お知らせ

 色々と手が回らなかったので、本日は更新お休みさせていただきます。いかんせん、明日のCOMIC1があるので……流石に寝ぼけまなこで、応対するわけには。
 COMIC1参加情報に関しましては、昨日更新したこちらを。追加情報としては、冬コミ時に作成したアメコミカタツキ:ウォードッグスのペーパーを発見したので、ウォードッグス購入の方にはこちら付けさせていただきます。
ご来場される方は、是非会場でお会いしましょう! それでは!

ディスクウォーズ・アベンジャーズ:ドゥームズデイ#2紹介

 アルドリッチ・キリアンが開発した、人の脳の未使用領域に干渉することで人体を超人化させる、テクノウイルス“エクストリミス“。だが、スポンサーの一人であったトニー・スタークが危険性と欠陥を指摘した結果、開発者アルドリッチ・キリアンは全てを失ってしまう。失意の彼を拾い上げたのは、トニー・スタークと同等の天才ながらも、危険性と欠陥を長所と呼ぶ男であった。
 数年後、キリアンはトニー・スタークの前に帰って来る。アベンジャーズの仲間と共にアイアンマンとしてディスクに封印された彼の前に。テクノアイル東京を破壊し、アベンジャーズとパートナーであるアキラ達をおびき寄せる、エクストリミスで強化されたヴィラン達。アベンジャーズは苦戦の後ヴィランを撃破、エクストリミスを摂取し自ら超人となったキリアンも追い詰めるが、これは全て陽動だった。
日本に現れし、科学と魔法を極めた王、ドクター・ドゥーム。彼の魔法により、アベンジャーズを始めとしたヒーローのディスクはほぼ全て奪われてしまう。ドゥームはアキラ達の勇敢さと優秀さを認めつつ、自らがラトヴェリアに帰還することと、これよりアベンジャーズのディスクを使っての研究を始めること、ヒーローという力を失ったまま来ても、何の意味も無い事。ドゥームは言うだけ言うと、キリアンを連れてラトヴェリアに帰還してしまった。
 ヒーローのディスクを失ったアキラ達の前に立ち塞がる、無力という名の現実。一方、トニーの秘書であるペッパー・ポッツは、立ち向かうための力を知っていた。サンダーボルツ計画という、禁断の力を――。

 

 ドゥームの国であるラトヴェリアを訪れたアキラ達。言葉通り、ドゥームが持つ強大な力が牙を剥く。ドゥームの力に対抗すべく、禁忌の力が開放される。

「ドクター・ドゥームが四人も!?」
「いや。貴様らは運が良い。今日は特別でね、もっと居るのだよ!」
「ドゥームが一人二人三人四人……いっぱい!?」
「ドゥームボットだ! ドゥームが自分に似せて造った、戦力兼影武者のロボットだよ!」

「フン。マスター・オブ・イービルの名も地に落ちたものよ」
「おっと訂正してもらおうか。今の我ら、その名をサンダーボルツと言う。行くぞ、サンダーボルツ、アッセンブル!」

「そういえば、そこな少年。お前は重力を研究する気は無いのか?」
「ええっ!?」

「キャプテン・アメリカは、相棒に周囲警戒も教えておらぬのか? だとしたら、一兵士としてはともかく、指揮官としては疑問符が付くな」
「ぬけぬけと……!」
「ああそうだ。ヴィランとはぬけぬけとした物なのだよ」

 ぶつかり合う、力と力。だがしかし、雷鳴すら越えかねない、ドゥームの持つ最悪の力が、花開く。

「やあペッパー。君がスタークジェットから出てくるのを待ちきれなくて、友達と一緒に来てしまったよ。名づけて、エクストリミスソルジャー。新時代の超人兵士さ!」

「アレは、ビルドアッププレート!?」
「これぞ、エクストリミスを代用に使い造り上げた我が力! い出よ、友を信じられぬ男が設計した呪いのアーマ、ハルクバスターよ! ドゥームスマッシュ!」
「殲滅の時間だぁぁぁぁぁ!」

