日々雑談~1762~

キン肉マンの次回更新が12月1日ってキツいよなあ。今日の更新で、今月最後だぜ」
「まあ、来週連休だしなあ。しゃあないっていえば、しゃあない」
「祝日なんて、無くなればいいのに」
「いやそれは困る! 休ませて!」
「俺、カレンダー通りに祝日休みじゃないけど、月曜ならそれなりの頻度で休みだし……」
「この野郎……」

 人とは醜いものだな……(他人事
 普通に強い奴が強いを地で行く、ジャスティスマン。サイコマンはマグネットパワーもあり、若干トリッキーな印象。ガンマンの能力無効化ビームは、どんな相手も強さ比べに引きずり込む、魔の一手。完璧始祖はやはり根幹に肉体の強さがあるのか、軒並みギミック抜きで強い印象。このガチムチさ、確かに神のイメージに近いものはあるなあ。

 現在冬コミ作業中です。もうそろそろ、道筋は定まってきた感じ。自分の場合、沢山色々なネタを出して、余分なとこや無理筋を削って、一つの話に仕上げていく感じですね。今は、肉を削いでいる段階。ネタを組み合わせて太らせて削いで。全部のせたい気分ですが、テーブルからあふれるようだと、そもそも食事としての役割が怪しくなってきますからな。削ることに泣く泣く耐える気持ちというのも、わりかし大事です。

日々雑談~1761~

>つい強い言葉に流されて、制作者側の目指したところというのを忘れてしまいそうなところに、フジイさんの御指摘で、「なるほどそういう視点もあるな」と思い返すことができました。直情的に何かを断じてしまうことが多い私のような人間には、今回の記事のような御意見は大変参考になります。ありがとうございます。

 自分も、余程のことがないと一線を越えないが、一線を越えると激しやすい感情的な面があります。ただワンクッションというわけではないですが、「なんでこうなったのか」「どうしてここに至ったのか」と分析することで、理解を深めると同時に気を落ち着かせることが出来ます。最適解であるデーター放送をしなかったという事実より、今までも使っていたデーター放送を何故しなかったのかと考察する方が、色々深められるんじゃないかと。
 批判をするなとは決して言いませんが、批判をするにしても感情的な言葉と冷静な言葉では、おそらく後者のほうが尊ばれます。端的に言ってしまえば、罵倒は肥やしにもなりません。批評考察しつつの悪所の炙り出しは、言うのも聞くのも大事です。

 マーベルと進撃の巨人のコラボイラストがあるよ!ということで、雑誌BRUTUSの進撃の巨人特集号を手にとって見る。
 コラボイラストというか、コレは……普通に巨人VSアベンジャーズWithスパイダーマンの短編じゃねえか! 綴じ方が逆なだけで、これ原書のアメコミや! あ。ちなみに、別ページですがちゃんと全訳乗ってますので。シンプルな内容なんで、邦訳難易度は低いですけどね。
 ニューヨークに突如現れた人喰いの巨人たち、戦いの火蓋を切るのはスパイダーマン! 軽口と元祖立体機動を武器に戦うスパイダーマンを尻目に、駆けつけたアベンジャーズも人の身で未知の巨人との戦いに挑む! 巨人の弱点を見抜くキャプテン・アメリカの指示の下、ホークアイの矢が、アイアンマンのリパルサーが、ハルクの怒りが巨人を砕く! やがて現れる超大型巨人、だがしかし、頼れるアイツらもごきげんなミュージックと共にやってきた! この短編、題して「Attack On Avengers」!
 本場そのもののアートで描かれるアメリカンヒーロー、そして本家そのもののおぞましさと無邪気さを持った巨人たち。フルカラーコミックスですよ! フルカラーコミックス!
 それにしても昔進撃の巨人を観て「この立体機動な動き、スパイダーマンVS巨人とかも面白そうよね!」と発言してからしばし後。まさかこうして、公式コラボという形で叶うとは。いやはや、世の中とはわからぬ物です。

