正義の味方と同カテゴリーに入れてはいけない。殺害を、誇りある物ではなく、手段としか思っていない。
僅かな親近感と、妙な嫌悪感。湧き出そうな感情を抑え、切嗣は今現在、自分の周りにある武器と取れる手段の確認を始めた。