 追い詰められるアキラ達とペッパー。しかし、希望は、未だ残っていた。呪いと希望が、ラトヴェリアにてしのぎを削る。

「馬鹿な、お前がなぜここに!?」
「今の私は単なる一兵士だ。SHIELDの切り札としてのな」

「パーティーの時間ね! ……これでいいのかしら?」
「いやー、そこは真似しなくてもいいんじゃない?」

 希望が轍となり、蘇るアベンジャーズ。絶望を集め、滾るドゥーム。記録に残らぬシークレット・ウォーの勝者は果たして誰なのか。

「なるほど。確かに俺は間違えたが、完全無欠の間違いを犯したわけじゃないんだな」

ディスクウォーズ・アベンジャーズ:ドゥームズデイ#2~秘密の戦争~

5月2日 COMIC1 と-24b 肉雑炊 ¥300にて頒布。

150424_233419

 

「我ら、邪悪なる六人シニスター・シックス! 我が犯罪者人生の中で、最高の犯罪だ!」
「そうだね、一人じゃ無理だって悟るのは、人間の成長に必要なことだ。賢くなったね、ドク・オック」

今なら数量限定で、ディスクウォーズ:アベンジャーズ ドゥームズデイ スパイダーマン編ペーパー付!

日々雑談~1859~

 通販に際する輸送手段として使っていたヤマトメール便の廃止などの諸事情により、申し訳ありませんが一度通販の方を停止させていただきます。こちらめどが付き次第、再開のアナウンスを出しますので、しばしお待ちください。

 とらのあな秋葉原店のTwitterで目にしたのですが、トランスフォーマー:オール・ヘイル・メガトロンの売れ行きが良いとか。同じく新進気鋭の邦訳本ADVENTURE TIMEと共に、長らく月例売上ランキングベスト3に居座っていたデッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウスとデッドプール:スーサイド・キングスの追い落としに成功。いや頑張った! さよなら、赤タイツ!
 最も、この二冊より上の売上第一位はデッドプール:デッド・ヘッド・リデンプションのようですが。お帰り、赤タイツ! あくまで一店舗だけのランキングではありますが、Amazonの売上と比較するに、メガトロンとデッドプールが現状競り合っているのは間違いないようです。Amazon的にはメガトロンの方が現状勢い良いかな。メガトロンの持続力を見るに、色々な所の4月のランキングは分からんぜ?
 しかしトランスフォーマーの躍進は、ある意味順当なところではあり。昔から定期的にやっているアニメに最近の映画にトイにと、ジャンルという畑の耕しっぷりでは、トップクラスですからね……満を持して邦訳という種まき、そりゃあデケえ実もつくってもんよ。
 ただデッドプールは、若干立ち位置が違うというか。主演映画が決まったとはいえ、まだ未公開。世間へのアプローチとなると、ゲームの一キャラ、アニメのゲスト出演ぐらいが関の山。それなのに、少なくとも邦訳業界ではトランスフォーマーと互角なだけのブランド力がある。これはおそらく、繋がりが物凄くシンプルなんでしょうね。ネットの評判が、そのまま邦訳の人気に繋がるストレートさ。このシンプルな構造は武器だよなあ、うん。
 なんつーか、あまり得手なことではないですが、こうしてでっかい事を考えてみるのも、偶には面白いものです。

日々雑談~1791~

 いよいよ、明後日。日付的にはもう明日がコミケ3日目にして当サークルの参加日。
 場所は、西ホール し-09b 『肉雑炊』。頒布する新刊はアメコミカタツキ:ウォードッグス。当日おしながきは、以下の通りになっております。

新刊
アメコミカタツキ WAR DOGS 1000円
既刊
アメコミカタツキシリーズ
アメコミカタツキ2 1000円
アメコミカタツキ3 1000円
アメコミカタツキⅣ 1000円
アメコミカタツキ EX 300円
アメコミカタツキ EX2 400円
アメコミカタツキ MAXIMUM CHAOS 300円
アメコミカタツキ Gorilla/stay night 600円
涼宮ハルヒ×ウルトラシリーズ
涼宮ハルヒの問答 500円
涼宮ハルヒの侵略 500円
涼宮ハルヒVS異次元人 200円
涼宮ハルヒの大決戦 600円
その他
MoonSaltoPress 800円
S+A ~Return of Ten-Faced Demon~ 300円
バットマン:ザ・ボーイ・サバイブド 300円
10&10 200円
東方文々録 500円

