日々雑談~2381~

 正義超人至上主義だった旧キン肉マンと、正義・悪魔・完璧それぞれに理念があった今のキン肉マン。色々この進化の理由が考察されてますが、個人的な見方としては、「正義の力道山VS悪い外国人レスラー」から「団体内でのイデオロギー闘争や団体対抗戦」への変化。つまりは、結構オールドだったキン肉マンのプロレス観が徐々に現代のプロレス観に寄ってきたからじゃあないかと。

 ぶっちゃけ、旧キン肉マン連載の時点で正義の日本人レスラーVS悪役外国人レスラーの構図は古かったのですが、旧キン肉マンはここに「正義のヒーローVS悪の怪人」といったヒーロー観も織り交ぜることで、鮮度を上手く維持していたわけで。この鮮度が切れた瞬間が、おそらく旧キン肉マンの連載終了時。そして、この鮮度切れの煽りをモロにくらってしまったのが、キン肉マンII世。総合格闘技が始まり混迷を極めていたプロレス界、数々のヒーローの出現によりヒーロー観も変わっていき、正直この構図には無理が生じていました。連載末期の究極の超人タッグは、主人公サイドと戦うと2000万パワーズもマシンガンズも悪くなるし、悪対悪と銘打った試合もネプチューンマンのベビーフェイス化でなんかもうって感じだったもんな……いや、この辺りも結構好きだし、ちゃんと全巻持ってるんだけどさ!

 当時は武器であったものの、今では呪いともなっていた旧キン肉マンの方針。VS完璧無量大数軍編は、武器としての強さを残しつつ、呪いから脱却する。そんな、革命のシリーズでした。今の歓声を聞くに、この革命はみごと成功したのではないでしょうか。様々なことを改めての、6月からの新シリーズが楽しみです。神の依代だった運命の5王子に、元神様のザ・マン。こうなると次は、神々との対決になりそうだけど、どうじゃろな。

日々雑談~2357~

 レゴバットマンも観てきた! マーベル展のレポートも完成間近!
 でも、今日触れるべきは、キン肉マンなのかもしれない……というか、まず触れておきたい……。

 完璧超人の長であるストロング・ザ・武道と悪魔超人の長である悪魔将軍。二人の巨頭による頂上決戦は、悪魔将軍の最終奥義「神威の断頭台」により、決着の空気に。壱式奥義の謎も、悪魔将軍の研鑽も、全てはこの一撃のために。普段ならオーバーボディが破壊されてからが本当の勝負ですが、ゴールドマンやザ・マンにとっての立場や変貌が形となったのが、オーバーボディ悪魔将軍でありオーバーボディストロング・ザ・武道。きっとこの戦いにおいて、オーバーボディが破壊されることは、ほぼ敗けに等しいものでしょう。

 キャハハでうふふとしか言いようのない、始祖達の日々。そりゃあなあ、自分より遥かに優れた存在に見守られつつ、ただ純粋にお互いを高める日々だなんて、眩しすぎますよ。そんな日常を誰よりも愛していたサイコマンが楽しそうなのが、ホント……。かつて、自らを超える弟子を望み続けていたザ・マン。悪魔将軍に勝てば、武道の勝ち。悪魔将軍に負ければ、ザ・マンの勝ち。どう転んでも、武道であり閻魔でもあるザ・マンの勝ちが揺るがないってのはズルいよなあ。

 来週は更新ありで、おそらく再来週はGWの関係で更新無し。なんだろうな。ほぼ試合は決着しているものの、なんだかここで爆弾が持ち込まれそうな気がするんだぜ。完璧超人が動く理由の一つとなった、神々とキン肉王家のつながりも、ほぼ放置されてますしね。ここ絶対、忘れているのではなく、取っておいてある部分だと思うのですよ。

日々雑談~2356~

 マーベル展のレポートを作成中。半分ぐらいは終わったものの、どうしても写真を載せるバランスがねえ……撮影禁止のトコも、長かったから。文章と写真、レポート内の色のバランスが良くないのもアレだし、少し工夫を考えてみますか。
 たぶん、明日にはアップできます。できれば、人に行く余裕が出来る週末前に上げておきたかったんだけどねえ。

 

 変な時間に寝て、変な時間に起きてしまったので、タイガーマスクWをリアルタイムで視聴。VSキングタイガー戦のルールを総合格闘技や異種格闘技戦と表現してたけど、この戦いのモチーフとなっているのはUWFだよなあ。打撃と関節技とプロレス技が一体になっている、U系な試合。別にグローブとレガースは付けてもよかったんじゃなイカ?

