日々雑談~5627~

 久々に豪快に寝落ちしたという実感。キン肉マンの更新がある日曜の夜は意外と耐えられるんだけど、いくら久々でプレミアム感があるとはいえ、過去作の読み切りじゃしんどかったかー……。

 究極の超人タッグ編のキッドは、ロビンマスクと組んでのジ・アドレナリンズとしてかなり奮闘しているし、ここで完成した侍魂を持つテキサンとしての不屈のファイトはチートじみたアイテムと強力な殺傷能力を持つ時間超人相手との噛み合わせもよかったんだけど、あの試合、ケビン絡みで奇行を繰り返したロビンが全部持ってっちゃって、キッド目立ってなかったんだよねー。改めて、キッドの部分だけ見ると、凄くいい仕事してるんだけど。

 超人師弟コンビでの犠牲者ウォーズマンといい、ロビン実はタッグが下手というか、パートナーをすげえ振り回すよな。あと、この不屈のファイトと時間超人のかみ合わせが良すぎて、最後に時間超人に挑んだ万太郎もケビンのスタイルもこっちよりになった結果、元祖であるはずのキッドが埋没したのも痛い。

 そういった意味で、やはりこの作品は、万太郎やケビンと比べ、作中で埋没していたテリー・ザ・キッドへのフォローとしての意味合いもあったのでしょう。裏を返せば、出番がない分、話としての新鮮味もあったわけですしね。キン肉マンのモデルであるテリー・ファンクは、キン肉マンの連載終了後にアイドルレスラーからなんでもありのハード・コア親父になっていくわけですが、テリー一族はあくまでアイドルレスラーのテリー・ファンクをモデルにしたまま今に至ると、他の超人と比べて、ジャンプ連載時のキン肉マン、若い頃のゆで先生が浴びてた青春の風を感じるんだよな。

日々雑談~5620~

 10年前かつ単行本未収録のⅡ世の読み切りと、なかなかレアリティの高い作品。それが、テリー・ザ・キッドの夜明け(以下夜明け)。今のキン肉マンとは肌触りも違い、設定も違うものの、やはり当時の空気の懐かしさやテーマを感じるね。

 たぶん、武道戦で魔雲天が負った顔の怪我は、夜明けでの裂けた顔を参考にしたんじゃないかな。砕けた頭にちぎれた足と、武道戦で負った怪我はもっと多いですが。そもそも、怪我どころかお亡くなりになってるけどね!

 来週の夜明け後編で魔雲天についての話も出てきますが、最悪その、武道戦で上がった株価が急降下する可能性が……。魔雲天が悪いんじゃない。この当時、悪の元締め、ゴールドマンは配下、超人閻魔ともマブダチオーラを出してたくせに、現在株価ゴミ屑のサタン様が関わってくるのが悪いんだ。

 正確には、総合格闘技にプロレスが負け続けていたのはちょっと前で、2009年のこの時期は総合格闘技自体にも陰りが訪れ始めていて、総合格闘技を中心とした格闘技界の構図に限界が見えてきた時期ですね。そしてこれからどうすべきか皆が悩み始める中、円熟期の極みに居た武藤敬司と時代を切り開こうとしていた棚橋弘至がIWGP戦で死闘を繰り広げ、プロレスはこれでいいんだ!と見せつけたのは、この年の新日ドーム大会。まさしく、夜明けの時期なんですよね。だからこそ、時代遅れのテキサンスタイルのイメージが有るテリーマンが揺らがぬ自分を見せたことには価値があるのではないかと。

 いやしかし、流石にテリーの言葉までは覚えてなかったな。やはり記憶だけだと、どうしても限界がある以上、こうやって読めるのはいいな! 

日々雑談~6749~

 さっそく電子書籍版を購入してみたけど、1P目にデカデカと書いてあるように、高解像度フルリメイクだった……。大筋は同じで、細かな点も8割は再現。2割の変更は何かというと、アングルの変更。当時は新キャラ登場回でも、今では40年の友情が始まるきっかけとなった話。それなら、契機となったシーンはじっくりと描くよね。いやー、このフルリメイク路線、他の話でもやってみてほしいわ。

 他にも超人人気投票上位勢の印象に残るエピソードや、ゆでたまご先生の幻の投稿作など、読みがいのある記事が目白押し。ロビンマスクの収録エピソードが、キン肉マンとの出会いで自分がいかに変わったのかネメシスに熱弁するエピソードなのは、テリーマン初登場回フルリメイクとの連携も考えられてのことなのかね。だって、キン肉マンと友情を育む前のテリー、テンプレ的アメコミヒーローというか、都会ぐらしのニューヨーカーというか、笑顔でも目が笑っていない怖い清廉さを持つ超人だぜコレ? 
 ロビンはキン肉マンと出会って変わった、それはテリーマンも同じだった。二つのエピソードを合わせると、やはりしっくりとくるぜ……!

