日々雑談~1926~

 アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロンを観た後に、マガジンに載ったエピソード0を観ると、そこに至るまでの経緯が察せて、結果新鮮。なるほどなあ。
 エイジ・オブ・ウルトロンを観た後、売店に子供のグループが複数居て、アベンジャーズのファイルやキーホルダーを買ったり買ってもらったりしているのを目撃。今までそんなに見たことのない若年層の増加。ディスクウォーズやアルティメット・スパイダーマンが掘り出した、新たな層かねえ……。だとしたら、キング・リュウさんを始めとしたスタッフの挑戦が、一つの実となった瞬間を目にしたようで、なんかこう、めでたいけど!

 派手な設定変更でどうなるかと懸念されていたドラマ版デスノート、ながら観していたら、意外と面白かった……。原作の月がデスノートという異能の一突で壊れた天才なら、ドラマの月はデスノートの一突で溜め込んでいた物が開花していく平凡な青年。原作を無視するのではなく、原作を逆手に取った展開を用意していく感じで。世に出て十数年、劇場版、アニメ版を経て、世間が観なれてきた作品のリブートとしては、悪くないんじゃないかと。原作デスノートとドラマ版デスノートの関係は、元祖アベンジャーズと、アルティメッツの関係に近いのかも。原作の拡大解釈(例:ハルクの暴走に性欲や食欲もプラス)に思い切った展開(例:X-MEN壊滅、スパイダーマン死亡)で、アベンジャーズを逆手に取りつつ出来ないことをやってきたアルティメッツ。開き直りも、貫き通せば面白い。
 ドラマ版デスノは、アラもネタもあるけど、一緒にキラリと光る部分もあるな!の半々状態。崖下に転がるか上へと登っていくか、ドキドキするぐらいにゃあ面白く。これ本気でダメな作品だと、崖下しか選択肢ないからなあ!

日々雑談~1918~

 今日は、金曜ロードショーにてアベンジャーズが地上波初放送でした。見ながら色々やりつつTwitterで呟いていたらそれなりに読めそうな物が溜まっていたので、よろしければこちらをどうぞ。
 時間がないので、ガッツリとカットするよ!と聞いていたので不安でしたが、実際見た印象としては、枠内に収めるというプロの仕事を垣間見た感じ。大胆さと繊細さを使い分けて、ギリギリの線でなんとかしていたよね! シャワルマやスタン・リーを筆頭に、ノー!と言いたくなるシーンが無かったりもしたのですが、動画配信サイトをテレビ局が子会社化するご時世、カット無しの物は、そっちで見ろとの事でしょう。地上波に配信にソフト、放送局と視聴者、それぞれやり方を見直す段階に今いるのかもしれません。
 しかしディスクウォーズのコラムから、映画アベンジャーズに関係ありそうなキャラを引っ張ってきて呟いてみたが……チームのアベンジャーズはあれど、アイアンマンやキャプテン・アメリカにソーにハルクは、個別コラム無いんだなあ。いやー、人気orメインキャラは他にやる人がいるだろう!と後回しにしたことへのツケですね、こりゃあ。ウチのサイトも、やり方を見直す段階に今いるのかもしれません。まあ、こっちはおそらく変わらんですけどね! 雀百まで踊り忘れず。
 

日々雑談~1901~

 アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ、今週はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー回+ノバのパワーアップ回。ノバ軍標準装備な金ヘルメットから、サムのトレードマークとも言える黒いヘルメットに。アイアンフィストやホワイトタイガーに続いて、三人目のパワーアップ。あとコレで残っているのは、パワーマン……誰か、カミソリ持ってきて!
 外見的に特に変わっては居ないものの、スパイダーマンも数多くのビークルを貰ったりアタッチメントの改良と、さすがは主人公と言わんばかりの順調なパワーアップを継続中。そしてまあ、来週からは増えるわけで。来週より異次元のスパイダーマン編開幕。近未来、性別反転、スチームパンク、騎士、後継者、ブタ……様々な蜘蛛男が、ピーター・パーカーを待ち構える!
 そういえば、本国の方で、このアルティメット・スパイダーマンの続編製作も決まったようですね。うむ、朗報。このシリーズも、今までのアニメと路線を変えた結果、当初は結構辛辣な意見も多く。個人的に一番ひでえと思ったのは「こういうのはデッドプールにやらせろよ!」う、うん、分からんでもないけどね!?w
 それはそれとして、こうして一定層の支持を得て、軌道に乗れたのは良いことです。ディスクウォーズもそうでしたが、どうしても新機軸というのは色眼鏡で見られやすいもの。そんな中、良さや人気で正々堂々歩き続けて見せる!というのは、挑戦した制作側にとっての本懐では無いでしょうか。