 以前にも話しましたが、既刊アメコミカタツキ(第一作)は家捜ししても頒布出来るだけの在庫が確保できなかったため、完売扱いとなります。唐突な品切れ、申し訳ないです。あと、アメコミカタツキ2も危険水域です。場合によっては今回の冬コミで完売、来年大阪のこみっくトレジャーに持っていけるかどうかも微妙なラインといったところかと。なお1~4はナンバリングしてはありますが、それぞれ独立した中編のため、いきなり3を読んだり、4から手を出してみても大丈夫です。この辺り非常にややこしかったので、それを避けるために、今年夏のGorilla/stay nightからナンバリング廃止の副題方式に変わっております。
 以上が大体の、冬コミ情報となります。それでは30日、ご来場される方は是非ともお会いしましょう!

 ……あ、いえ。明日も更新しますし、コミケ後の31日にも今年最後のご挨拶はする予定ですよ?

アメコミカタツキ:ウォードッグス 予告

※ 以下、本文序章の一部を掲載します。

ランサーにとって、今の自分には納得出来ない物があった。
ケルト神話に名を轟かす英雄、クー・フーリン。西欧ならば誰もが知っている英雄であり、英霊。此度の冬木市で行われる聖杯戦争、クラス“ランサー”として召喚された彼は、召喚主であり魔術師であり主であるマスターと共に、聖杯を手にするため戦いぬく筈だった。
だが、ランサーが満たすことを望んでいた戦いへの渇望は、器ごと砕かれることとなる。裏切りによる、マスターの頓死。命令権でありマスターの証でもある令呪は殺害犯の物に、この聖杯戦争の管理者の一人である、言峰綺礼の物になった。
管理者であり、教会の神父でもある言峰が、なんの目的を持ってマスターを殺し、ランサーを奪い取ったのかは分からない。
新たに与えられたのは、令呪の持つ絶対命令権による、言峰への服従と、全てのサーヴァントと一度は戦い必ず自ら撤退するという条件付け。与えられた役割は、戦ではなく諜報。
これでは、ただの走狗だ。
今日もまた、身が焼け爛れるような無念を胸に、教会に帰還するランサー。日はとうに暮れ、深夜と呼べる時間帯だ。
だが、建物には入らず、少し離れた位置から、なんとなしに見上げる。立派や荘厳といった言葉に彩られた外観。だがその中は、言いようもない汚濁で埋められている。
いっそこの教会が現在中にいる主ごと無くなれば、冬木とついでに世界も平和になるだろうに。
「テメエら、今の日本は妖怪ばやりなんだぜ!? ウォッチチ! 西洋のモンスターが出る幕じゃねえんだよ!」
わーわーぎゃーぎゃー、とにかく喧しい声がいきなり聞こえてくる。なんか変な赤タイツが、半魚人やミイラ男といった、いかにもなモンスターに追いかけられていた。刀でザクザク、銃でバンバン。あれだけあたふたしている割には、器用に攻撃を続け、モンスターをあしらっている
「ああ。でも西洋妖怪って言えばー、ブームに乗れる? よし! かかってこい、ドラキュラ配下の西洋妖怪軍団! このデッドプールが居る限り、この世に悪は栄えない! ついでに正義も栄えない!」
赤タイツ改めデッドプールは、モンスター改め西洋妖怪を引き連れたまま、ランサーの脇を駆け抜けていく。
「助けて神父様、悪いドラキュラの配下が、女の恨みでいたいけな人気者をイジめるの! チームアップしようぜ、ジョージ! チームアーップ!」
教会の扉を蹴破り、デッドプールは中に転がり込む。当然のように西洋妖怪も追って教会に転がり込んだ。