日々雑談~2015~

 日々雑談のナンバリングが西暦と同じ2015に到達しましたが、何事もなかったかのように通常営業です。はい。

 野球の影響で番組変更というのは慣れた話、最近では珍しい話だけど、まさか日曜洋画劇場プレデターズの開始が11時になるとはなあ……ついさっき、午前一時ぐらいに終わったよ。やってくれたことはありがたいけど、ビックリだ。どんだけ激戦だったんだろう、野球の日韓戦。
 プレデターズの見せ場といえば、ヤクザVSプレデター。ヤクザ強すぎね?というか、スピンオフコミックを見る限り、プレデターにおける日本、忍者居ますからね、普通に。そりゃヤクザも強いよ!

 今週のキン肉マンにて、テリーマンVSジャスティスマンが決着。ヤフーブックスの週刊プレイボーイページは更新されていませんが、作品ページ、上述リンク先からなら読めますので。
 わかりあえないと思われていた完璧超人に、ついに自らの正しさをわからせてみせたテリーマン。もはや完璧始祖の枠を超え、神としての公正さを持つようになったジャスティスマン。わかりあうことが目的ならばテリーマンの勝利、公正な裁きを下すことが目的ならばジャスティスマンの勝利。ジャスティスマンの棄権により勝ち星自体はテリーマンの物となりましたが、これは両者勝ちの引き分けでしょう。
 しかしストロング・ザ・武道のガチギレは当然として、シリーズ始まって以来の驚き顔なサイコマンも気になるなあ。次回、ホントどうなるんだろう? 個人的に今週の展開は、裁きの神ジャスティス再びのレフェリー化フラグだとは思っておりますが。そしてブロッケンJr、大丈夫なん? まだ生きてる?

日々雑談~1993~

 昨日の疲れもあって、仕事をこなしたあとはバタンキューと。ふふふ、ガンダムやってた頃は寝ていたし、仮面ライダーゴーストは録画出来てないのをさっき確認して「あ!?」と驚いたぜ……。今日はきっと、テレビに縁の無い日なんだろうさ。よりによって!

 今週のキン肉マン、理詰めの強敵ジャスティスマンに対抗するための奇策、テリーマンの空中殺法が炸裂!
 目的のためなら、どんなファイトスタイルにも挑んで見せるこの姿、これこそがテリーマンのモデルであるテリー・ファンクそのもの!
 日本だと、極悪非道のヒールレスラーと戦う正義の兄弟ザ・ファンクス!のイメージが強いテリー・ファンクですが、その根っこにあるのは限りないチャレンジ魂。日本で正統派レスラーをやっていたのと同時期、本国でのテリー・ファンクは、ラフファイト主体な極悪非道のヒールレスラーやってましたからね。この経歴がおそらく、テリーマンが時々やらかす悪魔のファイトの元ネタなんじゃないかと。
 超一流レスラーとしての地位を確立しても、年をとっても、ずっと挑戦し続け、付けられた異名は“リビングレジェンド”テリー・ファンク。新時代のデスマッチと呼ばれ人気を博すハード・コアレスリングの先駆者とまで言われ、50歳を越えて空中殺法ムーンサルトプレスに初挑戦。生ける伝説と呼ぶしかないよなあ、もう。
 今週こうしてテリーマンが空中殺法に挑んだことで、テリーマンとテリー・ファンクは最接近を果たしたのではないでしょうか。元々テリーマンって、マッスルドッキング用とはいえキン肉バスターやキン肉ドライバーが使えるレスラーですしね。本来テリー一族はパワー技への適性が無いのに、しっかりとパワー技を使ってみせる器用さ。キン肉マングレート成りたての時は、空中殺法にもマッスルドッキングにも失敗しましたが、憂いのない状態のテリーマンはホントなんでもできるレスラー。地味な技が強いというのは器用さを発揮できるだけのベースであり、そこに挑戦心と勇気をプラスした上でテリーマンの器用さは完成すると!
 ……何気に旧作の時点で、正義のザ・ファンクス以外の部分も、テリーマンはテリー・ファンクに似ていたのかもしれない。