日々雑談~6653~

 RXがヤバいのは、そもそもRX自体のスペックも防御性能も高いところに、歩く機動要塞のロボライダーや万能液状化のバイオライダーが上乗せされているというね……。ロボライダーは磁力攻撃や機動力、バイオライダーは熱攻撃とそれぞれ弱点はあるものの、フォームチェンジに制限が特に無いので、切り替えで対応できますしね。ロボライダーにとっての熱攻撃や、バイオライダーの機動戦は、むしろ得意分野。

 最強スレ的に考察した場合、重視されるのは攻撃力より防御力や適応力。最強の矛も、振るえなければ意味がない。最強の盾があれば、まず矛を振るうだけの余裕が生まれる。この観点だと、やはりその時不思議なことが起こるRXはフォームチェンジによる適応力の高さも含め、やはり最強クラスのライダーですね。ただ最近は、スペックも防御力も高いエグゼイドのムテキゲーマーも出てきたので、RX一強とはいかんと思いますが。でも、ロボライダーの一部資料にあるハッキング能力、エグゼイド系のライダーとはめっちゃ相性よさそうだよな……。

日々雑談~6652~

 アマゾンプライムビデオに仮面ライダーの平成第一期やスーパー戦隊のTVシリーズだけでなく劇場版や特別編も追加されたと聞き観に行ってみれば、ゲゲゲの鬼太郎も大幅に増量。ちょっと前にチェックした時は、5期と劇場版ゲゲゲの鬼太郎(1985年)ぐらいだったので、そこに1~4期のTVシリーズに劇場版、更に映画とドラマの実写版も加えた形。墓場鬼太郎はどうだったっけかなあ、前から無料だった気がするし、無料のラインナップからは抜けてた気もするし……。まあどっちでもいいか、大事なのは、今、さっと無料で観れるってことよ。

 アマゾンプライムのラインナップは定期的な入れ替えがあるので、観れる内にみておいたほうがいいですね。実際、同じ東映作品としては今まで無料だったドラゴンボールの劇場版各種がそろそろラインナップから抜ける中に入っているようで。こっちもこっちで、観るべき作品が多いぜ……。

日々雑談~6651~

 用足をしつつ、命の洗濯をしてきました。いやー、他人の運転する車(バス)に乗るの楽だわ。なにせ遠出したわりには、こうしてちょっと報告できるだけの体力が残っている! まあ、ちょっとなんだけど!
 明日の朝も早いので、今日はひとまず力尽きます。ハトヤ、三日月、そしてハワイアンズ。東の昭和からの人気ホテル三傑のうち一つについに足を運べた……と考えると、満足感はあるな。うん。

日々雑談~6650~

 というわけで、今年の夏コミ新刊は、『Deadpool&Taskmaster』です。今回は日程の関係もありTYPE-MOONではなくアメコミでの参加なので、今回は純正アメコミ本。アメコミとTYPE-MOONのクロスオーバーなアメコミカタツキシリーズは、特性上アメコミスペースで出してもよかったんだけど、今回はせっかくだからね。アメコミカタツキの既刊は持っていく予定です。

 前に『Deadpool&TaskMaster~史上最大の憂さ晴らし~』を出したのは2011年のCOMIC1なので、ずいぶんと久しぶりのシリーズ続刊になります。話はまったくつながってないし、そもそも史上最大の憂さ晴らしは完売してるので、続刊とはいえほぼまっさらな新シリーズ。つーか、自分の芸風もデッドプールの立ち位置も、全部変化があるので、我ながらどうなるものか。2011年って、デッドプールも映画まだだったし、俺もまだプロデビューしてなかったぜ……?

 そんなこんなで、久々のデッドプール&タスクマスター。どうなることかと思いつつ、現在制作中です。そして、明日はこちら日々雑談の更新をお休みさせていただきます。修羅場る前に、ちょいと泊りがけで命の洗濯をしてきます。

 

日々雑談~6649~

 ひとまず、現状公開されているぶんの、ぐだぐだファイナルのストーリーは完走。まだいろいろ素材を集めて報酬を貰う必要があるけど、まだ効率の良いフリクエが出てきてないのよね。ストーリーが追加される数日後までは、まさにぐだぐだやっていくしかなさそうね。

 ヒャッハー! 森長可だぜー!とつかみから最高だった今回のイベント、森長可INヘビ退治や森長可IN橋と、神社の守り神なヘビを食べた事件や橋の万人殺害事件を知っている人間にとって、ハラハラでドキドキなシチュエーションばかりでしたね。もともとの日常がバイオレンスすぎる!

 笑っているけど目が笑ってない、鬼武蔵とは別ベクトルでバイオレンスな景虎さん。長尾景虎(上杉謙信)と森長可の絡みって、ドリームマッチに近いものがあるよなあ……上杉謙信死後の上杉家は、北陸からの柴田勝家、そして信濃からの森長可の挟み撃ちで大変なことになっていたわけで。上杉謙信が存命だったらどうなっていたのか? 本能寺の変が起きず、柴田勝家と森長可が引き返さなかったらどうなっていたのか? どちらも可能性のIFであり、そんなIFの象徴的二人がぶち当たるのは、IF同士のドリームマッチと言えましょう。まあ、謙信が存命というか急死せず後継者を定めていたら、後継者争いの御館の乱も起きず、織田勢も攻めにくかったとは思います。謙信時代の豊かさと、御館の乱での国力衰退は、双方想像以上に凄まじい……。