日々雑談~5795~

 体調がイマイチで専門店に行ったり上手くチェックが出来ない時、とにかくKindleでアメコミを買うのは便利だったりする。電子書籍の利点の一つは、ネット回線と決済手段があればどんな土地でもすぐ買えること。速度だけで言うなら、どれだけ通販が発展しようとも、実物である時点で勝てめえよ。

 実のところ、勇者ロボっぽいなにかの乱入自体は、前半のさわりだったりする。雑に言うと、一応終焉メインの前半と、そこからぶっとんでもっとヒドいことになる後半の二部構成。他のThe Endシリーズってもっとまともだよな!?とおもわず買い漁ってしまうぐらいの大暴れ。他のヒーローがコレじゃあマズイけど、デッドプールである以上、問題ないな!

日々雑談~6759~

 スパイダーバースにいる東映版スパイダーマンみたいな勢いで、デッドピュールもしれっとデッドプールの一員に混ざっててもおかしくはない。いや、おかしい……おかしくないのか……?

 やっぱおかしくないな!
 過激にハードにメチャクチャなデッドプールMAXだからと言えばそれまでなのですが、このクリスマスエピソードのボブはNTRが弱攻撃な勢いで、ガンガン不幸に見舞われるので。世界はヒドラに狙われてる!と妄想するデッドプールと、そんなデッドプールの妄想に付き合っているうちに摩訶不思議アドベンチャーに巻き込まれていくCIAエージェントのボブのバディ物、デッドプールMAX おすすめです。自称未来人の傭兵ケーブルも出てくるよ! 自称(復唱

 ハロウィンのコスプレですら変装と後始末で大変と言われているシーハルクをわりと頻繁に出している時点で、アメコミパロAV業界のガッツすげえよな。全身緑色をCGや合成無しでやると、塗る以外の選択肢が無いし。情熱なら、ホントMCUにも負けてないぜ。

日々雑談~6729~

 ドラゴンボールAFの話題が広がった時期って、インターネットが多くの人に広がりはじめたことで、本当も嘘もまぜこぜの噂が氾濫し始めていた時期でもあり、ドラゴンボールGTと改の間のTVアニメのドラゴンボールが途絶えていた時期でもあるのよね。情報の氾濫がファンの渇望に上手くハマった感じ。海外と日本の距離感もあった結果、互いの勘違いに気づく人も少なかったでしょうしね。

 この日本と海外の距離感による都市伝説化ってのは意外とあるのですが、自分が目の当たりにした、都市伝説となりかけていた事案は「デプスパは日本でのみ受けているカップリング」かな。デッドプールの人気が出始めた日本におけるデッドプール黎明期、キャッチーかつ日本でもすでに人気のキャラクターの絡みということで、デッドプールとスパイダーマンの関係をテコにした紹介は一種の流行だったのですが、その結果、まずデッドプールとスパイダーマンのカップリングであるデプスパも流行ることに。

 この流行りに、一部から異論が出ていたんですよね。まとめると、「デッドプールとスパイダーマンの絡みは少なく、本国でも代表的に取り扱われるコンビではない。日本独自の人気」といった感じ。確かに、スパイダーマン目線ではデッドプールはすれ違いレベル、デッドプール目線でもケーブルやボブとのコンビの方が多いと、これは正論ではあるのですが、ただカップリングのでき方や人気は、正しさで図れるものでは無いですしね。原作では会ったこともないのに、熱烈に愛されているカップリングなんてごまんといるわけで。

 ただ、日本独自の人気というのは、当時自分の海外へのアンテナも低かったので、そうなのかな……?と半ば納得していました。それはそれとして、別に日本で人気が出たからと言って、やましいところは一切ないので、特に行動に影響することはなかったですが。日本と海外が、好みまで足並みを揃える必要も無いですしね。

 その後、マーベル本社がスパイダーマン/デッドプールの刊行に動き、長期連載化に成功したことで、この異論はもう語られない話になったわけですが。少なくとも、デプスパは本国でもマーベル本社が目をつけるほどの支持基盤があったと言ってしまっていいでしょう。絡みが少ないならば、育てればいい。この決断は、マーベルがファン層をよく見てた結果だなあと。近くて遠い、そして遠くて近い。海の向こうとの関係性は難しいですわ。

日々雑談~6726~

 天皇陛下の即位の礼の儀式の一つ、即位礼正殿の儀をTVで拝見。歴史の教科書に残るであろう行事を、こうしてTVで見れるというのは便利だし、便利である以上、その便利さにはできるだけ乗っておきたいところ。機会は使ってナンボ。

 神事に有職故実に、各国VIPの服装に空港に停まっている専用機、更に即位の礼のために日本各地から集まった県警のパトカー。様々な人が知識欲を思い思いに満たす光景は悪くない。それはそれとして、凸凹の平成とか言い出したジオウ勢は正座。くそ! 不敬罪と恩赦を両方認識しているぶん、手に負えねえ!w

 

 Twitterで#ギャン子登場5周年記念日というタグがあるのを見て、そうよねえ、ギャン子が5年ならデッドプールも5年よねえと。ディスクウォーズにおけるデッドプールの初登場回は10月1日放映の『禁断のヒーロー登場?』で、ギャン子初登場(顔見せ自体は子供時代も含めもっと前)と被った10月22日の再登場回は『クリス 決断の時』。初登場回の時はデッドプールがTwitterのトレンドをかっさらったものの、再登場回の時はたしかギャン子の勢いに押されてたのよね。いやあの時の夕方6時~7時、めっちゃ濃かったわ。

 そうか、5年かー……となると、俺も5年以上アメコミを読んでるってことだな。なんだか、普通に長く付き合ってる趣味になってきたな。

日々雑談~6720~

 今日は少し立て込んでいるけど、コイツを紹介しないわけにはいくめえよ。
 ジャンプ&MARVELのコラボ企画にて、一番期待していた作品。そして期待通り、むしろ期待以上だった!
 とりあえず、読んでみてほしいし、まず損はさせない。つーか、コレを連載にして、新規開拓してこうぜ!
 自分としては、絶賛の域ですわ。元ネタを保ちつつ、自分ならではの色をつける。コラボってえのは、こうあるべきだよなあ!