デッドプールが教会に転がり込む数十秒前。教会には二人の男が居た。
「ふん」
言峰の真なるサーヴァントは、不快さを隠さなかった。使い潰すつもりのランサーとは別の、金髪外人のサーヴァントである。黒いジャケットと無地のシャツは極普通の一般人の衣装であったが、王たる中身のせいでやけに華美に見える。
「どうした? 機嫌が悪いではないか、王よ」
十数年前に行われた、前回の聖杯戦争にて召喚されたアーチャー、ギルガメッシュ。そして当時よりマスターを務める言峰綺礼。
王であるギルガメッシュを従者と呼ぶのは似合わぬが、兎にも角にも相通じ合う二人は、此度の聖杯戦争でもそれぞれ思うがままに振る舞おうとしていた。
「ああ、不快だ。我としては、今すぐにでも奴を八つ裂きにしてやりたいぞ」
ギルガメッシュが持つ不快の原因は、先程まで我が物顔で教会に居た、三人目の男のせいであった。
「ああ。アレか。邪魔者ではあるが、わざわざこちらに顔を見せに来たのは、挑発か礼儀か、それとも」
「見下しているのかだ。どちらにしろ、我とは相いれぬだろう。きっと、たぶん」
友の名を付けた鎖を手で遊ばせるギルガメッシュ。
「別に不可侵条約を結んだわけでもない。聖杯戦争を盤としての戦いも何悪くはない。ところで王よ、先ほど届いたこの荷物は、何だ?」
言峰の脇にあるのは、外国より届いた謎の木箱であった。様々な言語による“危険!”の二文字プラス感嘆符が、否が応でも中身の危険性を感じさせてくれる。
「ああそれか。先日、ネットオークションで競り落としたガンマ爆弾と呼ばれる兵器だ。小型の最新型だな」
ギルガメッシュは事も無げに、どう贔屓目に見てもヤバすぎる代物の名を口にした。
「ネットオークションだと?」
「雑種が使うような物とは違う、価値の分かった人間のみが使うサイトがあってな。我も時折覗いている」
人類最古の英雄は、最新の文化文明を見事使いこなしていた。何処かの文化文明と相容れないツインテールの魔術師には見習って欲しい。
「我の財宝の中にも似たような物はあるが、いかんせん爆弾は使いきり。多めに持っておいて、悪い物ではない。だが中々に白熱したオークションであった。我とクリック速度のみで競り合ったあの男、圧倒的な財で潰してしまうのは面白く無いとギリギリまで付き合ってやったが、最後まで弱音を吐かなかったのは大した物よ。業者から“なんとかもう一つ用意出来ました”との言を引き出したこと、我に勝てずとも、それなりの物を得たな」
二人を競り合わせておいて、金額を引き上げてからの在庫あります。真の勝者が誰であり敗北者は誰なのか、言及しないのが優しさである。
「そうか。だがまずは、この爆弾を宝物庫に仕舞ってほしいものだな、王よ」
「ふっ。安心しろ。確かにこの爆弾は、一度爆発すれば、この教会どころか、サーヴァントたる我をも吹き飛ばしかねない威力がある。魔力どころか万物を吹き飛ばす威力だ。だが、信管が無ければ、鉄くずと同じ。そうだな、例えばこの箱の周りに数十の爆弾が撒き散らされない限り、爆発するはずがなかろう」
「助けてジョージ! 助けてカズトモ!」
デッドプールが教会に入って来たのは、この時だった。西洋妖怪に追いつかれたデッドプールはそのまま転倒。中から手榴弾やらグレネードやらといった爆弾が数十転がり出て、木箱の周りに散った。
「……どういうことだ、言峰」
「それは私が聞きたい事だ」
手榴弾のピンが、抜け落ちていた。

いきなり教会が土台ごと吹っ飛んだ。立派も荘厳も爆発炎上。小規模ながらも、キノコ雲がもくもくと立っている。
「……はぁっ!?」
疾風怒濤の展開を放置していたランサーの意識が、ようやく帰って来る。教会がぶっ飛んだらと思っていたら、ホントにぶっ飛んだ。俺のせい? 俺のせいなのか?と、英霊の心も若干ざわめく。
呆然とするランサーの頭に、ひらひらと飛んできた、ミイラ男の包帯の切れっ端が被さった。

