日々雑談~2417~

 今までどんな内容なのか分からなかった映画にブロリーとついた瞬間、コイツはやべえことになるぞと冷や汗をかく世代。ゲームで大猿形態や超サイヤ人3や超サイヤ人4に覚醒して大暴れしているから、結構広い範囲で「超ヤベエ奴」のイメージはある気がしますが。なんでお前、パワーインフレの戦闘に立ち続けてんの?

 でも、アニメにおけるブロリーの活躍は『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』と『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』の二作のみ。その後の話は、だいたいゲーム設定。いや、基本一回限りの映画ボス勢の中で、2回もボスやってるのは十分凄いんだけど。クウラとメタルクウラみたいな例もあるので、唯一ではないですが。

 一応『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』にバイオブロリーは出てますが、アレは劣化クローンな上、既に亡くなっていた本物はその頃、あの世で大暴れしていたわけで。鎮圧シーンは描かれなかったけど、いくら悟空とはいえ、よく止められたな、ブロリー……。

 今でもドラゴンボールにおける最強キャラの一角であるものの、実際のアニメにおける稼働時間は、映画二作で2時間ちょっと。鮮烈な強キャライメージを持っている割には短い。いや、時間の話をしてしまったら、当時のTVアニメの引き伸ばしに巻き込まれたフリーザやセルはとんでもねえぞとなるけど、それはさて置き。この短い時間で、伝説に等しいイメージを保持。新日本プロレスにおける2年の活動期間でプロレス史に伝説を打ち立てた、初代タイガーマスクのようだ。両者とも、キャラクター性とその強さの見せ方がハンパなかったというのも共通点か。

 いやー、ブロリーの復活、どうなんのかねえ。そして、フリーザの強化、まだ一線級のブウ、そして復活のブロリーと、周りのボス勢に置いていかれそうなセルの今後は。最近だと、17号も随分強くなってるしなあ……ああ、その分、今の17号を吸収したら強くなるのか。どうやるのかは、さて置き。

日々雑談~2416~

 ビッグサイトの最寄り駅である、ゆりかもめの国際展示場正門駅と、りんかい線の国際展示場駅。国際展示場正門駅が東京ビッグサイト駅に変わることで、いろいろわかりやすくはなるはず。路線検索や待ち合わせで、どうしても間違いやすい二駅だったからなあ……。

 距離的には国際展示場正門駅(東京ビッグサイト駅)の方がビッグサイト駅に近いものの、両方共路線があるものなので、どちらが便利かはスタート地点によりますな。個人的なアドバイスとしては……。

・ゆりかもめの豊洲方面は空き気味。豊洲から有楽町線を使用可能。喫茶店やファミレスなどの休憩ポイントも多々あり。
・昔は国際展示場正門駅の方が空いていたものの、今は国際展示場駅の方が安定。国際展示場駅の方が混んでいるが、そのぶんキャパが大きいので安定。
・気候に左右されるものの、意外と空いてて、何より楽しいのが水上バス。港区方面の日の出桟橋まで行けるので、ここから改めて帰るのもアリ。
・ゆりかもめも、見晴らしが良くて楽しいよ!

 ゆりかもめの先頭車両のワクワク感は異常。運転席がないので、運転席ポジションの席に座ればちょっとしたリアル電車でGO!。いやねえ、楽しいイベントに向かうのならば、非日常の楽しさを乗り物に求めるのもアリですよ。夏コミの時、どのルート使おうかなあ、俺。水上バスで海の風を浴びるのもいいんだけど。
 まあ、そもそも当日楽しむだけの体力が残っているかどうか怪しい上に、まだ新刊の原稿という、いちばん大事なものが完成していないわけですが。が、がんばるしかねえー……。

日々雑談~2415~

 昨日は更新できず、申し訳ありませんでした。ひとまずお休みをいただいたおかげで、なんとか下向きだった体調は上向きに。もう流石に今週、これ以上病魔とは付き合えん……!

