日々雑談~2219~

 アルティメット・スパイダーマン VS シニスター・シックスの最終回を視聴。

1 究極のスパイダーマンとはなんなのかという答えが出る。
2 ノーマン・オズボーンとの真の和解。
3 ピーター・パーカー自身の資質も判明。
4 シニスター・シックスと決着。
5 ライノやヴァルチャーが人間に戻る。
6 ドクター・オクトパスの最終手段を撃破。クトゥルー・オクトパス。
7 このアニメにおける宿敵だったドクター・オクトパスとも一応の決着。
8 SHIELDアカデミー卒業。
9 第一話のオマージュシーン。トラップスターをボコって、フューリーにも認められる。

 流石にもうこれは、アルティメット・スパイダーマンとしては最終回か……? わりと今シリーズで出尽くした感もあったし、次にスパイダーマンのアニメがあっても、また1からかもしれません。トラップスターがボコられた1話を始めとして、地上波でやってない回もあるから、そこやってもいいのよ!? ウルヴァリン回やデッドプール回もあるし!

 ただ、幾つかの反則スレスレな技を使えば、このキレイな最終回の続きも作れるかもしれません。アルスパは結構細かいネタも拾っているから、残ってるの危ないネタばっかなんだよ! とりあえず続ける手段として、パッと1つか2つは思いつきますが……。

ロキ(CV武藤正史)「話を続ける方法をざっと100個は思いついたわ」

 流石、ロキ様! ハンパねえ! ところでいつ、ディスクから出てくるんですか!? 

日々雑談~2238~

 映画シビル・ウォー:キャプテン・アメリカのDVD&Blu-ray、ソフト販売開始。先行のデジタル配信と加えて、これでご家庭で誰もが気軽にシビル・ウォー出来るようになったわけです。一家に一戦、シビル・ウォー。

 アイアンマン陣営とキャプテン・アメリカ陣営に別れる結果、どうしても観客も感情移入してどちらかに付いてしまうのがシビル・ウォー。この作品を作るにあたって、かなり制作側もそのバランスに気を使ったようですが、全力で片方を擁護することも出来るし、逆もしかり。中途半端ではなく、突き抜けた上でバランスを取っております。映画である以上、こうして突き抜けないと魅力が削がれますしね。そして、やろうと思えば双方に原因や擁護する点を見出す中立視点も出来たり。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、そして中立。この三つが並び立つのが、シビル・ウォーのバランスの良さなのでしょう。

 今回、アイアンマンとキャプテン・アメリカ、争いの結果、双方に救いはほぼ無かったわけで。でもその一方、新たな希望としてブラック・パンサーとスパイダーマン、二人の新人ヒーローが誕生しました。特にブラック・パンサーは最初憎悪にまみれていたものの、争いの結果その憎悪から解き放たれ新たな道を歩むと、映画シビル・ウォーにおける希望を担っておりました。こうして作中で希望が明示されたことで、原典となったコミックスより映画のほうが救いがあったのでは、とも感じました。まー、救いという意味では、コミックスと違って、映画だとキャップ死んでないですしね。これはデカいよ。

 現状、2016年の世界映画興行収入ランキングでトップに立つ、シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ。頂点に立つ作品には、ジャンルの枠を超える何かがあるのです。しかしズートピアのじっくりとした追い上げと、デッドプールの尻が見えるトコまでやって来たスーサイド・スクワッドもスゲえな……。

日々雑談~2207~

 昨日、アメコミカタツキ RUN! RUN! RUN!!の予告編をアップしました。トピックスにも追加しましたが、参加は三日目(14日・日曜日)東ホール“オ”42―b「肉雑炊」です。既刊も、あるものはなるたけ持っていくようにします。新刊ではありませんが、春のCOMIC1で出した変態仮面対スパイダーマン アブノーマル・サーガもコミケでは初売りだったりします。

変態仮面対スパイダーマン(仮)

 この三人が銀幕で暴れた今年ならではのトライアングル本なので、出来れば今年中に多くの人の目に触れて欲しいですね! 触れて良いのか! という感じでもありますけど!