冬木教会が謎の爆発を遂げた、次の日の朝。
聖杯戦争のマスターである遠坂凛は、瓦礫の山と化した冬木教会を人気のない墓地より観察していた。いかんせん、教会周辺には警察やらマスコミや野次馬が至るところに居る。あまり堂々と、身を晒すには不都合がある。
「聖杯戦争が始まる以上、誰が脱落しても驚かないって覚悟してたけど。まさか、監督役が最初に吹っ飛ぶって……」
ゲームで言うなら、プレイヤーより先にイベントやルールの管理をするゲームマスターが脱落してしまった状態。以前もそんなことがあったらしいが、いくらなんでも今回は早過ぎる。まだ、プレイヤーが揃っただけで、殆ど何も始まっていない。
「どうやら、魂までは吹き飛ばなかったようだがな」
「見えた? アーチャー」
彼女のサーヴァントであるアーチャー。爆発後より回収された言峰が運ばれた病院、彼は同じく人に囲まれた病院の斥候に出かけていた。
「ああ。言峰は無事だ。外国より研修で訪れた、医師の腕が良かったおかげだと看護師が口にしていたよ。だが、今は警察の監視下におかれている」
「警察!?」
「……なんでも、爆発跡地より、一般社会が看過できぬ物が見つかったらしい。しばらくまともな手段での接触は難しいな」
「何やったのよ、アイツ」
凛の魔術の師であり後見人である言峰綺礼。理想的な聖職者であり、ご近所の評判も悪くない彼だが。正直、凛がマスコミにコメントを求められたら“いつかこうなると思ってました”と、口から滑り出てしまいそうだ。外面はともかく、内面は間違いなくやらかしている人間である。
「爆発の原因はどんな感じで扱われてるの?」
「ガス爆発だとか」
「ガス爆発って、ガス爆発でキノコ雲は出来ないと思うんだけど」
ガス爆発ならしょうがない。ある意味、冬木市の伝統。聖杯戦争のお約束である。
「だがまさか、世間一般にあっさり真実を理解されても困るだろう? つまり、そういうことになっただけだ」
「分かってるけどねー。このタイミングでの事故、どう考えても聖杯戦争がらみ。偶発的な事故とは思えないわよ」
「ソノ(可能性)消しちまうのか。もったいねぇ」
突如背後より現れた第三者の声。凛は魔術の媒介である宝石を手に、霊体化していたアーチャーも実体化。双刀干将莫耶を手に、振り向く。
二人の警戒、ことさら五感に優れたアーチャーの警戒をもすり抜ける。並大抵の相手でないのは、明白だった。
「アサシン!?」
凛は、隠形に特化したサーヴァントの名前を呼ぶ。
「ランサーか!?」
あのセリフはいつぞやの物に似ている。主従二人が呼んだ名は、別々であった。
結局、二人共違ったわけだが。
「ワタクシは善の心に目覚め、禅に目覚めたデッドプール。宜しければ、ゼンプールと呼んでください」
「「誰だー!?」」
白いマスクに白い頭巾らしき布、修行着を着込み、首には大きな数珠。西洋墓地にいるのはまずおかしい、謎の仏教徒がいつの間にか居た。
「あのマスク、アサシンっぽいと思うんだけど」
「長物は持っているが、アレはモップだ。そもそも、ランサーの変装にしても、おかしすぎる」
本人を目の前にして、ヒソヒソ囁き合う凛とアーチャー。ゼンプールは構わずいそいそと、墓磨きに勤しんでいる。目が荒すぎて、墓石が若干痛そうに見えるのだが。
「ワタクシ、ゼンプールは、神父きっての頼みにより。その立場を全部引き継ぐこととなりました。どうぞ、コンゴトモヨロシク」
「はぁ!?」
「見て下さい。この宗教家スタイル、パーフェクトにして完全無欠でしょう?」
「いやいや、アイツ神父! キリスト教! アンタ僧侶! 仏教! ゴートゥー柳洞寺!」
そもそも、僧侶としても格好、主にマスクが婆娑羅すぎるし。
「待て。君は、神父の立場を引き継ぐと言ったな。それは宗教家とは別の立場もか?」
アーチャーの問い。言峰綺礼の立場は複数ある。代表的なのは、聖杯戦争の監督役だ。
早計なのは自分だったが、ただ宗教家としてだけならば、この後の対応もせねばならない。世の中、知ってしまっただけで、子々孫々に累を及ぼす事もあるのだ。
「ワタクシは、全てを引き継ぎました。そう、彼の全てを! そう思って頂いて、構いません。さあ、コレをどうぞ」
凛になにやら袋を渡す、ゼンプール。受け取った凛は訝しみながらも、袋の中身を取り出す。
「とりあえず、アナタの後見人として、服を選んでみました。なんでも、定期的に服をプレゼントするのが、アナタと神父の恒例行事だったとか」
「ふん!」
魔力で腕力を強化しての全力投球。ゼンプールがプレゼントしたレディース用のデッドプールコスチュームは、遥か彼方へすっ飛んでいった。
「ああ、なんたるコト。コレが反抗期! ですが、最近のゼンプールは善。それに新婚早々、いきなり隠し子が発覚しても驚かず受け入れるだけの度量を持っています。さあ! パパでもダディーでも! 好きなように、呼んで! むしろ呼んで下さい!」
「呼ぶか、コノヤロー!」
胸ぐらを掴まんばかりの勢いで、ゼンプールに反抗期な凛。優雅とか、そういうこと常に気にしている場合じゃない。
「だが先程の気配、サーヴァントらしい物もあったような……?」
喧騒に背を向け、先ほどの誤認の理由を思い出すアーチャー。なんというか、育児放棄じみたスルーであった。