 

 万人に自分自身を見せつけるよりも先に、ペンチマン、レオパルドン、ゴーレムマン、キャノン・ボーラーの名を叫ぶビッグボディ。フェニックスとの試合で自身が瞬殺されたことだけでなく、信じてくれた仲間たちの信頼を裏切り、更にチームリーダーとして彼らを上手く導けなかったこと。すべてがビッグボディにとっての後悔であり、この汚名をすすぐ機会を逃すわけにはいかなかった。そんな男がついに成し遂げたんだもの、そりゃ泣くよ。誰にでもある嫌な思い出や、やらかした過去を背負い続けてきた姿には、胸を震わせる何かがある。
 ビッグボディ、メンタル的には弱小超人と侮られていた五本槍、その中でも捲土重来が好きな言葉でついでに出身地も同じカナダなカナディアンマンに近かったんだなあ……。しかし、ギヤマスターのギヤも一撃必殺級だったけど、ビッグボディもギヤをどうにかすれば一気呵成に決められると、必殺の匕首を首に突きつけ合うような試合だったというのが、この試合のポイントだったのかもしれんね。

 

日々雑談~2414~

 ヤングジャンプで連載してた『嘘喰い』が、全539話WEB上で無料公開されていたので、この機会に一気読み。管理者からそれとなく薦められていたものの、今日まで機会無く手付かずだった作品。ううむ、コレは面白い。命がけのギャンブルに交錯する嘘、その嘘を喰らい勝ち残っていく主人公、斑目 貘。敵の嘘を手がかりに、解き放たれる必殺のカウンターは見事。ある意味、勝ちパターンが決まっていると言えるものの、主人公の飽きを感じさせない構成は素晴らしい……もっと早く読んでおけばよかった。またねえ、全話無料公開であって、単行本全巻無料ではないので、単行本収録の読み切りや外伝が収録されていないのは心憎いよね。

 しかし、ギャンブル漫画や麻雀漫画で名作と言われている作品は、まるで難解なパズルのような複雑さや対戦ゲームの如き心理戦を高いレベルで持っているものの、それより大事なのは「たとえ読者に完全にルールを理解されずとも、そのゲームの凄まじさや主人公の勝利の価値を伝えきる」というトコなのかもね。嘘喰いとかアカギとか、読者が全員ルールや状況を読み切っているとは思えんし。ルールは言ってしまえば作品の枝葉であって、大事なのは物語という幹の太さ。大樹になるには枝葉も大事だけど、そのぶん幹が細くなってしまったら、大樹になる前に倒れてしまうわけで。アレだね、作中で詳細なルールが語られることはないけど、超危ないスポーツなのはビンビン伝わって、なおかつ人気エピソードでもある、コブラのラグボール編の法則ですね。

日々雑談~2413~

 花京院! イギー! アヴドゥル! 終わったよ……。
 この間からちょびちょび口にしていた、デッドヒート・サマーレース!の水着サーヴァント来ないよ問題、これにて終結。ネロで決まるというのは鮮やかすぎるものの、なんとなく引いてみた単発1回で来るというのは、若干釈然としないというか、これまでの苦労はいったい……まあいい、結果オーライだ!

 でも結局、フランとかノッブとかの、星4水着勢は一切来てないんだよな……そして第二陣はエレナ&頼光が来ていて、星5のアルトリアのみ欠席な状況。ありがたくて仕方のない状況なものの、石の使い方にはちと悩む結果に。今年の水着勢がどうなるかもわからんわけで。

 実は夏コミ新刊、ネロを出すかどうかで悩んでいたけど、出た以上、出す方針で固めていくしかねえわな。EXネタをやる時は基本キャス狐が出てくるので、実はネロをちゃんと書いたことはあまり無いんだよな。いやまあ、変な赤タイツと一緒に某道場に出てきたことはあるんだけど。そして、ネロ登場ルートは若干話が壮大になるルート。ど、どうにかするよ、こうなったら!