 

 この流れで話すのもどうかと思うのですが、録りだめしていた先週と今週のアルティメット・スパイダーマンを一気見しました。異次元のスパイダーマン編のあとだと、デッドプールも変態仮面も異次元のスパイダーマンに見えてくるから恐ろしい。いや待て、実は変態仮面もまた、変態仮面の世界におけるスパイダーマンなのでは……?
 前回の異次元のスパイダーマン編は、スパイダーマン2099やスパイダーハムと、比較的知名度のあるバリエーションがメインでしたが、今回は偽スパイダーマンから吸血鬼狩りの別物へとなったブラッドスパイダーや、西部劇のウェブスリンガーに謎の敵スパイダーウルフと、アレンジの強化や更なるマイナーが抜擢された、本気の異次元仕様ですね。
ウルフの正体は、アレだと思うんだけど……とにかく読めないのが、やっぱ面白い。まさかファントムライダーが、こんなアレンジで出てくるとはな!

 

 そして今気がついたけど、今日もうデッドプール Vol.6:オリジナル・シンの発売日か! バタバタしてて、まだ先だと思い込んでいた……結婚のあとに明かされるのは、“娘”の行方、そしてデッドプールの“原罪”。ここからデッドプールの物語は、徐々にマーベルユニバースの中心へ――

日々雑談~2192~

 昨日は更新できずすみませんでした。作業に没頭したまま気づけば日が昇るような時間になっていて、こりゃヤベえ!とすぐ寝るハメに。アナウンスも出来ず、申し訳無いです。これからしばらく、ちとこんな状況が続くとは思いますが、なるべくアナウンスだけでも出来るようにします。
 そうか、学生は今日明日辺りから夏休みなのか……あー夏休み、チョイと泳ぎ疲れて胸にCOOL Babyしたいなあ!

 

 先週見逃したアルティメット・スパイダーマン VS シニスター・シックスをまとめ観。最狂の蜘蛛殺し、カーネイジ参戦! カーネイジ自体は既に出ている(地上波未放映)なものの、ピーター・パーカーがシンビオートに乗っ取られた存在だったのでちと違う感じ。中の人のクレタス・キャサディは居ないものの、混乱と混沌の源となるカーネイジとしては初登場に近いですな。まあ、ムーンナイトはギリOKでも、キャサディは無理だよね……。

 キャサディの存在と同じく、これちょっと無理じゃねえかなあな、ニューヨークを舞台にした大虐殺事件カーネイジマキシマムっぽさもあるこのエピソード。シュリークやキャプテン・アメリカやダガー&クロークにモービウスと、コミックスのマキシマムカーネイジに登場したキャラも、多く出てますしね。NY市民カーネイジ化のトコにNY市民スパイダーマン化なスパイダーアイランドの要素も混ぜて、地上波で流せるくらいにゃあマイルドにしている感じだねえ。

 全三話となる“カーネイジの脅威”。次回はミッドタウン高校を舞台に、同級生三人とSHIELD伝説の老エージェントことスタンが大活躍! 今回ハリー・オズボーンへのネタバレもあったし、今シリーズここまで放置されてたMJとの間にも、何かあるんだろうか……。あと、さらっとグレードダウンして元の姿に戻ったドクター・オクトパスどうすんだ。しっかりして、ドクオック! このアニメ、VSシニスター・シックスなのよ!?

変態仮面はスパイダーマンの夢を見るか?

 HK 変態仮面 アブノーマル・クライシスがめっちゃ映画スパイダーマンリスペクトな作品だったので、そのオマージュ具合やパロディシーンらしきものを綴ってみました。主に、サム・ライミ版のスパイダーマン2リスペクト。もうアブノーマル・クライシスを幻のサム・ライミ版スパイダーマン4にしちゃってもいいんじゃないかな?(暴論

 性質上、ネタバレ注意です。アブノーマル・クライシスがソフト化された後、家でじっくり何度も見たら、正気と引き換えにまだまだパロディを発掘できそうな気がします。正気と、引き換えに。正気と、引き換えに。

 

more