墓場から少し離れた位置にて、一人のサーヴァントが独り言をブツブツ呟いていた。
「そうなんだよなー、あのクソ神父、本当に全部譲りやがったんだよなあ」
しゃがみ込み、槍を手に、落ち込んでいるのはランサー。どうせ何をしても死なないが、全が襲われたら立場上助けに行かねばならない。なにせ、今のランサーは病院の言峰ではなく、あそこのゼンプールだ。
ランサーのマスター権は、再び新たなマスター、今はゼンプールに引き渡されていた。
マシから最悪、これ以上悪くはならないだろうと思っていたら、最悪の彼岸の向こう、良くわからない地平へとすっ飛んでいってしまった。
「え? 何その青タイツ。オレちゃんのライバルポジション!? それとも、誘ってるの? オレちゃんにサイクロップスになれって? 先輩になれって?」
「ああー。そのゲイ・ボルグ? とりあえず撃つの止めとこうよ。だいたいそれさあ、必殺の武器なせいで、基本“外しただと!?”って驚いたり舌打ちするポジションじゃん? オレちゃんさあ、心臓ぶっ壊された程度なら、最速数コマ、遅くても次回までには復活するキャラなんだから、打つのは止めとこ? ゲイ・ボルグに耐えきったり逸らしたりって、もうお約束的な所があるしさー。読む人も書く人も飽きてるでしょ?」
馬鹿にされているような気はするが、言葉の端々のぶっ飛び方のせいか、全く腹が立ってこない。教会が吹っ飛んだ直後、一人だけ平然と瓦礫の中から這い出てきたデッドプールとのファーストコンタクト、そして一戦交えつつの会話である。
確かに心臓を貫いても、肉塊に突き刻んでも気がつけば蘇っていたし。ランサーに食らいつくだけの技量を持っている。不死性と強さは買うが、いかんせんアレである。実にアレすぎて、今後どうなるのかがマジで怖い。怖すぎる。こんな恐怖や生の実感など、知りたくなかった。
「自害すっかなー……」
不穏当なことを言い出すランサーであったが、ふと何かを察知し、眼が動く。
「クソッ! クソッ! せめて私が成り代わる筈だったのに! これを期とし、影より聖杯戦争を、思うがままに操るつもりだったのに! またヤツのせいで、台無しになってしまった!」
木に頭を打ち付けつつ、木の根っ子をガシガシ蹴って。なんか必要以上に追い詰められている言峰が、悔しがっていた。
アレは違う。言峰ではない。本人が病院にいる以上に、ああいう悔しがり方はまずしない。ああやって表に自らの真意を出せるほど、まともではない。それにあのコメント、偽物パワー全開である。
ランサーは跳んでいた。俊敏に、獣のごとく、純粋な穂先として。手にする朱槍の先端は、俯く偽言峰の延髄を狙っていた。
甲高い金属音が、火花を散らす。ランサーの一撃は、刃がついた謎の杖、その先端にて止められていた。
「なるほど。ケルトの勇者なだけはある。語られるに相応しい実力はありそうだ」
即座の反応、ランサーの一撃を止めるだけの力と技量。先ほどまでの混乱から即座に立ち直るだけの見栄。色々な意味で、言峰とは違う能力を持つ者。ランサーは深追いせず、一度退いて距離を取った。
「テメエ、何者だ?」
「そう思うなら、狩衣を剥いでみるがいい」
「生憎、前のマスターの意向で、最初は様子見しか出来ないんでね」
