日々雑談~2205~

 アレだな、殺人的な暑さというのは、ここ最近の暑さのことを言うんだろう。水分補給のタイミングを誤ると、本気で死にかねない。水分補給とためらわない冷房の使用、大事!

 アイドルマスター プラチナスターズの封をようやっと開けられたけど、スゲエなコレ。アニメが動いている以上の域に達してやがる。スターライトステージにもビックリしたけど、流石据え置きPS4となると、一歩先の次元にいるな!
 コミュニケーション要素が少なめで、ビジュアルは最高級と、前者を重視する場合はきっと評価低めになると思うのですが、自分の場合はぶっちゃけ久々のゲーム機でのアイマスなので、ちょっとのふれあいで十分嬉しいです。まだ響や貴音が961だった、PSP以来かなあ。なんかタイミング合わなかったりして、ゲーム機で出来なかったんですよねえ。
 とりあえず、アーケード時代に育成しくじった律子をメインに、始めて担当した真や今まで担当したことのない響を加えてユニットに……いかん。アイドル選ぶのに、スゲエ本気で悩んでいる。悩みすぎて、脳細胞が焼ける音が聞こえるような……。

日々雑談~2077~

 アイドルマスター:スターライトステージに、いよいよ登場した棟方愛海。まずはノーマル参戦で小手調べ、友情ガチャを引く、もしくは通常のステージ攻略で、女の子にある二つのお山に人生を賭ける、棟方師匠がお手元に!
 スターライトステージでは、今まで不明だった各アイドルのスカウトシーンが描かれるのですが、師匠がアイドルになる過程は格が違いました。
 完全に危険人物と認識され排除されつつも、なんでかアイドルにスカウトされ、めでたしめでたし。これは師匠が凄いというより、スカウトしたプロデューサーが無法すぎる。いったいプロデューサーは何者で、どんなアイドルを育てようとしているのか……発想がモロにコレよ。
 女の子の柔らかい部分に命かけている師匠ですが、普通にしていれば可愛いとの評価の通り、実際ステージに立たせてみると、あら実に見事なアイドル。早く、CV付いてSSRにならないかなー(ハードルガン上げ
 なお、現状スターライトステージ未参戦で、スカウトの過程がめっちゃ気になるアイドルナンバーワンは、ヘレン。いったい、この世界レベルなアイドルは、どこから来て、そしてどこへ……。

こうして彼女は本を読む

 休憩室の扉を開けた瞬間、神谷奈緒は己の目を疑った。
 太めの眉を不審げに歪めた後、もう一度扉を閉めて、開く。それでも信じられない光景は変わっていなかった。よしもう一度閉めようとした所で、困惑の原因である女性が、奈緒の存在に気づいた。
「……どうしました?」
 鷺沢文香。同じプロジェクトに参加したこともある、顔見知りのアイドル。長い前髪から除く蒼い瞳が、不思議な行動を取り続ける奈緒を、じっと見つめていた。先程まで、彼女が手にする書籍に向けられていた瞳だ。
 そしてこれもまた、おかしい。
「いったいアタシ、何処で世界線を越えたんだ……」
 異世界か平行世界に迷い込みでもしたのかと、奈緒は本気で悩み始める。
 文香の特徴といえば、本の虫であることだ。一度本の世界に没頭してしまえば、文香はおいそれと帰ってこない。なのに、今、文香はあっさりと、彼女にしては本当にあっさりと、奈緒の存在に気がついた。まずこれが、おかしい。
「ひょっとしてアレか、晶葉が持ってきた発明品、電話とレンジが合体している怪しいやつをいじったのがまずかったのか!?」
「……ひとまず……落ち着いて下さい……」
 そして更におかしいのは、文香が手にしている書籍。書籍は書籍でも、それはデジタルな書籍。文香は、紙の本ではなく、真新しいタブレットで電子書籍を読んでいたのだ。これがまず、奈緒を混乱に陥らせるほどに見たことのない光景だったのだ。
 
