重大発表!

 今日まず触りとしての事実を発表、そして明日に核心を公開!と考えていたら、情報が出てきたのでもう一挙公開でいいやと!
 えーと、私、ふじいこと、藤井三打。来月商業デビューを果たします。手伝いではなく、丸々自分が一冊書き下ろす形です。自分の路線的にアメコミ系の本かと思うでしょうが、ライトノベルです。つまり今までの「よくわからない経歴の人」路線に、ライトノベル作家というしっかとした経歴が刻み込まれる瞬間……書き終えて発売を待つ今でも、正直まだ信じられない!というふわふわとした喜びに包まれております。
 書籍名は「妄想科学ADV CHAOS;CHILD とある情弱の記録」 発売日は12月10日です。

とある情弱の記録 表紙

 こちら、5pb.Gamesとニトロプラスのコラボ企画である科学アドベンチャーシリーズ。CHAOS;HEAD(カオヘ)、STEINS;GATE(シュタゲ)、ROBOTICS;NOTES(ロボノ)に続く四作目の“妄想科学アドベンチャー”CHAOS;CHILD(カオチャ)のノベライズとなっています。表紙にいる彼女は、主人公宮代拓留の義姉であり、カオチャヒロインの一人である“来栖乃々”ですね。
 2009年の渋谷で起きた連続猟奇殺人事件“ニュージェネレーションの狂気”、そして渋谷を壊滅に追い込んだ“渋谷地震”。それより6年後、2015年の渋谷を舞台としたカオチャ。ゲームの主人公、自称情強でありリア充の宮代拓留は、新聞部の仲間たちと共に、“ニュージェネレーションの狂気の再来”と呼ばれる再度の連続猟奇殺人事件を追う。しかし興味本位で追っていた筈の事件は、やがて逆に拓留達を追うようになっていく――
 妄想を具現化させるギガロマニアックスの物語。ニュージェネレーションの狂気と渋谷地震に至る過程は、シリーズ第一作であるカオヘで書かれており、カオチャはそれより後、シュタゲやロボノ以上にカオヘの続きとしての色合いを持っています。ただ、カオチャは決してカオスヘッド2ではなく、単独で十分理解でき、楽しめる作品です。知らなくてもおっけい、知っていると時折ニヤリと出来る……と言った感じです。
 物語は刺激的かつ心を揺さぶってくる内容。ありえない! なんで!? そんな! 様々な感情を沸騰させつつ、ポジティブとネガティブの境界を楽しみ、最後は途方も無い気持ちに支配される。そんな作品です。圧倒的な声優さんによる演技力や、優れた演出や快適なシステムが、それを加速させてくれます。
 なお心を揺さぶる具体例としては、素知らぬ顔で「このゲーム、面白いからやってみるといいよー」とウチの管理者に勧めた結果……寝る直前にゲームをプレイしてある山場に達した管理者、そのショックですぐ寝るはずだったのに布団の中で30分以上目をギラギラさせていたとか。後日、きっとそこでショック受けると思っていたよ!と笑顔で親指立てたら睨まれました。
 ゲームは主人公である宮代拓留目線の物語でしたが、ノベライズでは拓留ではなく別の人物の視点による物語になっております。ゲーム本編を追いつつ、本編では言及されなかったキャラのエピソードも複数あり。ゲームで一言も喋らなかった彼や、謎のままな彼女や……ゲーム未プレイの方も楽しめ、科学アドベンチャーシリーズをずっと追っている方やゲームプレイ済みの方でも「おっ」となる新事実やエピソードも。誰もが楽しめるノベライズを目指しました。ゲームとノベライズ、両方を読めば、互いに補完できるものがあると思います。コミカライズもありますし、カオチャの世界は、まだまだ深く続いていきます。詳細は、また後程語らせていただければ。
 彼女がたどり着く結末、最後に見る空は果たして――

お知らせ

 色々と手が回らなかったので、本日は更新お休みさせていただきます。いかんせん、明日のCOMIC1があるので……流石に寝ぼけまなこで、応対するわけには。
 COMIC1参加情報に関しましては、昨日更新したこちらを。追加情報としては、冬コミ時に作成したアメコミカタツキ:ウォードッグスのペーパーを発見したので、ウォードッグス購入の方にはこちら付けさせていただきます。
ご来場される方は、是非会場でお会いしましょう! それでは!