軽口を叩きつつ、ランサーは得体のしれない物を持つ偽言峰を見抜こうとしていた。この男、どの英霊とも違う。内部に秘めているのは、底知れぬ強大さ。元より無いか、損なっているか。今回の聖杯戦争に参加しているサーヴァントが、システム上まともに持てないもの。英霊という、人の魂同士の闘いに、持ち込めないもの。ランサーも、捨ててきた物。
偽言峰の中には、純粋な神性。神しか持てぬモノがあった。
偽言峰の身体に走るノイズ。幻影は解け、現れたのは、大きな二本の細長い角付のヘルムが特徴的な、魔術師めいた優男であった。だがアレは、魔術師ではない。れっきたる、神だ。
「ならば見せてやろう、後輩。我が名はロキ。アスガルドから始まり、やがて全てを支配する定めを持つ、大神よ!」
羽織ったローブが、威風で揺れる。王の中の王である我様とは、ひと味ちがう威厳にして、ひと味ちがううぬぼれ具合だ。
「……チッ! 閉ざす者かよ!」
閉ざす者、終わらせる者。直接のかかわり合いは無いものの、ロキの名と名が意味する物を、ランサーは知っていた。ロキの悪行が綴られた北欧神話とランサーことクー・フーリンの活躍が刻まれたケルト神話。語られる土地や文化に差があれども、距離はそれなりに近い。
「もう一人のトリックスターは脱落したようだが、今度は私が聖杯戦争を支配してやろう」
「失敗したってわめいていた奴がか?」
「ふん。あの程度は、洒落にすぎない。本当の神の力、新たなるラグナロクを見る日は近いぞ」
ロキは体ごと霧となり消える。多少怪しい、面白おかしいところはあれども、中々に倒しがいのある存在に見えた。
「こりゃあ、自害するのは損かもしれねえな」
「ランサーさん、食事の準備が出来ましたよ。今日のご飯は前任者の指示通り、マーボーです」
気を取り直したランサーの所に、悲観の源なマスター、ゼンプールがやって来た。
「いらねえから! つーかテメエ、なんでそこ律儀なんだ!? いちいち、無駄に律儀なんだ!?」
「失敬な。ワタクシとしては、この近所の中華屋より取り寄せた麻婆豆腐にアクセントを加えております。そう、メキシカンらしくチリソースやタバスコを。陰陽の合体により、辛さはさらなる物となっておりますよ?」
「せんでいい、せんで! メキシカンって、お前メキシコ人だったのか?」
「いえ。ワタクシはカナダ人です」
「メキシコ関係ねえ!」
「なら、メープルシロップを入れろと?」
「……いや、それは止めよう。一瞬辛さが緩和できるかと思ったけど、最終的に大惨事だ。そういや、あの嬢ちゃんと子守は?」
「既にお帰りになりました。最終的に、ドクターストップ的な感じで」
「何をした、何をした、テメエ」
「気をそらすために、色々と。ブッキョウパワーによるハラキリや、セッポースキルによる脱衣など。後見人の話が途中だったので、今度は家にお邪魔して、続きをやらなくてはなりません」
「知りたくもねえけど、嬢ちゃんの家より先に、まずどっかの寺に土下座してこい」
「ふふふ、托鉢ですよ、タクハツ。最も、この善性に溢れたゼンプールは仮の姿。夕方5時よりは……」
ゼンプールは、己の法衣を脱ぎ捨てた。
「デッドプールのお時間だー! よし! オレちゃんと一緒に、天下獲りに行こうぜ? ランサー! ゼンプールは表の顔、真の姿は聖杯戦争参加者デッドプール!」
「いやお前、そういう演出するなら、下に赤いの着込んどけよ! フルスロットル全裸じゃねえか!」
ゾンビの如き肌と、ゾンビの如き顔と、ゾンビとは真逆の堂々とした姿勢。生きるゾンビの如きデッドプールは、墓の真ん中で全裸仁王立ちだった。

