日々雑談~6682~

 仮面ライダージオウの最終回を見ました。凸凹だらけの平成ライダー、その最後となるジオウ。ループする世界、しかし一歩踏み出した世界である。10年前、まとまりきらなかった壮大な構想が、一つの形に。さらに10年前、構想に翻弄されたディケイドが先輩ライダーとして見守っているのだから、10年+10年=20年の積み重ねは、かけがえのない歳月だった。

 TV版がノーマルエンドなら、Over Quartzerはトゥルーエンド。平成の先、令和に繋がる物語は劇場版で……でも、そろそろ各劇場でOver Quartzer終わりそうなんだよなあ。最終回を観終わった時、Over Quartzerもう一回観たいな!となったので、ちょっともったいない。時期的にしゃあないのはわかっているんだけどねえ。

 しかし、圧倒的スペックの魔王オーマジオウ、ライダー殺しに特化した破壊者ディケイド激情態と、同じ最強最終のライダーでありながら、特性が見事に別れたねえ……。自らの使命と運命を受け入れた無法の力という点で、オーマジオウの対はコンプリートフォームではなく激情態でしょ。最強フォームや究極フォームとも違う、行き着く果ての力。そんな力すら、ついに制御下においたのがオーマフォーム。ライダーの歩みは、止まんねえや!

日々雑談~6676~

 もう、来週ジオウは最終回か……どうなるかっていうか、マジでまとまるのコレ!?って状況になってるけど、ホントどうなるんだろうか。まあアレだ、スウォルツさんは、3点ヒロインなツクヨミの10倍くらいは頭いい感じだよね! 30点の赤点ボス……。

 ジオウの成功したことの一つは、同じ平成ライダーの力を使役するディケイドとがっつり共演した上で、それぞれ王に破壊者とちゃんと二人を差別化できたことではないかと。平成ライダー屈指のスペックのグランドジオウで凸凹揃いの平成ライダーを引っ張るのがジオウなら、士のセンスとカメンライドによる多彩さで対ライダーに強い破壊者がディケイド。その着地点とコンセプトには、違いがあるわけで。

 ネオディケイドライバーになることで、今のディケイドのスペックは昔のコンプリートフォーム以上になっているものの、それでもグランドジオウと比べた場合、数倍以上のスペック差があるので……。もともと、ディケイドはスペックで勝負するライダーではないので、そこのところはある意味問題なし。たぶん、アナザーディケイドが持っていった力が返ってきたり、20人ライダー網羅のコンプリートフォームになったとしても、ディケイドのコンセプトとしてスペック方向に能力は伸びないと思うのよね。全ライダーを倒した激情態も、そっち方面で強いライダーではなかったし。そもそも、ジオウでは見せてないものの、全ライダーを強制的に変化変形させて、更に当人も知らない可能性を引き出すファイナルフォームライドがある時点で、ディケイドはどう転んでも対ライダー方面でヤバすぎるわ。

 ジオウはジオウで、魔王オーマジオウに最終王者オーマフォームのように、圧倒的としか言いようのない可能性があるのがこれまたヤバい。そんなジオウとディケイドが共に在るジオウ最終回、何回も言うけどどうなるんだろうね!?

日々雑談~6654~

 ここ最近更新できていませんでしたが、なんとか生きております。
 いい加減、夏コミ作業も終わらせなければ。

 

 この間の話の、最強キャラには攻撃力より防御力が求められるのでは?な視点に、カッチリとハマるディケイド。必殺技やフォームチェンジ抜きで50トン級の攻撃を出せる平成ライダーはほとんどいないし、熱や冷気への耐性もほぼ完璧と、守りの面でディケイドは相当強い。100トン級の衝撃を逃がすショックアブソーバー付きで、マイナス400度というよくわからない温度にも耐えた、1号先輩のことは忘れよう。昭和ライダーはほら、100トン級のパンチやキックが飛び交う魔境だから……。

 そもそも対グロンギや対ワームや対魔化魍とそれぞれの敵に特化した結果、一方向に突き詰めた能力を持つ平成ライダーの力を自由に使えるってだけで、ディケイドは相当なんですけどね。ディケイドの場合、まず仮想敵が平成ライダーで、副産物として平成ライダーの怪人たちとの相性ものきなみ良いって感じだけど。ジオウが王なら、ディケイドは破壊者。同じ平成ライダーの力を使うライダーでも、上手く差別化されてるわ。

