日々雑談~2342~

 カオスチャイルドの最新話を視聴中。わりとここまで来ると、話せることも多くなったネ!

 世莉架が犯人の一人であると知った上で、ゲームやアニメをプレイし直すと、世莉架の行動の多くが「拓留を事件に巻き込むこと」に繋がっているのが分かるかと。選択肢があるテキストゲーであれば躊躇や事件に関わらない選択肢が生まれる瞬間、彼女は拓留の背を押してます。分かりやすいのは、こっち見んなにおける、ラブホ前での行動ですね。「みんな仲良く!」と口にしつつ、拓留を止めようとしていた乃々の説得を勢いで止め、更にラブホに入る道を見つけてくると、世莉架の行動のベクトルは全て、巻き込むことに向けられているのですよ。拓留がまだ足抜け出来た前半は、この密かな誘導が躊躇なので、是非とも観返してみて下さい。もしくは、ゲームの再プレイ。
 カオスチャイルドは、後半を知った上で前半を見直すと、いろんな発見がありますよ!

日々雑談~2297~

「CHAOS;CHILD」TVアニメ連動サイドストーリー

 川原くんは本当にめんどくさいな! 前向きにめんどくさいな!
 こちら公式によるアニメ連動のSSとなっております。一週間に一話公開され、作者はカオスチャイルドのライターの一人である林直孝さんです。つまりは、誰も知らない、俺も知らないカオチャ世界の広がる瞬間です。先週の華&和久井先生もそうだけど、こういうキャラ同士の掛け合いってのは、やっぱ面白いし色々広がるねい。

 本日第二話公開なTVアニメ カオスチャイルド。自分も録画では追っているものの、ちと実況できる状況ではなく、ひとまず皆さんのリアクションを楽しんでおります。ゲーム未プレイの人の感想が流れてくるのは新鮮よね。その一方で、うっかりネタバレを流してしまいそうになるので、話したいことはわりと抑え気味です。あとほら、OKなラインとダメなラインの情報、どうしても持ってるやん?
 そして第一話で気になったのは、「こっち見んな」「音漏れたん」「回転DEAD」の死に様。いやあ、懐かしいなあ。ノベルを各に当たって、めっちゃ彼らの死に方とか見て、そのバックボーンを捻り出したりしたんだよなあ。思わず微笑むものの、何も知らない第三者が見たら、俺犯人かサイコパスでしかねえなコレ。

 そうですねい。カオスチャイルドカオスヘッドの続編であり、カオスヘッドの知識がどれだけ必要かという話ですが、個人的には0でも大丈夫なんじゃないかと。情報を研ぎすませてしまえば、「渋谷で大災害があった世界」ぐらいでいいと思います。むしろ、知っているとそれはそれで、作中のある違和感に気づいてしまうと言いますか……でもその違和感にもフェイクが混ざっているので、ある意味罠でもあり。まあ、つまりはカオヘを知っていても知らなくてもOKってことですよ。でも、知っていた方がいい。と言うより、カオスヘッドも面白いので是非どうぞ!

日々雑談~2291~

 いいですか、アニメ「CHAOS;CHILD」は本日からですよ! AT-X、サンテレビ、TOKYO MXが観れる方はお忘れなく。先行したAT-Xはもう終わって、サンテレビとMXはあと少しで開始!
 自分のとこは三局とも電波が入りませんが、幸い明日やる局の電波が入ってくるので、一日だけ我慢の子です。できれば、ツイッターでのネタバレも回避したいところですね! ……でも、少しだけ調べてみるか……一時間SPってのが、気にかかるよね……。

 ゲゲーッ!? あ、あかん! まさかこう来るとは思ってなかったよ!?
 とりあえず、うん、第一話を見れる瞬間まで、調べるのは我慢した方がいいんじゃないかな!? こ、これはズルいな。完全に予想外だった……。

 

【最重要】アメリカ製作者組合賞ノミネート発表!「デッドプール」がサプライズ候補!!