ディスクウォーズ・アベンジャーズ:ドゥームズデイ#2紹介

 アルドリッチ・キリアンが開発した、人の脳の未使用領域に干渉することで人体を超人化させる、テクノウイルス“エクストリミス“。だが、スポンサーの一人であったトニー・スタークが危険性と欠陥を指摘した結果、開発者アルドリッチ・キリアンは全てを失ってしまう。失意の彼を拾い上げたのは、トニー・スタークと同等の天才ながらも、危険性と欠陥を長所と呼ぶ男であった。
 数年後、キリアンはトニー・スタークの前に帰って来る。アベンジャーズの仲間と共にアイアンマンとしてディスクに封印された彼の前に。テクノアイル東京を破壊し、アベンジャーズとパートナーであるアキラ達をおびき寄せる、エクストリミスで強化されたヴィラン達。アベンジャーズは苦戦の後ヴィランを撃破、エクストリミスを摂取し自ら超人となったキリアンも追い詰めるが、これは全て陽動だった。
日本に現れし、科学と魔法を極めた王、ドクター・ドゥーム。彼の魔法により、アベンジャーズを始めとしたヒーローのディスクはほぼ全て奪われてしまう。ドゥームはアキラ達の勇敢さと優秀さを認めつつ、自らがラトヴェリアに帰還することと、これよりアベンジャーズのディスクを使っての研究を始めること、ヒーローという力を失ったまま来ても、何の意味も無い事。ドゥームは言うだけ言うと、キリアンを連れてラトヴェリアに帰還してしまった。
 ヒーローのディスクを失ったアキラ達の前に立ち塞がる、無力という名の現実。一方、トニーの秘書であるペッパー・ポッツは、立ち向かうための力を知っていた。サンダーボルツ計画という、禁断の力を――。

 

 ドゥームの国であるラトヴェリアを訪れたアキラ達。言葉通り、ドゥームが持つ強大な力が牙を剥く。ドゥームの力に対抗すべく、禁忌の力が開放される。

「ドクター・ドゥームが四人も!?」
「いや。貴様らは運が良い。今日は特別でね、もっと居るのだよ!」
「ドゥームが一人二人三人四人……いっぱい!?」
「ドゥームボットだ! ドゥームが自分に似せて造った、戦力兼影武者のロボットだよ!」

「フン。マスター・オブ・イービルの名も地に落ちたものよ」
「おっと訂正してもらおうか。今の我ら、その名をサンダーボルツと言う。行くぞ、サンダーボルツ、アッセンブル!」

「そういえば、そこな少年。お前は重力を研究する気は無いのか?」
「ええっ!?」

「キャプテン・アメリカは、相棒に周囲警戒も教えておらぬのか? だとしたら、一兵士としてはともかく、指揮官としては疑問符が付くな」
「ぬけぬけと……!」
「ああそうだ。ヴィランとはぬけぬけとした物なのだよ」

 ぶつかり合う、力と力。だがしかし、雷鳴すら越えかねない、ドゥームの持つ最悪の力が、花開く。

「やあペッパー。君がスタークジェットから出てくるのを待ちきれなくて、友達と一緒に来てしまったよ。名づけて、エクストリミスソルジャー。新時代の超人兵士さ!」

「アレは、ビルドアッププレート!?」
「これぞ、エクストリミスを代用に使い造り上げた我が力! い出よ、友を信じられぬ男が設計した呪いのアーマ、ハルクバスターよ! ドゥームスマッシュ!」
「殲滅の時間だぁぁぁぁぁ!」

 追い詰められるアキラ達とペッパー。しかし、希望は、未だ残っていた。呪いと希望が、ラトヴェリアにてしのぎを削る。

「馬鹿な、お前がなぜここに!?」
「今の私は単なる一兵士だ。SHIELDの切り札としてのな」

「パーティーの時間ね! ……これでいいのかしら?」
「いやー、そこは真似しなくてもいいんじゃない?」

 希望が轍となり、蘇るアベンジャーズ。絶望を集め、滾るドゥーム。記録に残らぬシークレット・ウォーの勝者は果たして誰なのか。

「なるほど。確かに俺は間違えたが、完全無欠の間違いを犯したわけじゃないんだな」

ディスクウォーズ・アベンジャーズ:ドゥームズデイ#2~秘密の戦争~

5月2日 COMIC1 と-24b 肉雑炊 ¥300にて頒布。

150424_233419

 

「我ら、邪悪なる六人シニスター・シックス! 我が犯罪者人生の中で、最高の犯罪だ!」
「そうだね、一人じゃ無理だって悟るのは、人間の成長に必要なことだ。賢くなったね、ドク・オック」

今なら数量限定で、ディスクウォーズ:アベンジャーズ ドゥームズデイ スパイダーマン編ペーパー付!