日々雑談~2290~

 さ、寒い……この辺りに雪が降ると言っても、明日の朝じゃないんでしょ? と侮っていた心を凍りつかせる、身も凍る寒さ。
 最近、体調を崩している人も多いので、俺も気をつけないと。つーかまあ、先々週の金曜辺りは俺もヤバかったのですが。本当に微熱の状態で気づけたのと、身体を休めるだけの時間があるのがよかったね。この段階なら、市販の薬でも十分効果がある。逆に言うと、これぐらいの段階じゃないと市販の薬はイマイチ効果が無い。まあ、強力な薬を医師の診断が無いままグッっとイケる状況というのもマズいですしね。薬を使うのは人、状況を判断するのも人。

 皆様、体調にはお気をつけ下さい。あと、雪にも。なんとか雪の降るまでに、車を使うような用事は全部済ませておかないとな……。

 

 一昨日、フューチャー・アベンジャーズなコラム~征服者カーンという男~をアップしました。タイトルは、LUPIN the Third -峰不二子という女-のパロディです。ちょうど、カリオストロの城を地上波でやってたからね。アクションもキャラクターも全部爽快なので、何度見ても楽しい。気持ちのいい男たちの美学と、女たちのきらめき。伊達も粋狂も、ここにしかとある。

 カーンの戦力を真面目に分析した場合、スーツを着た上でのパワーは並のヒーロー、防御力はなかなか、単独時間移動による逃亡や栄養補給もしてくれるスーツは生存力の高し。つまり、防御力や生存能力の高さで相手を分析しつつ、豊富なアイテムによる火力でドカンと。ファイトスタイル的に似たキャラは、仮面ライダーディケイドかね。ディケイドも高い適応能力で次元を渡りつつ、低めな火力をカメンライドで補うスタイル。ディケイドも、スーツのスペックはどちらかというと防御寄りなのよね。カーンもディケイドも、アイテムやカメンライドが無いと火力が不足気味になるし。

 フューチャー・アベンジャーズだとカーンは敗れたものの、カーンの場合、この敗北の情報を元にフューチャー・アベンジャーズに酷似した別の世界でその世界のカーンが完勝している可能性もあるんだよな。アイツ、キャラクター設定的にIFに繋がる可能性が多すぎるのがやっぱズルいわ。

日々雑談~2229~

 ジュウオウジャーに真田丸と、5日の日曜日は面白いもんばっかだったなあ。

 真田丸は真田家のターニングポイントとなる犬伏の別れ。戦国武将としてかつて息子二人を翻弄しつつも、戦国武将であることから先に勧めなかった昌幸を、次代の大名としての資質を手に入れた信幸がついに凌駕。大局的な視点により、真田を滅ぼさないための方策を打ち出すことに。

 関ヶ原の戦いは、誰もが長引くかと思っていたら、一日で終わってしまった戦い。当時の情報伝達の速度を見るに、始まりました!の報せの頃には既に終わっているというね……。だからこそ、各地でちぐはぐなことや計算違いなことが起こるわけで。本気で中立貫いてえらいことになったり、大名同士の一騎打ちという源平か!な事件が起こったり。関ヶ原は本戦以外の地方史もまた、面白いのです。

 

 ジュウオウジャーは通算2000回の直前回、つまり通算1999回目。記念すべきゲストは、海賊戦隊ゴーカイジャー! 過去戦隊にゴーカイチェンジ出来る、最強戦隊候補としても名高い彼ら。久々の復活ということで、ゴーバスターズ以降の後輩戦隊にも変身可能に。ゴーカイジャーのゴーカイチェンジは、ゴーカイシルバーの土下座に支えられてます!

 似たポジションのヒーローとして、カメンライドのディケイドがいるものの、ディケイドの場合、昭和ライダーにはカメンライド(スーパーヒーロー大戦で1号に)したことがあるものの、後輩ライダーはどうなんだろう。ダブルのファイナルフォームライドや幾つかの媒体での示唆を見るに、カードさえあればカメンライド出来る可能性はデカいな……ただ、ダブル以降の2期平成ライダーは、結構ベルトがギミックあったりうるさかったりで目立つ傾向にあるので、ディケイドライバーのままのカメンライドだとちょっと浮くかもしれない。デカいバックルのダブルとか、スイッチ0のフォーゼとか、ベルトさんでないドライブは、少し想像しにくいですしのう。
 あとアレだ、ディケイドの関係者は、基本ディケイドがやらかしてから土下座するタイプだ。 

 そして次回は本題となる二千回、様々な怪人とともに僕らのブレドランさん(ブラジラ)も復活。でずっぱりなブレドランさんもここ数年休んでたけど、休んでいる間はウォースター帝国のヴラックとしてパワーレンジャーで活動してたから、ワールドワイドな視点で見れば休みなしよ。ゴセイジャーとゴーカイジャーがパワーレンジャー・メガフォース(ゴーカイジャー編からはスーパーメガフォース)として一纏めになった結果、ゴーカイジャーでもブレドランさんは大活躍よ!