「……ふう」
 ソファーに座った奈緒は、水を飲み息を吐きだし、ようやく落ち着くことが出来た。
「……大丈夫ですか?」
「ん。ああ、平気平気」
 奈緒はコップを置くと、心配そうにしている文香に無事を伝えた。
 文香は、いきなり奈緒に頭を下げた。
「……すみません」
「え? ど、どうしたんだよ!?」
「……驚かせてしまった……みたいで……」
「ああ。いや、別にそっちが謝ることじゃないって。ただあんまりに何時もと違ったからさ。本を読む姿はよく見ているけど、紙じゃなくてタブレットで読んでいるのを見るのは始めてだったから」
 文学部に通う大学生でもある文香は、叔父の書店で手伝いをしている際、プロデューサーと出会い、アイドルにスカウトされた。アイドルとなった今でも、彼女は書店の棚卸しを手伝っている。何冊もの本を抱えて歩く姿も、今では事務所の名物だ。この経歴からして、文香には本のイメージがあった。それも、昔ながらの、紙の本の。
「これは……ありすちゃんに借りました……」
「だと思ってたよ」
 文香が紙の本なら、橘ありすはタブレットだ。小学生アイドルの一人であり、情報や効率を好み、常に背伸びしているように見えるありす。でも、その内に秘めているものは、子供らしい可愛らしさと愛おしさだ。ユニットを組んだこともある文香は、そんなありすの内面を露わに出来る存在であった。
「それにしたって、電子書籍か。あそこのアレ、全部読んだってわけじゃないんだろ?」
 奈緒の視線が、自然と休憩室の片隅に移る。そこは、各アイドルの趣味の品が置いてある場所だ。キャッツのバットと、“ご自由にどうぞニャ”と書かれた箱に入っている大量の猫耳の間に、文香が持ち込んだ本の山があった。
「……半分は読んでますが……まだ半分残ってます。でも今日は……電子書籍に挑戦してみようかと……まだ……操作に慣れていないので……すらすらと読めないのですが……」
「ああ。だから挙動不審なアタシに、気づいたのか」
 操作に慣れていないことが、文香の没入感をとどめていたのだろう。
「……やはり……慣れないことは難しいです……」
「わかる、わかる。アタシもゴスロリとか、ホント似合わないし、慣れてなくてさー」
「……え?」
「なんだよ、その意外そうな顔は」
「でも……慣れていないことは……楽しいですね……」
「おい。普通にスルーか。おい」
「……私は……紙の本が……好きです……」
 文香の仕切りなおしを前に、奈緒は追求を諦める。ある意味、話すことが苦手な文香の、成長の証である。
「……内容だけでなく……紙をめくる音に感触……インクの匂い……どれも好きです。本棚を見て……じっくり探すのも……電子書籍には……私が本で好きなところが……ありません……」
「だろうな」
「……でも……電子書籍にも……いいところがあります。高価だったり手に入りにくい本が……誰でも読めて……それにこのタブレットの中に……数十冊が入ります……本は……重いです……」
「ああ、この間、この部屋掃除しようとした菜々がスゴイことになってたよな」
 17歳とは思えないほどしっかりものな、自称ウサミン星から来たアイドル安部菜々。先日菜々は、この部屋を掃除しようした際、文香の本を一気に持ち上げた結果、腰がグギィ!と逝ってしまった。アレは思い出すにつけ、大惨事だった。
「中に刻まれている物語は……紙の本でも電子書籍でも……かわりません。紙の本が好きだからと言って……電子書籍が嫌いになる必要も……ありません……。大事なのは……色々な人が色々な手段で読めることです」
 文香は、何処まで行っても、本好きであった。彼女は、形だけではなく、その本質も愛している。
「……こうやって電子書籍を読むことで……貸してくれたありすちゃんのことや……電子書籍が好きな人の気持ちが……わかるような気がします……わたしは……色々な人のことが……わかりたいです。だって……私は……」
 文香の前髪が揺れ、素顔が露わになる。文香の素顔を見た奈緒は、思わず息を呑んだ。
「皆さんにわかってもらう、アイドルなんですから……」
 アイドルである自覚を得た文香の柔らかな笑顔は、気圧されるほどの魅力に満ちていた――
 
 数時間後、奈緒は何時ものファーストフード店にて、休憩室であったことを話していた。
「ってなことがあってさ。あの時だけは、なんだかアイドルとして負けた気がしたよ」
「分かるために踏み出すこと、そして分かってもらうことか」
「両方が揃うのが、大事なんだろうね」
 奈緒が所属するユニット、トライアドプリムスのメンバーである北条加蓮と渋谷凛は、奈緒の話に聞き入っていた。
「私たちも、アイドルとして踏み出さないとね。凛」
「そうだね加蓮。他人の気持ちになることか……わかった、今日は奈緒の気持ちになって。玩具がついてくるセット買って来るよ」
「私の分もお願いね。奈緒の気持ちになるですよってね」
 凛と加蓮は、いい笑顔でこんなやり取りをしていた。
「お、お前ら、そう来るのかよ!? なんだよ、このオチー!」
 イジられた奈緒が、思わず悲鳴を上げる。顔を赤くして困る奈緒、彼女もまた、アイドルとして相応しいだけの、可愛らしい様相を見せていた。