日々雑談~1859~

 通販に際する輸送手段として使っていたヤマトメール便の廃止などの諸事情により、申し訳ありませんが一度通販の方を停止させていただきます。こちらめどが付き次第、再開のアナウンスを出しますので、しばしお待ちください。

 とらのあな秋葉原店のTwitterで目にしたのですが、トランスフォーマー:オール・ヘイル・メガトロンの売れ行きが良いとか。同じく新進気鋭の邦訳本ADVENTURE TIMEと共に、長らく月例売上ランキングベスト3に居座っていたデッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウスとデッドプール:スーサイド・キングスの追い落としに成功。いや頑張った! さよなら、赤タイツ!
 最も、この二冊より上の売上第一位はデッドプール:デッド・ヘッド・リデンプションのようですが。お帰り、赤タイツ! あくまで一店舗だけのランキングではありますが、Amazonの売上と比較するに、メガトロンとデッドプールが現状競り合っているのは間違いないようです。Amazon的にはメガトロンの方が現状勢い良いかな。メガトロンの持続力を見るに、色々な所の4月のランキングは分からんぜ?
 しかしトランスフォーマーの躍進は、ある意味順当なところではあり。昔から定期的にやっているアニメに最近の映画にトイにと、ジャンルという畑の耕しっぷりでは、トップクラスですからね……満を持して邦訳という種まき、そりゃあデケえ実もつくってもんよ。
 ただデッドプールは、若干立ち位置が違うというか。主演映画が決まったとはいえ、まだ未公開。世間へのアプローチとなると、ゲームの一キャラ、アニメのゲスト出演ぐらいが関の山。それなのに、少なくとも邦訳業界ではトランスフォーマーと互角なだけのブランド力がある。これはおそらく、繋がりが物凄くシンプルなんでしょうね。ネットの評判が、そのまま邦訳の人気に繋がるストレートさ。このシンプルな構造は武器だよなあ、うん。
 なんつーか、あまり得手なことではないですが、こうしてでっかい事を考えてみるのも、偶には面白いものです。

日々雑談~1791~

 いよいよ、明後日。日付的にはもう明日がコミケ3日目にして当サークルの参加日。
 場所は、西ホール し-09b 『肉雑炊』。頒布する新刊はアメコミカタツキ:ウォードッグス。当日おしながきは、以下の通りになっております。

新刊
アメコミカタツキ WAR DOGS 1000円
既刊
アメコミカタツキシリーズ
アメコミカタツキ2 1000円
アメコミカタツキ3 1000円
アメコミカタツキⅣ 1000円
アメコミカタツキ EX 300円
アメコミカタツキ EX2 400円
アメコミカタツキ MAXIMUM CHAOS 300円
アメコミカタツキ Gorilla/stay night 600円
涼宮ハルヒ×ウルトラシリーズ
涼宮ハルヒの問答 500円
涼宮ハルヒの侵略 500円
涼宮ハルヒVS異次元人 200円
涼宮ハルヒの大決戦 600円
その他
MoonSaltoPress 800円
S+A ~Return of Ten-Faced Demon~ 300円
バットマン:ザ・ボーイ・サバイブド 300円
10&10 200円
東方文々録 500円

 以前にも話しましたが、既刊アメコミカタツキ(第一作)は家捜ししても頒布出来るだけの在庫が確保できなかったため、完売扱いとなります。唐突な品切れ、申し訳ないです。あと、アメコミカタツキ2も危険水域です。場合によっては今回の冬コミで完売、来年大阪のこみっくトレジャーに持っていけるかどうかも微妙なラインといったところかと。なお1~4はナンバリングしてはありますが、それぞれ独立した中編のため、いきなり3を読んだり、4から手を出してみても大丈夫です。この辺り非常にややこしかったので、それを避けるために、今年夏のGorilla/stay nightからナンバリング廃止の副題方式に変わっております。
 以上が大体の、冬コミ情報となります。それでは30日、ご来場される方は是非ともお会いしましょう!

 ……あ、いえ。明日も更新しますし、コミケ後の31日にも今年最後のご挨拶はする予定ですよ?