アリスソフトの看板作品

ランスⅥの攻略ページを見ていたら、気づいていなかった新事実に気づかされて軽くへこんだ。○○○○侵攻の際に○○されていたのが○○○だったなんてって伏字じゃわかんねーかw

しかし一年前くらいのゲームですがランスⅥは面白いRPGでした、マジで。Fateやらつよきすやらの印象強い沢山のPCゲームを通過してきましたが最優秀の冠は俺の中ではこのゲームです。エロやらCGのすべてが平均以上の高水準でいいですね、之はマジでお勧めの一本なので。

そして管理者と俺が共に最高レベルと認めるのが『鬼畜王ランス』です。DQⅤ発売のころの作品なんですが、現代でも十分に通じるシュミュレーションの一品。そこそこに難易度も高いし、キャラ選択の分岐も多いうえにキャラも多いと繰り返し楽しめるのでお得です。もう中古でしか手に入らないレベルの作品ですが見つけたら即GETで、後悔はしませんから。

あ、ランス5Dってえのもありますがそれはストップで。システム的に癖がありすぎてなんともはや、少なくとも俺は駄目でした。やるんでしたらアリスソフトアーカイブスから無料で落とせるランス3とかがお勧めです。MS-DOS時代の作品なんでさすがに画像は落ちますがゲーム性は高いですよ。

あえて朱鬼より裁鬼さんで

今週の放送でわかったこと。
ディスクアニマル>偽変身忍者嵐(鬼の鎧)>>>(越えられない壁)>>>裁鬼さん

……orz

more

長かったなあ

ようやくオリジナルSSにめどがつきそうです。まーエピソード0というか予告編と言うか、ぶっちゃけ試供品バージョンなんですが。

長かった……キャラの設定だけで二転三転、最初とは別人のキャラが何人いるか。やはり部品のかけらがあらかじめある二次創作とは違って、部品も一から作らなければならないオリジナルは難しいっス。そのかわりに自分で部品を好きに変形させて作れる自由度の高さがあるんですが。すでに好き勝手やっているじゃねーかよ(例:ネプチューンキングマスク装備のバーサーカー)という突っ込みは無しで泣きますから

管理者にも秘奥でコツコツ書き溜め、あとは締めを加筆して見せ場の文章を調整するだけ。いやあホント長かった……

何か重要なことを忘れているような

あ、作品のタイトル決めてねえよ!!

ちょ、光ファイバーって(汗

今週のキン肉マン二世をみて思いました。
……ゆでには勝てねえorz

文系なのでよくわからんのですが光ファイバーって引き付けあう物なんですか? つまりは引き付け合う力などは関係無く、大体の軌道修正ができればいいのかって今週の一撃外れてるじゃん、おもくそ

スグルが「マグネットパワーがなければクロスボンバーは無理だ! 」と言っていましたが君、確か王位争奪戦でクロスボンバー出してなかったっけ? もっともあの時に作用した力は友情の磁気波という怪しさ抜群の代物でしたが

計算しつくしてのボケならともかく、マジにこんなことやられたら創作作家はお手上げです。あ、そういえば超常現象何も関係ない日英クロスボンバーなんて代物も(ry

俺は今地獄にいる…愛という名の地獄に(ry

斬鬼さんがぶっ壊れた。でも、これはこれで面白かった。

斬鬼さんを演じている松田賢二さん自体がオフィシャルサイトの日記などをを読めば(一人称オイラ)元々ひょうきんな人であるとわかるので、あれは実は地に近い演技かもしれません。
「任せておけ。こう見えても俺は数々の女性を愛してきた男だ。文字通り、鬼のようにな。フフフ」
「痛い。痛い」
この辺りの抑揚は無いが棒読みではない説明しづらい演技は流石と言えましょう。自分のアドバイスが失敗した後の逃げっぷりも

で、来週。ついに秋葉朱鬼さん登場ですが、なんかとんでもないことになっています。
盗まれた鬼の鎧のデザインがどうみても変身忍者 嵐だし。
すでに響鬼の風物詩と言われる、
裁鬼さん登場→ボコボコにやられる
というコンボも久々に見れるようですし。
来週も斬鬼さんメインか……オラワクワクしてきたぞ!(微妙に冷や汗をかきながら)