デッドプールとロキ、二人の介入により、ズレるを通り越して崩れ落ちていく聖杯戦争の歯車。あちこちで起こる、カオスな事態。

「なんでも昨日間桐慎二が、身ぐるみはがされアイデンティティたるワカメ……髪も全て剃られた状態で、裏路地で見つかったらしい。心当たりは無いか、美綴嬢」
「そんなワケの分からない事態にコメント求められても!?」

「わたしとバーサーカーもセラもリズも、早く冬木に帰らないとマズいんだけど。どうにかならない、ゴムの人?」
「今我々がネガティブゾーンから帰還してしまっては、地球がアニヒラスに侵略されてしまう。せめてあの軍勢の80%を倒してからでないと」
「イッツ・クローベリング・タイム!」
「――――― !」
「むっしゅむらむらー」
「えーと着火!って言えばいいのかな? それともやっぱ、フレイム・オン!?」

「最近、黒だの白だの赤だの桜だの、まーセイバー増やしちゃって、調子に乗ってるねえ青色! でも本物の人気者っていうのは、一色で十分! 赤だけてやっていけるモンなのよ!? というわけで、お前ら……待たせたなあ! 格の違い、見せつけてやろうぜ!」
「レディプール!」
「キッドプール!」
「ワンワン!」
「ゾンビプール改め、ヘッドプール!」
「「「「デッドプール・コァ、大集合!」」」」
「ワンワンキャン!」
「馬鹿な! 一気に手練が五人に!?」
「違うセイバー! 驚くところ、そこじゃない!」
「五人っていうか、三人と一匹と……一首?」

「あの邪神にやられたわ……魔術回路を破壊されては居ないものの、ダメージは大きい。しばらく私は、単なるエルフの若奥様でしかないわ……」
「しょうがないわねーみたいな軽いノリで言われても。あと、“若”って……あ。悪りい、なんでもねえ」

「ムジョルニアの名にかけて! 付き合ってもらおうか、英雄の王たる者よ!」
「神か。罪を知らぬ、くだらぬ者。我に声をかけただけで、万死に値するぞ!」

「来たか! 神に逆らう不届き者達!」
「アイツはロキ……まだいたのか。あれからずっと見てないんで、てっきり尻尾巻いて逃げ出したものかと思ってたぜ」
「え? ロキ? マジだわーアイツ、まだ目立ち足りないのかよ。トムだからって調子乗りやがって。こっちはなあ、ライアンなんだぞ! 畏れよ、我が光、某ランタンの光を!」
「ここまで表に出れなかったのは、貴様らがその場のノリで、私の緻密な計画を邪魔しまくっていたせいだろうがぁぁぁ!」

「テメエ……!」
「ランサーが二人!? やだ、どこのマルチプル!?」
「その顔。ヒドいじゃないかクー・フーリン! 彼もまた君と同じ、クー・フーリンなんだぞ? この、狗がなぁ!」
混沌は形となり、知識も常識も第四の壁も、あっさりと崩壊する。
コミックマーケット87新刊アメコミカタツキ:ウォードッグス
12月30日(開催三日目)西ホール し-09b 『肉雑炊』にて、他既刊と共に頒布。
頒布価格1000円 当日購入者には、マーベルとTYPE-MOON、互いの作中世界を深める解説ペーパー付き!

アメコミカタツキWD告知用URABYOUSHI サンプル

more