日々雑談~1896~

 アルティメット・スパイダーマン:ウェブウォーリアーズ、今日でここ数週続いていたニューウォリアーズ編が終了。ディスクウォーズとは一風変わったメンツなので、新鮮味はあったんじゃないでしょうか。いや何気に、ニューウォリアーズ編で出てきた面々を、ディスクウォーズ式の属性に当てはめるとかなりバランス良い気がしますが。

クローク:性質的に魔法に近いのでエナジーか

ダガー:高確率でエナジー

アイアンスパイダーマン(アマデウス・チョ):十中八九テック

エージェント・ヴェノム(フラッシュ・トンプソン):ヴェノムとしてならディスクウォーズ準拠でパワー。戦い方やスパイダーマン寄りの能力からしてファイトやアニマルの素養もあり

ケイザー:ファイト属性。サベッジランドの要素を推せば、アニマル属性もアリか。

ザブー:アニマル属性以外無いでしょ

ヴァルチャー:アニメでの扱い的にはおそらくアニマル。原作寄りなら、ファルコンと同じくテックの線も。

スクイールガール:アニマル属性以外(以下略

 ある程度調整すれば、全属性揃いそうな気がしますね。パワー属性のパワーマンやエナジー属性のノバにファイト属性のアイアンフィストと、セカンドヒーロー勢が所属するスパイダーフレンズのバランスも良ですが。唯一未登場なホワイト・タイガーがテックならアニマル属性のスパイダーマンを置くことで全員揃うけど、ホワイト・タイガー絶対アニマル属性だよなあ。
 まあこういう分け方をすると、最もバランスが取れていて、ほとんど公式設定されているのがシニスター・シックスなのですが。テックのドクター・オクトパス。エナジーのエレクトロ。パワーのサンドマン。ファイトやアニマルはこの三つに比べ、埋めやすい属性ですしね。若干シニスター・シックス色は薄れるけど、ファイト属性としてグリーン・ゴブリン入れてもいいですし。後はどうにかなる!
 別のアニメのルールを、こうして持ち込んでみるのも面白いものです。
 なお、コラムの方も書いているので明日明後日には公開できるかと! たぶん! きっと!

日々雑談~1878~

 とりあえず一つ一つ片付けていこう!という事で、まずは5月2日のCOMIC1新刊であるディスクウォーズ・アベンジャーズ:ドゥームズデイ#2紹介を完成。アルティメット・スパイダーマンのコラムは、明日かCOMIC1終了後にはなんとかします。
 まず先のことを考え、COMIC1関係の告知を。COMIC1のスペースナンバーは、トピックスにも記載されている通り、と24-b。当日ドゥームズデイ#2をお買い上げの方には、スパイダーマン編のおまけペーパーを付けます。こちら余りましたら、通販再開後にドゥームズデイ#2のおまけとしてつけますので。イベントで先行頒布という形ですね。
 しかし忙しさの谷間で仕事が落ち着くかと思ったら、あまり落ち着かない現状。このままでは、ペースを維持したまま、一年の内最大の山場に突っ込んでしまう。この平均値を上げるタイプの忙しさ、景気が良くなってる証なのかしら!?
 一応もう紹介を書き始めているクローク&ダガー。能力的な面を追求すると、強いというより便利なキャラ。ワープと回復、どんなゲームでも、まず死なない能力だぜ……攻略本に「クローク&ダガーが加入すると、一気に部隊の安定感が上がる」って書かれたり、RPGなら中盤に加入して、そのままずっとラストダンジョンでもレギュラー落ちしないタイプの二人。生身で頑張るファイト属性が多いストリートメインなヒーローでは、ホント希少なタイプなんじゃなかろうか。