日々雑談~1760~

 ううむ。今日金曜ロードショーでやっていた、シャーロック・ホームズ:シャドウゲーム。自分は見たのはクライマックスだけだったけど、全編こんな感じでテロップが入っていたのか。確かに無粋と感じる部分はあるものの、こういう試み、誰にでも分かるようにするというのは、大事なんじゃないかと。
 例えば、ソフトの購入やレンタルは元来興味知識のある人がメインですが、テレビ、特に地上波ゴールデンとなれば、その層は広大で多彩。席をちょびちょび外さざるをえない人や、ながらの人や、前作どころか初めてホームズに触れる人。そういう人達に対しての、わかりやすさのアピールは大事だと思うのですよ。メディアの進化速度や多彩さの発展速度が日進月歩な現状、今度求められるのは各メディアの得意分野や役割の深化。拡散性が求められるであろうテレビ地上波の方向性や試みとしては、今回のテロップ、決して悪いものではなかったんじゃないかと。
 当然、無粋という面はありましたし、邪魔だしもうちょっと何かやり方は無かったのかよ!?という気持ちも分かります。この辺は研鑽していくしか無いかと。目指した方向性が大きく間違ってない以上、まあ適当に公式のアンケートや意見箱に投票しつつ、見守るのがおそらくベスト。言い過ぎは、色々な物を断ってしまいます。
 データー放送使えばいいんじゃね?というのが最適解な気がしますが、逆に考えるとなぜデータ放送にしなかったのかということに。気楽気軽な見方と、データ放送の一手間の相性が悪いのか。それともデーター放送自体の使用率が低いのか……。

日々雑談~1759~

 公開当時、観に行った人の絶賛が多かったものの、スケジュールが合わず行けなかったLEGOムービーを視聴。あー……なんでもっと早く観なかったかなあ……というか、なんで当時劇場に行かなかったんだ俺!? 過去の自分を理不尽に責めるぐらいに、この映画スゲエわ。想定予測の飛び越え具合では、ダークナイトに比肩すると言っても過言ではなく!

 ごく普通のレゴでありレゴの街ブロック・シティの住人である、エメット。マニュアルのまま生きる彼はある日、自らをマニュアルから踏み外すほどの魅力を持った女性ワイルドガールと出会い、彼女が求めていた伝説のパーツと融合してしまう。伝説のパーツを手にしたエメットを襲う、ブロック・シティの賢き統治者おしごと社長。良き支配者と思われていた社長の正体は、レゴ世界の完璧なる統治の為、他者を破壊し踏みにじるおしごと大王であり、伝説のパーツは彼を止めるためのアイテム。パーツを手にしたエメットは、伝説の選ばれし者だったのだ。自由にレゴを組み上げるワイルドガールらマスタービルダーと共に、エメットの冒険が始まる!