 しかしタイガーマスクWも、評価が難しい……単体として観るか、タイガーマスクの後継作として観るかで、評価が変わるというか。後者の場合、元祖タイガーマスクが持っていた悲壮感や怪奇や焦燥感が薄めなので、そこんとこどうしても……。まあ、元祖が濃すぎると言えば、濃すぎるので、今のアニメとしてその濃さが適しているのか?というのはありますが。

 タイガーマスクのテーマの一つとしてあるのは、自らの孤児という生まれや悪役レスラーという境遇に対してのコンプレックス。正統派のレスラーでありたいものの、自分の中に流れる悪役の血がそれを許してくれず、傷だらけになりながら光を求め続ける。原作では死亡、アニメでは生存と、タイガーマスクは一見アニメの方がバッドエンドっぽいですが、最後悪役テクニックを全開にしてタイガー・ザ・グレートを惨殺したアニメ版よりも悪役レスラーとしての運命に折り合いをつけてから死んだ原作版の方が、ある意味グッドエンドだったんじゃあないかと。ただ、光を手にしかけたところでの事故死は、むしろ一層残酷な終わり方とも思えます。

 次週のタイトルが「黄色い悪魔」なので、後継作として欠けている部分が埋められていることを期待。ただ、単体として観れば悪くないのは、同時に語っていきたいところです。出来れば、全てが“良い”となってほしいし、そのポテンシャルはあるはず。

 しかし伊達直人は、自らを悪役と信じ込んでいる結果、自己評価がえらい低い主人公なんだけど、この部分の後継者は、自らをダメ超人と信じ込んでいて自己評価が低いキン肉スグルよねえ……。

日々雑談~2352~

 三日連続更新不可というのもアレなので、ちょっとだけ更新します。もうちょっと、あと少しなんだ……!

 極上のプロレスを週刊単位で見ているとしか思えない。そんな、キン肉マンの悪魔将軍VSストロング・ザ・武道(ザ・マン)の死闘。互いに技を繰り出しつつ、主義主張のぶつかり合いや過去の因縁を合わせることで、単なる力比べ以上の感慨を読者に与える。うむ。これはゆでたまご先生の思い描いた、最高のプロレスなのでしょう。団体対抗戦やガチが混ざるレスラー同士のぶつかり合いを、見事に作品として昇華させております。

 そしてキン肉マンの調子がいいということは、今のプロレス業界も好調ということ。キン肉マンというか、名作レベルのプロレス漫画は実際のプロレスの影響を多く受けるので、プロレス自体の調子が悪ければぐちゃぐちゃになるし、良ければその分スイングします。実際、2世の調子の悪かった時期って、プロレス業界の調子の悪かった時期とけっこうなトコ、被りますし。

 いやー、どっちが勝つかわからない、将軍VSザ・マンが作る天秤の魅力よ。一週間、ドキワクですよ。

日々雑談~2333~

 流石に自分の中のメンタルポイントが最底辺だったので、なんとか時間を作って埼玉川越の伊佐沼でおこなわれていたDRAGON GATEを観てきました。はっはっは、駅からの距離は壊滅的だけど、複数の高速の入口に近く車でのアクセスは良好だったのでなんとか遠征できたぞ。駐車場が無さ過ぎて困ったけど! そりゃ、春の行楽日和だもんな! 備え付けのアスレチックも盛況よ! それはそれとして、プロレスぢからこそ、明日への活力になる鍵なのです。
 
 DRAGON GATEとの付き合いはえらく長いのですが、興行を見に行くのは久々のこと。いやあ実に良かった。時の流れを感じつつも、寂寥感は一切ない鮮やかさ。ベテランが支えて、若手が立つ。昔は若さが団体のウリの一つでしたが、良い老い方をしている……急遽登板という形とはいえ、ドン・フジイさんの試合が観れたのもよかったね。俺のHNの「ふじい」の由来はこのフジイさんだし、したがってPNの「藤井三打」もフジイさん由来に。今日試合を観れたのは、運命か何かだったんじゃないかね、なんとなく!

 そして今現在、WBCのオランダ戦が押しまくった結果、ゴールデンでやるはずだった「プロレス総選挙」を視聴中。コレ、すげえな。レジェンドとベテランと今のレスラーが混在しているランキングには妙なリアルさがあるし、所々にファンの心をくすぐる「わかってるなあ!」の部分がある。これがゴールデンでできなかったのは、惜しい。もっと多くの人の反応を観てみたかった!

 今日更新のキン肉マンも合わせて、プロレスぢからがオーバーフロー寸前。これはいい、明日からと言わず、今から頑張れるぞ! やってやるぜ!