日々雑談~2427~

『キン肉マン』スペシャルスピンオフ!THE超人様 第22話 無事で帰って楓(カナディアンマン)の巻

キン肉マン 第222話 背骨の行方!!の巻

 楓……楓…………ッ!

 

 天候の危うさをなんとかかいくぐり、Fate/stay night [Heaven’s Feel]を観てきました。変なところが妙に混んでいたり、雨で視界が大変だったけど、そのかいは十分にありました。

 Fate/stay nightの最終ルートであり、ヒロインでありながらもこれまでのルートで存在感を示せなかった間桐桜のルート。それが、ヘブンズフィール。基本となるセイバールート、セイバールートで明らかにならなかった部分が補足される凛ルートとは違い、桜ルートは全てを知ったプレイヤーに対する既知の破壊。今までのルートに登場したキャラクターの誰もが信じられない退場の仕方の対象となり、主人公である士郎自身のありかたも変わる、桜ルート。当時は、その立ち位置の特異性もあり、結構叩かれたりもしてました。俺はセイバールートや凛ルートを楽しみつつ、桜ルートも好きというか、一番のお気に入りだったのですが。正も邪も、すべて飲み込んだ先に行き着く奇跡と、桜色の光景。あれはたまらんでしょ。

 そんな桜ルートが、セイバールートや凛ルートに遅れ、映像化。その出来は、待ち望んでいたファンの期待を乗り越えるものでした。なんでもない日常というカラに入る、観客しか気付かない美しいヒビ。聖杯戦争という切っ掛けで、崩れ落ちていく姿もまたやりきれずに美しい。美麗な映像と、脚本が作る彩り。これが本当に、桜らしいんですよ。切なくも、危うい美しさ。

 今回の映像化にあたり、シナリオのスリム化と映像映えするシーンの追加、ゲームでは描写されなかったシーンをあえて描くというチューニングが成されています。年月も経ったし、桜ルートの細かいところまで完璧には覚えていないものの、わかる、わかるぞ! 
 
 第二章は2018年公開だそうですが、今から楽しみです。追加シーンが「これだよ! これ!」なのが多すぎてなあ。そうそう、呪腕のハサンと言うか、真アサシンって元々こういうキャラだったわ!

日々雑談~2422~

 今、時間を確認するためにTVをつけたら、おそ松さんをやっていたのはともかくとして、なんか照英がいたような……。
 なにゆえ照英と思いつつも、なにせおそ松さん。何があって、誰が出てもおかしくはない。
 人気があって、金が集まってきて。やりたいことができるようになった、やりたい放題のアニメ。それすなわち、無敵よ!

 

「キン肉マンのカナディアンマン対パイレートマンで、カナディアンマンがオースイスープレックスを出していたが、オースイとはすなわちオージーであってな」

「カナダの超人がオーストラリアのスープレックスを……?」

「でもカナダのレスラーって、異国から来てカナダを本拠地にすることを選んだレスラーが多い結果、多国籍のレスラーがいる土地でもあってな。当然、オーストラリア出身のレスラーもいたりする」

「ん? じゃあ正しいのか?」

「でも、オースイスープレックスって、投げ技というより、むしろ逆さ押さえ込みのような固め技で、決してこんな勢いのある技では……」

「ややこしい!」

 熱が入りすぎると、管理者ですら困る、プロレストーク。
 カナディアンマンの技巧っぷりが話題になっていたけど、元々カナダのレスラーは結構なテクニシャンが多いのです。プロレスラー一族であるハート・ファミリーと、その本拠地となったハート・ダンジョン出身レスラーの確かな技術は有名ですしね。もっとも、怪力タイプも、結構排出しているのですが。その場合は、テクニックはイマイチでも、パワーやスター性で補ってみせるタイプのレスラー。実に、傑物が多い虎の穴です。

 じゃあなんで(創作上の)カナダ人レスラーにパワー一辺倒のイメージがあるのかというと、怪物系怪力レスラーのグレート・アントニオ由来じゃないかなと。力道山の敵としてプロレス史に名を刻み、プロレススーパースター列伝では駄目な怪力レスラーの代表格扱いだったグレート・アントニオ。この駄目さを継承してしまったのが、カナディアンマンやキン肉マンビッグボディなのでしょう。

 カナダを自ら本拠地とすることを選ぶ。もしくはアメリカの市民権が取れなかった結果、カナダに在住。こうしてカナダから、プロレスの黄金地帯であるアメリカに出張していた、腕を頼みとするレスラーが多いのもカナダのレスラーの特色。カナディアンマンにも、このあたりのご加護があればなー。

 カナダとアメリカの関係って、エンタメやスポーツや創作から紐解いてみると、発見があって面白いのよね。

日々雑談~2421~

 本日、COMIC1に参加してきました。あいにくの天気でしたが、参加された皆様、お疲れ様でした。
 FGOサークルとしてサークル参加しつつ、隣のイベントで展示されていたDies iraeの巨大ギロチンと断頭式を観て「オーッ!?」となる。非常に、充実していたぜい。いろいろ満たされたような気がする。次はまだ当落がわからんものの、冬コミか……アメコミカタツキ、デッドプールか犬溶接マンでやろうと思っているんですけど、どっちがいいですかね?という無茶振り。無茶振りの上でバランスとりながら生きる人生よ!(直後落下

 久々の体力の限界を迎えつつ、なんとかキン肉マンの更新は見届けたので、とりあえず今日は寝ます。読者だけでなく委員長の中でも実はひどい評価だったカナディアンマンの試合で、勝つか負けるかまだファンの予想が割れている時点で試合としては既に成功な一戦。あとは来週どうなるか。展開が読めないわくわく感ってヤツは、いくつになってもたまんねえな!