日々雑談~2042~

 ソーシャルゲーのスーパーロボット大戦X-Ωに……カードゲームのサンライズクルセイドに……いろいろ消え去りかけていた、アイドルマスター XENOGLOSSIAが蘇ろうとしている。いや正直、“なんかアイマスとちゃう!”だけで封印するにゃあ、惜しい作品だと思っておりますしね。封印する、批判する気持ちも分からんでもないけど。
 でもゼノグラシアは、OPの微熱SOS!!を始めとする挿入歌のレベルの高さや、裏切りと絶望の交差から希望を見出すストーリーと、独自の輝きも多々持っており。
 せっかく表に出すなら、パーッとやりましょうぜ! パーッと! しかし原点との差異を示すイメージワードとして“千早が巨乳”がトップクラスなのは、どうなんだろうね!?

 邦訳されたデッドプールVol.3:グッド・バッド・アンド・アグリーを読んでいますが……いやー日本語だと、やっぱ楽ですね! 原書は何度も読んでるものの、やはりこうして訳されたものを読むと、新たな楽しみや発見できるものもたんとある。キャラやネタを解説した、小冊子が付属してるっていうのもありがたいですしね。うん。
 何よりそれに、こうして邦訳化して流通経路に乗り書店に並ぶことで、日本という世間への訴えかけが始まるワケですしね。邦訳化は最終地点ではなく、ある意味始まりなのです。
 しかし、確かにグッド・バッド・アンド・アグリーといえばキャプテン・アメリカ&ウルヴァリンとのチームアップがメインなのはわかるけど、ルーク・ケイジ&アイアンフィストとのチームアップももうちょっと前に出していこうぜ! アフロのルーク、そしてアベンジャーズではなくヒーローズ・フォー・ハイヤーとしての二人の(邦訳での)登場は、たぶん珍しい!
 なお、デッドプールとヒーローズ・フォー・ハイヤーの縁はもうちょっと続きつつ、ここ最近はとんでもないことになっているので……そりゃあもう、スキンヘッドのルーク・ケイジが怒髪天するレベルよ。

日々雑談~2006~

 スターライトステージのイベント、結構頑張ったけど、ギリギリのところでお目当ての報酬には届きそうにないなあ。途中自分のスケジュールが崩れたのと、ラストスパートが遅すぎたというのが原因。ただ、あくまでギリギリで、プレイヤースキルや育成をちゃんとすることでも埋められそうな差だから、次回イベントまでに色々磨いておこう。プレイヤーの心が折れない環境って、ソシャゲだとホント大事なもんですよ?
 最近、一昔前に主流だった、ボタンを押すだけのいわゆるポチポチ系なゲームが、次々と終わり、もしくは別の形への新装開店になってるけど、そりゃあなあ……スターライトステージやパズドラにモンストにと、収集性だけでなくゲーム性をプラスしたものも出回っているわけで。余暇が無限でない以上、大抵の人がゲーム性のある方、暇つぶしになる方に行っちゃうよな。業界が発展すれば、取捨選択もされるようになっていく。やりがいはあるけど、厳しいだろうな。

 そろそろ冬コミの当落発表が近いな……アメコミカタツキでFGO関連のネタ、もしくはデッドプールVS仮面ライダーゴーストでいこうかと思っていたけど、いかんせんどちらも情報や展開がまだちょっとなあ。春か夏まで取っておいた方が、いいのかもしれない。
 FGOは、メインヒロインであるマシュの設定を初めとして不明の部分が多く、そしておそらくアメリカ関係のシナリオがある&ベンジャミン・フランクリンも出るんじゃない?という噂があるのが。少なくとも今後の出現が公言されてる、アメリカの英霊の顔ぶれが分かってからの方が安全か……後のことを考えなければ、出る英霊にヒーローにヴィランに舞台と、大筋固まってはいるのですが。
 それは、彼の後悔を祓う物語――
 色々似てるよ! 設定も意外と似てるよ!なデッドプールVS仮面ライダーゴーストは、こっちもまだ出てくる偉人のメンツがわかっていないってのがなあ。アメリカ大統領のオリジナル眼魂とか、超出したい。こっちはギャグ路線で出来ないこともないけど……
御成「タケルどのぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
ボブ「ウェイド氏ぃぃぃぃぃぃぃぃ!」
 うん、御成はともかく、ボブは撃ち殺されるな。
 ……となると、春用に考えておいた、第三案を使うか? こっちは材料が全部揃ってるし。でも、ちょっとTYPE-MOONであることやニーズからは外れるかもしれないし……そもそも、受かるかどうかがわかってねえ。受かりますように!(祈り