 ゴールデングローブ賞に引き続き、アメリカ製作者組合賞にもノミネート。これはひょっとして、デッドプールがアカデミー賞ノミネートというのもあるんだろうか……。最もデッドプールは、既にアカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞にスーサイド・スクワッドと共にノミネートされているので、こうしてアメリカ製作者組合賞にノミネートされたことは、改めてアカデミー賞の作品賞や主演男優賞へのノミネートに繋がるってことですね。しかしメイクアップ&ヘアスタイリング賞、デッドプールの腐ったアボカドのような顔やハーレイ・クインのツインテールが天下を取る可能性があるってことですね! この間、映画に関してはざっくり書いたけど、ホントすげえ時代になったもんだぜ。

日々雑談~2290~

TVアニメ「CHAOS;CHILD」プロモーションVTR

 明日11日深夜から、ついにTVアニメ「CHAOS;CHILD」開始です。なんと初回は1時間やるようですね。PVから気合の断片が伝わってきて、否が応でも期待が高まります。実際どうなるのかなー、つーか、どこまでやるのかなあ。普通この「どこまで」というのは例えばストーリーがどこまでみたいな感じですが、カオチャの場合はちと意味合いが違うよね! 伊達にZ指定じゃないんだぜ……。
 
 いかんせん人生でおそらく一番奥底にまで潜り込んだゲームですので、本当に動いてる彼らを見るのが楽しみで仕方ありません。ああ、随分プレイしたなあ……ノベライズのテーマの都合上、グロいシーンを何度も繰り返しプレイしたというか作業中のBGV状態だったなあ……。そんなこんなで心に刻まれた、カオスチャイルド。凄い作品であり、恐ろしいまでのインパクトがあることは保証しますので、電波が入る方は是非とも! あとちょっと先の話までネタバレしてしまいますが、ノベル版のとある情弱の記録も手にしてくれると嬉しいな!と。よろしくお願いします!

 しかし、ウチ電波入るのはいいけど、11日ではなく一日遅れな12日組になりそうだなあ。どうする? くそ、最速で電波入るトコに泊まれる予定にしておくべきだったか!

日々雑談~2196~

世莉架「タクも立派な人気者だねえ。特別だよ、うん」

乃々「困っているのなら家に帰って来なさい、拓留?」

雛絵「先輩~ちょっとお宅におじゃましてもよかですか? 雛絵ちゃんだけで物足りないっていうんなら、華もいるんで」

華「ん」

拓留「よし。とりあえず、誰が僕の住んでいるトレーラーハウスを、ポケスポットにしたのか、はっきりさせようか。Ingressとのポケスポットの関係性を考えると、長期的犯行だよな?」

 

 

 拓留のトレーラーハウス、Ingressのポータルに申請したら通ると思うんだ。
 みんな大好きカオスチャイルドと流行りのポケモンGOを掛け算したところで、反動のように真面目な話に。いや、当サイトの当社比的に。

 昨日も話しましたが、ジャンルやその分野に人が増えるということは善悪の区別なく増えるということ。つまりは、トラブルが起きる確率も上がるわけです。そしてこのトラブルには2パターンあり、まずは新しくやって来た人がトラブルを起こすパターン。そしてもう一つ、先述のものに比べて比較的隠れやすいパターンなのですが、新しく人がやってきたことでジャンル独自の常識が世間の常識に晒され、非常識さが浮き彫りになるパターンも。わりとこれ、ネットによりジャンルの垣根や分野の境目が薄くなったことにより起きている現象な気もします。山の常識は、山から降りた瞬間使えなくなるのですよ。

 このジャンル内の常識や順位付けに拘りすぎると、それは第三者からマウンティングと呼ばれる光景になるのでしょう。新しい人が来たからといって、自らを変える必要は無い!というのは正論だけど、だからと言って周りを顧みず、今までの己をそのまま貫こうとするのは、傲慢よね。己を通すにも、変わる周りを自覚した上でないとアカンよ。