 レゴという玩具をメインとし、このストーリー。一見、子供向けに思えるでしょうが、その実、子供も大人も楽しめる骨太な映画です。ここ大事です、子供も大人も楽しめるというのが大事。鮮やかな配色、オールレゴ、爆風も水もレゴな世界観での大活劇。その実、深読みしようと思えばいくらでも出来る、自由度の高さ。更に、否定をしない作風。マニュアル人間な主人公が自由な人間と出会い変わっていくというのは良くある話、この場合どうしても自由>>マニュアルという方程式が出来がちなのですが、この作品の場合、マニュアルの大事さも説いてまして。
 少しネタバレになりますが、マスタービルダー達は以前おしごと大王を襲撃して、けちょんけちょんにやられたことがありまして。その理由は、自由すぎて連携が取れなかった事。全員が好き勝手に作れば巨大なアイテムもしっちゃかめっちゃかな物になり、ルールが無ければ誰もが好き勝手に動きまわる結果に。目的通りの物を皆で創るのには誰もが分かるマニュアルが必要であり、マニュアルは作戦行動におけるルールにもなるわけですよ。もちろん、エメットも自由を学ぶことで成長し、自由さの弱点を見極めたわけで。優劣を付けるのではなく、相互理解を目指す。この相互理解こそが、この作品の大事なテーマ。このテーマは、クライマックスそして結末にもがっつり関わってきます。
 オチを言ってしまうのは野暮の極みな映画なので、これ以上内容に関して語ることは差し控えたいのですが……序盤から薄々語られていた謎が、クライマックスで想像以上の大爆発。なぜ只のレゴなエメットが主人公なのか。なぜ敵はおしごと社長という完璧主義者の企業家なのか。伝説のパーツの役割とは。全ての謎が、怒涛のままに解消される超展開。この謎を知った上でもう一度見直すと、「ああ、この展開はおそらく……!」となることばかりなのは必須。2周め推奨な時点で、実にソフト向きな映画。特典映像の「歴史刑事ミケランジェロ&リンカーン」や「子供向けにするために映画にニンジャ追加してみた編」も素晴らしいですしね! つーか、なに新撮してるのさ!?
 玄田哲章が出ているのに、CV山寺宏一って……と言われていたバットマン。でもええ、今回のバットマンは山寺さんで良かったと思うのですよ。玄田さんの声で「ブルース・ウェイン!? なにそのイケメンそうな名前!?」言われても困りますし。いや今回バットマン、若干クズいというか公式設定でドジ呼ばわりされてますよ!? それでいて、しめるところはしめる、美味しい仕様。なーに、制作会社がグリーン・ランタン軍団に襲撃されてもおかしくない扱いな、グリーン・ランタンよりマシさ。誰かハルに恨みでもあるのか、アレw

日々雑談~1758~

 ジャンプのNARUTOが最終回。連載終了に際し、新聞でクールジャパンに関する企画記事が。確かにNARUTOは諸外国でもウケがいいというか、他の日本漫画の追従を許さぬ勢いがあるからなあ。そりゃあ、外国が日本に求める要素の一つである、ニンジャ!だからね。あと、純和風ではなく、若干アジア諸国の色が混ざっていて、外国人がイメージするオリエンタルにかっちりハマっているのもあるかと。それは、当のアジア諸国も含めて。文化の輸出における、一つの優れたサンプルケースであるのは間違いなく。海外を狙っていたのではなく、海外にも結果的にウケたというのは大事なポイント。
 しかし新規連載が力をつけてきたこともあってか、複数の長期人気作品が終わりを考えたクライマックスに突入しているような。ここ数年、連載陣の回転率自体は決して良くなかったし。ここにきての紙面一新を狙ってるのかしら?

 モンハンも艦これも、評価や感想の分水嶺となるのは、不自由を楽しめるか否かの所にあるのかもしれないと、ふと。両作品とも運が絡むことが多く、方針や戦況によっては詰まることも。例えば、遠距離戦主体のガンナー一筋だとモノブロス亜種にかなりの不利ですし、戦艦は沢山居ても空母が居ない結果両面作戦に満足に参加できなかったり。
 この段階で、ガンナーから別の武器種に変更できるか。イベントを諦める、もしくは最低限の報酬を得るための戦略に変えるか。ままならない状況からの次善を、しかたのない事と受け入れられるかどうかか鍵かと。ここで釈然としない物があると、不満が徐々に溜まっていくわけで。ゲームは、しんどさの重さを感じつつ、やるもんじゃないですからねえ。
 稀少素材や狙った艦娘がでなくても、しょうがない!と納得する心。怒りは、物欲センサーへ! 決してソフトを投げ捨てるな! こういうある種の妥協をして、決して前のめりにならないようにと、自戒するのです。俺も結構、ノッたり追い詰められると変な方向に熱くなるタイプだからなあ。