日々雑談~2409~

 というわけで、10月1日まで一週間を切ったので、改めて告知します。メガネ好きによるメガネなイベントであるメガネっ娘居酒屋。2年前のメガネっ娘居酒屋2015では、隅の方でメガネ酒を飲んだくれていた男が、こうして壇上に。世の中、わっかんねえもんだなあ。
現在進行形で、資料や当日の構成を練っております。まだ一週間ではなく、もう一週間。有名ヒーローも今まであまりないメガネの視点で、メガネにかこつけてアメコミ専門のイベントでも出てこねえよ!なキャラクターもピックアップ。同人系イベントぐらいしか公の場に出ない人間が、腹をくくって色々喋ってみます。

 俺抜きにしても、磨伸さんもはいぼくさんも、面白く楽しく豊かなメガネトークを繰り広げるお方なので、その点、決して損はさせません。メガネに興味がなくとも、メガネ好きに。メガネ好きならば、ヤバイ域へと。それが、メガネっ娘居酒屋という世界よ……!

 

キン肉マン 第219話 武名を挙げよ!楓!!の巻

 捲土重来を狙うカナディアンマン対パイレートマンの試合開始。カナディアンマンは「弱体超人」のイメージが強いものの、そこに「恵まれた身体を活かせない」「元祖キン肉マンの時代で、既に旧時代化していたパワーファイト」の2つも重なり、実は現時点で三重苦状態。何が辛いって、恵まれた身体~や旧時代化した~という部分は実際、数多くのレスラーがハマってきた穴。スゴイ素養を持ちながら活かせなかったり、ファイトスタイルが時代において行かれ、消え去ったレスラーがどれだけの数、いるものか……。彼らと悲哀をともにしているのが、今のカナディアンマンなのです。

 ただ、消えたレスラーだけではなく、この状態から這い上がってきたレスラーも多々います。彼らの共通点は、行き詰まっている現状を認め、まさに捲土重来の気持ちで、新たな挑戦に挑んだこと。カナディアンマン、既に現時点で、気持ち的には変われる条件を満たしております。となると、後は勝つだけなのですが……勝って欲しいなあ。負けのほうがストレートな話だったとしても、カナディアンマンが激勝、いや引き分けになったとしたらカーニバルですよ。カーニバル、したいなあ。

日々雑談~2396~

 映画ワンダーウーマンを観てきました。この映画で、DCエクステンデッド・ユニバースが目指す方向性や作風が、浮き彫りになってきたような。良くも悪くもDC映画って言い方するなら、良いとこがだいぶ勝ってたかな? あと、夜中の戦いでのライティングや薄暗い場所でのカメラワークと、今までのDCの映画よりも見やすさが追求されていたのも良かった。なにせ、眼が疲れない! ……そして、こういう観客を意識した改善こそ、大事なことだなーとおもったり。

 細かい話は後日に回しますが、女性ヒーローの作品として、ガツッ!と後に続くであろう女性ヒーローの足場となれるだけのポテンシャルはある作品でした。

 

 今日、ドラゴンボール超の亀仙人やキン肉マンのティーパックマンと、今までのファンの認識を超える強さを発揮するキャラのカーニバルすぎやしませんかね……。大ベテランの磨き上げられた経験や魔封波やよいこ眠眠拳のような懐かしの技を駆使しつつ、己の限界を超えてみせた亀仙人。ウォーズマン戦での敗北から、あの負け方は二度としないと自らをビルドアップしてみせたティーパックマン。

 元強キャラや弱キャラと思われていた男たちの大逆襲。とにかく燃える、その勇姿。亀仙人は勝ち星+生存という戦果を残してみせたけど、ティーパックマンはどうなるかなあ。ティーパック攻撃以外の何かがあれば、きっと……

 

 仮面ライダーエグゼイド最終回。正直なところ、自分にとってのエグゼイドは最初しっくりこなかったものの、最終盤ではそのしっくりこない部分が愛おしい、もしくは愛おしさの伏線となっていたので、今となっては「すいません! マジで面白かったッス!」と土下座したい気分。

 SFCっぽいかな? と思ったゲーム要素も、最終的にはある意味時代の最先端なソシャゲにも対応。どうすんだコレと思ったレベル1も、最終盤の勢揃いでスゲー!と。檀親子の熱演のような思いもよらぬ産物もあったものの、それが上手く回ったのは、1年を通して方針やゴールがブレなかった堅実さあってこそかと。

 じわりと好きになるって、一年やる作品ならではだよな。